ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Crinan Canal - Wikipedia (クリナン運河)

運河の地図も参考になります:

クリナン運河の地図
クリナン運河 (Crinan Canal)

クリナン運河は、 スコットランドの西の アーガイル・アンド・ビュート (Argyll and Bute) にある クリナン (Crinan) とアードリシャイグ (Ardrishaig) を接続し、 スコティッシュ・カナルズ (スコットランド運河、Scottish Canals) により運営されている。 運河は 1801 年に開通し、 西端にあるクリナン村から命名した。 運河はおおよそ 9 マイル (14 km) の長さで、 ギルプ入江 (Loch Gilp) のアードリシャイグ村とジュラ海峡 (Sound of Jura) を接続し、 クライド川 インナー・ヘブリディーズの間の航行可能なルートを提供し、 キンタイア半島 (Kintyre peninsula) の周りの長い迂回をする必要がなくなり、 とりわけ風雨にさらされる キンタイア岬 (Mull of Kintyre) を避けることができる。


ケイルンバアーンにおけるクリナン運河
  1. 歴史
  2. 造作
  3. ポピュラー・カルチャー
歴史

運河が建設されたのは商用船や漁船に短縮路を提供するためであり、 後にはクライド・パッファー (小さな蒸気ボートの一型式、Clyde Puffer) がグラスゴーの周りの地域とウェスト・ハイランドの村や島を 接続するためにあった。 これは土木技術者のジョン・レニー (John Rennie) によりデザインされ、 1794 年に工事が開始したが、1801 年に至るまで完成することはなく、これは計画されたよりは 2 年後のことであった。

運河の建設は色々な問題で悩まされ、これには資金のことと悪天候があった。 地主たちは土地に高値を要求し、 人夫達は英国やスコットランドの、よりアクセスしやすい場所での仕事を離れることに乗り気ではなかった。 ロッホギルヘッド (Lochgilphead) の近くの運河の堤防が 1805 年に決壊し、 これにより運河のコースは向きを変えて沼沢地を避けた。 運河の貯水池は 1809 年に完了したが、 2 年後に嵐が 1 つの貯水池を決壊させて洪水を引き起こし、 運河の両方向きに岩やドロを運河沿いに押し流し、水門を破壊し、堤防を破壊し、 近くの道路を破壊した。

運河会社はアーガイル公爵 (Duke of Argyle) が指揮を執っていたが、 政府の援助を求めなければならなかった。政府はトーマス・テルフォードに問題の評価を依頼した。 彼は水門の改良を提案し、運河のある部分はデザインされ直し、 これには幾つかの旋回橋が含まれ、1816 年に鋳鉄製の橋で置き換えられた。 政府は工事費を払うが、運河会社は経営権を失い、 運河はカレドニア運河委員会 (Caledonian Canal Commission) に手渡された。

ビクトリア女王は 1847 年にハイランドでの休日に、運河をクリナンに向けて旅をした。 女王はアードリシャイグ (Ardrishaig) で出迎えを受け、 女王の船は 4 匹の馬で引かれ、 4 匹の馬のうち 2 匹には王室のお仕着せを着た御者が乗馬していた。 クリナンでは、王室ヨットの 「ビクトリアとアルバート」 に乗船した。 女王の旅行は運河を観光客の呼び物とし、運河に別の目的を与えた。 グラスゴーで操業している蒸気客船会社は運河を「王室ルート」と宣伝し、 1850 年代後半には毎年 40000 人もの乗客がアードリシャイグを通り抜け、 クリナンでオーバン (Oban) に向けた蒸気船に出迎えられた。 1866 年には、蒸気客船のリニット ( ムネアカヒワの意味, Linnet) が旅行者向けの馬で引くボートに取って代わった。 リニットは 1929 年に至るまで仕事に従事していた。

1930 年と 1932 年の間に、新しい海水門が両端に建設され、 どのような潮の状態の時にも運河を利用できるようになった。 アードリシャイグの旋回橋がこの時に設置された。 運河は 1962 年にブリティッシュ・ウォーターウェイズの管轄となった。 2012 年 7 月 2 日に、スコットランドにおけるブリティッシュ・ウォーターウェイズの機能は スコティッシュ・カナルズに手渡された。

今日では、運河はクライド湾とスコットランドの西岸の間のレジャー・ボートの人気の高いルートとなり、 年間で 2000 隻近くのボートが利用している。 曳舟道は国内自転車網ルート 78 の一部となり、 このルートはキャンベルタウン (Campbelltown)、オバーン (Oban)、フォートウィリアム (Fort William)、 インバーネス (Inverness) を結んでいる。

造作

クリナン運河には 15 基の水門があり、 7 本の橋、6 本の旋回橋、1 本の引き込み橋が横断している。 15 基の水門のための石はモール (Mull)、アラン島 (Isle of Arran)、 モーヴァーン (Morvern) から持ち込まれた。 アードリシャイグから、3 基の水門により、運河は 4 マイル東の地点で、 海抜 32 フィートに到達する。 ケイルンバアーン (Cairnbaan) とデュナードリー (Dunardry) の間の 1100 ヤードの頂上区間は海抜 64 フィートである。 デュナードリーとクリナンの間の西の区間は海抜 18 フィートである。 運河は 10 フィート (3.0 m) の深さで、基本的には頭上制限がない。

水門 11 の引き込み橋は 1900 年に元々の旋回橋に取って代わった。 橋は回転するハンドルと歯車で操作し、 歯車により橋がレールの上で出入りし、水門の隔室の上で橋が停止する。 アードリシャイグからクリナン橋までは運河の両側に曳舟道があり、 1959 年までは馬が動力のない船を引いた。

造作 位置 形式
水門 1 (海水門) アードリシャイグ 水門
アードリシャイグ旋回橋 アードリシャイグ 旋回橋
アードリシャイグ・ベイスン アードリシャイグ ベイスン
水門 2 アードリシャイグ 水門
水門 3 アードリシャイグ 水門
水門 4 アードリシャイグ 水門
水門 4 橋 アードリシャイグ 旋回橋
オークフィールド橋 ロッホギルヘッド 旋回橋
水門 5 ケイルンバアーン 水門
ケイルンバアーン橋 ケイルンバアーン 旋回橋
水門 6 ケイルンバアーン 水門
水門 7 ケイルンバアーン 水門
水門 8 ケイルンバアーン 水門
水門 9 デュナードリー 水門
水門 10 デュナードリー 水門
水門 11 デュナードリー 水門
デュナードリー橋 デュナードリー 可動橋
水門 12 デュナードリー 水門
水門 13 デュナードリー 水門
ベラノック橋 ベラノック 旋回橋
ベラノック・マリーナ ベラノック マリーナ
クリナン橋 クリナン 旋回橋
水門 14 クリナン 水門
クリナン・ベイスン クリナン ベイスン
水門 15 (海水門) クリナン 水門
アードリシャイグ・ベイスン ヂュナードリー・ベイスン
ベラノック橋 海水門とクリナン灯台
訳注
デュナードリーの引き込み橋がどうなっているか好奇心に駆られますが、 ストリートビューが有効になっています:
デュナードリー橋: ビュー 1 ビュー 2
旋回橋だと、ゲートのバランス・ビーム (ゲートについている腕木のこと) と接触する可能性がありそうです。 だから特殊な「引き込み橋」にしたようです。
ポピュラー・カルチャー

(TV シリーズの) バイタル・スパーク (Vital Spark) でダン・マクフェイル (Dan MacPhail) は歌を歌っている:

クリナン運河は私のもの
荒れて激しい海は嫌いだ
あの大きな泡立つ砕ける波
これには震えてしまう
クリナン運河は私のもの