ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Dundas Aqueduct - Wikipedia
ダンダス水道橋 (Dundas Aqueduct)

ダンダス水道橋によって、ケネット・エイボン運河はエイボン川 (サマセット州とウィルトシャー州の境界) と鉄道を横断し、 鉄道はバースからウェストベリーに至るウェセックス (Wessex) 本線である。 最も近い村はリーンプリー・ストーク (Limpley Stoke) である。


ダンダス水道橋、ジョン・レニーよってデザイン

これはジョン・レニーと主任技術者であるジョン・トーマスにより 1797 年から 1801 年の間に建設され、 1805 年に完成した。水道橋はケネット・エイボン運河の最初の委員長であるチャールズ・ダンダスにちなんで名前が付けられた。 水道橋は長さが 150 ヤード (137.2 m) で、 バース石で建造された 3 基のアーチから成り、両側にドリス式のピラスタと欄干が付いている。 中央の半円のアーチは 64 フィート (19.5 m) のスパンがあり、 二基の楕円のサイド・アーチは 20 フィート (6.1 m) のスパンがある。 これはグレード I の指定建造物で、1951 年に始めて古代モニュメント一覧に指定された運河の構築物である。

訳注
ピラスターとは 「(壁の一部を張り出した)柱形、付け柱」 のことで、 上の写真をクリックして拡大表示すれば、小さなアーチを大きなアーチの中間にあることがわかる。

ダンダス水道橋 (写真の運河の狭い区間)
西側から撮影

長年の間に水漏れがひどくなり、1954 年に閉鎖された。 1960 年代と 1970 年代には、しばらくの間、運河には水が無く、川の両側で運河の底を歩くことができ、 更に水道橋の底を歩くことができた。 水道橋はポリエチレンとコンクリートで裏打ちし直し、復元されて、1984 年に再開通した。 水道橋の下に住んでいるコウモリのコロニーを邪魔しないように注意が払われた。

この水道橋はケネット・エイボン運河と、 大半が遺棄されたサマセット石炭運河のジャンクションでもあった。 サマセット石炭運河の短い区間には今でも水があり、ブラスノッカー・ベイスン (Brassknocker Basin) となって、 ボートの係留、貸自転車、カフェとして使用されている。 ベイスンにはダンダス波止場に隣接し、そこには小さな料金所、倉庫、クレーンがいまだに立っている。 修復工事が波戸場で実施された。 水道橋の上流と下流の川の区間はモンクトン・クーム・スクールのボート・クラブ (モンクトン・ブルーフライアーズ、Monkton Bluefriars)) により、1 週間に 6 日まで使用され、 これは少なくとも 1960 年代からのことである。 水道橋の反対側にはコンクウェル (Conkwell) の石切り場のための波止場が建設されていた。

訳注
クレーンのストリート・ビュー

東の端から見たダンダス水道橋。写真の中の
ボートは左に曲がればサマセット石炭運河の
唯一残った場所にある係留場所に行き、
右に曲がれば数マイルでバース市に至る。
水道橋の壁が左と右に見え、川と鉄道は
はるかに下にあるので見ることができない。

2002 年と 2004 年の間に、更なる復元が実施され、 これにはグレート・ウェスタン鉄道のレンガ (engineering brick) を元々の水道橋に調和するようにバース石で置き換えることが含まれていた。

2015 年には、水道橋の下の鉄道が低くされ、 将来貨物列車の迂回路として使用できるようにした。 ネットワーク・レールは工事のコマ抜きのビデオを公表した。