ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Wallsall Canal - Wikipedia
ウォルソール運河 (Wallsall Canal)

ウォルソール運河はナロウ運河 (7 フィート幅) で、長さが 7 マイルあり、 バーミンガム運河水路網の一部となっており、 英国ウェスト・ミッドランズのウォルソールの西側を回っている。

  1. ルート
  2. 歴史
  3. 見どころ
  4. ギャラリー
ルート

運河はライダーズ・グリーン・ジャンクションで開始する。 ここでウェンズベリー・オールド運河とリッジェーカー (Ridgeacre) 支線と接続し、 直ちに 8 層連続水門を下って、408 フィートのウォルソール・レベル に到達する。 ドウ・バンク・ジャンクション (Doe Bank Junction, テイム・バレー・ジャンクション) で、テイム・バレー運河と非常に短いオッカーヒル (Ocker Hill) トンネル支線 (現在は私有の停泊地) と接続し、 支線はオッカーヒル揚水所に水を供給し、ウルヴァーハンプトン・レベルに給水をしている。 運河は北西に進み、見捨てられたゴスペル・オーク支線 (Gospel Oak Branch) のジャンクションを 過ぎ、 ミッドランド・メトロの下を通り、ムーアクロフト・ジャンクション (Moorcroft Junction) で短いブラッドリー支線 を通り過ぎる。 (ブラッドリー支線はかってはベントリー運河 (Bentley Canal) に接続していたが、 1961年に見捨てられた) 更に、M6 自動車道路のジャンクション 10 のすぐ南の下を通る。 非常に短いウォルソール・タウン小支線がウォルソール・ジャンクションでウォルソール・タウンに 導いており、本線は 8 基の水門で上昇し、 バーチルズ・ジャンクション (Birchills Junction) でエシントン運河 (Essington Canal) と 接続する。

運河はバーミンガム・レベルで開始し、ウォルソール・レベルまで 45 フィート降下し、 次にウォルヴァーハンプトン・レベルまで 65 フィート上昇する。 【訳注:バーミンガム運河水路網レベルを参照】

歴史

(ウォールソール) 運河は 4 段階で建設された。 ウォールソール運河はウェンズベリー運河から、ブロードウォーターへの延伸として誕生し、 1785 年に開通し、モックスリー (Moxley) の炭鉱で利用された。 この区間は、元々の議会法でバーミンガム・ファゼリー運河 の分離部分として認可されていた。 一方、別の方向から ワイアリー・エシントン運河 (Wyrley and Essington Canal) の バーチルズ支線 (Birchills Branch) が 1789 年までにウォールソールの北西の ブロックスウィッチ船着き場 (Bloxwich Wharf) に到達していた。 スネイド・ジャンクション (Sneyd Junction) からの、この支線の大半は 運河がハドルズフォード (Huddlesford) に拡張された時にワイアリー・エシントン運河の新しい本線に吸収され、 700m ほどの (運河の) 切り株 (stub) が残った。

この時までに、バーミンガム・バーミンガム・ファゼリー運河として知られていた会社が、 1794 年の 4 月 17 日に合併した会社の六回目の議会法の認可を受け、 運河をブロードウォーターズからウォルソールに延伸できることとなった。 これにより、会社は £45,000 を借り受けることが可能となり、 ウォルソールまでの運河と地元の鉄鉱石や石炭の鉱山での利用のために 3 本の支線を建設し、 3 年以内にすべてが建設されることになった。 建設はブロードウォーターズで始まり、1798 年の 5 月にはダーラストン (Darlaston) に 到達していた。建設の二期目が 1798 年の 4 月に始まり、掘削は 1799 年に完了したが、 1800 年には工事はまだ完成していなかった。

1808 年にはジョン・スネイプ (John Snape, 1737 - 1816) により、 運河の地図が作られており、知られている限りでは、これが彼の最後の地図である。 【訳注:この時点でウォルソールまでの運河が完成していると思われます。】

バーミンガム運河水路網のウォルソール線とワイアリー・エシントン運河のバーチルズ線の間の 小さなギャップはウォルソールの事業者の悩みの種であった。 彼らの南側への接続はとても遠回りであったからである。 2 つの支線をつなぐための独立の運河が計画されたが 1839 年に BCN (バーミンガム運河水路網) は接続を建設することに同意した。 ウォルソール・ジャンクション運河は 1841 年の 5 月に完成した。 全長 0.6 マイルの運河には水門が 8 基あり、通過することが可能となった。

見どころ
地点座標備考
ライダーズ・グリーン・ジャンクション 52.5228°N 2.0221°W ウェンズベリー・オールド運河
トール・エンド・ジャンクション 52.5372°N 2.0356°W トール・エンド連絡運河
オッカーヒル・トンネル支線 52.5394°N 2.0357°W  
テイム・バレー・ジャンクション
(Doe バンク・ジャンクション)
52.5400°N 2.0354°W テイム・バレー運河
ゴスペル・オーク支線ジャンクション 52.5493°N 2.0370°W
ムアクロフト・ジャンクション 52.5541°N 2.0411°W ブラッドリー支線
アンソン支線ジャンクション 52.5775°N 2.0221°W アンソン支線、
ベントリー支線に接続
ウォルソール・ジャンクション 52.5848°N 1.9928°W ウォルソールの中心地への
短い支線
バーチルズ・ジャンクション 52.5987°N 1.9979°W ワイリー・エシントン運河
ギャラリー
バーチルズ・ジャンクション ウォルソール水門料金所
ボーターズ・ミッション
ウォルソール水門 No 5
の円形の堰
ウォルソール・ジャンクション
タウン支線
スパイン・ロードのそばの
ウォルソール運河
ゴスペル・オーク・ジャンクション
(ウォルソール運河は左右)
テイム・バレー・ジャンクション
テイム・バレー運河の開始
オッカーヒル・トンネル
支線ジャンクション (現在は私有)
ライダーズ・グリーン・ジャンクション
-- 南側の終点