ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Haywood Junction - Wikipedia
ヘイウッド・ジャンクション (Haywood Junction)

ヘイウッド・ジャンクション、あるいはグレート・ヘイウッド・ジャンクションとは運河のジャンクションの名称で、 スタッフォードシャー・ウスターシャー運河が、英国スタッフォードシャー州の グレート・ヘイウッド村で終了し、トレント・マージー運河に合流する場所である。


ヘイウッド・ジャンクション
スタッフォードシャー・ウスターシャー運河が 移動橋を通り抜けている。
  1. 歴史
  2. 位置
歴史

トレント・マージー運河はポッタリーズ (the Potteries, 陶器産地、ストーク・オン・トレントのこと) を通って、 リバプールと ハルの間の接続を提供する方法として考えられた。 これは 1766 年に議会法により認可され、 ジェームス・ブリンドリーが技術者となり、 93 マイル (150 km) の運河が 11 年後の 1777 年に完成した。

ブリンドリーはスタッフォードシャー・ウスターシャー運河も建設し、 この工事はトレント・マージー運河とほぼ同時期に開始し、1772 年に完成した。 スタッフォードシャー・ウスターシャー運河はトレント・マージー運河と グレート・ヘイウッドで接続し、 4 つの英国の河口 -- ハンバー川、テムズ川、セバーン川、マージー川 -- を 接続するブリンドリーの大十字計画の一部であった。 ヘイウッド・ジャンクションは従って、重要な輸送の中継点となった。

位置

グレート・ヘイウッドで、トレント・マージー運河は北に向かい、 ダーウェント・マウス (ダーウェント川の (トレント川への) 合流口) から、 ストーク・オン・トレントの近くの短い頂上区間に向けて上昇し続ける。 ヘイウッド水門はすぐ南にあり、フーミル水門 (Foo Mill Lock) がもう少し遠い北にある。 トレント川は運河の西を流れるが、この地点では小さすぎて航行の助けにならない。 ダーウェント・マウスで運河はトレント川に合流するが、 これはジャンクションから 39 マイル (63 km) の場所にあり、 頂上区間が始まるエトルリア水門は 18.9 マイル (30.4 km) 先にある。

スタッフォードシャー・ウスターシャー運河はジャンクションから西に向かい、 トレントマージー運河の曳舟道の橋の下を通り、 ほとんど直後にトレント川を水道橋で越える。 運河はソウ川 (River Sow) の流域に沿い (ソウ川はジャンクションの下流でトレント川に合流)、 すぐにティクソール・ワイド (Tixall Wide) に到達する。 ティクソール・ワイドは広々とした水面で、湖のようにも見えるが、十分に深く、 ボートが岸に寄ることができる。 シャグバラ (Shugborough) 公園と邸宅 -- 現在は ナショナル・トラストの所有 -- が 南にあり、ティクソール・ゲートハウスが北にある。 運河はティクソール水門を抜けて上昇し、この後でソウ川を別の水道橋で越える。 ティクソール水門はジャンクションから 1.3 マイル (2.1 km) の所にある。 シャグバラ邸宅 (Shugborough Hall) は 1695 年に建設され、1760 年代に拡張され、 少々の改装が 18 世紀の終わりにサミュエル・ワイアット (Samuel Wyatt) によってなされた。 内部には見事な石膏細工 (plasterwork) があり、建物はグレード I の指定建造物である。 敷地内の多くの建造物も指定建造物である。 ティクソール・ロッジは小さな八角形の建物で石のドームが付いており、1807 年の日付が 刻まれている。これはジャンクションの移動橋と同様にグレード II の指定建造物である。 ヘイウッド水門のすぐ南に、グレート・ヘイウッドからシャグバラ邸宅までの歩行路 (footpath) の ための歩道橋がある。この小道はトレント川をエセックス橋 (Essex Bridge) で越え、 エセックス橋は 14 基のアーチを持つグレード I の指定建造物である。 各アーチは 4 フィート (1.2 m) の幅しかない。 恐らくは 1500 年代に建設され、事実上変更されていない。

訳注
ティクソール・ゲートハウスは邸宅 (Hall) の門だけが残ったもの (Tixall Gatehouse)。
ヘイウッド・ジャンクションの周辺地図