ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Bentley Canal - Wikipedia

最後の章の座標と本文の内容から地図を作りました。現在は埋められてしまっていますが、 衛星写真から大体どの位置に運河があったのかがわかります。

ベントレー運河の地図
ベントレー運河の地図の kml ファイル

ベントレー運河 (Bentley Canal)

ベントレー運河は見捨てられた運河で、 バーミンガム運河水路網の一部であった。 非常に短い区間がなお存在し、 これは運河がウォルヴァーハンプトン (Wolverhampton) でワイアリー・エシントン運河に 接続する箇所であった。 ここから運河は一般的に南東に向かい、 ウィレンホール (Willenhall) とウォルソール (Walsall) を通り抜け、 アンソン支線 (Anson Branch) と接続し、 従ってウォルソール運河 (Walsall Canal) と接続していた。 本線は 1843 年に開通し、ニーチェル・ホール支線 (Neachell Hall Branch) が 2 年後に続いた。 この支線は 1953 年に閉鎖され、本線は 1960 年代初頭に閉鎖された。

運河の入口に架かる曳舟道の橋
ワイアリー・エシントン運河との合流点
  1. 歴史
  2. ルート
歴史

1820 年に、バーミンガム運河会社は、 合併することを視野にワイアリー・エシントン運河に近づいた。 これは、断られたが、1825 年から、ウォルソール地区の鉱山主は 2 つの運河システムの間のジャンクションを 嘆願した。 しばらくの間、何も起きなかったが、 1837 年に、ウォルソール町議会は解決を求めて 2 つの会社を推し勧めた。。 多くの意見の相違の後で、ワイアリー・エシントン運河会社が表明したことは、 彼等はウォルソールでジャンクション建設の認可を得る議会法の 申請をする用意があることであり、 これによりバーミンガム運河会社は合併に同意した。 2 つの会社は 1840 年 2 月 9 日に続行することの合意に署名し、 議会法が 4 月に得られて、この動きが認可された。 ベントレー運河は 2 つの運河システムの間に、 その後まもなく建設された 3 つの接続の 1 つであった。 他の 2 つは: ウォルソール・ジャンクション運河 (Walsall Junction Canal) で、 これはウォルソール運河の北端とバーチルズ・ジャンクション (Birchills Junction) を接続し、もう一つはラスホール運河 (Rushall Canal) で、 テイム・バレー運河 (Tame Valley Canal) とワイアリー・エシントン運河の ダウ・エンド支線を接続した。

運河は 1843 年に開通し、水門を通り抜けて、3.4 マイル (5.5 km) を走った。 これは 1960 年代に遺棄状態になった。 ニーチェル支線は 0.4 マイル (6.4 km) の支線で、1845 年に開通し、 ニーチェル・ホール炭鉱に貢献し、1953 年に閉鎖した。

ルート

ベントレー運河は ワイアリー・エシントン運河をウェンズフィールド・ジャンクションで離れる。 鋳鉄製の橋がジャンクションを越えて、曳舟道を通していたが、これは元のままである。 この橋は 19 世紀中頃のもので、 グレード II の指定建造物である。 運河の短い区間にはまだ水が残り、 運河沿いのニコロデオン・パブ (Nickelodeon canalside pub) の係留場所として、使用されている。 最初の水門があった場所は水がある端のすぐ東で、 それにもう 2 つ水門が続いていた。 運河はこの場所では東に向かい、曳舟道は南岸にあった。 古い石切場の残骸が運河の両側にあった。 そして金属工場の洗浄場所が 1950 年代に北側にあった。 ブラッドバーン (Bradburn) の橋が 3 番目の水門の後部で鉄道の側線を通していた。 橋の向こう側にはウォルバーハンプトン金属工場 (Wolverhampton Metal Works) が 南岸を占有し、北岸には鋳造所があった、 もっとも 1902 年にはここはチョコレートと菓子の工場であった。 4 番目の水門はウェル・レーン橋 (Well Lane Bridge) のすぐ手前にあった。 この場所とニーチェルズ橋 (Neachells Bridge) の間には、 北岸に金属回収工場と市民農園 (allotment garden) があり、 南岸にはキャビネット工場 (cabinet works) と 2 ヵ所の彩色工場 (colour works) があった。 この地域全体は運河が閉鎖された時には再開発された。 もっともウェル・レーン (Well Lane) とニーチェルズ・レーン (Neachells Lane, 通り名) は 元の位置のままである。

もう 2 つの水門が次の区間を占有し、 メリルズ・ホール橋 (Merrills Hall Bridge) が 2 番目の水門のすぐ下で、メリルズ・ホール・レーン (Merrills Hall Lane) を通していた。 北岸には鋼工場と運動公園があり、ここは 1938 年には市民農園であった。 ボウリング・グリーン (bowling green、芝生ボウリング用の芝生) が運河に最も近い所にあり、 歩道橋がここで運河を横断していた。 リライアンス工場 (Reliance Works) が南岸で鋼のチューブを製造し、 運河と鉄道の間に挟まれていた。 橋の向こうでは、ニーチェルズ・ジャンクション橋 (Neachells Junction Bridge) がニーチェルズ支線を越えて曳舟道を通していた。 この支線は南に向かった。支線が鉄道橋をくぐる前に別の歩道橋が横断していた。 ウェンズフィールド議会の下水処理場の、 沈殿タンク、 濾過池 (filter bed)、 汚泥乾燥床 (sludge bed) が橋の向こうの支線の東岸を占有していた。 東向きの短い支線がかって炭鉱の役目を担っていた。 このあとで、ウォーター・レーン (Water Lane) が運河を横断していた。 この向こうには広いベイシンがニーチェル・ホール炭鉱 (Neachell Hall Colliery) の仕事を担い、運河の東側にあったが、1919 年までに使用されなくなった。

本線に戻るとウェルドレス・スティール・チューブ工場 (Weldless Steel Tube Works) が北岸にあって、ガス溶鉱炉プラントが南岸にあった。 ヒルズ橋 (Hill's Bridge) は運河を越える歩道を通していた。 フライ橋 (Fly Bridge) には送電用鉄塔が影を落とし、別の歩道を通していた。 リライアンス真鍮鋳造所はファイバーズリー橋 (Fibbersley Bridge) のすぐ手前で南岸を占有していた。 この橋は今では B4484 道路を通している。 この向こうには、運河のコースははっきりと、 住宅団地の北側の境界になっていた。 ディングル橋では、歩行者はディングル・レーン (Dingle Lane) の端から横断でき、 一方モンマー・レーン (Monmer Lane) では 2 つの橋があった。1 つは道路を通し、 すぐ西に別の歩道橋があった。運河が南東に向きを変えると、 産業団地が南岸を占有している。 スプリング・バンク橋 (Spring Bank Bridge) には、かっては波止場と小支線があり、 曳舟道はこの上を通っていた。 運河はスプリング・ベイル鉄鋳造所 (Spring Vale iron foundry) の仕事を担っていた。 この工場は後にスプリング・ベイル・プレス工場 (Spring Vale stamping works) になった。

次に運河は北岸のショート・ヒース煉瓦工場 (Short Heath Brick Workds) と南岸のスプリング・バンク煉瓦工場 (Spring Bank Brick Workds) の間を通っている。 2 つの水門があり、その間には北に向かう小支線と波止場があった。 サンドベッズ橋 (Sandbeds Bridge) がチャールズ・ストリート (Charles Street) とストリンガーズ・レーン (Stringers Lane) を接続し、 この向こうに第 3 の水門が鉄道橋の下にあった。 この区間の 4 番目の水門はクラークス・レーン橋 (Clarke's Lane Bridge) のすぐ手前にあった。 この橋は現在 A462 道路を通している。 ファーム橋 (Farm Bridge) はダーラム・アベニュー (Durham Avenue) の端を繋いでいた。 運河は南に向いてカウンティ橋 (County Bridge) de ウォルバーハンプトン道路西 (Wolverhampton Road West) の下を通過し、 ホップヤード橋 (Hopyard Bridge) で南東向きのコースに戻った。 大きな墓地が 2 つの橋の間で北岸を占有していた。 ペンデルベリー炭鉱 (Pendlebury Colliery) は橋の向こうの南岸を占有し、 曳舟道の付いた小さな小支線があった。 運河のコースはここからは最早見えない、というのは運河のルートは カウンティ・ブリッジ小学校 (County Bridge Primary School) で占有されているからである。 学校の向こうにはベントレー・ロード北 (Bentley Road North, 道路名) がベントレー・レーン橋で横断していた。 運河は真っすぐ進み、ベントレー・ミル橋 (Bentley Mill Bridge) のすぐ下で、 アンソン支線 (Anson Branch) に合流する。 アンソン支線は最早航行可能ではないが、まだ部分的に水がある。

興味ある地点
地点座標備考
ウェンズフィールド・ジャンクション
(Wednesfield Junction)
52.5970°N 2.0925°Wワイアリー・エシントン運河
ニーチェルズ・レーン橋
(Neachells Lane bridge)
52.5960°N 2.0796°W 
ニーチェルズ支線ジャンクション
(Neachells Branch Junction)
52.5957°N 2.0752°W  
ニーチェルズ支線ターミナル
(Neachells Branch terminus)
52.5909°N 2.0756°W  
モンマー・レーン橋
(Monmer Lane bridge)
52.5940°N 2.0519°W  
クラークス・レーン橋
(Clarkes Lane bridge (A462))
52.5906°N 2.0398°W  
ウォルバーハンプトン道路西橋
(Wolverhampton Road West bridge)
52.5872°N 2.0324°W  
ホップヤード道路
(Hopyard Road)
52.5846°N 2.0299°W  
ベントレー運河ジャンクション
(Bentley Canal Junction)
52.5812°N 2.0182°Wアンソン支線