ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Houldsworth Mill, Reddish - Wikipedia

ホウルズワース・ミル: Google map

ここのミルは木綿ミルのことです。

ホウルズワース・ミル、レディッシュ
(Houldsworth Mill, Reddhish)

ホウルズワース・ミルは、レディッシュ・ミルとも呼ばれ、 イングランド、 広域マンチェスター (Greater Manchester) の ストックポート (Stockport)、レディッシュに 1865 年に建設された昔のミルである。 これは、エイブラハム・ストット (Abraham Stot) によりデザインされ、 当時の著名なミルの所有者である ヘンリー・ホウルズワース (Henry Houldsworth) のために建設された。 これは現在はグレード II* の指定建造物である。

正門 広域マンチェスターにおける位置
  1. 歴史
  2. 木綿の後
  3. 建物
  4. 復元
歴史

レディッシュ・ミルは 「ストット & サンズ」 (Stott and Sons) によりウィリアム・ホウルズワースのために建設され、 1865 年に開設された。 これは 64 エイカー (260,000 m2) の広さがあり、454 名の労働者を雇用した。

ホウルズワース・ミル、1900 年頃

1898 年に、これはファイン・コットン・スピンナーズ協会 (Fine Cotton Spinners Association、上質木綿紡ぎ者協会) に合併した。 ミルにはかって 136,692 基のスピンドルがあり、一時期は 700 と 800 のカウント (count、糸の太さ) を紡いだが、 通常は 80 代から 250 代のカウントを紡いだ。

木綿の後

ホウルズワース・ミルにおける木綿の生産は 1950 年代に終了した。 ミルは通信販売のカタログ会社のジョン・マイアズ (John Myers) に売却され、 基本的には倉庫として使用された。 1960 年代後半に、建物はミルの北側の後方に 5 階建てで拡張された。 これは当時の様式であるガラスとコンクリートで建設された。

通信販売の仕事は 1970 年代に終了し、ミルは売却された。 これは別々の事業に分割されたが、建物の大半は空き家で、荒廃状態になった。

建物

1865 年のミルは 18 区画から成る 2 つの 5 階建てのブロックから構成され、 細い 9 区画の中央ブロックが、倉庫とオフィス用であった。 中央ブロックにはイタリア化した外部階段 (Italianate stair towers) があり、 中央に時計があった。 フロアーは広くされて、当時のより大きな ミュール紡績機を収容した。 フロアーは全て耐火で、横断ヴォールトがあった。

分離したエンジン棟は水平シャフトを使用し、 これが各紡ぎブロックで垂直シャフトに接続した。 煙突は 8 角形で、ひどく装飾した oversailer [訳注:原文の意味不明] をもつ台座の上にあった。 20 世紀始めに、これは各ブロックごとに分離した逆向きの (inverted) の 複合エンジン (compound engines) で交換し、ロープ駆動のために外部のロープ通路 (rope race) を付けた。

復元

復元のための試験的な調査は イングリッシュ・ヘリテッジ (English Heritage) により部分的に資金繰りされた。 改修の資金を供与したのは: