ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Lichfield Canal - Wikipedia
リッチフィールド運河 (Lichfield Canal)

リッチフィールド運河は、現在はこう呼ばれるが、 歴史的にはワイアリー・エシントン運河の一部分であり、 バーミンガム運河水路網北部のブラウンヒルズ (Brownhills) における オグリー・ジャンクション (Ogley Junction) から、 リッチフィールド東側にある コヴェントリー運河のハドルスフォード・ジャンクション (Huddlesford Junction) に至る 長さ 7 マイル (11.3 km) のワイアリー・エシントン運河の区間である。 この支線はワイアリー・エシントン運河の他の幾つかの支線と共に、 1955 年に見捨てられ、その大半が埋められた。

復元計画が 1975 年に始めて表明され、1990 年以来、 「リッチフィールドおよびハザートン運河修復トラスト」 (Lichfield and Hatherton Canals) が活発に利用可能であった運河区間の発掘と再建に従事している。 重要なプロジェクトには M6 有料自動車道 (M6 Toll motorway) を越える孤立した水道橋が含まれ、 運河がここに到達した時の用意ができた。

東端の短い区間は係留場所として機能している。
  1. 歴史
  2. 復原
  3. ルート
歴史

ワイアリー・エシントン運河は 1792 年 4 月 30 日の議会法の下に建設され、 これはウォルヴァーハンプトンの近くのホースリー・ジャンクション (Horseley Junction) がら ブロックスウィッチ (Broxwich) の近くのスネイド・ジャンクション (Sneyd Junction) に至る運河であった。 本線は水平で、 473 フィート (144 m) の等高線に沿っている。 スネイド・ジャンクションから支線がワイアリーに走ることになり、 エシントンまで上昇し、ここに 9 基の水門があり、 別の水平な支線がウォルソールの近くのバーチルズ (Birchills) まで走ることになっていた。 1794 年に会社は第 2 の議会法を手に入れ、これによりバーチルズからブラウンヒルズ (Brownhills) への 長い延長が認可され、再び水平であったが、 30 基の水門で降下して、リッチフィールドの近くの バーミンガム・ファゼリー運河のハドルズフォード・ジャンクションに到達することになっていた。 全運河は 1979 年 5 月 9 日に開通した、 もっとも不適切な給水に (幾つかの) 問題があり、 これは 1800 年のキャノック・チェイス貯水池 (Cannock Chase reservoir) の建設に至るまで解決されなかった。

繁栄はしなかったが、会社は十分な利益を得て、配当を支払い始めた、 これはまもなく 1825 年に 6% に上昇した。 リッチフィールドの石炭の価格は安い輸送費の恩恵により随分と減少した。 1840 年 2 月 9 日に締結した同意により、全運河はその時の 4 月からバーミンガム運河水路網の一部分となった。 1954 年に獲得された放棄議会法の条項により、 元々のワイアリー・エシントン運河の大半の支線は閉鎖され、 これにはオグリー (Ogley) からハドルズフォード (Huddlesford) への支線が含まれ、 ここは 1955 年に見捨てられた。 運河の大半はそれ以来埋められたが、ハドルズフォードの短い区間は係留場所として使用された。 支線はその後、リッチフィールド運河と呼ばれ、一方ハドルズフォード・ジャンクションは今ではコヴェントリー運河に属すると 考えられている。

復原

リッチフィールド運河の復元計画は 1975 年に持ち上がり、 この時、地域計画責任者は、州の構造計画を提出することが要求された。 内陸水路協会 (IWA, Inland Waterways Association) がメンバーに奨励したことは、 地方水路が適切に構造計画に記載されることを確実にすることであった。 計画は生存不能であると見なされたが、復元の興味が継続し、 「リッチフィールド及びハザートン運河復原トラスト」 (LHCRT, Lichfield and Hatherton Canals Restoration Trust) が作られ、リッチフィールド運河とハザートン運河の復元を奨励した。 リッチフィールド行政地区議会 (Lichfield District Council) は トラストが 1990 年フォセウェイ・レーン (Fosseway Lane) の近くの半マイル (0.8 km) 区間で 工事を開始することを許可した。 1993 年にトラストはオグリー水門支線 (Ogley Locks Branch) -- 現在は公式に 「リッチフィールド運河」 と呼ばれる -- の詳細な計画を出版した。

全運河 7 マイル (11 km) はリッチフィールド行政地区議会 (Lichfield Distric Council) の管轄内にある。 トラストは利用可能であった 3 ヶ所で工事をしている。 最初の場所はフォセウェイ・レーン (Fosseway Lane) の水門 18 と水門 19 で囲まれた半マイルの部分で、 行政地区議会で所有されていた。 第 2 の場所はダーンフォード・レーン (Darnford Lane) にあり、 水門 29 の両側であった。 これは 1955 年に放置土地助成金 (Derelict Land Grant) により行政地区議会が買収していたものであった。 3 番目の場所はタムワース・ロード (Tamworth road) にあり、 水門 24 から 26 にわたっていた。 上流 2 基の水門は大まかには復元され、水門 24 は発掘されて評価された。 しかし保存のために埋め戻され、 運河がどのようにしてクリケット・レーン (Cricket Lane) を横断するかに関しては未決定となった。 このすぐ上流にはクリケット・レーンがあったのである。 このすべての地域は景観を整えられて、 「ボロウコップ水門運河公園」 (Borrowcop Lock Canal Park) に指定されている。

タムワース・ロードの
ボロウコップ水門運河公園
水門 25 と 26 の間
M6 有料自動車道の水道橋

復原はバーミンガム北部の周りの M6 有料自動車道の建設によりおびやかされ、 この道路が運河のルートに切り込んだのである。 北部交通軽減道路 (Northern Relief Road) の調査を指揮した検査官が 裁定したことは、請負業者は運河が自動車道の上を越えて通るための土台のみに責任を負い、 トラストは構造のそれ以外の経費を集める必要があるとのことであった。 俳優の デヴィッド・スーシェ (David Suchet) が率いた資金集めの訴えがあり、 マニフォールト・トラスト (Manifold Trust) からの £250,000 と共に £450,000 が集まり、 道路契約者は支柱を建設し、 2003 年 8 月 16 日に鋼製の水槽がクレーンで定位置に設置され、 これはサウス・ウェールズに拠点を持つローウェコード技術会社 (Rowecord Engineering Ltd.) により前もって製造されたものであった。 (水道橋は完成したが、運河はまだここに到達していないため、奇妙な外見を与えている。) これは恩恵がある副作用があった -- 政府が約束したことは、水道橋やトンネルが提供されなければ、 再び運河復元計画の通路を横切って新しい道路を建設することはない、とのことであった。

ウィティントン (Whittington) の近くで運河を越えてカッパーズ・レーン (Cappers Lane) を通す新しい 橋が 2006 年 4 月 21 日に開通した。

2010 年 8 月にボロウコップ水門運河公園に隣接する水門 25 の排水路 (by-wash) の大半の工事が 復原トラストのメンバーにより実施され、 これは 「水路復元グループ」 (Waterway Recovery Group) が週末にリッチフィールドを訪問中に援助した時のことである。 水門 25 と 26 の間の運河は 2011 年 4 月に水で満たされ、 これは復元工事が開始されてから、水で満たされた運河の最初の区間であった。

区間 26 の復原

復元前の水門 25 復元中の水門 25 リッチフィールド運河で最初に水が
満たされた区間 (2011 年 4 月)
水門 25 と 26 の間

ボロウコップ水門運河公園の復原 2016 年 - 2017 年

リッチフィールド運河の区間 27 は
2016 年 11 月に完成したが、洪水
制御構造が環境庁と合意するまで
満水にならなかった。
リッチフィールドおよび
ハザートン運河トラスのよる
リッチフィールド運河の復原工程、
この区間は A38 と平行し
A51 が運河のルートを横断する。
歴史遺産歩行路が
ボロウコップ水門運河公園
からクリケット・レーン
まで延伸、2017 年 2 月
ルート
地点座標備考
ハドルズフォード
(Huddlesford Junction)
52.6833°N 1.7771°Wコヴェントリー運河と
のジャンクション
ウォーターリー・レーン供給橋
(Watery Lane accommodation bridge)
52.6806°N 1.7815°W
カッパーズ・レーン
(Cappers Lane)
52.6798°N 1.7829°W
ダーンフォード・レーン橋
(Darnford Bridge)
52.6753°N 1.7958°W
A5 タムワース道路、フリーフォード橋
(A5 Tamworth Road, Freeford Bridge)
52.6723°N 1.8022°W
A38 道路
(A38 road)
52.6725°N 1.8051°Wリッチフィールド・バイパス
A5206 ロンドン道路
(A5206 London Road)
52.6720°N 1.8226°W
Bend 52.6710°N 1.8272°W
ショートバッツ・レーン
(Shortbutts Lane)
52.6719°N 1.8293°W
都市間線鉄道
(Cross-City Line Rail)
52.6747°N 1.8302°W
フォセウェイ・レーン
(Fosseway Lane)
52.6688°N 1.8526°W下流に水門 -
オグリー第 3 連続水門
ウォール・レーン
(Wall Lane)
52.6665°N 1.8589°W
ショーの橋
(Shaw's Bridge)
52.6653°N 1.8646°W
パイプヒル A451 ウォルソール道路
(Pipehill A451 Walsall Road)
52.6673°N 1.8689°W不使用の鉄道と遭遇
コピス・レーン
(Coppice Lane)
52.6622°N 1.8770°W
A461 ウォルソール道路
(A461 Walsall Road)
52.6606°N 1.8762°W下流に水門 --
オグリー第 2 連続水門
A5 道路
(A5 road)
52.6562°N 1.8796°Wマックリー・コーナー
ボート橋 A461
(Boat Bridge A461)
52.6519°N 1.8888°W
M6 有料道路 -- 新しいリッチフィールド
運河水道橋 (M6 Toll - new Lichfield
Canal Aqueduct)
52.6552°N 1.9015°W未完成の水道橋、
復元プロジェクトの 1 部分
バラックス・レーン
(Barracks Lane)
52.6529°N 1.9082°W下流に水門 --
オグリー第 1 連続水門
オグリー・ジャンクション
(Ogley Junction)
52.6516°N 1.9163°W残存するワイアリー・
エシントン運河と
のジャンクション