ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Humpback Covered Bridge - Wikipedia

ハンプバック覆い橋: Google map、 アップされた写真: その 1

ハンプバック覆い橋
(Humpback Covered Bridge)

ハンプバック覆い橋は米国バージニア州にあり、 数少ない (型式の) 現存する覆い橋の 1 つで、中央が両端より高くなっており、 これで 「ハンプバック」 (猫背) の名称がある。 橋は 1857 年に建設され、バージニア州で最古の現存する覆い橋である。 WGCB の番号は 46-03-01 である。 橋はジャクソン川 (Jackson River) の支流 -- ダンラップ川 (Dunlap Creek) -- の 109 フィート (33 m) の距離に架かっている。 ハンプバックの造作 (feature) により、両端より中央部が 4 フィート (1.2 m) 高くなっている。 橋はバージニア州コビントン市 (city of Covington) の近くにある。

ハンプバック覆い橋
国の歴史登録財 (US. National Register of Historic Places)
国の歴史的ランドマーク (US. National Historic Landmark)
バージニア州登録ランドマーク (Virginia Landmark Register)
  1. 歴史
  2. 建設
  3. 位置
歴史

覆い橋は 1810 年代に初めて建設され、この時、木造の橋に屋根を付け加えると、 路面と支えのトラスが良く保護され、 橋の寿命が増大することがわかった。 当時の路面と支えの構造は覆いのない木造橋の場合には平均して十年の寿命があった。 後に発見されるように、覆い橋は究極的には覆いのない橋の 10 倍の寿命がある。 覆い橋は 19 世紀のもっと控えめな時代には接吻橋と呼ばれた。 これは覆い橋の通過時には周りから見られることがなく、 馬や軽装四輪馬車の乗客が接吻を交わすことができたからである。

ハンプバック覆い橋がある場所と、ほぼ同じ場所に 3 代にわたる橋があった。 最初の橋は 1820 年代に建設され、1837 年の洪水で破壊された。 第 2 の橋はその翌年に建設され、1842 年 7 月 13 日の洪水により、 これも修復できない被害を受けた。 第 3 の橋は頻繁な使用と風化による疲労から 1856 年に崩壊した。 これらの初期のどの橋も、アーチ橋でも、覆い橋でもなかった。 3 基の橋はすべてジェームス川・カナワ有料道路 (James River and Kanawha Turnpike) の一部で、これはシェナンドア峡谷 (Shenandoah Valley) とアレゲーニー山脈及びそれ以西を接続する 多用された山岳路であった。 現在の橋は 1857 年に建設され、覆い橋とアーチ橋のデザインから望まれたことは、 橋の寿命が増大すること、及び 中間部が将来的な洪水から守られ、水蒸気と日光による破壊効果から路面が保護されることであった。 路面は、家屋などの構造物とは違い、ペンキを塗って劣化を防止することはできなかった。 というのは馬や荷馬車による交通により、当時のどのような塗料も急速にはがれたからである。

ハンプバック橋の
南からの光景

ハンプバック覆い橋は 1857 年から 1929 年までに使用され、 1929 年に鋼のトラス橋がすぐ北で US ルート 60 のために建設された。 ハンプバック覆い橋は見捨てられたが、1950 年初頭に地元の農民が干し草俵を貯蔵するのに使用した。 1953 年に コビントン実業・職業女性クラブコビントン商工会議所 が集めた $5,000 の資金に匹敵する資金をバージニア州道路局が提供した。 橋を取り囲む 5 エーカーの土地が購入され、 道のそばに小さな公園が建設されて、 1954 年に開園し、 橋へのアクセスを容易にした。 1969 年 10 月 1 日に、 橋は国の歴史登録財に登録され、 2012 年に国の歴史的ランドマークに指定された。

建設

大半の覆い橋はすぐにも利用可能な丈夫な木材を利用する。 ハンプバック覆い橋の場合は、 これがホワイト・オークとヒッコリー (hickory) であった。 橋は今日あるように、 手作業で切断された元々の支持木材と路面の大半がそのままであるが、 壁と屋根の大半は建設以来、何回か取り換えられている。 橋の路面は伝統的に幅が 1 フィート (30.5 cm) 以上で、 厚さが 4 インチ - 6 インチ (10 cm - 20 cm) の広い厚板で建設されている。 大半の支えは手作業で作ったアメリカサイカチ (honey locust) の木造のピンを使用して支えの区間を互いに固定している。 支えは他に類を見ない、曲がった多重キング・ポスト・トラスを組み込み、 これは米国で現存する他の木造橋には見いだされない。 橋は独創的で完全にユニークなデザインで、 他の場所で模倣されなかった。

訳注
キング・ポストに関しては キング・ポストを参照。 また多重キング・ポストに関してはバー・トラスの訳注を参照。 ハンプバック覆い橋に関しては Humpback Bridge - Virginia's Oldest Covered Bridge (英文) の中に VDOT (バージニア州輸送局) の動画があり、この中で 多重キングポスト・トラスを見ることができます。5分34秒 の動画の最初から 1分54秒ぐらいの所で 内部が撮影されており、この時動画を停止すると多重キングポスト・トラスを詳細に見ることができます。
橋の西の入口
位置

ハンプバック覆い橋はバージニア州コビントンの西 3 マイル (4.3 km) に位置し、 US ルート 60 に隣接し、ラムゼイ道路 (Rumsey Road、州道 60) で出た所にある。 州間道路 64 のバージニア州の出口 10 から橋まで 1 マイル (1.6 km) 以内である。 5 エーカー (2.0 ヘクタール) の道のそばの公園に、 駐車場、トイレ、ピクニックの場所、ダンラップ川への進入路がある。