ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Hurleston Junction - Wikipedia
ハーレストン・ジャンクション
(Hurleston Junction)

ハーレストン・ジャンクション ( Google map) は運河ジャンクションの名称で、 イングランド、チェシャー州ハーレストンで、ランゴレン運河が終了し、 シュロップシャー・ユニオン運河本線と合流する場所である。

ハーレストン・ジャンクション:
ランゴレン運河はここで始まり、4 層連続水門が直後
に水位を 34 フィート (10.4 m) 以上持ち上げる。
  1. 歴史
  2. 位置
歴史

チェスター運河はブロード運河 (broad canal, 幅広運河) として計画され、 チェスター (Chester) からミドルウィック (Middlewich) まで走り、 ナントウィッチ (Nantwich) までの支線が設置されることになっていた。 これは 1772 年の議会法により、認可されたが、計画が変わり、本線がチェスターからナントウィッチまで 建設され、資金がなくなったため、ミドルウィックへの支線が建設されなかった。 商的には運河は失敗であり、1779 年に開通してから 8 年間継続して会社がつぶれた。 しかしながら、3 年後の 1790 年に再開された。 というのはエルズミア運河の建設提案により、この運河がより大きな運河網の 1 部となり、 ミドルウィック支線の建設の可能性がでてきたからである。 この支線はトレント・マージー運河と接続するものであった。

エルズミア運河は最初は巨大な事業として思い描かれ、 マージー川から、ディー川 (River Dee)、シュルーズベリーまで走り、 支線が ルアボン (Ruabon), ランゴレン (Llangollen), バーシャム (Bersham), スランアマネフ (Llanymynech) を接続し、 可能であれば ウィットチャーチ (Whitchurch) と ウェム (Wem) を接続するものであった。 ウィリアム・ジェソップは技術者に依頼され、ルートに少々の変更を提案した。 反対派は 1793 年 2 月に合併して、議会法が 4 月に獲得され、これによりエルズミア港 (Ellesmere Port) から 1797 年 1 月開通のチェスター運河とのジャンクションに至る路線となった。 工事は 1794 年初頭に開始し、フランクトン (Frankton) の近くの ホードリー (Hordley) から、スランアマネフ (Llanymynech) に至る路線で開始し、 このあとで、これは提案されているモンゴメリーシャー運河 (Montgomeryshire Canal) とカルレグホバ (Carreghofa) で接続されることになっていた。 スランアマネフには広大な石灰岩の石切り場があり、これが運河のトレードを提供することになったことであろう。 支線は 1796 年秋までに開通し、ジャンクションの最初の商用使用は従って 1796 年末であった。

ジャンクションは元々チェスター運河本線とエルズミア運河のスランアマネフ (Llanymynech) に 至る支線の合流地点であった。 1813 年に 2 つの会社は合併して、エルズミア・チェスター運河となった。 1826 年にバーミンガム・リバプール・ジャンクション運河が認可され、 これはナントウィッチをウォルバーハンプトン (Wolverhampton) の近くの オーサーリー・ジャンクション (Autherley Junction) で スタッフォードシャー・ウスターシャー運河 に接続することになり、 1835 年に開通した。 1845 年に更にこの会社と合併し、 そのすぐ後でシュロップシャー・ユニオン運河と改名された。 ランゴレン運河は元々はランゴレン支線であり、 ランゴレンに至るスランアマネフ支線のフランクトン・ジャンクションから走っていた。 ペリー水道橋 (Perry Aqueduct) の決壊の後で、スランアマネフ支線は 1936 年にフランクトンより下流が閉鎖された。 シュロップシャー・ユニオン運河システムの大半は所有者であるロンドン・ミッドランド・スコットランド鉄道 (London Midland and Scottish Railway) により閉鎖されたが、本線は保持されランゴレンに至る路線は給水線として保持された。 ハーレストン・ジャンクションからランゴレンに至る全長はランゴレン運河として改名され、 フランクトン・ジャンクションの南側の運河は今ではモンゴメリー運河と呼ばれ、復原され続けている。

位置

ジャンクションからチェスター運河は北西に走り、 バンバリー (Bunbury) の 2 つの階段水門に至るまでの 4.3 マイル (6.6 km) の間水平である。 ミドルウィック支線が分岐する バーブリッジ・ジャンクション (Barbridge Junction) は 1833 年についに建設されたが、 このジャンクションからは 1.3 マイル (2.1 km) にある。 ウォルヴァーハンプトンに向けて反対側に進むと、運河は 10.7 マイル (17.2 km) 水平で、 15 層のオードレム連続水門 (Audlem flight) のボトム水門に至る。 移動橋 (roving bridge) が 曳舟道を運河を越えて、ジャンクションのすぐ南に通している。

ジャンクションのすぐ後で、ランゴレン運河は 4 層のハーレストン水門を通り抜けて上昇し、 これは運河の水位を 34.25 フィート (10.44 m) 上昇させる、 この後で、A51 道路が運河を横断する。 水門の北にはハーレストン貯水池があり、これはスランタシュリオ (Llantysilio) のホースシュー・フォールズ (Horseshoe Falls) から運河沿いに流入する水で満たされている。 運河の給水と同様に、貯水池は飲料水にも使用され、 8500 万ガロン (390 Ml) を貯える。 およそ 1200万ガロン (55 Ml) の水が毎日運河を流れて貯水池に補給される。