ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

John Rennie the Elder - Wikipedia
ジョン・レニー (John Rennie the Elder)

ジョン・レニー (FRSE (エジンバラ王立学会フェロー)、FRS (王立学会フェロー)、 1761 年 7 月 - 1821 年 10 月 4 日) はスコットランドの土木技術者で、 多くの橋、運河、ドックを建設した。


ジョン・レニーの肖像画、 1810 年
サー・ヘンリー・レイバーンによる。
  1. 初期の頃
  2. 運河と水路
  3. ドックと港
  4. ベル・ロック灯台とホーリーヘッド郵便桟橋灯台
  5. プリマス防波堤
  6. 技術の革新者
  7. 特徴的な特質
  8. 名誉
  9. プロジェクトの一覧
初期の頃

レニーは農民の次男で、スコットランド、イースト・ロージアン (East Lothian) のイースト・リントン (East Linton) の近くのファンタシー (Phantassie) で生まれ、非常に早くから機械に興味を示し、 アンドルー・ミークル (Andrew Meikle) -- ミルライトで脱穀機の発明者 -- の仕事場で多くの時間を過ごすことが許された。 ミークルはファンタシー地所のヒューストン工場 (Houston Mill) に住んでいた。 レニーはプレストンカーク教区教会 (Prestonkirk Parish Church) の教区学校で入門教育を受けてから、ダンバー (Dumber) の自治都市学校に送られ、 1780 年 11 月にエジンバラ大学に入学した。 彼の兄のジョージは家に留まって、家族の農業事業を手伝い、 この場所の名士となった。


イースト・リントンの Phantassie の
ジョン・レニーの記念碑の肖像画

彼は休暇中にミルライトとして働き、独立で事業を設立したようである。 この初期の時代に彼の独創性は木製の小輪の代わりに鋳鉄製の歯車を導入することに表れていた。 1784 年に彼は知識を増やす目的で南方に旅行し、 スタッフォードシャー州ソーホーのジェームス・ワットを訪問した。 ワットは職を提供し、レニーはそれを引き受け、ソーホーにしばらく滞在した後で、 ブラックフライアーズ (Blackfriars) のアルビオン製粉工場 (Albion Flour Mills) の工事の責任を取るために、 ロンドンに向けて出発した。 ボウルトン・ワットはアルビオン製粉工場の蒸気エンジンの建設をしていた。 機械はすべてレニーによりデザインされていた。 この機械の特徴となる造作は動力伝達とフレームに木の代わりに鉄を使ったことである。 1791 年頃に彼はブラックフライアーズのホーランド・ストリート (Holland Street) で機械技術者としての事業を開始した。 ここで彼と彼の後継者は非常に重要な技術的業務を実施した。 (同じ年にアルビオン製粉工場は放火で焼失した。)

運河と水路

1791 年に彼はロンドンに移住し、 自身の技術事業を立ち上げ、その時までに土木事業、とりわけ運河の建設に、事業を拡張した。 彼の初期のプロジェクトにはランカスター運河 (Lancaster Canal, 1792 年開始)、 シェルマー・ブラックウォーター水路 (Chelmer and Blackwater Navigation, 1793 年)、 クリナン運河 (1794 年 - 1801 年)、 ラッドヤード湖 (Rudyard Lake, 1797 年)、 ロッチデール運河があり、ロッチデール運河はロッチデールとトッドモーデンの間の困難な土地を通り抜けた。 ケネット・エイボン運河は、 ダンダス水道橋、カーン・ヒル連続水門、 クロフトン揚水所を含み、1794 年から 1810 年の間、彼が (工事に) 従事した。 1802 年にはダブリンからロングフォード (Longford) の近くのシャノン (Shannon) に至るアイルランド王立運河の計画を修正した。 長年の間、彼はリンカンシャー州とノーフォーク州の湿地帯 (fens) の広大な排水事業に従事し (1802 年 - 1810 年)、 ウィザム川の改良に従事した。 ウーズ川の新水路であるオー・ブリンク掘割 (Eau Brink Cut) は彼の死の直前に完成した。


ダンダス水道橋

続く数年以内にレニーは橋の建設者としても当然な名声を獲得した。 彼の橋は石の橋と新しい鋳鉄の技術を組み合わせたもので、 これまで聞いたことがない程、低くて広い楕円のアーチがあった: リーズ橋、そしてロンドンのワーテルロー橋 (1811 年 - 1817 年) があり、 これには 9 基の同一のアーチと完全に平らな路面があった (トーマス・ハリソン (Thomas Harrison) のデザインによるランカスターのルーン川 (River Lune) にかかるスカートン橋 (Skerton Bridge) に影響を受けたと思われる)。 彼のこの方向での後の努力は彼が巧みな建築家で、デザインの美しさで鋭いセンスが授けられている事を示した。 ワーテルロー橋は彼の代表作と見なされ、 イングランドで最も名声があった橋の計画であり、 「恐らくは、この国で、あるいは他の国でも、最も見事な大きな石の橋である」 と記述されている。 イタリアの彫刻家の カノーヴァは、この橋のことを 「世界中で最も高貴な橋である」 と言い、 「レニーの橋を見るだけのためにイングランドに行く価値がある」 と言っている。 ロンドン橋は彼のデザインに基づいて、彼の子息達が建築したが、彼が亡くなるまでは建設されなかった。 この橋は中世の橋に取って変わった。中世の橋は川の流れの深刻な障害であることが分かり、まもなくアリゾナに移動された。 サザーク橋 (Southwark Bridge) は川の上に 3 基の鋳鉄製のスパンを持つ橋として建設された。 彼はオールド・ヴォクソール橋 (Old Vauxhall Bridge) もデザインした。


最初のワーテルロー橋の開通
1817 年 6 月 18 日
ドックと港

レニーはドックのデザインと建設にも責任を負った。 建設された場所は: ハル (Hull)、 リバプール、 グリーノック (Greenock)、 ロンドン (ロンドン・ドックス、イースト・インディア・ドックス、ウェスト・インディア・ドックス)、 そしてリース (Leith) である。 彼は港と造船所も改良した: その場所は: チャタム (Chatam)、 デボンポート (Devonport)、 ポーツマス (Portsmouth)、 ホーリーヘッド (Hollyhead)、 ラムズゲート (Ramsgate)、 そしてシェアネス (Sheerness) であった。 彼はノースフリート (Northfleet) の政府の造船所の計画の準備に随分多くの時間を費やしたが、 これは実施されなかった。 レニーの最後の計画はロンドン橋であったが、彼が 1821 年に亡くなった時にはまだ建設中で、 彼の子息 -- 同名のジョン・レニー -- が完成した。

ダン・レーアー (Dún Laoghaire)
訳注
ダン・レアリー (Dunleary) のアイルランドの綴りが Dún Laoghaire で、発音が次で聞けます。

「避難場所」 のダン・レアリー港 (Dunleary harbour) は非常に困難で重要な計画であった。 というのは、これはアイルランドとロンドン -- 政府の場所 -- の間の効果的な通信接続を維持するのに決定的であったからである。 1816 年の議会法 (56 Geo. II. Cap 62) は港の建設を認可した。 元々は唯一の桟橋 (イースト・ピア) が建設されることになっていた (3500 フィート)。 しかしジョン・レニーが工事の監督技術者に任命された時に、 一個の桟橋のみでは、後方に砂が堆積し、第 2 の西の桟橋 (ウェスト・ピア、4950 フィート) がこれを防止すると主張した。彼の主張は正しく、西の桟橋の後方に砂が堆積した。 一旦建設された港は 1821 年のジョージ 4 世が訪問した折に、「キングス・タウンの王立港」と命名しなおされた。 建設資材はダルキー丘 (Dalkey Hill) の花崗岩であった。 花崗岩はリチャード・トゥシェ (Richard Toucher、長期にわたる新港 (建設) の推進者) により無償で建設チームに提供された。 桟橋の基礎は 300 フィート 0 インチの幅で、引き潮時の水面下 24 フィート 0 インチであった。 2 つの桟橋の先頭間の幅で色々なオプションが考えられた。 レニーは港湾委員会に手紙を書き、 開口部の幅は 430 フィート 0 インチにすべきで、桟橋の先頭を港の方に曲げて、 港内のうねりを制御すべきであるとしたためた。 彼の要求は決して認められることがなく、 港の開口部は 1066 フィート 0 インチで建設された。 これは明らかに広すぎたので、まもなく 760 フィート 0 インチに縮小された。 明記するのに価値ある点は、 キングスタウン港とザ・フォーティ・フット (The Forty Foot) によって形成される湾はレニーにちなんで、 今でも 「スコットランド人の湾」 (Scotsman's Bay) と呼ばれていることである。

訳注
  1. 56 Geo. II. Cap 62 はジョージ 2 世の治世の 56 年目の第 62 章の議会法の意味です。
    List of Acts of the Parliament of Great Britain, 1740–59
  2. ダン・レアリー港: Google map
ドナガディー (Donaghadee)

ドナガディーは恐らくその灯台と港で最もよく知られている。 何世紀もの間、これは船の避難場所で、港は少なくとも 17 世紀からここにある。

サー・ヒュー・モンゴメリー (Sir Hugh Montgomery) はスコットランドとアイルランドの間を行き来する船を収容するために、 1616 年から大きな石の波止場を建設した。 モンゴメリー子爵の港 (1626 年、1640 年に改良) は、これまでは恐らく小さな桟橋であったものを置き換えたもので、 1616 年の国王認可書 (Royal Warrant) によって建設・維持された。 国王認可書はアーズ (Ards) とリンス・オブ・ギャロウェー (Rhins of Galloway) の間の交通を ドナガディー港 【訳注:アーズの港】とポートパトリック港 【訳注:リンス・オブ・ギャロウェーの港】のみに制限し、 ポートパトリック港もモンゴメリーに所有されていた。 ドナガディーは 1744 年にハリス (Harris) により記述されている所によれば、 「曲がった波止場でおよそ 400 フィート (120 m) の長さと 22 フィート (6.7 m) の幅があり、 セメントなして石で建設されていた。」 波止場はパレード (Parade) の北の海岸で大きな弧を描いて、海に突き出て外の海から回り込み、現在の北の桟橋の南の橋に向けて走っていた。 1775 年から 1785 年にかけて、地主の Daniel Delacherois はつぎはぎだらけで、がたがたになった波止場を事実上建設しなおした。 但し、これは元の波止場に沿っていた。建設には恐らく著名な土木技術者であるジョン・スミートンの助けがあり、 彼はそれ以前のもっと手の込んだ港の拡張計画をしており、 ポートパトリック港を再建したばかりであった。 古い波止場は新しい波止場が完成するまで、また完成した後も残り、 地元の漁師の絶えざる支持があった。地元の壁の建設のために 1833 年頃に取り除かれた。 (これは 1832 年の絵には登場しているが、1834 年の OS (陸地測量部) の地図には載っていない。)

訳注
  1. リンス・オブ・ギャロウェー (Rhins of Galloway) は Google の地図 のハンマーの形をした半島。ポートパトリック港もすぐそばに見える。(地図ではポーツパトリック港としてある。)
  2. アーズは Google の地図で赤く領域表示され、ドナガディーは右上に見える。
  3. Talk:Rhins of Gallowayによると Rhinns は点あるいは岬の意味としてあり、 Rhinns が Rhins になることがあるらしい。だから、リンス・オブ・ギャロウェーはギャロウェー岬の意味です。

新しい港の基礎石はダウンシャー侯爵 (Marquess of Downshire) により 1821 年の 8 月 1 日に置かれた。 この野心的な初期の計画と測量はジョン・レニーによって着手された。 彼は工事開始後の 2 ヶ月以内に亡くなり、子息のジョンが引継ぎ、彼は常駐技術者として、 仲間のスコットランド人の習熟した海洋建設者であるデイビッド・ローガン (David Logan) を抱えていた。 ローガンはロバート・スチーブンソン (Robert Stevenson) をベル・ロック灯台 (Bell Rock Lighthouse) (の工事) で支援した。 新しい港は蒸気郵便船を収容するためにより深くしないといけなかった。 岩が海底から爆破され、 これは港内と、より南部の、その後ミーティングハウス・ポイント (Meetinghouse Point) のクワリー・ホール (Quarry Hole) と呼ばれる地点で実施され、 爆破された岩は 2 つの桟橋の外側のスロープを作るのに使用された。 しかし内側の壁はアングルシー島 (Anglesea) のモイルブレ (Moelfre) 石切り場の花崗岩で建設された。 このアングルシー島の花崗岩はもっとも繊細な切り石の化粧仕上げに使用され、新しい桟橋は石の彫刻の勝利となった。 階段には堅い段の各々に深い対角線方向の結び付けで特殊な技術が表示され、 シーブーツ (海用長靴) と波による摩耗に対しての典型的に強健な技術者の解答が提示されていた。 港は 2 つの独立な桟橋から構成され。北東に走って海に突き出し、岸の近くでは平行で、 外側の端ではすぼまり、港の 150 フィート (46 m) 幅の出入り口を形成していた。 引き潮時には港の水位は 15 フィートである。

ベル・ロック灯台とホーリーヘッド郵便桟橋灯台

ベル・ロック灯台 (Bell Rock Lighthouse) はフォース湾 (Firth of Forth) とテイ湾 (Firth of Tay) の近くにあり、 1807 年と 1810 年に建設された。 レニーは、ある人によれば、デザインと工事実施をした人とされるが、 彼は偉大な請負で名目的な責任しかになっていないことは疑う余地がない。 ロバート・スチーブンソン (Robert Stevenson) は北方灯台委員会 (Northern Lighthouse Board) の測量技師で、元々の計画を描き、彼の提案の下で、委員会は議会の承認を得るために、 レニーを呼び寄せ、彼に主任技師の称号を与えた (しかしながら、これで彼は £400 しか支払われなかった)。 スチーブンソンはレニーによって提案された修正の多くを認めなかったが、2 人は友好関係のままであった。 レニーは灯台が建設中に 2 度訪問している。 スチーブンソンが 1850 年に亡くなった時に、 委員会はその覚書で、彼に 「ベル・ロック灯台を考え、計画を実施した名誉を与えられるべき」 であるとした。 しかしレニーの子息のサー・ジョン・レニーはアラン・スチーブンソンとの 1849 年の長い手紙のやり取りで、 レニーがスチーブンソンに与えた忠告により、レニーが 「デザインし建設した」 建築物の 1 つであるとした。

訳注
  1. 上で言及されているロバート・スチーブンソン (Rovert Stevenson) は蒸気機関車で有名なロバート・スチーブンソン (Robert Stephenson) とは綴りが違うことに注意してください。
  2. ベル・ロック灯台: Google map

アラン・スチーブンソンが父親の優先事項を論証するために
提出した挿絵。しかし、これにはレニーの影響が見える。

ホーリーヘッド郵便桟橋灯台 (Holyhead Mail Pier Light) は円錐形の白い建物でレニーにより 1821 年に建造された。 これはウェールズの 2 番目に古い灯台であり、ポイント・オブ・エアー (Poit of Ayr) の灯台に次ぐものである。 灯台はレニーの現存する業績の 1 つとして国内的重要性がある。 ウェールズの場合の固有な重要性は灯台の照明が初期のランプによっていたことで、 これは元々ガスにより点灯されていた。 電気に代わるまではガス工場が島にあり、 灯台、桟橋、そしてホーリーヘッドの 1 部分までにガスが供給されていた。 工場は £130,000 の経費で建設され、これは当時としては天文学的な額であった。 塔は無傷で生き延び、美しく湾曲したバルコニーの手すりがあり、 バードジー島灯台 (Bardsey Island Lighthouse) のものと類似している。 これはもはや使用されていない。しかし船乗りには航行用の参照として利用されている。


ホーリーヘッド郵便桟橋灯台

アイルランドのハウス (Howth) にこれに調和した灯台があり、 これもレニーによってデザインされ、アイルランドの蒸気郵便船の もう一つのターミナルのためにあった。

訳注
  1. ホーリーヘッド郵便桟橋灯台: Google map
  2. ハウス灯台: PhotoSphere
プリマス防波堤

すべてのレニーの仕事の中で、 もっとも想像力に訴えるのは恐らくプリマス湾 (Plymouth Sound) の防波堤で、湾を横断する長さ 1 マイルの壁で、およそ 20 m の水の壁になっており、 3,670,444 トンの岩と、表面の 22,149 立方ヤード (16,934 m3) の成形された石を含んでいる。 これは海軍の船がデポンポート (Devonport) でテイマー川 (river Tamar) に進入する時に安全な航路を提供するために建設された。 この巨大な建造物は 1806 年 4 月 22 日付のレニーの報告書で始めて提案され、 工事開始を認可した委員会の命令は 1811 年 6 月 22 日に発行され、 最初の石が置かれたのは、それに続く 8 月 12 日のことであった。 工事は彼の子息のサー・ジョン・レニーとジョセフ・ウィドビー (Joseph Whidbey) が完成した。


プリマス防波堤
キングサンド村の高台から眺めた光景
訳注
プリマス防波堤: Google map
技術の革新者

レニーは無制限の資質と独創力の人であった。 ラムズゲート港の改良中に彼は潜水鐘 (diving bell) を使用し、 大いにこれを改良した。 彼は鎖でバケットをつないだ蒸気浚渫機の一型式を発明したと一般に見なされているが、 これはサー・サミュエル・ベンサム (Sir Samuel Bentham) が考えていたもののようである。 しかしながら、確かに彼はこれを大規模に使用した最初の人であり、 これを実施したのはハルのハンバー・ドックの建設の最中である (1803 年 - 1809 年)。 この時、特別な工事の困難さを克服するために、蒸気浚渫機を考案し、 明らかにベンサムの発明のことは何も知らなかったようである。 別の方策に、中空な壁の使用がある。 これはしまりのない地面の壁の基礎を支える広い支え面を提供する必要から生まれた。 この平面上の壁は主にレニーによって使用された。

特徴的な特質

レニーの建造物の特徴的な特質は堅固さと強さにあり、長年にわたって称賛された。 彼は報告と見積もりの準備で非常に念入りであり、 地元の環境に完全に慣れ親しむまでは決して請け負うことをしなかった。 彼は職業に専念し、 強健な体を持ち、随分と忍耐強かったが、絶え間ない仕事により命を縮めた。 彼は 1798 年 3 月 29 日に王立学会フェローに選ばれ、 1815 年にはロンドン・インスティチューション (London Institution、大学 -- 1915 年) のマネージャーの 1 人を務めた。

1790 年に彼は E. マッキントッシュ (E. Mackintosh) の娘のマーサ・アン (Martha Ann) と結婚し、 アンは 1806 年に亡くなった。 アンとの間には 7 人の子供があり、 このうちの 2 人 -- ジョージとジョン -- は著名な技術者になった。 娘のアンナは建築家のチャールズ・コッカレル (Charles Cockerell) と結婚した。

彼は短い病気の後、 1821 年 10 月 4 日にロンドン、スタンフォード・ストリート (Stamford Street) の自宅で亡くなり、 セント・ポール大聖堂に葬られた。

名誉
訳注
B-B (あるいは Bo-Bo) 形式とは 2 つのボギー台車に 4 つの軸があるもので、電気機関車やディーゼル機関車では普通の配置。
プロジェクトの一覧