ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Humpback bridge - Wikipedia

ハンプ (hump) とはコブのことで、 ハンプバック (humpback) は猫背、せむしの意味になります。 ハンプバック橋 (humpback bridge) を英和辞典で調べると 「太鼓橋」 の意味が書いてあります。 しかし、以下の説明から明らかなように、ハンプバック橋は太鼓橋の意味より広いことがわかり、 太鼓橋の英訳は狭義にはムーン・ブリッジ (moon bridge) だということがわかります。

ハンプバック橋 (太鼓橋、Humpback Bridge)

ハンプバック橋 (あるいはハンプ橋) とは橋 -- とりわけアーチ橋 -- の一型式の名称で、 中間が両端の進入坂道 (ramp) よりも高いものである。 実例には中国と日本のムーン・ブリッジ (moon bridge) と 米国のハンプバック覆い橋がある。

イングランド、バートン=オン=ザ=ウォーター
(Burton-on-the-Water) の小さなハンプバック橋
訳注
  1. 上の写真の場所: Google map フォトスフィア
  2. ごく一部の英文の Wikipedia の記事にハンプバック・トラスと呼ばれるものが登場し、 混乱します。これは前後関係からパーカー・トラスのことを指していることがわかります。 しかし、ハンプバック・トラスは一般的な名称とは言えないようです。