ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Pinchbeck Engine - Wikipedia

ピンチベック・エンジン: Google map

ピンチベック・エンジン (Pinchbeck Engine)

ピンチベック・エンジンは排水エンジンで、 イングランド、リンカンシャー州スポールディング (Spalding) のピンチベック湿地帯 を排水するために 1833 年に建設された回転 ビーム・エンジンである。 エンジンはブルー・ゴウ排水路 (Blue Gowt drain) に排水し、 この排水路はサーフリート・シース・エンド (Surfleet Seas End) でグレン川 (River Glen) に接続している。

エンジン棟 エンジン・フレーム
とはずみ車
  1. 博物館
  2. ビーム・エンジン
博物館

1952 年に、エンジンは現代的電動ポンプで時代遅れとなり、 忘れ去られていたが、1979 年に博物館として公開された。 石炭貯蔵庫が取り払われ、今では付随する 「土壌排水博物館」 (Museum of Land Drainage) を格納している。 博物館複合施設には鍛冶屋の仕事場が、いまだに元々の状態で含まれている。 博物館は 「ウェランド・ディーピング内部排水委員会」 (Welland and Deepings Internal Drainage Board) によって操業され、 これはエンジンを設置した委託委員会 (commissioners) の後継組織である。 建物はグレード II の 「指定建造物」 で 「古代モニュメント一覧」 の 1 つ (a Scheduled Ancient Monument) でもある。

煙突は 1952 年に取り壊され、 ボイラーは保存するための行動がとられず、 もはや使用するのに適切な状態ではない。 エンジンは静的に展示してあり、 展示目的のために電動モーターで回転することができる。

ビーム・エンジン

エンジンは 20 馬力 (15 kW) の凝縮蒸気エンジン (condensing steam engine) で、 A フレーム ('A'-frame) で支えられた頭上ビーム (beam, 梁) がついている。 これはダービーシャー州リプリー (Ripley) のバッタリー会社によって建造された。 これは内腔 (bore) が 35 インチ (89 cm) の単一シリンダーと 56 インチ (1.42 m) のストリークがある。 はずみ車は直径が 18 フィート 6 インチ (5.64 m) である。 エンジンは 30 rpm もの速度で走った。

エンジンは隣接区画の単一のスクープ・ホイール (scoop wheel) に歯車で接続されている。 22 フィート (6.71 m) のホイールの円周上には 40 個のパドル (paddle) が付いており、 最大で 7,500 英ガロン (34,000 リットル) の水を 8 フィート (2.44 m) 持ち上げた。 年間の移動量は 1,093,000 英トン (1,111,000 トン) の水から、 3,690,000 英トン (3,749,000 トン) まで変化した。典型的にはエンジンは年間およそ 180 日間操業し、 エンジン管理人 (engine man) が常駐し、この場所に住んでいた。

ボイラーは 1895 年のもので、2 重炉ランカシャー・ボイラー (twin furnace Lancashire boiler) で、12 psi を生成した。 これは、1 時間におよそ 1 ハンドレッドウェイトの石炭を消費した。 石炭の供給は元々ハシケによって運ばれたが、土地が成功裏に排水されてからは、 鉄道がスポールディングからボストンまで敷設され、 石炭は近くの物資の施設に配送された。石炭は次に非常に短い狭軌の鉄道で、 炭鉱型式のタブ (tub) で輸送された。 この動力は人間であったようである。 一台のタブとレール 1 m が博物館に展示してある。

このエンジンに関して言われていることは、今なお元々の場所にある最も初期の A-フレームエンジンで、 フェンズの最も長時間動いたビーム・エンジンで、そして最後に使用されたものである。