ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Ashton Canal - Wikipedia

以下を読む時は運河の地図

ハダースフィールド・[ブロード/ナロウ]運河とアシュトン運河の地図

参考にしてください。

アッシュトン運河 (Ashton Canal)

アッシュトン運河は、ノース・ウェスト・イングランドの広域マンチェスター に建設された運河である。


ドロイルスデンのアッシュトン運河
  1. ルート
  2. 歴史
  3. レジャー利用
  4. イメージ・ギャラリー
ルート

アッシュトン運河は マンチェスターの中心地にあるデューシー・ストリート・ジャンクション (Ducie St. Junction) でロッチデール運河から離れ、 18 基の水門を経由して 6.7 マイル (10.8 km) を上昇し、 以下の場所を通過する:アンコーツ (Ancoats)、ホルト・タウン (Holt Town)、 ブラッドフォード=ウィズ=ベズウィック (Bradford-with-Beswick)、クレイトン (Clayton)、オープンショー (Openshaw)、 ドロイルスデン (Droylsden)、フェアフィールド (Fairfield)、オーデンショー (Audenshaw)。 そして ホワイトランズ・ベイスン (Whitelands Basin) で ハダースフィールド・ナロウ運河 (以前はハダースフィールド運河と呼ばれた) と接続する。 ブラッドフォード (Bradford) では、2002 年の 英連邦競技大会 (Commonwealth Games) の開催場所を通る。

ロッチデール運河とハダースフィールド・ナロウ運河を除いては、 アッシュトン運河は現在は唯一つの運河と接続するのみである。 ホワイトランズ・ベイスンのすぐ手前の、 デューキンフィールド・ジャンクション/ポートランド・ベイスンから、 短い支線がテイム川をテイム水道橋で越えて、ここで ピークフォレスト運河と接続している。

以前にはこれ以外に重要な 4 つの接続箇所で運河の支線につながっていた。 この運河とは次のものである: アンコーツ (Ancoats) においてはイズリントン支線運河 (Islington Branch Canal)、 クレイトン (Clayton) からストックポート (Stockport) (のヒートン・ノリス、Heaton Norris)までの ストックポート支線運河 (Stockport Branch Canal)、 フェアフィールド (Fairfield) から ホリンウッド (Hollinwood) までのホリンウッド支線運河、 ウォーターハウシズ (Waterhouses) からフェアボトム (Fairebottom) までの フェアボトム支線運河 (これは、ホリンウッド支線運河の支線) 。 5 番目の支線もできることになっていた。 すなわち、レディッシュ (Reddish) からデントン (Denton) のビートまでの ビート・バンク支線運河 (Beat Bak Branch Canal) (これはストックポート支線運河の支線). しかし、完成する前に見捨てられた。

多くの運河の水門は今や「指定建造物」である。

歴史

運河は議会法を 1792 年に受理している。 運河の目的は、オールダム (Oldham) とアッシュトン=アンダー=リン (Ashton-under-Lyne) で採掘される石炭を マンチェスターに供給することであった。アンコーツ・レーン (Ancoats Lane) からアッシュトン=アンダー=リン とホリンウッドまでの最初の区間は 1796 年に完成し、 次にヒートン・ノリスとフェアボトンまでの区間が 1797 年に完成した。 ロッチデール運河に接続する計画もあったが、 運河は孤立した水路として開通した。

アンコーツ・レーンとロッチデール運河の最後の区間 -- これにはピカデリー・ベイスン (Piccadilly) が含まれる -- を完成するためにベンジャミン・ウートラムが雇われていた。 この区間には独特なストア・ストリート水道橋があり、 45度斜めに設置され、英国ではこのような構造物は大型としては最初のもので、 今日もいまだに使用されているものとしては最古である。

この区間は 1798 年までに完成した。 しかし、ロッチデールの経営者がブリッジウォーター運河まで延伸する必要があり、 これが完成したのは 1800 年であった。 ハダースフィールド・ナロウ運河は 1798 年までにウールロード (Woolroad) まで開通していたが、 これもまた、そしてピーク・フォレスト運河も完成していなかった。 実のところ、アッシュトン運河がヨークシャーと東海岸に接続するにはもう 10 年が必要であった。

初期には地元の交易以外には何もなかったので、 運河は資金難におちいり、配当金は 1806 年まで支払われなかった。

その後、鉄道と競合するまでは繁栄し、 後には道路とも競合するようになり輸送が激減した。 1945 年までには通過輸送が停止した。 支線における輸送は 1930 年代に終了していた。 1947 年 - 1948 年の国有化後も輸送は復活せず、すべての輸送が 1958 年までに終了した。 この後、保守が衰退した。1961 年までには、バンダリズムも伴い、 運河は航行できなくなり、プレジャー用の存続はあり得ないように思われた。

アッシュトン運河は「残余運河」(remainder canal) として指定された 7 つの運河の 1 つであった。 しかし 1983 年の 2 月 8 日のブリティッシュ水路法 (British Waterway Act) が分類しなおし、 運河の全長の 82 マイル (132 km) が「航行水路標準」(Cruising Waterway Standard) に格上げされた。

レジャー利用

「内陸水路協会」(Inland Waterways Association) の圧力と 「ピーク・フォレスト運河協会」(Peak Forest Canal Society) が組織されたことも手伝って、 アッシュトン運河の再開通に向けてのキャンペーンに至り、 1968 年の 9 月におけるドロイルスデン (Droylsden) の区間の大がかりで組織的なボランティア清掃となった。 これはアッシュトン作戦として知られている。 更なるキャンペーンと地方自治体の支持が増え、 隣接する低地ピーク・フォレスト運河と共に復元され、 1974 年の 4 月 1 日に再開通した。 この 2 つの運河の復元により、「チェシャー環状ルート」(Cheshire Ring) が開通し、 直後には (そして現在も) 東チェシャーの多くの場所をまわる人気の高い 1 週間のレジャー巡航となった。 南ペナイン山脈の運河の開通と共に、南ペナイン山脈環状ルート (South Penning Ring) (ロッチデール、 ハダースフィールド・ナロウ) の一部となり、更に最も長い全ペナイン山脈ルート (ペナイン山脈外環状ルート(Outer Pennine Ring) -- リーズ・リバプールとハダースフィールド・ナロウ) の一部ともなった。

アッシュトン沿いで不幸な出来事を聞くことが普通であった。 例えば、ボートからの窃盗とか脅迫とか、少なくともひどい行動があり、これは地元の若者とか子供たちの 手によりものであった。 これにより、しばらくの間は、ボートは船団を作って行動した。 現在では、アッシュトン運河は通過する市町村でますます価値あるものとされている。 多くのボート乗りは、アッシュトン運河を通過する時は早い時間帯で、学校の休みを避けるように忠告しているが、 問題となる話は、過去の話を何度も繰り返していることが多い。 水門はゴミで有名である (たとえば、ショッピングカー、ゴミ箱、石など)。 これにより水門が詰まるが、BW (= ブリティッシュ・ウォーターウェイズ) の作業員が すぐにも現場にやってきて、清掃してくれる。 アッシュトンの水門を上った後で、 ロミリー (Romiley) よりも先に行くつもりがなければ、 ポートランド・ベイスン (Portland Basin) で一晩の係留をする方が良い。

現在、ホリンウッド支線運河とストックポート支線運河を復元するキャンペーンがある。

イメージ・ギャラリー
アンコーツ・ボトム水門
水門 1
チップス、ニュー・
イズリントン、水門 2
ベズウィック水門
水門 4, 5
ベズウィック・トップ水門
水門 7
クレイトン・ボトム水門
水門 8
水門 12 イチイの木の旋回橋 ラム・レーン橋
橋 21
オーデンショーの
アッシュトン運河
フェアフィールド Jn
の BW の事務所
アッシュトン=アンダー=リン
アッシュトン運河、1981 年
訳注
  1. チップス (Chips) は「木の切れ端」の意味。 この場合には建物の名前。
  2. Jn = ジャンクション、BW = ブリティッシュ・ウォーターウェイズ