ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Marvel's Mill - Wikipedia
マーベルのミル (Marvel's Mill)

イングランド、 ノーサンプトン (Northampton) のネン川 (River Nene, /ˈnɛn/ or /ˈniːn/) の川岸のマーベルのミル (Marvel's Mill or Marvell's Mill) は 木綿紡ぎ用の世界で 2 番目の工場で、 水車で操業した最初のもので、 そして無生物の動力源で駆動した最初のものである。 これは 1742 年にエドワード・ケイブ (Edward Cave) により開設され、 ポール-ワイアット (Paul-Wyatt) 木綿ミルの 1 つで、ルイス・ポール (Lewis Paul) とジョン・ワイアット (John Wyatt) により 発明されたローラー紡績機 (roller spinning machinery) を使用したものである。 これが最初に使用されたのは 1741 年夏のバーミンガムの彼らの アッパー・プライオリ木綿ミル (Upper Priory Cotton Mill) であった。

ネン川のほとりの木綿ミル、
ノーブル (Noble) とバトリン (Butlin) の 1746 年の
ノーサンプトンの地図から、木綿ミルの最古の既知の絵による表現
歴史

マーベルのミルは水力穀物ミルとしての長い歴史があった、 早くも 1253 年にメルウィン・ミル (Merewyns mill) として確認されている。 元々、ノーサンプトン (Northampton) のセント・アンドリューの修道院により所有され、 所有権は修道院の解体の後には、ノーサンプトンの町に引き継がれ、次々とテナントにリースされた。

1742 年に、ミルは 「ザ・ジェントルマンズ・マガジン」 (The Gentleman's Magazine) の出版者である エドワード・ケイブ (Edward Cave) により獲得され、 彼はルイス・ポール (Lewis Paul) とジョン・ワイアット (John Wyatt) の新たに発明されたローラー紡ぎ機械の開発に関わることになり、 これは サミュエル・ジョンソン (Samuel Johnson) と相互に知り合いだったことによっていた。 彼は全部で 250 基のスピンドルを持つポール (Paul) の機械 5 台を操作するライセンスをスピンドル毎に £3 で手に入れた。 ケイブ (Cave) はロムジー (Romsey) とグロスター (Gloucester) の他のミルの申し入れがあった後に、マーベルのミルを購入した。 既存の穀物ミルを取り壊してから、彼は新しい建物を設置して、 紡績機械を収容し、漂白するための灰汁 (lye) を沸かすための離れ家と、スピンドルを保守する鍛冶屋の作業場を設置した。

ミルの操業に関してはほとんど知られていない。 もっとも現存する記録が示すことは、ミルライトのトーマス・ヨーマン (Thomas Yeoman) が工場の操業者として任命され, 更には日々の機能を分担するマネージャーのハリソン氏 (Mr Harrison)、監督としてニュートン氏 (Mr. Newton) が任命され、 後者はそれ以前のバーミンガム・ミルに関わっていた。 しかしながら、操業は円滑とはほど遠かった;  1743 年 4 月からの記録によると、1 年の利益は 12 台の機械の計画で £599 であると計画された;  同じ年の 10 月までに、計画された 100 名のうち 50 名しか働いておらず、 計画された 1 年の儲けは £113 に減少した。 ワイアット (Wyatt) がその時論評したことによると、「カード (Cards) と カード処理 (Carding、梳き) は極端に処理が悪い」 ことであり、 「泥と木綿が部屋の上に広がり、ミルの近くの通り道は驚くべきである」、そして 「監督はとても無頓着なマネージャーである」 ことであった。

これらの欠陥にもかかわらず、事業は生き延び、1746 年の彫刻によると、これは機能し、総定員数 100 名を雇用していた。 1754 年のケイブ (Cave) の死亡でミルは彼の兄弟と甥に手渡され、この時点でサミュエル・トゥーシェット (Samuel Touchet) が関与し、 彼は前産業革命のランカシャー木綿産業の重要な商人の 1 人であり、彼も 1742 年以来ポール (Paul) の機械を操業するライセンスを保持し、 1744 年に第二のバーミンガムのミルを設置しており、恐らくはこれはファゼリー・ストリート (Fazeley Street) にあった。 しかしながらトゥーシェット (Touchet) は利益を得ることがなく、1756 年にミルと機械は売却するために広告された。 まもなく、ルイス・ポール (Lewis Pawl) に再賃貸され、彼は直接コントロールしたが、1761 年に賃貸料を払わなかったためケイブ (Cave) 家に取り上げられ、 この日以後、この場所で木綿紡績がされた証拠がない。 1768 年までに、ミルは "ミル操業家であるウィリアム・フォークナー (William Faulkner) とトーマス・ハリス (Thomas Harris)" のものとなり、 1774 年には仕事場は靴屋に占有された。 ミルの紡績機械の運命は知られていないが、これはリチャード・アークライト (Richard Arkwright) により獲得されたか、少なくともこれを見た兆候があり、 彼の 1769 年の特許は随分と類似した原理に基づいていた。