ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Dukinfield Junction - Wikipedia

次の地図も参考にしてください。

デューキンフィールド・ジャンクション
(Dukinfield Junction)

デューキンフィールド・ジャンクションは 運河のジャンクションの名前で、 ピークフォレスト運河 アシュトン運河 ハダースフィールド・ナロウ運河が英国のグレーターマンチェスターの アシュトン・アンダー・リンで相互に出会うところである。 この場所はテームサイド大都市自治区 (Tameside Metropolitan Borough) の議会が保護地区に指定した場所である。

ジャンクションはポートランド・ベイスン (Portland Basin) に隣接し、 2 つの名前はボート乗りには同義語として使用されている。 厳密に言えば、ポートランド・ベイスンは運河の本線の上にある広い領域である。 ジャンクション橋の支線とテーム川にかかる水道橋はアシュトン運河により建設され、 ピーク・フォレスト運河とのジャンクションは歴史的には水道橋の南端である。


ポートランド・ベイスンの倉庫
  1. 歴史
  2. 復元
  3. アッシュトン運河の倉庫
  4. ポートランド・ベイスン博物館
  5. 木製運河協会
  6. 位置
歴史

アシュトン運河は 1792 年に議会法により認可され、 オールダム (Oldham) の周辺の炭鉱地帯とアッシュトン・アンダー・リンの 繊維工場をマンチェスターに接続することとなった。 これはひどく水門が多く、 全線 6.5 マイル (10.5 km) 中に 18 基の水門がある。 建設中に会社は第二の議会法を手に入れ、 ホリンウッド支線運河 (Hollinwood Branch Canal)、ストックポート運河 (Stockport Canal)、 ビート・バンク支線運河 (Beat Bank Branch Canal) を建設できるようになった。 アッシュトンへの本線とホリンウッドへの支線は共に 1796 年の 12 月に開通し、 ストックポート支線は 1797 年の 1 月に開通した。しかし、ビート・バンク支線は 決して完成されることがなかった。

ピーク・フォレスト運河アッシュトン運河の 2 年後に認可され、 ウィアリー・ブリッジ (Whaley Bridge) の近くのダヴ・ホールズの 石灰岩の埋蔵地にアクセスすることになった。 最後の 6.5 マイル (10.5 km) はトラムウェイとして建設された。 というのは、石切り場は運河で経済的にアクセスするには標高が高すぎたのである。 石灰岩はバグズワース・ベイスンでハシケに積みなおされた。 運河には 2 つの水平区間があり、マープルの連続水門で分離されていた。 この水門は運河の他の区間が完成した 1800 年にはまだ完成していなかった。 一時的な トラムウェイにより、水門が迂回され、4 年後に水門が完成した。 アッシュトン運河はジャンクションより南の短い区間を建設し、 これにはテーム川を越える水道橋が含まれている。 そのため、公的にはピーク・フォレスト運河は水道橋の南端で開始する。

ハダースフィールド・ナロウ運河も 1794 年に認可を受け、 ペナイン山脈を越える三つの運河の一つである。 これは大変な工事で、74 基の水門と、スタンデッジには英国で最も長い運河のトンネルがあった。 区間は両側で完成するにつれ開通し、アシュトンからグリーンフィールドまでは 1798 年に 完成した。運河は 1811 年までは完全開通することがなく、このときにトンネルが完成した。 ハダースフィールド・ナロウ運河はアシュトン運河と直列に接続している。


曳舟道の橋がピーク・フォレスト運河を横断
前方がハダースフィールド・ナロウ運河
後方がアシュトン運河
復元

ハダースフィールド・ナロウ運河は 1944 年に見捨てられた。 ピーク・フォレスト運河は 1939 年の第一次世界大戦の勃発と共に 使用されなくなり、 アッシュトン運河も 1962 年までに航行可能ではなくなった。 しかしながら、ピーク・フォレスト運河協会が結成され、 協会がブリティッシュ・ウォーターウェイズ、 運河が通る自治体の議会、そして内陸水路協会と働き、 1974 年にはアシュトン運河と下層ピーク・フォレスト運河が開通し、 ジャンクションの使用が復活した。 同じ年に、ハダースフィールド・ナロウ運河の復元を求めてキャンペーンが開始した。 しかし、これは 2001 年に至るまで完成することがなく、 千年紀委員会 (Millennium Commission) の公的資金で救われた。

アシュトン運河の倉庫

「アシュトン運河の倉庫」が 1834 年に運河会社により、ポートランド・ベイスンに 建設され、古い倉庫の東に建設されて、古い倉庫の代わりになった。 これは 3 階建ての倉庫で、200 × 72 フィート (61 × 22 m) の大きさで、 英国庭園の壁結合 (English garden wall bond) を使用したレンガで建設された。 木の床は鋳鉄の柱で支えられている。 運河に面した南側の正面は 3 階建で、3 つの船積み用の穴があった。 道路に面した北側の正面は 2 階建で、 落とし戸により、荷揚げと荷積みが別々に道路と運河の腕木の間で行われた。 屋根は平坦で、物資を多く貯蔵できた。 今日見ることができる建物は 1998 年の復元の結果である。

ポートランド・ベイスンの水車

内部の昇降システムは外部の水車により動力を供給される。 導水路は運河から取り入れ、 排水路 (tailrace) は 33 フィート (10 m) 下のテーム川に注いでいた。 背の高い中射式 (ブレストショット、breastshot) の水車が 1841 年に サスペンション・ホイールの一型式で建設された。 このデザインはトーマス・ヒューズ (Thomas Hewes) と ウィリアム・フェアバーン (William Fairburn) が導入したもので、 リム歯車が付いていた。 価格は 1078ポンドであった。 水車の直径は 24 フィート (7.3 m)、 幅は 3 フィート (0.9 m) で、 15 馬力 (11 kW) であった。 動力はライン・シャフトで伝達された。 自転車のスポークと類似のサスペンション・システムを使用することにより、 ホイールが元々の木製のホイールよりも軽くなった。 軸ではなく、リムから動力を得ることにより、 ストレスを減少し、ライン・シャフトの回転で動力の損失が少なくなった。


復元された水車
訳注
サスペンション・ホイールに関しては クオリー・バンク・ミル訳注:サスペンション・ホイールとリム歯車を参照のこと。
ポートランド・ベイスン博物館

ポートランド・ベイスンはポートランド・ベイスン博物館のある場所で、 博物館は復元された 19 世紀のアシュトン運河倉庫に収容されており、 倉庫はこの一帯の産業遺産を包んでいる。 倉庫は 1834 年に建設され、地方の歴史、産業、交易の側面を説明している。 展示物には 1920 年代の店が並んだ街路、当時の部屋の展示、歴史的な機械がある。

木製運河ボート協会

ポートランド・ベイスンには「木製運河ボート協会」が本拠を置き、 協会は 6 台の伝統的なナロウ・ボートの修復作業をした。 協会は 1996 年に「有限責任保障慈善会社」 (charitable company limited by guarantee) として発足し、1997 年にそれ以前の「木製運河ボート・トラスト」の資産を引き継いだ。 協会は 1998 年に登録慈善団体となり、 最初のボートが 1996 年にポートランド・ベイスン博物館に移動した。


「忘れないで」(1927 年)
2010 年 9 月ベイスンで撮影
訳注
写真は復元された木製の船と思われる。
位置

ジャンクションはアシュトン・アンダー・リンの南端に位置し、 アシュトン運河はここから南西に向かっている。 運河はフェアフィールド・ジャンクションまでの 2.5 マイル (4.0 km) は水平で、フェアフィールド・ジャンクションでホリンウッド支線が北に分岐し、 フェアフィールド水門によりマンチェスターへの降下が始まる。 ピーク・フォレスト運河はジャンクションから南に向かい、 7 マイル (11 km) は水平で、16 層マープル連続水門の最初の水門に至る。 ピーク・フォレスト運河はウッドリーとハイド・バンクで 2 本の短いトンネルを通る。 二番目のトンネルは少し狭すぎて、ボートがすれ違えない。 ハダースフィールド・ナロウ運河は北東に向かい、アズダ・スーパーマーケット (Asda supermarket) の下のトンネルを通りぬけて、ジャンクションから 0.4 マイル (0.64 km) 離れた最初の水門に至る。 ここから 32 基の水門によりスタンデッジ・トンネルに至る。

細い橋が運河の上の曳舟道を通し、曳舟道は水道橋、ピーク・フォレスト運河に至る。 水道橋には 1835 年の日付が刻まれ、グレード II の指定建造物である。 近くにはキャヴンディシュ・ミル (Cavebdish Mill) がある。 これはかっての木綿紡績工場で、1884-5 年に建設されたもので、 レンガのアーチを使用せずに、コンクリートの床を支えるために、 鋼製の桁 (steel girder) と横木板 (lintel plates) を使用した最初の建築の 1 つである。 建設方法は エドワード・ポッツ (Edward Potts) により開発されたもので、 彼は 1884 年にこの」デザインの特許を取ることに失敗した。 ジャンクションでは毎年 7 月中頃にテームサイド運河祭りが開催される。

訳注
  1. Google map: キャヴンディシュ・ミル
  2. リンテル (lintel) は横木と訳されますが、出入り口や窓の上部にあって、 上からの重さを支える構造物です。アーチを使用しなければ、開口部の上部に 太い梁などがあったため、横木と訳されているのではないかと思います。 横木板 (lintel plates) と言っているのは現代的に、ここがただの板になっているものです。 できた当初はこの部分が鋼製であったのでしょう。 リンテルは単に飾りだけのこともあります。