ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Old Turn Junction - Wikipedia
オールド・ターン・ジャンクション
(Old Turn Junction)

オールド・ターン・ジャンクションあるいはディープ・カッティング・ジャンクション (Deep Cutting Juncttion) とは 英国バーミンガムの運河のジャンクションで、 ここでバーミンガム・ファゼリー運河 バーミンガム運河水路網本線と合流する。 ジャンクションには丸い島がある。

  
オールド・ターン・ジャンクション オールド・ターン・ジャンクションの道標
  1. 歴史
  2. 近くには
歴史

最初のバーミンガム運河 (現在は BCN 本線と呼ばれる) が 1760 年代後半に建設された時に、 株主の間に、運河のターミナルをどこにするのかに関しての議論があった。 遂に 2 つのターミナルが作られ、 1 つは 1772 年にニューホール・ヒルに作られ、ニューホール支線と呼ばれ、 もう一つは 1773 年にパラダイス・ストリートの西の端に作られ、パラダイス・ストリート支線と呼ばれた。 この 2 つの支線のジャンクションはディープ・カッティング・ジャンクション -- 現在のオールド・ターン・ジャンクション -- と呼ばれた。 ディープ・カッティングとはジャンクションとブロード・ストリート・トンネルの間の短い区間の名前であった。

バーミンガム運河会社の本部はパラダイス・ストリート支線の端に建設され、ここに音叉の形をしたベイスンの 岸壁に沿って波止場があった。 これがオールド・ワーフ (旧波止場) で、部分的に埋められて建物が建設され、 現在のガスストリート・ベイスンが残された。

その後、1798 年に、バーミンガム・ファゼリー運河が建設され、ファーマーズ・ブリッジで本線と接続された。 ファーマーズ・ブリッジはニューホール支線に沿って数百ヤード (メートル) の所にあり、 これでファーマーズ・ジャンクションができた。 20 世紀初めに、ニューホール・支線が閉鎖された時に、 ファーマーズ・トップ水門のそばにあるジャンクションの名前は現在のオールド・ターン・ジャンクションに 移された。従って、ファーマーズ・ブリッジ・ジャンクションは オールド・ターン・ジャンクション や ディープ・カッティング・ジャンクションと同じ意味であった。 1993 年に、ファーマーズ・ブリッジ・ジャンクションの名前は廃止され、 オールド・ターン・ジャンクションの名前が残された。

テルフォードの 1824 年の測量に基づく新本線の修正は、旧本線の多くの湾曲部を切り取り、 これにはオオーゼルズ・ストリート・ループのバイパスもある。このため、 オールド・ターン・ジャンクションは 4 つの支線の合流する箇所となった。

ラウンドアバウト島
訳注: ラウンドアバウトに関しては ラウンドアバウトを参照のこと。

第二次世界大戦の最中に (ジャンクションの中央に) 島が建設された。 これは爆撃により運河が決壊した場合に、 運河の下にある鉄道のトンネルを保護するための一時的なダムを使用できるようにするためのものであった。 ストア・バレー鉄道線 (ニュー・ストリート駅の西からの主な進入路) の北のトンネルが ジャンクションの北東数百ヤードの地点で、バーミンガム・ファゼリー運河の下を通っている。

1983 年の 5 月 21 日に道標がジャンクションに設置された。 これはジョン・フィリップス (John Phillips) の指導の下に BCN 協会により 運河のジャンクションに設置された多くの道標の最初のものであった。

近くには

かっては産業地帯の中心地であったが、 今やジャンクションは最近の開発施設から見下ろされている。 このような施設には国内屋内アリーナ (National Indoor Arena)、 国内海洋生命センター (National Sea Life Center) があり、 後者はブリンドリープレースの一部である。 南東の方には国際コンベンション・センター (International Convention Center) とガスストリート・ベイスンがあり、ここで BCN が終了し。ウスター・バーミンガム運河が開始する。