ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Lichfield Canal Aqueduct - Wikipedia

リッチフィールドの位置

リッチフィールド水道橋
(Lichfield Canal Aqueduct)

リッチフィールド運河水道橋は、M6 有料自動車道 (M6 Toll Motorway) を超えて、 将来のリッチフィールド運河を通すために建設された。 潜在的に航行可能な水道橋で、場所はイングランドのリッチフィールドの西、バーミンガムの北である。

リッチフィールド運河 (元々はワイアリー・エシントン運河の一部分) は 現在復元中である。 復元はバーミンガム北のあたりの M6 有料自動車道の建設により、 脅かされた。この道路が運河のルートを切断するからである。 資金が集められ、自動車道を越えて、運河を通す水道橋が建設されることになり、 水道橋は 2003 年 8 月 15 日/16 日に設置されたが、運河はまだここに到達していないので、 奇妙な外見を与えている。

リッチフィールド運河水道橋
後に運河と接続される開口区間
を見せている。
リッチフィールド運河水道橋
北向きの M6 有料道路からの
光景

2014 年/2015 年に 「リッチフィールド・ハザートン運河復元トラスト」 (Lichfield and Hatherton Canals Restoration Trust) は £336,000 の社会投資事業 (STB, Social Investment Business) の助成金を受領し、 水道橋の両側の土地を買収し、必要な工事を実施し、運河を再建して水道橋を使用することになった。

2015 年 4 月に、ミッドランド高速道路会社 (Midland Expressway Limited) は 「リッチフィールド・ハザートン運河復元トラスト」 に £50,000 を寄付して、 M6 自動車道が建設されていた時に、彼らがしていた仕事の名誉をたたえた。 この寄付は クレーン川暗渠 (Crane Brook Culvert) を復帰させる 経費に向けた相当な貢献であった。 この暗渠は自動車道が建設された時に取り除かれたのである。