ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Forth and Clyde Canal - Wikipedia

運河の全体図は 運河の地図フォース・クライド運河とユニオン運河の地図をご覧ください。

フォース・クライド運河
(Forth and Clyde Canal)

フォース・クライド運河は 1790 年に開通した運河で、中央スコットランドを横断する。 この運河はフォース湾とクライド湾を行き来する洋上船に対してルートを提供し、 この箇所はスコットランド低地帯の最も狭い部分であった。 運河の全長は 35 マイル (56km) で、フォース川のグランジマウス (Grangemouth) から クライド川のボウリング (Bowling) まで進み、 グラスゴーのダンダス港 (Port Dundas) には重要なベイスンがある。


フォース・クライド運河
ボニーブリッジとラーパートの中間
訳注
Google map: ボニーブリッジ ラーパート

当時は成功したが、 洋上船が大きくなり、運河を通過できなくなると運河は苦しむこととなった。 鉄道時代も、運河の成功を損なうこととなり、 1930 年代の凋落から休眠状態となった。

M18 自動車道路は、グラスゴーへの東からの進入路において、運河の配置の幾つかを引き継いでいる、 しかしもっと現代的なアイデアによりレジャー目的で運河の使用が再活性された。

  1. 地理学
  2. 原点
  3. 当時の描写
  4. 乗客輸送
  5. 建設
  6. 所有者の変遷
  7. 衰退と復活
地理学

運河の東端はグランジマウスの近くで、カロン川 (River Carron) の短い区間により、フォース川に接続している。 運河の最も高い区間はキルシス (Kilsyth) の近くを通過し、 ここで水道橋により給水されている。 この水道橋は キルシス丘陵 (Kilsysth Hills) の (この目的のために建設された) バーケンバーン貯水池 (Birkenburn Reservoir) からの水を集め、 この目的のために建設された別の貯水池 -- バントン (Banton) の近くのタウンヘッド (Townhead) --- に貯水している。この貯水池はクライグマーロック (Craigmarloch) の近くの ショーエンドバーン (Showend Burn) からの給水線を経由して運河に給水している。 運河は流れ続け、トウェチャー (Twechar) を過ぎ、 カーキンティロック (Kirkintilloch) とビショップブリッグス (Bishopbriggs) を 抜けて、グラスゴーの市の中心地北にあるメアリーヒル 領域に至る。 ダンダス港への支線が建設され、グラスゴーの商人たちの同意と経済支援を 確実なものとした。グラスゴーの商人たちは運河が全くグラスゴーを バイパスするとビジネスを失うと考えたのとである。

1840 年に、0.5 マイル (0.8km) の運河であるフォース・カート運河 (Forth and Cart Canal) が建設され、 フォース・クライド運河をホワイトクルックでクライド川」に接続した。 この場所は、カルト川がクライド川に接続する箇所の反対側である。

訳注
Google map: バーケンバーン貯水池 バントン トウェチャー カーキンティロック ビショップブリッグス メアリーヒル 5 層連続水門 (トップ) (頂上区間の終了場所)、 ホワイトクルック
原点

プリーストリーは 1831 年の記述で、次のように述べている。

この運河に関連した最初の議会法は 1768 年の 3 月 8 日に王室の同意を得、 次の表題をしていた『航行可能な運河を建設・維持するための議会法: 運河の出発する所はスターリング州におけるキャロン川 (River Carron、とフォース川) の接続口の近くのフォース湾あるいはフォース川、 運河の到達する所はダンバートン州 (country of Dumbarton) における Dalmuir Burnfoot と呼ばれる場所あるいはその近くの クライド湾あるいはクライド川、 更に、グラスゴー市の中心に至る追加の運河、 ボーネスの港から航行可能な掘割を作り、フォース湾と呼ばれる場所の近くで (フォース・クライド) 運河に接続すること 』

予約者たちはフォース・クライド水路の所有者の会社の名前の下に 法人化され、自分たちの間で、 £150,000 の資金 -- 各々 £100 の株式を 1500 株 -- を手に入れる権限を獲得し、 もし必要とあれば £50,000 の追加の資金も集めることができた。

訳注
ボーネス (Bo'ness, Borrowstounness の省略) に関して
Google map: ボーネス

当初は工事資本を確保することが困難と思えたが、 工事の進展は極めて急速で、 技術者の スミートンの指示の下でなされた。 そのため、2 年と 3 四半期後には、工事の半分が済んでいた。 このとき彼と会社の所有者の間に誤解が生まれ、 工事に関連したことは何もしなかった。 このすぐあとで、請負業者にさせたが失敗し、 運河は元々の計画者の命令の下に置かれ、クライド川との提案されていた ジャンクションまで 9 マイルの地点まで到達した。 この時 (1775年) に工事は資金不足から停止し、何年もの間停止状態のままであった。

この時期に先立ち、又この後にも、多くの補足の議会法が制定された。しかし問題を解決するにはある種の創造性が必要となる。 財務裁判所の裁判官 (Barons of the Court of Exchquer) が没収した領地の売り上げから、資金がある場合には、 彼らはフォース・クライド水路会社に £50,000 の資金を回すことができ、ロバート・ウィットワース (Robert Whitworth) -- 名声を勝ち得た技術者 -- の監督の下に工事を再開できた。

当時の描写

ブリーストリーは 1831 年に次のように書いている。

上で述べた素晴らしい川以外にも、(フォース・クライド運河には) エディンバラ・グラスゴー・ユニオン運河が ファルカークで接続し、モンクランド・カーキンティロック鉄道 (Monkland and Kirkintilloch Railway) が先ほど述べた村の近くで頂上区間に接続し、モンクランド運河とガンカーク (Garnkirk) グラスゴー鉄道は グラスゴーの中心地でダンダス港で接続している。

この素晴らしい運河はフォース川のグランジマウス港で始まり、キャロン川がフォース川と接続する場所の近くで 始まっている。運河のコースはキャロン川に並行で、ほぼ西の方向に進み、ファルカークの町の北を通り、 レッド・ブリッジに至っている。 ここでスターリング州を離れ、ダンバートン (Dumbarton) 州の分離部分に進入する。 ここで運河はキルシス (Kilsyth) の南を通り、ケルビン川の南側の堤防に沿って進む。 カーキンティロックで素晴らしい石の水道橋によりローギー・ウォーターを越える。 運河は次に、グラスゴー市の北西の 1/4 部分から (ほぼ) 2 マイル以内の箇所に現れ、 ここから市の中心部に近いダンダス港でモンクランド運河とやりとりする支線がある。 運河の残り部分は西の方向にあり、ケルビン川を堂々とした水道橋で越え、クライド川に 合流する。 合流する前に、しばらくクライド川に並行して進み、 Dalmuir Burnfoot の近くでボウリング湾に向けて水門で降下する。

運河は全長 35 マイルである: グランジマウスから頂上区間の東端までが 10 + 3/4 マイルで、 フォース川の低水地帯から 155 フィートを 20 基の水門で上昇する。 頂上区間は全長 16 マイルで、コースの残りの区間では、 クライド川のボウリング湾における低水地帯まで 156 フィートを 19 基の水門で降下する。

グラスゴーにおけるモンクランド運河への支線は 2 + 3/4 マイルあり、 キャロン川のキャロン岸には別の掘割があり、 これはキャロン鉄工所とのやりとりのためにあった。

運河は元々は喫水が 7 フィートの船舶用に建造されたが、最近の改善により、 喫水が 10 フィートの洋上船がアイルランド海から北海まで通過することができる。 水門は長さが 74 フィート、幅が 20 フィートで、 運河のコースには 33 の ドローブリッジ (draw-bridge) があり、 10 基の大きな水道橋と 33 基のより小さな水道橋がある。 ケルビン川を越える水道橋は長さが 4929 フィートで、ケルビン川の水面から 65 フィートの 高さにある。運河は貯水池の水で補っている。 貯水池の一つは Kilmananmuir にあるもので、70 エイカーの広さがあり、導水路 (sluice) で 22 フィートの深さがある。 キリシス (Kilsyth) における貯水池は広さが 50 エイカーで、上部で 24 フィートの水深がある。

訳注
  1. Google map: カーキンティロック グランジマウス ボウリング・ハーバー
  2. ドロー・ブリッジ (Draw Bridge) に関しては ストラトフォード・アポン・エイボン運河を参照
乗客輸送

1789 年から 1803 年にかけて、運河でウィリアム・サイミントンの蒸気船が試行され、 シャロッテ・ダンダス (Charlotte Dundas) -- 最初の実用的な蒸気船 -- で頂点を迎えた。

客船は運河で 1783 年以来使用され、 1809 年には高速船が導入され、 エディンバラからファルカークまで 3 時間 30 分で結び、 食事、飲み物、新聞など快適な生活を提供した。 1812 年までに、高速船は 44,000 人を運び、 £3450 以上の受け取りがあった。

1828 年以来、トーマス・グレアム (Thomas Graham) のボート「キューピッド」(Cupid) による蒸気船の定期便があった。

訳注
建設

運河は ジョン・スミートンによりデザインされた。 運河の建設は 1768 年に開始し、 資金の問題から遅れたが 1790 年に完成した。 地質学者の ジェームス・ハットン (James Hutton) は 1767 年から 1774 年にかけて運河に深く関わりを持つことになった。 彼は地質学の知識で貢献し、現地調査を拡張し、 株主の一員としても、管理委員会の一員としても行動した。 次にユニオン運河が建設され、運河の東部とエディンバラが接続された。

所有者の変遷

1842 年に、議会法が獲得されて、 カレドニア鉄道がフォース・クライド運河をフォース・カルト運河共々接取することの認可が得られた。 もっともこれは 1853 年に至るまで効果を持つことが無かった。

運河は鉄道と共に 1948 年に国有化され、 管理が英国輸送委員会 (British Transport Commission) に移された。 1962 年には英国輸送委員会はおしまいとなり、管理がブリティッシュ・ウォーターウェイズに移され、 その結果、スコットランド運河 (Scottish Canals) が管理するようになった。


グラスゴーにおける支線
メアリーヒルからダンダス港まで
ラックヒル (Ruchill) 教会が見える
訳注
Google map: メアリーヒル
衰退と復活

1963 年には自動車道の横断を建設するためにではなく単に閉鎖され、 使用されなくなり、半分見捨てられた。 ユニオン運河がフォース・クライド運河と接続するためのファルカーク地域の水門は 1930 年代に埋め戻され、別の建物が建てられてしまった。

2000 年における千年紀の祝賀に全国宝くじ資金が 2 つの運河を活性化するのに使用された。 ボートリフト -- ファルカーク・ホイール -- が建設されて、2 つの運河が接続され、 ボートがクライド川やグラスゴーからエディンバラに行くことができるようになり、 キャロン川との新しい接続ができ、フォース川に進むことができるようになった。 ファルカーク・ホイールは 2002 年の 5 月 27 日に開通し、 行楽客の呼び物となっている。

ダンダス港の支線はピンクストン (Pinkston) ベイスンまで再開通した。 ピンクストン・ベイスンはかってはモンクランド運河のターミナルとなっており、 再開通するためには 330 ヤード (300m) の新しい運河と 2 基の水門の建設が必要であった。 計画は £560万かかり、最初の水門と中間のベイスンは 2006 年 9 月 29 日に開通した。 第二の水門の開通は土地所有に関しての議論から遅延している。 。

  
ユニークなダルミュアの ドロップ水門
ボートを固定した橋の下を通す
   ボウリングで運河は広くなって
ベイスンとなる。 クライド川の海水門