ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Caen Hill Locks - Wikipedia

Devizes の発音: /dɪˈvaɪzɪz/ (ディバイジズ)

カーン・ヒル多層水門 (Caen Hill Locks)

カーン・ヒル多層水門 (Caen Hill Locks, "cane" と発音する) は ケネット・エイボン運河連続水門 (flight of locks) で、 イングランド、ウィルトシャー (Wiltshire) のロウデ (Rowde) と ディバイジズ (Devizes) の間にある。


ケネット・エイボン運河の
カーン・ヒルの主要な 16 基の連続水門

29 基の水門により 2 マイルで 237 フィート (3.2 km で 72 m) 上昇する、 あるいは傾き 1:44 である。 水門は 3 つのグループに分かれている。 下層の 7 基の水門 -- フォックスハンガース・ワーフ水門 (Foxhangers Wharf Lock) からフォックスハンガース・ブリッジ水門 (Foxhangers Bridge Lock) まで -- は 1 マイルの 3/4 (1.2 km) に広がっている。 次の 16 基の水門は急な階段状となって、 山腹に直線状に並び、「モニュメント一覧」 (Scheduled Monument) に指定されている。 地形が急なため、水門間の水平区間はとても短い。 その結果、15 基の水門には異常に大きな横方向に拡張された水平区間があって、 水門の操作に必要な水を貯蔵する。 最後の 6 基の水門は運河をディバイジズ (Devizes) に導いている。

カーン・ヒル多層水門
頂上部の近くから下方を見る。
400 フィートからのカーン・ヒル多層水門
バス道路橋から見下ろす。

連続水門は非常にきつい丘を登るための技術者ジョン・レニーの解決であり、 87 マイルの運河のルートで最後に完成した部分であった。 水門を建設中にトラムロード (tramroad) がフォックスハンガースから、 ディバイジズ (Devizes) に至る接続を提供し、 この名残が運河を超える道路橋のアーチに見ることができる。 レンガ工場が工事現場の南に建設され、 水門の隔室のレンガを製造し、 20 世紀の中頃まで、商用使用された。

大量の水が水門の操作で必要であったため、 汲み戻しポンプが 1996 年にフォックスハンガースに設置され、 1 日当たり 700 万ガロンの水を連続水門の頂上に汲み戻した。 この水量は 11 分ごとに 1 回の水門使用と等価である。

19 世紀初頭 -- 1829 年 - 1843 年 -- には連続水門はガス灯で照明された。

水門はボートで横切るのに 5 - 6 時間かかり、水門 41 は運河で最も狭いものである。

鉄道の到来後に、運河は使用されなくなり、閉鎖された。 連続水門を通り抜けた最後の貨物は 1948 年 10 月に エイボンマス (Avonmouth) からニューベリー (Newbury) に至る委託貨物であった。 1960 年代から、重要な清掃と再建作業が始まり、 1990 年代にエリザベス II 世による新しい水門の公式開通式で頂点を迎えた。 もっとも連続水門はその何年も前に航行可能であった。

2010 年に、ブリティッシュ・ウォーターウェイズは冬のメンテナンス計画の一部として、 12 週間に、新しい 16 基の水門ゲートを設置しようと計画した。 例外的に寒い天候が工事を遅らせ、 2010 年のイースターにこの区間が再開通した時に、12 組のゲートが処理されていただけであった。 古いゲートの材木はグラストンベリー祭り (Glastonbury Festival) に寄付され、 新しい橋を建設するのに使用され、 橋はアラベラ・チャーチル (Arabella Churchill) -- 祭りの創始者の 1 人 -- にちなんで命名された。

水門

連続水門の幾つかには名前がある。 これらに含まれるのは: 水門 42 (モニュメント水門 (Monument Lock))、 水門 43 (エリザベス女王水門 (Queen Elizabeth Lock))、 水門 44 (サー・ヒュー・ストックウェル水門 (Sir Hugh Stockwell Lock))、 水門 45 (ケイブ水門 (Cave Lock))、 水門 46 (A. P. ハーバート水門 (A. P. Herbert Lock))、 水門 47 (マニフォールド水門 (Mafifold Lock))、 水門 48 (トラスト水門 (Trust Lock))、 水門 49 (マトン水門 (Maton Lock))、 及び 水門 50 (ケネット水門 (Kennet Lock)) である。

復元
1949 年の平面図、この時
また完全に水があった。
(グリッド線は 1000 m)
復元前
1970 年代初頭
1977 年、西を向く
1977 年、上を見る 1977 年、一番下から 1985 年、再度水が入った