ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Broadstone Mill, Reddish- Wikipedia

ブロードストーン・ミル:  Google map

ここのミルは木綿ミルのことです。

ブロードストーン・ミル、レディッシュ
(Broadstone Mill, Reddish)

ブロードストーン・ミル はイングランド、 広域マンチェスター ストックポート (Stockport) の ストックポート支線運河 (Stockport Branch Canal) の 東岸にある 二重木綿紡ぎミル (double cotton spinning mill) であった。 二重ミルの建設は 1903 年に開始し、1907 年に完成した。 これは 1957 年に閉鎖し、南側のミルとエンジン棟は 1965 年に取り壊された。 北側のブロックは複数用途になった。 これは今ではホウルズワース・ヴィレッジ開発 (Houldsworth Village development) の一部である。 これは小ビジネス・センター、及びショッピング・アウトレット (shopping outlet) として 使用されている。

二重ミルは 1903 年から 1907 年に建設され、
260,000 基のミュールのスピンドルがあり、同じ建物に
格納された 2 つのジョージ・サクソンの逆向き垂直
三段膨張エンジンで動力が与えられた。1959 年に閉鎖
され、全ての動力棟が押し流された。
広域マンチェスターにおける位置。
  1. 位置
  2. 歴史
  3. 建物
  4. 用途
  5. 現在の用途
  6. 著名なイベント/メディア
位置

この二重ミルは ホウルズワースのレディッシュ・ミルの隣に建設され、 ストックポート支線運河に面した。 ここはストックポートからスタリーブリッジ (Stalybridge) に至る鉄道 (Stockport to Stalybridge Line) にあるレディッシュ・サウス鉄道駅 (Reddish South ratiway station) の近くにある。

歴史

レディッシュのブロードストーン紡ぎ会社 (Broadstone Spinning Co. Ltd.) は 1903 年に法人化され、大きな二重ミルを設置することが意図された。 No. 1 ミルは 7,658 平方ヤードの広さがあり、 No. 2 ミルは 8,457 平方ヤードの広さがある。 各ミルは 6 階建ての高さで、長さが 270 フィート×143 フィートである。 工事は 1906 年末に No.1 ミルで開始し、1 年後に No.2 ミルで開始した。 これらのミルは完全に装備した時に 260,000 基のミュール・スピンドル (mule spindle) を含み、 £480,000 の経費がかかった。 凝縮器のための水は運河から無料で供給する資格があった。 1919 年に、ミルは「ブロードストーン・ミルズ社」 (Broadstone Mills Limited) に売却された。

木綿の紡ぎの凋落にはひどい笑いぐさが付きまとっていた。 1958 年の 11 月に、会社は多くのミュール紡績機をスクラップとして £3,000 をわずかに越える額で売却した。 合意により、機械は冬の間はミルに残っていた。少々が壊れ、1959 年 4 月に取り除かれた。 この時、政府は紡績の生産能力をスクラップにすることに同意した企業に対する補償対策を表明した。 ミュール紡績機の所有権はスクラップ業者の手に渡ってしまい、 £60,000 以上の補償額の資格が会社にないことが決定された、 機械はなおその敷地にあるという事実にもかかわらずのことであった。 1965 年の高等裁判所への訴えと、上訴は実りがなかった。

建物

これは大きな 6 階建ての二重ミルで 260,000 基のスピンドルがあった。 これは 「ストット & サンズ」 (Stott and Sons) により建設され、 造作はビザンチン様式 (Byzantine in style) と記述された。 各ミルは幅が 12 区画で、奥行きが 9 区画あり、 ロープ通路 (rope race) は 13 番目の区画であった。 基本的な区画の大きさは 22×15.6 フィート (6.7×4.72 m) で、従って第二フロアの内部の大きさは 266×137 フィート (81×42 m) であった。 ロープ通路 (rope race) は内部的に幅が 12 フィート (3.7 m) である。 地上フロア・レベルでは、一階建ての カード処理の小屋 (Card shed、梳き小屋) はミルの幅を広げ; これは 5 区画で奥行きが 68 フィート (21 m) である。

1907 年頃のブロードストーン・ミル、
今では取り壊された南側のミルが含まれる。

フロアーは収容する機械用にデザインされている。 従って、地下室がデザインされているのは;  廃物場所 (Waster Place)、 調整地下室 (Conditioning Cellar)、 倉庫 & 梱包 (Warehouse & Packing)、 木綿室 (Cotton Room)、 混合室 (Mixing Room)、 粉塵地下室 (Dust Cellar) であり、 ここは高さが 8 フィート 6 インチ (2.59 m) であった。 地表フロア― (1 階とも呼ぶ) は (高さが) 16 フィート (49 m) で、 付属する カード処理小屋 (Card Shed、梳き小屋) と送風室 (blowing room) は高さが 12 フィート (3.7 m) であった。 2 階の第一紡績室は高さが 14 フィート 3 インチ (4.34 m) で、 3 階と 4 階の第二紡績室、第三紡績室は高さが 13 フィート 9 インチ (4.19 m) であり、 5 階の第四紡績室は高さが 14 フィート 1.75 インチ (4.3117 m) であった。 塔には階段、荷物持ち上げ機 (hoist) そしてトイレがあった。

動力

各ミルの動力はジョージ・サクソン社 (George Saxon & Co.) の 1500 馬力の三段膨張逆向き垂直蒸気エンジンで、 コーリス・バルブが付いていた (triple expansion inverted vertical steam engines, with Corliss valves)。 これらは 200 psi の蒸気を動力として、75 rpm で走った。 シリンダーの内腔は 22 インチ、35 インチ、及び 54 インチで、4 フィート・ストロークである。

各ミルは自身のボイラー・ハウスがあり、 4.30×8 フィート (9.1×2.4 m) のランカシャー・ボイラーと それ自身のための高さ 75 ヤード (69 m) の煙突があった。 煙突には正方形の基礎 -- 33 フィート (10 m) -- があり、 次に円形の先細部分があり、直径が 18 フィート (5.5 m) から 10 フィート (3.30 m) まで細くなる。 煙道は直径 8 フィート (2.4 m) で、内部の保護壁はおよそ 88 フィート (27 m) まである。

装置

どちらのミルの機械も全て、ジョン・ヘザリントン (John Hetherington & Co.Ltd.) により供給された。 最初のミルには 125,000 基のスピンドルを持つ ミュール紡績機があり、 第二のミルには 140,000 基の スピンドルを持つミュール紡績機があり、 2 つのミルを全部合わせると 265,000 基のスピンドルがあった。

用途

元々は最良のエジプト綿が紡がれ、 技術的には、 櫛で梳かれ (combed)、そして カード処理で完全に梳かれたより糸 (super carded yarns) であった。 カウント (count、糸の太さ) の領域は国内用と輸出用に 160 代から 30 代で、700 名を雇用した。

所有者
現在の用途

ミルは現在ホウルズワース・ビレッジ開発 (Houldworth Village Development) の一部で、 1957 年に閉鎖してから再開発され、大きなショッピング・アウトレットとビジネス・センターに 変換され、 含まれているものは、事務所、会議センター (conference centres)、及び創作ギャラリー (creative gallery) である。 現在、第 1 フロアー [訳注: 2 階の事] で、小売店 (retail outlet) を 2 層にするための再開発が 実施中で、これは 2013 年までに完成予定である。

著名なイベント/メディア

完成した時に、ブロードストーン・ミル (Broadstone Mill) は世界最大の木綿紡績ミルであった。 これ以前の最大であったホウルズワース・ミル (Houldsworth Mill) は 200 m 北に建っている。