ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Birmingham and Liverpool Junction Canal - Wikipedia
バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河
(Birmingham and Liverpool Junction Canal)

バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河はイングランドの運河で、 ナントウィッチからオーサーリーまで走り、ナットウィッチではチェスター運河と接続し、 オーサーリーではスタッフォードシャー・ウスターシャー運河と接続する。 リバプールとミッドランドの産業の中心地の間の主要な接続の 1 部を形成し、 運河は 1835 年に開通し、1845 年にエレスメア・チェスター運河会社に併合し、 これは翌年にシュロップシャー・ユニオン鉄道運河会社になった。


以前のバーミンガム・リバプール・ジャンクション運河
ノーベリー・ジャンクションの近く
現在ではシュロップシャー・ユニオン運河の一部
  1. 歴史
  2. 操業
  3. 見どころ
歴史

運河は 1825 年の議会法により認可され、 産業地帯のミッドランドとリバプール港の間の接続をになった。 建設計画の技術者はトーマス・テルフォードで、彼は建設時に多くの技術的な問題に直面したが、 運河は 1835 年に遂に完成した。 運河はナロー運河として建設され、最大幅が 7 フィート (2.1 m) のボート用であった。 北端で運河は、エレスメア・チェスター運河と接続し、 接続場所はナントウィッチにおけるチェスター運河のベイスンのすぐ上である。 南端では運河はスタフォードシャー・ウスターシャー運河オーサーリー・ジャンクションで接続し、 この接続により、バーミンガムの運河網にアクセスできる。

運河の長さは 39 マイル (62 km) で、オーサーリーからナントウィッチまで 176 フィート (53.7 m) を降下するために 26 基の水門が必要であった。 これらは主に連続水門として集約され、 ターリー (Tarley) の 5 層水門、アダーリー (Adderley) の別の 5 層、 オードレム (Audlem) の 15 層、ハック・グリーン (Hack Green) の 2 層がある。 停止水門オーサーリー・ジャンクションで 2 つの運河間の水の流れを制限した。 主要な水源はベルバイド貯水池 (Belvide Reservoir) で、 これは最初の水平区間にあって、運河が水道橋でワットリング・ストリート (現在の A5 道路) を超える場所の近くにある。 これでは十分でなかったので、1836 年には大きさを 2 倍にし、現在では 7000 万立方メートルの容量がある。 これは後にバーンハースト (Barnhurst) 下水処理場からの排水で補足された。 この下水処理場はオーサーリー・ジャンクションのそばに建設され、ウォルヴァーハンプトンの人々に貢献している。

会社はエレスメア・チェスター運河会社 -- エレスメア・ポートからチェスターまでとチェスターからナントウィッチまでの運河を所有していた -- と密接に働き、鉄道からの競争に対抗して利益を維持しようとした。 これにより会社は 1845 年にエレスメア・チェスター運河会社に引き継がれ、 翌年に合同した会社は議会法によりシュロップシャー・ユニオン鉄道運河会社となった。 この議会法は他の幾つかの運河を引き継ぐことも認可した。 1847 年に新会社はロンドン・ノース・ウェスタン鉄道からのリースの条件に同意し、 1 年をわずかに超えた後に独立を失ったが、 運河を自分の制御下で管理し続けた

操業

運河は田舎にあるが、 2 つの主要な中心地間の交易の重要なルートであり、 他の多くの運河が非経済的になってからも、長い間利益があった。 シュロップシャー・ユニオン・システムが 1944 年の破棄法 (Act of Abandonment) により閉鎖された時にも、 かってのバーミンガム・リバプール区間と、それ以降のエレスメア・ポートに至る区間は開通したままであった。 これは、金属や石油製品の重要な運送業者であったからであり、 1960 年代中ごろまでその状態が続いた。

現在のように、ボートによる周遊 (pleasure cruising) と休日の舟遊び (boating holidays) の時代には、 運河が田舎にあることは重要な資産となっている。

見どころ
地名座標注釈
ナントウィッチ・ベイスン 53.0726°N 2.5402°W チェスター運河とのジャンクション
ハック・グリーン連続水門 53.0318°N 2.5367°W 2 層
モス・ホール水道橋 52.9954°N 2.5176°W ウェイバー川越え
オードレム連続水門のトップ水門 52.9697°N 2.5087°W 15 層
アダーリー連続水門のトップ水門 52.9495°N 2.4924°W 5 層
ターリー連続水門のトップ水門 52.8883°N 2.4607°W 5 層
ノーベリー・ジャンクション 52.8024°N 2.3081°W 遺棄されたシュルーズベリー運河
とのジャンクション
ウィートン・アストン水門 52.7116°N 2.2114°W  
オーサーリー停止水門 52.6165°N 2.1474°W スタッフォードシャー・ウスターシャー運河
とのジャンクション
訳注
連続水門の場所の指定はトップ水門を指定している。 南の方が標高が高いので、連続水門はトップ水門から北の方に順番に連続する。