ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Outer Pennine Ring - Wikipedia
アウター・ペナイン・リング
(Outer Pennine Ring)

アウター・ペナイン・リングはイングランドの運河リングで、 マンチェスター、リーズ、及びカッスルフォードの間でペナイン山脈を横断する。 これは 8 本の運河の 1 部分をたどり、イングランドで最長の運河トンネルを含んでいる。 リングは 2001 年にハダースフィールド・ナロウ運河の開通により、 完成した。 ルートの多くはノース・ペナイン・リングと共有し、 後者はペナイン山脈の横断で、南部区間に異なるルートを選択している。

ガーグレイヴ (Gargrave) の近くのハイゲート橋 (Highgate Bridge)、
リーズ・リバプール運河のへんぴな区間の 1 つにある。
  1. 歴史
  2. ルート
歴史

運河リングの考えは 1965 年に作られ、これはロッチデール運河の完全閉鎖を防止するための 内陸水路協会のキャンペーンの一環であった。 当初は、運河は チェシャー運河リング の部分として述べられたが、 これはすぐにチェシャー・リングに省略された。 これは相互に関連する一連の運河を述べ、通常、どの区間も 2 度通ることなく、1, 2 週間で航行することができた。 これは、その結果、幾つかの同じようなルートに適用された。 アウター・ペナイン・リングは最近追加された。 というのは 2001 年のハダースフィールド・ナロウ運河の復元によって始めてリングの可能性ができたからである。

この用語はブリティッシュ・ウォーターウェイズ の売り言葉として考案されたサウス・ペナイン・リングの 付属物として熱狂家により造語された。

ルート

アウター・ペナイン・リングは 8 個の運河に及ぶ。 これらの運河は マンチェスターのキャッスルフィールド・ジャンクションから時計回りで進み、 次のとおりである:

ブリッジウォーター運河

ブリッジウォーター運河はキャッスルフィールド・ジャンクションで開始し、南東 [訳注:南西の間違い] に向かい、 マンチェスターの都会地域を通り抜ける。 運河のこの区間には水門がなく、1.2 マイル (1.9 km) 後に、 ポモーナ・ドック (Pomona Dock) に到達し、これはマンチェスター船舶運河に行くことができる水門に通じている。 2.8 マイル (4.5 km) 後に、運河はウォーターズ・ミーティング (Waters Meeting) に 到達する、ここはジャンクションで、本線は左折し、ストレットフォード・リー支線 (Stretford and Leigh Branch) は右折する。 リングは支線に沿って 10.8 マイル (17.4 km) 続いて、リーに到達する。 リーではリーズ・リバプール運河のリー支線との直列ジャンクションがある。 この途上で、バートン旋回橋がマンチェスター船舶運河を越えて、運河を通している。 この構造はサー・エドワード・リーダー・ウィリアムズ (Sir Edward Leader Williams) により 1890 年代にデザインされ、1450 トンの重さの 235 フィート (72 m) の運河の区間が 船舶運河を利用する船の進路外に移動する。 ブリッジウォーター運河はマンチェスター船舶運河に所有されている。 もっとも、ブリティッシュ・ウォーターウェイズのライセンスを持つボートは、 更に支払いをせずに、この運河を最初の 7 日間まで使用できる。

リー支線

リーズ・リバプール運河 (Leeds and Liverpool Canal) のリー支線 (Leigh Branch) は 7.3 マイル (11.7 km) を走り、大半で鉱山によりひどく影響を受けた光景を通る。 このルートの大半で、運河は盛土 (もりど、embankment) の頂上にあり、盛土は鉱山の廃物で何度も積み上げられており、 これは両側の土地が地盤沈下で影響を受けたからである。 この地域は公園として復原され、今では野生生物の避難所を提供している。 元々はプランク・レーン (Plank Lane) に水門一基と、 ドーバー・ロック・イン (Dover Lock Inn) に別の水門二基があったが、 この 3 基はすべて取り除かれ、2 基のプールストック水門 (Poolstock lock) で置き換えられた。 これは支線がウィガンで本線と合流する直前にある。 ウィガンではリバプールに至る本線は左折し、リングは右折して、リーズに至る本線をたどる。

リーズ・リバプール運河

ジャンクションのほとんど直後に、21 基の水門が運河のレベルを 215 フィート (66 m) 持ち上げる。 連続水門の頂上には T 字型のジャンクションがある。 この運河の区間はランカスター運河により建設されたが、 トラムウェイを除いては北側区間に接続されなかった。 右側の支線は行き止まりで、リングは左折する。 水平区間は 9 マイル (14 km) 続き、次の水門が開始するのは ランカスター運河のウォルトン頂上支線 (Walton Summit Branch) が北へ向きを変える場所である。 7 基のジョンソンズ・ヒル連続水門 (Johnson's Hill Locks) が運河をもう 65.5 フィート (20.0 m) 持ち上げる。 運河が東へ進むと、産業開発地帯、緑の畑、野生の荒地 (moorland) の混合地帯になる。 ブラックバーン (Blackburn) の上流で、ルートは一連の丘を通り抜けるためにうねうねと曲がる。

バーンリー (Burnley) のはずれで、運河は 559 ヤード (511 m) のギャナウ・トンネル (Gannow Tunnel) を通り抜け、 北に向きを変える。 バロウフォード (Burrowford) では別の 7 層連続水門が運河を 69 フィート (21 m) 持ち上げて頂上区間に至る。 バロウフォード貯水池は頂上区間の余分な水を蓄えている。 まもなくフォールリッジ・トンネル (Foulridge Tunnel) が丘の中腹を 1640 ヤード (1500 m) 貫通する。 ここは 1912 年に有名な事件が起きた場所で、牛が運河に落ちて、フォーリッジまで泳ぎ通し、そこでアルコールが与えられて 蘇生した。頂上区間はたった 6.1 マイル (9.8 km) しかなく、リーズに至る下降が始まる。

ガーグレイヴ (Gargrave) の上流で運河はエアー川を横断し、 リーズに至るまですべて峡谷をたどる。 スキプトン (Skipton) では、短いスプリングズ支線 (Springs Branch) あるいはザネット運河 (Thanet Canal) がこの運河に合流する。これはザネット伯爵にちなんで命名され、彼がこれを建設し、これを見下ろすスキプトン城 (Skipton Castle) を所有していた。 運河はガーグレイヴからビングリー (Bingley) に至る 16.8 マイル (27.0 km) の水平区間を走り、 この後で、2 つの階段水門 -- ビングリー 5 層水門 (Bingley Five Rise) とビングリー 3 層水門 (Bigley Three Rise) -- が運河のレベルを 90 フィート (27 m) 降下させる。 このすぐあとで運河はエアー川を横断し、その後、全ルートで川の南側をたどる。 もう幾つかの水門が 2,3 基にグループ化されたり、時には 1 基だけのものが、 運河のレベルを下げ続けて リーズに到達する。 ここで河川水門がエアー川、ないしはエアー・カルダー水路に運河を接続する。 ウィガン・ジャンクションとリーズの間で運河は 92 マイル (148 km) にわたり、85 基の水門がある。 水門の 41 基は頂上区間の西で、44 基は東にある。

エアー・カルダー水路

エアー・カルダー水路はリーズ・リバプール運河とは異なる規模であり、 水門は 200×20 フィート (61.0×6.1 m) で、そして、これは河川水路であるため、 流れがあり、水門には堰が付随する。 エアー・カルダー水路はリーズ・リバプール運河とは異なる規模であり、 水門は 200×20 フィート (61.0×6.1 m) で、そしてこれは河川水路であるため、 流れがあり、水門には堰が付随する。 これはなお 600 トンのタンカーと砂を運ぶハシケが使用し、 これらはナロウ・ボートより随分と堤防を侵食し、 豪雨の時位は水路が閉鎖されることがあり、水位が安全のレベルまで 下がるまで氾濫ゲートが閉鎖される。 水門は機械的に操作され、水門の管理人がいるが、 彼らは商用ボートの支援をするために水門から水門に移動する傾向があり、 楽しみのために川を使用するものは水門を自分で操作しなければならない。

ノストロップ (Knostrop) でエアー・カルダー水路は自身の水路に入り、 川は北になる。 これは 7 マイル (11 km) 分離したままで、 レモンロイド (Lemonroyd) で 2 つが合流する。 ルートの大半は鉱山風景の中を通り抜け、廃物の山と氾濫した立て坑がある。 レモンロイドの近くには 1988 年に川の堤防の破局的決壊があり、 これにより St. Aidens の露天掘り炭鉱 ([訳注:St. Aidans の綴りミス、セント・エイダンズ、現在は自然保護区]) に川の水がなだれ込んだ。 もう少しで、リーズ支線 (Leeds arm) は他の 3 つのルートと共に カッスルフォード (Castleford Junction) に到達する。 まっすぐ進むとカッスルフォード堰で、ボートはここに」入ってはいけない。 左折すると、氾濫ゲートでグール (Goole) へのルートである。 リングは右折して、ウェークフィールド支線 (Wakefield branch) に入り、 これは事実上カルダー川の運河化である。 リーズからカッスルフォードへの距離は 10 マイル (16 km) で 6 基の水門がある。 もっともノストロップ氾濫水門 (Knostrop Flood Lock) は通常はどちらのゲートも開放されている。

カルダー川区間の最初の水門は Woodknock にあり、 何年にもわたり実施された河川改良がどのようなものかは南側の支線の使用されていない Fairies and Altofts locks の大きさと比較すればわかる。 スタンリー・フェリー (Stanley Ferry) で 2 つの水道橋がカルダー川を越えて水路を通し、 この新しい方は 1981 年に開通し、これは古い方が大きなハシケにより被害を後部むことを防ぐためであった。 7.5 マイル (12.1 km) と 4 基の水門の後で、水路はフォール・イングス水門 (Fall Ings Lock) に到達し、これはエアー・カルダー水路と カルダー・ヘッブル水路の間のジャンクションである。

訳注
カッスルフォードの上流、数 km の地点に西に分岐する箇所が 2 ヶ所あり、 最初の箇所にある水門が Fairies and Altofts locks (複数形にする理由が不明、著者の間違い ?) と思われ、 Google の地図ではそばが Fairies Hill Mooring と なっている。(但し、この水門には船が隔室の中にいることが衛星写真からわかり、現在は使用可能。) この上流にある分岐箇所が Woodknock と思われる。衛星写真からは Woodnock の方がはるかに長い水門である。 こちらの方は衛星写真から現在使用可能か否かは不明であるが、 サイズが大きいため商用ハシケ用であることが明白で、この理由からこちらの水門も多分生きている。
カルダー・ヘッブル水路

カルダー・ヘッブル水路は別の河川水路で、1981 年まで商用の石炭輸送があり、 この時、ソーンヒル発電所 (Thornhill Power Station) への石炭輸送が終了した。 最初の 3 基の水門は、ブロード・カット・ロウ水門 (Broad Cut Low Lock) まで、 エアー・カルダー水路との協調の結果拡張され、 120×17.5 フィート (36.6×5.3 m) である。 ブロード・カット・トップ水門 (Broad Cut Top Lock) とこれより上流の水門は 今でもヨークシャー・キール (Yorkshire Keel) の大きさに合わせており、 57×14 フィート (17.4×4.3 m) の大きさしかない。 60 フィート (18 m) のナロウボートは水門を通り抜けることは可能であるが、 このためにはボートを斜めに合わせる必要がある。 水門はパドルを解放するためにハンドスパイク (handspike) が必要である。

水路の大半は人工掘割で、川と合流する短い複数の区間がある。 デューズバリー (Dewsbury) では短いデューズバリー小支線 (Dewsbury Arm) が サバイル・タウン・ベイシン (Saville Town Basin) へのアクセスを与える。 ジャンクションの向こうでは、ルートは深い掘割であるため、町から隔離されている。 バティフォード (Battyeford) では、大きな下水処理場があり、 水路は左折して、鉄道橋の下を通過する。 このあとでクーパー・ブリッジ水門 (Cooper Bridge Lock) と クーパー・」ブリッジ氾濫ゲートがあり、このあとでハダースフィールド・ブロード運河への ジャンクションがある。 ノース・ペナイン・リング (North Pennine Ring) は カルダー・ヘッブル水路と共に直進し、 アウター・ペナイン・リングは左に U ターンして、 ハダースフィールドに到達する。 フォール・イングス水門とジャンクションの間の距離は 13.1 マイル (21.1 km) で、 この区間には 12 基の水門と、5 基の氾濫水門、及び氾濫ゲートが 2 セットある。

ハダースフィールド・ブロード運河

ジャンクションからアスプレイ・ベイシン (Aspley Basin) に至る 3.3 マイル (5.3 km) しかない次の比較的短い区間には 9 基の水門がある。 水門は再びキールの大きさで、運河は 1780 年に完成した。 アスプレイ・ベイシンはハダースフィールド・ナロウ運河が一旦開通してから開発された。 というのはナロウ・ボートはブロード運河に進み続けるには長すぎたため、 荷を積み替える必要があったからである。 ウェスト・ライディング・ナロウボート (West Riding narrowboats) の導入により、 妥協が成立し、これは十分に短くて、どちらの運河システムで作業できた。 ベイシンの近くには国内最古の現存する倉庫があり、1778 年のものである。 商用輸送は 1953 年に終了したが、運河は開通したままで、ハダースフィールド・ナロウ運河 の再開通以来、交通が増えた。

ハダースフィールド・ナロウ運河

ハダースフィールド・ナロウ運河の建設は 1794 年に始まり、部分的に 1797 年に開通したが、 1811 年までは完全に開通しなかった。これはスタニッジにおける英国で最長の 運河トンネルの建設が遅れた結果であった。 運河の長さは 19.9 マイル (32.0 km) しかなかったが、これには 74 基の水門が含まれ、 42 基はトンネルの東に、32 基はトンネルの西にあった。 ハダースフィールドからリンスウェイと (Linthwaite) とスレイスウェイト (Slaithwaite) と通り抜けてマーズデン (Marsden) のトンネルの入り口に至る登りは 情け容赦なく 1 マイル毎に 5 基以上 (1 km 毎に 3 基以上) の水門がある。 ルートはコルネ峡谷 (Colne Valley) をたどり、運河のすぐ北を走る鉄道の陰になっている。 トンネル入り口の近くにはビジター・センター (interpretation center) があり、 運河トンネルはもとよりの事、2 つの使用されていない単線鉄道トンネルと 1 つの複線鉄道トンネルがある。 トンネルの通過は前もって予約する必要があり、 特別な日のみに可能である。 運河トンネルの終端は鉄道トンネルの建設で調節され、 現在は長さ 5,698 ヤード (5,210 m) である。 トンネルの通過はおよそ 3 時間かかり、トンネルが操業可能であれば、 4 台までのボートの船列が 1 日に双方向に通過できる。

トンネルの西では運河はテイム川 (River Tame) の峡谷をたどり、 再び鉄道の陰になる。 モスリー (Mossley) の南には 205 ヤード (187 m) の長さしかないスカウト・トンネル (Scout Tunnel) があり、もう少し進むと送電塔が運河をまたいでいる。 スタリーブリッジ (Staleybridge) を通り抜ける区間は 1947 年に暗渠にされたが、 現在は交通量の多い通りを縫うように進んでいる。 最初の水門の下流で、運河は 166 ヤード (152 m) のアスダ・トンネル (Asda Tunnel) を通り抜けて、 デューキンフィールド・ジャンクション (Dukinfield Junction) とポートランド・ベイシン (Portland Basin) に到着する。 ベイシンはピーク・フォレスト運河とアッシュトン運河に接続している。 2001 年の運河の再開通により、アウター・ペナイン運河の最後のリンクが提供された。

アッシュトン運河

アッシュトン運河は 1792 年の後すぐに開通し、 ノース・ウェストでは普通と違っていた。 というのは、これはナロウ運河用 -- 72×7 フィート (21.9×2.1 m) のボートに適切 -- に建設され、周辺の運河の大半は幅広のボートに適切であったからである。 これは 1962 年までに事実上航行が不可能となったが、 ピーク・フォレスト運河協会と内陸水路協会が先頭に立ち、 ブリティッシュ・ウォーターウェイズと地方議会の支援により、1974 年に再開通した。 運河は長さ 6.7 マイル (10.8 km) で、18 基の水門があり、 密集した都会の風景を通り抜けている。 水門 10 と 11 の間に短い支線があり、 これはかってストックポート支線運河 (Stockport Branch Canal) の開始部分で、 これはストックポートまでの 5 マイル (8.0 km) を水平に走った。 この運河はデュシー・ストリート・ジャンクションでロッチデール運河に結合している。

ロッチデール運河

アウター・ペナイン・リングの最後の区間はロッチデール運河の下流部分をたどる。 これは、ハダースフィールド・ナロウ運河と同じ年に認可されたが、 完成したのは 7 年ほど前の 1804 年であった。 ノース・ペナイン・リングはクーパー・ブリッジより上流ではカルダー・ヘッブル水路の後をたどり、 デュシー・ストリート・ジャンクションの上流ではロッチデール運河の本線に沿って継続し、この地点ではアウター・ペナイン・リング に再結合する。 1952 年に運河の大半は閉鎖されていたが、最後の区間は開通されたままで、 ブリッジウォーター運河とアッシュトン運河の接続を提供していた。 この 1.2 マイル (1.9 km) の区間には 9 基の水門があって、都会のマンチェスターを」通り抜けて、 ブリッジウォーター運河のキャッスルフィールド・ジャンクションに到達し、リングが完成する。