ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Fazeley Junction - Wikipedia
ファゼリー・ジャンクション (Fazeley Junction)

ファゼリー・ジャンクションは運河のジャンクションの名前で、 認可されたバーミンガム・ファゼリー運河が終了して コヴェントリー運河と合流するところである。 この場所はイングランドのスタッフォードシャー州のタムワースの近くのファゼリーにある。

  
バーミンガム・ファゼリー運河が右手の
ファゼリーのワトリング・ストリート橋の
下で終了する。
ファゼリー・ジャンクションの料金所
とコヴェントリー運河にかかる移動橋
  1. 歴史
  2. 位置
歴史

コヴェントリー運河は 1768 年の議会法により、 コヴェントリーを大幹線運河 (現在はトレント・マージー運河と呼ばれる) とフラッドリーで 接続することになり、途中でアザーストーンとファゼリーを通過することになっていた。 コヴェントリー運河会社は 1769 年にコヴェントリーからベドフォースまでの最初の 10 マイル (16 km) を開通させた。ベドフォースには炭鉱があり、利益が上がる石炭の交易がすぐに発展した。 この頃には、コヴェントリー運河会社は 1771 年にアザーストーンに到着していたが、 資金が枯渇して工事がストップしていた。アザーストーンはファゼリーから 10.4 マイル (16.7 km) の 距離にある。

バーミンガム・ファゼリー運河はバーミンガム運河会社からの深刻な反対に直面していたが、 これは間もなく解決し、ルートが 1784 年に認可された。 これはロンドンまでのずっと短いルートを提供するようにデザインされていた。 というのは、バーミンガムからロンドンまでのすべての物資は、それ以前にはセバーン川を下る必要があり、 このあとで南イングランドを横断する必要があったのである。 しかしながら、コヴェントリー運河のアザーストーンより北のリンクが完成していなければ、 バーミンガム・ファゼリー運河は無益だったのである。 そこで、バーミンガム・ファゼリー運河は、 幾つかの運河と交渉してバーミンガム・ファゼリー運河が完成すれば、 これがずっと大きなネットワークの一部になることを確実にした。 交渉した運河会社にはオクスフォード運河が含まれ、 オクスフォード運河は運河を南方に延伸して、オクスフォード更にはテムズ川に到達することに同意した。 一方コヴェントリーのフラッドリーへの接続は 3 段階で完成されることになった。 コヴェントリー運河はファゼリーまでのルートを建設することとし、 これにはアザーストーンの 11 基の水門とグラスコートのもう 2 基の水門が含まれていた。 バーミンガム・ファゼリー運河はファゼリーからリッチフィールドの近くのウィッチントン・ブルック までの区間を建設し、これは北に 5.5マイル (8.9 km) 程の地点である。 トレント・マージー運河はフラッドリー・ジャンクションから南方に向けて建設し、 ウィッチントン・ブルックで合流することとした。この区間の距離も 5.5 マイル (8.9 km) であった。

バーミンガム・ファゼリー運河はジョン・スミートンの指揮の下で 1789 年に完成し、 全体のネットワークは翌年に操業を開始した。 ジャンクションとこれを通過する交通の理由から、コヴェントリー運河は利潤を生み、 フラッドリーからウィッチントンまでの区間をトレント・マージー運河から買収した。 しかし、バーミンガム・ファゼリーは、まもなくバーミンガム運河水路網会社の一部と なったが、彼らの区間の所有権を手放さなかった。 その結果、ファゼリーの北の端には単に数字ではなく、BCN 形式の銘板がある。

位置

バーミンガム・ファゼリー運河は、ジャンクションから南に向かい、 3 マイル (4.8 km) の間水平で、カードワース (Curdworth) のボトム水門に到達する。 この水門はバーミンガムのファーマーズ・ブリッジ・ジャンクションに上昇する 38 基の 水門の最初のものである。 フラッドリー・ジャンクションへのルートは北西に向かい、 全ルートの 11 マイル (18 km) は水平であるが、フラッドリー・ジャンクションの両側には トレント・マージー運河の水門がある。 コヴェントリー運河は (ジャンクションから) 最初は北東に向かい、次に南に向きを変える。 最初の水門はグラスコートで、 ジャンクションからわずかに 1.4 マイル (2.3 km) の場所にある。