ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Stockport Branch Canal - Wikipedia
ストックポート支線運河 (Stockport Branch Canal)

ストックポート支線運河はアッシュトン運河の 5 マイル (8 km) の支線で、 クレイトン (Clayton) からストックポート (Stockport) に至っている。

運河の構造の多くは生き延び、
これにはアビー・ヘイ・レーン
(Abbey Hey Lane) における、この橋が含まれる。
  1. ルート
  2. 造作
  3. 操業時代
  4. 衰退と閉鎖
  5. 復原運動
  6. 興味ある地点
ルート

運河はアッシュトン運河本線を水門 10 と水門 11 の間の ストックポート・ジャンクション (クレイトン・ジャンクションとも呼ぶ) で離れ、 ランカシャー丘 (Lancashire Hill) の頂上の少し向こうの ストックポート・ベイシン (Stockport Basin) で終了する。 運河は 5 マイル (7.87 km) より少し短く、水門がない。

運河はゴートン (Gorton)、 アビー・ヘイ (Abbey Hey)、 レディッシュ (Reddish) を通り抜け、1797 年にトレードに開通した。

レディッシュでは、更なる支線 (ビート・バンク支線運河 (Beat Bank Branch Canal)) が建設されることになり、 この支線建設の工事が実際に開始した。 この支線の孤立区間のみがかって建設されたのみで、 ストックポート支線とは決して接続されなかった。

造作

この運河は大半が都会で、 コースに沿ってひどく産業化されていた。 クレイトンとゴートンの間でひどく密集していたのは: 技術工場、製鉄所で、更にゴートンにおける運河会社の倉庫は言うまでもなかった。 ゴートンより向こうでレディッシュを通り抜ける途上には、 木綿工場 (cotton mill) が支配的であった。

操業時代

アッシュトン運河本線は 1792 年 6 月の議会法により認可され、 1793 年 3 月に、所有者は第 2 の議会法を手に入れ、 これが認可したのは: ストックポートへの支線、 ストックポート支線をレディッシュで分岐する支線で、 テイム峡谷をビート・バンク (Beat Bank) まで走り、 ハウトン・グリーン (Haughton Green) の幾つかの炭鉱の任に就くもの、 そしてホリンウッドに至る別の支線であった。 議会法は所有者が £30,000 を集めることを認可し、 これにより 3 つの支線すべての資金繰りをすることになった。 会社は技術者を求める広告を出したが、1 人も見つけることができず、 彼らの代理人のじぇむず・メドウズ (James Meadows) がおそらく建設を監督した。 ホリンウッド支線は 1796 年末に最初に完成し、ストックポート支線はそのすぐ後の 1797 年 1 月に開通した。

ホリンウッド支線が任務に就いているワーネス鉱山 (Werneth) からの石炭供給が十分であることと、 ビート・バンク支線が粘土の上にあって、建設が困難であることから、 会社はビート・バンク支線の更なる工事を見捨てる決定をして、 デントンの炭鉱 (collieries of Denton) の所有者であるウィリアム・ハルトン (William Hulton) に工事を継続できないことを通告した。 公式にこれを見捨てる議会法を 1798 年に求め、 ハルトンの反対にも関わらず、議会法が獲得された。 同年に、運河会社はストックポートに倉庫を建設し、 そこの波止場を割り当てて、ワーネス炭鉱を支援し、 運河交通をもっと生み出すことになった。

鉄道の到来と共に、交通が落ち込み、 配当が 1842 年 6% に低下した。 マンチェスター・シェフィールド・リンカンシャー鉄道 (Manchester, Sheffield and Lincolnshire Railway) は年間に £12,364 を支払うことにより、 運河を買収することを申し入れ、 これは株主に 7% の配当を与えることであり、更に 1 年に £540 の支払いがあり、これは負債の利払いのためであった。 運河会社は 1846 年に有難く、申し入れを受け止めた。 引き継ぎは 1848 年に議会法により正式なものとなり、 これによって鉄道会社は運河を良好な状態に維持することが要求された。 これを彼らは長年の間実施し、自分たちのボートを走らせて、1892 年まで物資を運んだ。 運河会社は 1883 年に清算され、株主は鉄道会社の株式を与えられた。

運河は基本的に一般貨物を運ぶことに使用され、 例えば原綿 (raw cotton) が工場 (mill) に運ばれ、 製造された物資が運び出された。 運河は工場 (mill) と近くに住む市民に石炭を運んだ。 別の重要な貨物はストックポート・ベイシンの ウィリアム・ヌルストップ社 (William Nelstop & Company) の アルビオン穀物工場 (Albion Corn mill) に向けた穀物の供給であった。

初期の頃には、アッシュトン運河では乗客輸送があり、 ルートの 1 つはマンチェスターとストックポートの間であった。

衰退を閉鎖

運河は鉄道と道路との競争の結果、衰退が始まり、 1922 年初めにも遺棄されたといわれている。

商用輸送は 1930 年代に停止したが、1950 年代にはかろうじて航行できる 水路として居残っていた。 1950 年代のある段階では、運河は浚渫されたが、 この改良は交通を引き寄せることにはならなかった。 ストックポート・ベイシンは埋め立てられた最初の区間で、 1962 年になってようやく、運河は英国輸送委員会によって 公式に見捨てられ、ここが 1948 年以来、これに責任を負っていた。 埋めるには多くの年月が必要で、 運河沿いに住む人々にとっては不愉快なことである。

復原運動

以前の運河の路線の多くは無傷で、 現在はこれを「快適環境運河」 (amenity canal) として、 再開通する計画がある; このような計画は地方自治体の支援がある。 スコット (Scott) が述べることによると、 ブリティッシュ・ウォーターウェイズの報告ではこの運河の再開通は技術的に再開通可能であることであった。

興味ある地点
地名座標備考
ストックポート・ジャンクション
(Stockport Junction)
53.4804°N 2.1788°Wアッシュトン運河とのジャンクション
ゴートン & オープンショー駅水道橋
(Gorton & Openshaw Stn aqueduct)
53.4689°N 2.1694°W
ハイス道路駅橋
(Hythe Road Stn bridge)
53.4619°N 2.1623°W
レディッシュ・ノース駅橋
(Reddish North Stn bridge)
53.4516°N 2.1611°W
レディッシュ・サウス駅橋
(Reddish South Stn bridge)
53.4323°N 2.1633°Wビート・バンク・ジャンクション
ストックポート・ベイシン
(Stockport Basin)
53.4182°N 2.1613°Wターミナル