ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

South Pennine Ring - Wikipedia
サウス・ペナイン・リング (South Pennine Ring)

サウス・ペナイン・リング はイングランドの 運河リング で、マンチェスターとハダースフィールドの間の ペナイン山脈を横断する。 これは 5 つの運河、及び英国における最長の運河トンネルを通り抜ける通路を含んでいる。 これは 2002 年以来、クルージングに可能となったのみで、 この時、ハダースフィールド・ナロウ運河の復元がペナイン山脈越えの帰還路を与えた。

Brearley の側面を走るロッチデール運河
  1. 歴史
  2. 人気
  3. ルート
歴史

運河リングの考えは 1965 年に作られ、これはロッチデール運河の完全閉鎖を防止するための 内陸水路協会のキャンペーンの一環であった。 当初は、この運河は チェシャー運河リング の部分として述べられたが、 これはすぐにチェシャー・リングに省略された。 これは相互に関連する一連の運河を述べ、通常、どの区間も 2 度通ることなく、1, 2 週間で航行することができた。 これは、その結果、幾つかの同じようなルートに適用された。 サウス・ペナイン・リングは最近追加された。 というのは 2001 年 - 2002 年のハダースフィールド・ナロウ運河の復原 (不可能な復元と称された) とロッチデール運河の復元によって始めてリングの可能性ができたからである。

この用語はブリティッシュ・ウォーターウェイズによる売り出し言葉として造語され、 後に水路の熱狂家により、取り上げられて、 ノース・ペナイン・リングアウター・ペナイン・リングが造語され、ペナイン越え運河を 組み込んだ 3 つの可能なリングが記述された。

人気

このリングの上流区間の荒地 (moorland) の光景と明らかな孤立感は通常はレジャー・ボート乗りには大きな魅力であるが、 ボート乗りの数は色々な理由から比較的少ない、この理由には:

頻々とした閉鎖とスタニッジ・トンネルの通過を予約する必要性の結果から、 ハダースフィールド・ナロウ運河と、ロッチデール運河の旅行には ブリティッシュ・ウォーターウェイズのホームページを参考にすべきである。

ルート

サウス・ペナイン・リングは次の運河の一部分をたどり、 マンチェスターのデュシー・ストリート・ジャンクション (Ducie St. Junction) を出発して、 リングの周囲を時計回りに進む。

ロッチデール運河

ロッチデール運河は 1794 年に認可され、1804 年に完成した。 他の 2 つのペナイン越え運河と違い、これには大きなトンネルがなく、 その結果、高く上昇して、多くの水門を上昇する必要がある。 水門は幅が 14 フィート (4.3 m) の幅広のハシケを収容でき、 これは多量の水を消費し、しばしば問題を引き起こした。 運河の一方の端から他方の端に移動した最後の商用ボートは 1932 年に、これを実施し、 デュシー・ストリート・ジャンクションよりも下流区間 -- これは運河リンクの一部分ではなかった -- を除いては 1952 年に閉鎖された。 復原は 1984 年に始まり、千年紀資金 (Millennium Fund) の助成金により 2002 年に完成した。 運河は 2000 年まで、私的に所有され続けたが、 再開通してからはブリティッシュ・ウォーターウェイズの責任になった。

元々、運河に給水する 8 基の貯水池があったが、運河が閉鎖された時に給水会社に売却され、 水の供給が再び問題になった。 この理由から、デュシー・ストリート・ジャンクション (Ducie St. Junction) より上流の最初の 19 基の 水門を通り抜ける通過 -- 水門 83 で開始する -- は双方向に 1 日 4 台に制限され、前もって予約しなければならない。 運河に沿って前進することは、困難な仕事であり、 1 マイル毎に 3 基 (1 km 毎に 5 基) あるが、広がって存在し、連続水門にまとめられていない。 デュシー・ストリートと頂上区間の間には全部で 47 基の水門があり、 水を倹約し、水門ゲートが交換できるように、すべて同じ落差で建設されている。 ウェスト・サミット・ロック (西頂上水門、West Summit Lock) に到達するまでに、 ボートは 17 マイル (27 km) を進み、 601 フィート (183 m) 上昇する。 これにより、国内で最高の運河の頂上区間になっている。 西の水門 37 と東の水門 36 の間の頂上区間の通過は、 再び前もって予約する必要があり、毎日 4 台のボートのみが双方向に通過できる。 頂上区間の西端の水門はウェスト・サミット・ロックと呼ばれているが、 運河は、この場所では実際は北から南に進んでいる。 頂上区間はとても短くて、0.8 マイル (1.3 km) で ソワービー・ブリッジ (Soerby Bridge) への降下はあっという間に始まる。

デュシー・ストリートからソワービー・ブリッジへの距離は 30.8 マイル (49.6 km) で、 82 基の水門がある。 水門と数の不一致の理由はソワービー・ブリッジ直前のツール・レーン水門が 水門 3 と 4 をまとめて 1 つの水門にしたからで、これは道路ジャンクションの下を運河が 通過する時に十分な頭上余地を与えるためであった。 ソワービー・ブリッジは歴史的には荷の積み替え場所であった。 というのはカルダー・ヘッブル水路のハシケの長さは 56 フィート (17 m) しかなく、 これによりリングを一周するボートの大きさを更に制限している。

カルダー・ヘッブル水路

カルダー・ヘッブル水路はウェイクフィールドとソワービー・ブリッジの間で 1770 年に開通し、 エアー・カルダー水路のほとんど延長として建設された。 これはエアー・カルダーほど成功せずに、一時期、鉄道会社にリースされ、 そのあとでエアー・カルダー水路が引き継いだ。 下流の水門の幾つかはこの期間に拡張されたが、サウス・ペナイン・リングを形成するものは含まれなかった。 商用輸送は 1981 年までに続き、これは現在では全く、レジャー・ボートに使用されている。 水路の異常な造作の 1 つに、水門のパドルを解放するための長い 1 本の木切れ -- ハンドスパイク (handspike) と呼ぶ -- が必要であった。 これは河川水路なので、水位が変動しやすく、水門の多くは色付きの計量盤があって、前進することが安全であるか否かを 示している。 緑の帯は川の水位が正常であることを示し、 黄色の帯は川の水位が高いが、次の水門への前進と水門の通過が、注意すれば可能であることを示している。 赤い帯は航行が危険であることを示し、 川は氾濫し、次の水門が閉鎖されていることを示している。

水位が正常であれば、運河の旅行は楽しい経験であり、 ルートは美しい田舎と他の興味ある産業考古学の地域を通り過ぎる。 14 基の水門で 8.5 マイル (13.7 km) を過ぎると、水路が分岐する。 カルダー・ヘッブル水路を直進すると、クーバー・ブリッジの氾濫ゲート (Cooper Bridge flood gate) を通り抜けて、ウェイクフィールドのエアー・カルダー水路に到達する。 このルートはノース・ペナイン・リングの一部で、 リーズ・リバプール運河を使用して、ペナイン山脈を再横断する。 サウス・ペナイン・リングは左折して [訳注:右折しての間違い] ハダースフィールド・ブロード運河に出る。 大きな堰が最初の水門の入り口のそばにあるため注意が必要である。

ハダースフィールド・ブロード運河

ハダースフィールド・ブロード運河は比較的短く、3.3 マイル (5.3 km) しかなく、 9 基の水門を通り抜けて上昇し、カルダー・ヘッブル水路をハダースフィールドの産業の中心地に接続している。 これは 1780 年に開通し、短い広い水門を売り物にしている。 というのは、これができた時の唯一の出口はクーパー・ブリッジを経由するもののみであったからである。 町の近くにあるにも関わらず、ルートは全くの田舎であり、 木が植えられた堤防と運動場が近くにある。 運河はアスプレイ・ベイシン (Aspley Basin) に到達し、 その直前で機関車リフト橋 (Locomotive Lift Bridge) を通過する。 この名称はその機能からではなく、運河を越えて道路を通す形からつけられている。 ベイシンはハダースフィールド・ナロウ運河が一旦開通した時に必要となった。 というのは、どちらの運河を使用するボートも、そのまま前進できなかったからである。

ハダースフィールド・ナロウ運河

ハダースフィールド・ナロウ運河は開通するのが 3 番目のペナイン山脈越えのルートであった。 これはロッチデール運河と同時期に認可されたが、頂上区間に長いトンネルがあり、 1811 年までに完全開通することはなく、これはロッチデール運河開通の 7 年後であった。 スタニッジ・トンネルは英国で最長の運河トンネルで、 また最高でもある。 というのは頂上区間は海抜 656 フィート (200 m) であるからである。 これはロッチデール運河の頂上区間よりも高く、それにもかかわらず、 最も深い運河トンネルでもある。というのはこれは場所によっては、 サドルワース・ムーア (Saddleworth Moor、ムーア = 荒地) の下 638 フィート (194 m) にあるからである。

運河は長さ 19.9 マイル (32.0 km) で、 頂上区間までは 42 基の水門があって 1E から 42E まで番号が付き、 別の 32 基の水門が 32W から 1W まで番号が付き、 デューキンフィールド・ジャンクション (Dukinfield Junction) までの下りにある。 ハダースフィールドの近くには 2 つのトンネルがあり、 これは 1944 年に閉鎖された後で建設された工場の下を、復帰した運河を通すために建設された。 Bates トンネルは長さ 100 ヤード (91 m) で、 Sellers トンネルは長さ 355 ヤード (325 m) である。 ロッチデール運河と同様に、 水門は連続水門としてあるのではなく、広がって存在している。 トップ水門とスタニッジ・トンネルの北東の入り口の間には、およそ 0.5 マイル (0.80 km) の 水平な運河がある。 トンネルの出入り口の近くにはインフォメーション・センター (information center) がある。 この場所には丘を通り抜ける 4 つのトンネルがある。 というのは運河トンネルに並行して 3 つの鉄道トンネルがあるからである。 トンネルの通過は事前に予約する必要があり、トンネルが開通している日には 各方向に 4 台のボートの列 (convoy) に限定している。

運河の再建により、スタリーブリッジ (Stalybridge) のような場所に大きな変化があり、 ここでは 1947 年に運河は暗渠になっていた。 今や新しい運河は通りを縫うように通り抜け、 これが作り上げた活気が評価されている。 最後の水門の下流には別のトンネル -- 長さ 166 ヤード (152 m) -- があり、これによりデューキンフィールド・ジャンクションに到達するために、 運河は Asda スーパーマーケットの下を通っている。

アッシュトン運河

デューキンフィールド・ジャンクションではピーク・フォレスト運河は左折するが、サウス・ペナイン・リングは直進して アッシュトン運河に進入する。 最初の半分は水平で、フェアフィールド・ジャンクションに到達する。 ここはホリンウッド運河 (Hollinwood) がそれる場所である。 この短い区間は今では 2008 年に開通したマリーナに至り、 これをもう少し延長して再開通する計画もある。 水門 10 と 11 の間にはストックポート運河の一部分であった短い切れ端があり、これも再開通 させる計画がある。 水門 18 を下降して、6.7 マイル (10.8 km) を進んだ後に、 アッシュトン運河は開始点に戻り、ここでデュシー・ストリート・ジャンクションでロッチデール運河に合流する。