ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Wyrley and Essington Canal - Wikipedia

ワイアリー・エシントン運河の地図
ワイアリー・エシントン運河の地図の kml ファイル

ワイアリー・エシントン運河
(Wyrley and Essington Canal)

ワイアリー・エシントン運河は地元では 『ねじれたワイアリー』 (Curly Wyrley) と呼ばれ、イングランド、ミッドランズの運河である。 建設された時には、 運河はウォルヴァーハンプトン (Wolverhampton) から、リッチフィールド (Lichfield) の近くのハドルズフォード・ジャンクション (Huddlesford Junction) まで走り、 幾つかの支線があった:幾つかの部分は現在遺棄されている。 計画されたハドルズフォードへの復元は保留中で、 航行可能本線は現在はブラウンヒルズ (Brownhills) の近くのオグリー・ジャンクション (Ogley Junction) で終了している。 2008 年に運河は地方自然保護区 (Local Nature Reserve) に指定された。

ワイアリー・エシントン運河の
スネイド波止場 (Sneyd Wharf)
  1. 建設
  2. 支線
  3. 買収
  4. 名称
  5. ルート
建設

運河はワイアリー、エシントン及びニュー・インベンション (New Invention) の近くの炭鉱から、石炭をウォルヴァーハンプトン及びウォルソール (Walsall) に輸送するために建設されたが、 石灰岩なども運んだ。 議会法は 1792 年 4 月 30 日に王室の同意を得、次の表題をしていた:

航行運河を作り・維持する法律、 (運河は) スタッフォード・カウンティのワイアリー・バンク から、あるいはその近くから 上記カウンティのウォルヴァーハンプトンの町 まで、あるいはその近くの バーミンガム・バーミンガム・ファゼリー運河と接続; 及び上記の意図した運河から、そこに記載されている、ある付帯的な掘割

法律の名称が示唆するように、 これはウォルヴァーハンプトンにおけるバーミンガム運河水路網 (これは 1794 年まではこのように呼ばれなかった) の本線から ワイアリー・バンクまでの運河の建設、 及び建設のために £45,000 の資金を集めることを認可したものであった。 ウィリアム・ピット (William Pitt) が技術者として採用された。

2 番目の法律が 1794 年 3 月 28 日に、王室の同意を受領し、 次の表題をしていた: 『ワイアリー・エシントン運河を拡張する法律』 -- これは長い支線を認可し、認可されたのは、スネイド (Sneyd) から (これにより、スネイドからワイアリー・バンクまでの路線を事実上支線にし) リッチフィールド (Lichfield) を通り過ぎて、 コヴェントリー運河のハドルズフォード・ジャンクション (Huddlesford Junction) に至る運河の建設、 及び建設するために £115,000 (2016 年の £12,124,978 と同等) の資金を集めることであった。 1794 年の議会法は ヘイ・ヘッド石灰工場 (Hay Head Limework) への支線 -- ダウ・エンド支線 (Daw End branch) と呼ぶ -- とローズ・ヘイズ (Lords Hayes) への短い支線も認可された。

運河はその延長も含め、1797 年までには至る所開通していた。 1840 年 2 月に、 ダウ・エンド支線はテイム・バレー運河 (Tame Valley Canal) まで、9 基の水門がある ラスホール運河 (Rushall Canal) で接続された。 オグリー・ジャンクション (Ogley Junction) からハドルズフォード (Huddlesford) の区間は現在では リッチフィールド運河 (Lichfield Canal) と呼ばれ、遺棄されている。 ここは 1954 年に得られた遺棄議会法 (Act of Abandonment) の条項の下で、1955 年に見捨てられた。 これは今では復元の議題である。

カノック・エクステンション (カノック延長運河、Cannock Extension) は あとで追加されたもので、 1854 年の議会法により、 ペルサル (Pelsall) とカノック (Cannock) の近くの ヘッドネスフォード (Hednesford) の炭鉱地帯の間の支線建設のために認可された。 スタッフォードシャー・ウスターシャー運河は、新しい支線を 彼等のハザートン支線 (Hatherton Branch) のチャーチブリッジ (Churchbridge) で接続するために 13 層連続水門を建設し、 カノック支線は 1863 年までにヘッドネスフォード・ベイシンに到達した。 重い石炭交通が支線をその全生涯を通じて使用した。 もっとも炭鉱は運河に影響した。 1960 年 7 月 に、採鉱により引き起こされた地盤沈下により運河の床は 21 フィート (6.4 m) 落下した。 堤防は再建されたが、A5 道路の北の運河は 3 年後に見捨てられた。 チャーチブリッジの接続は 1955 年に見捨てられた。 というのは交通が 1949 年にハザートン支線で終了したからで、 これも地盤沈下によっていた。 A5 道路の北の大半のルートはそれ以来破壊された。ルートのある部分は露天掘りの結果であった。

ミッドランズの他の運河と同じように、この運河はナロウ運河として建設された、 すなわち、およそ 70x7 フィート (21.3x2.1 m) のナロウボートを収容できた。

運河はホースリー・フィールズ・ジャンクション (Horseley Fields Junction) のバーミンガム本線から 16.5 マイル (26.5 km) には水門がなく、 この後には 30 基の水門でハドルズフォード (Huddlesford) まで更に 7 マイル (11.3 km) 落下する。

ベントレー運河 (Bentley) への接続もあった。 これは、今度はアンソン支線 (Anson Branch) に接続され、従ってウォルソール運河 (Walsall Canal) に接続していた。 しかし前者は 1961 年に閉鎖された。

支線

スネイド (Sneyd) からワイアリー・バンクまでの元々の本線の区間は 後で支線と見なされたが、1798 年に開通し、 2.2 マイル (3.6 km) 程の長さで、5 基の水門があった; これは 1799 年にグレート・ワイアリーに向けて延長されたが、 この延長は 1829 年に不使用になった。 これは再開・延長されてグレート・ワイアリーに到達し、1857 年にそこの鉱山の役目を担った。 完成した時は長さ 3.5 マイル (5.6 km) で、主な波止場はブロード・レーン (Broad Lane)、 ランディウッド (Landywood)、及びワイアリー (Wyrley) にあった。 この支線は 1955 年に遺棄議会法によって、見捨てられた。

バーチルズ支線 (Birchills Branch) は 1798 年に開通し、長さ 2.1 マイル (3.4 km) であった。 1840 年、ウォルソール運河 (Walsall Canal) への接続が支線の南端で、8 層連続水門で作られた。

バーチルズ・ジャンクション
ウォルソール運河が橋を通り抜けて右へ走る。

エシントン支線は、スネイドからワイアリー・バンクに至る路線から離れ、 1800 年に開通し、長さ 0.7 マイル (1.1 km) で 5 基の水門があった。 これは (1904 年よりも前に) 見捨てられた最初の区間で、これは給水がいつも不十分だったからである。

キャッツヒル・ジャンクション (Catshill) からヘイ・ヘッド (Hay Head) の石灰石切場と石灰工場に向かう ダウ・エンド支線 (Dow End Branch) も 1800 年に開通し、長さ 8.4 マイル (8.7 km) で水門がない。 長年の間に、支線は最高による地盤沈下で苦しみ、 その結果、多くの盛土 (もりど、embankment) は建設された時よりも、今ではずっと高い。 1954 年の議会法により、石灰工場へ向かう最後の区間は見捨てることができた。 現在ではヘイ・ヘッド・ウッズ (ヘイ・ヘッドの森、Hay Head Woods) で取り囲まれ、今でも少し水があり、 この地域は重要自然保護区 (SINC, Site of Important Nature Conservataion) に宣言されている。

ローズ・ヘイズ (Lods Hayes) 支線は 0.9 マイル (1.5 km) で水門がない; この支線は 1794 年の議会法の下で建設され、1954 年の議会法で見捨てられた。 これは Lord Hayes とも Lord Hay's 支線とも呼ばれている。 この支線は復元される可能性がある。 というのはアトキンズ (Atkins) により実施された実現可能性調査で復元されたハザートン運河 (Hatherton Canal) の適切なルートとされたからである。 以前にはハザートン運河をカノック延長運河のグロウブ・ベイシン (Grove Basin) に接続するルートが好まれたが、 地主と環境上の理由から反対にあった。 一方、ローズ・ヘイズ (Lords Hayes) ルートは環境上の懸念を満たし、地主に望ましく、必要となる新しい道路橋の数が少ない。

オグリー・ジャンクションからのアングルシー (Anglesey) 支線は 1800 年に給水線として建設され、 チェースウォーター貯水池 (Chasewater Reservoir) から運河に主要な原水を運び、 1850 年に航行運河に格上げされた。 これは新しい鉱山がこの地域に開設されたからである。 石炭は 1967 年に至るまでアングルシー (Alglesey) ベイシンから支線沿いに輸送され続けた。 この支線の端は現在バーミンガム運河水路網で到達可能な最北端である。

ギルピンズ (Gilpins), スラウ (Slough) 及びサンドヒルズ (Sandhills) には 3 本の短い支線があったが、今ではすべて見捨てられた。

買収

運河は 1840 年にバーミンガム運河水路網により買収された。

名称

親しみがこもり、韻を踏んだ (rhyming) 名称の "カーリー・ワイアリー" (ねじれたワイアリー、Curly Wyrley) は運河が地形に沿った (等高線に沿った) 運河である事実に由来し、 従って運河は勾配を避けるために、よじれて曲がる。 屈曲部の幾つかは鉱山の地盤沈下により長年の間に真っすぐになった。

ルート
地点 座標備考
ハドルズフォード・ジャンクション
(Huddlesford Junction)
52.6833°N 1.7771°Wここからオグリー・ジャンクションまでは
リッチフィールド運河と呼ばれる (復元中)。
コヴェントリー運河とのジャンクション
オグリー・ジャンクション
(Ogley Junction)
52.6516°N 1.9163°Wリッチフィールド運河として
ハドルズフォード・ジャンクションまで続く、水がない。
A5 道路 (ワトリング・ストリート)
(A5 road (Watling Street))
52.6562°N 1.9261°Wアングルシー支線のフリース橋 (Freeth Bridge)
アングルシー支線水道橋
(Anglesey Branch aqueduct)
52.6555°N 1.9235°W取り壊された鉄道を横断
アングルシー支線ターミナル
(Anglesey Branch terminus)
52.6639°N 1.9404°W隣接するチェースウォーター貯水池からの給水線
チェースウォーター貯水池
(Chasewater Reservoir)
52.666°N 1.949°W  
サンドヒルズ支線
(Sandhills Branch)
52.6426°N 1.9216°W  
キャッツヒル・ジャンクション
(Catshill Junction)
52.6411°N 1.9279°Wダウ・エンド支線
ロングウッド・ジャンクション
(Longwood Junction)
52.5904°N 1.9424°Wダウ・エンド支線がラスホール運河に合流
スラウ小支線
(Slough Arm)
52.6452°N 1.9535°W 
ギルピンズ小支線
(Gilpins Arm)
52.6365°N 1.9625°W 
ペルサル・ジャンクション
(Pelsall Junction)
52.6376°N 1.9727°Wカノック延長運河
(Cannock Extension Cana)
ローズ・ヘイズ支線
(Lords Hayes Branch)
52.6361°N 1.9887°W水が無い
ローズ・ヘイズ・ターミナル
(Lords Hayes terminus)
52.6353°N 2.0125°W水が無い - 地図からの推測
チェース・ライン水道橋
(Chase Line aqueduct)
52.6024°N 1.9881°W 
バーチルズ・ジャンクション
(Birchills Junction)
52.5987°N 1.9979°Wウォルソール運河
スネイド・ジャンクション
(Sneyd Junction)
52.6149°N 2.0232°W水が無い
エシントン・ジャンクション
(Essington Junction)
52.6253°N 2.0295°Wエシントン水門支線、水が無い -- 推測
ノートン炭鉱とのジャンクション
(Junction at Norton Colliery)
52.6376°N 2.0218°W水が無い -- 地図からの推測
ワイアリー・ターミナル
(Wyrley terminus)
52.655°N 2.0386°W水が無い -- 地図からの推測
エシントン・ターミナル
(Essington terminus)
52.6303°N 2.0440°W水が無い -- 地図からの推測
M6 橋
(M6 bridge)
52.6069°N 2.0208°WM6 自動車道の下
短いヒース支線
(Short Heath branch)
52.6025°N 2.0419°Wニュー・インベンションの方向に向けて
ウェンズフィールド・ジャンクション
(Wednesfield Junction)
52.5970°N 2.0925°Wベントレー運河 (Bentley Canal)
ホースリー・フィールズ・ジャンクション
(Horseley Fields Junction)
52.5852°N 2.1132°WBCN 本線