ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Union Canal (Scotland) - Wikipedia
ユニオン運河 (スコットランド)
(Union Canal (Scotland))

ユニオン運河はスコットランドの運河で、ファルカークからエディンバラまで走っており、 とりわけ石炭のような鉱物を首都に持ち込むために建設された。 1822 年に開通し、当初は成功であったが、 鉄道の建設、とりわけ 1842 年に開通したエディンバラ・グラスゴー鉄道により 輸送方法としての価値が減少した。 商用輸送では次第に凋落し、1930 年代には 使用されなくなった。

今日では、一般的に運河への興味が復活しているが、 ユニオン運河も他の例と同様であり、 2000 年にフォース・クライド運河との再接続をするミレニアム・リンク が完成したときに運河は後押しされた。今や、運河はレジャー用途には人気が高い。

     
運河の東端
エディンバラ埠頭
   エイボン水道橋    ユニオン運河の地図
  1. 位置と特質
  2. 原点
  3. リンリスゴーとエジンバラの損失
  4. 通行料
  5. 19 世紀のボートが見つかった。
  6. ソリトン
  7. 現代の使用
  8. ミレニアム・リンク
位置と特質

ユニオン運河は、今日では長さが 31 マイル (50 km) で、地形に沿った運河として 建設されている。運河は全体で、(高度) 240 フィート (73 m) の等高線に沿っており、 これにより水門での遅れを避けている。 但し、幾分膨大な土木工事をする必要があった。 運河は元々、全長が 32 マイルで、 ファルカークのジャンクションから、 エディンバラのホープトン港 (Port Hopetoun ) のベイスンまで走っていた。 エディンバラのターミナルはセンプル・ストリート (Semple Street) と ローティアン・ロード (Lothian Road) の間で、 モリソン・ストリート (Morrison Street) に南にある場所で、ここにベイスンがあった。 運河の最後の 1 マイルは切り詰められ、 エディンバラ・ターミナルは今やトールクロスのロックリン・ベイスン (Lochrin Basin) にあり、 ファウンテンブリッジ・ストリートに隣接している。

運河には幾つかの航行可能な水道橋がある。 これにはスレートフォード水道橋があり、これにより運河はエディンバラのウォーター・オブ・リース (川の名前) を越えており、またラーゾ (Ratho) の近くのアーモンド水道橋があり、 リンリスゴーの近くの全長が 810 フィート (250 m) のエイボン水道橋があり、 これは英国では 2 番目に長い水道橋である。

プリーストリー (Priestley) は (運河の) ルートと構造を少々詳しく述べている。

運河は スターリンク州における ファルカークの西 2 マイルの点にあるフォース・クライド運河の 16 基の水門から始まる。 ここから東に向けたルートを取り、ファルカークの南を通り、炭鉱のそば通る。 ここから、ブラック・ヒル・トンネルを抜け、 グレン・ウォーター 【訳注:川の名前】を横切る。 この流れに沿った場所で、南側の短距離にある場所に、かなり大きな貯水池が陳築されている。 従って運河はブライトン・フリーストンの石切り場のそばを通り、 パーク・ヒル炭鉱のおよそ 1 マイル北にあり、エイボン川に至っている。 ここには川の表面から 80 フィートの高さに運河を通している水道橋がある。 運河はここでリンリスゴウ (Linlithgow) 州に入り、州都の南側の 1.5 マイル以内の箇所を通過し、 クレイトン・ハウスに至る。 ここで運河のコースはもっと南寄りとなり、クリフトン (Clifton) ハウスの近くではアーモンド川に遠回りのルートとなる。 運河がアーモンド川を水道橋で越えるとエディンバラシャー (Edinburghshire) である。 従って運河のコースはラーゾ・ハウス (Ratho house) のそばを通り、 リース (Leith) 川を横切って、エディンバラ市に入り、 エディンバラ市ではローティアン・ロード (Lothian Road) にあるベイスンで運河が終了する。 これは城の 1.5 マイル南西方向にある。 運河の長さは 30 マイルであり、水深は 5 フィート、エディンバラから西端に至るまで同じ水平区間で、 西端では、1 連の水門により、フォース・クライド運河に 110 フィート降下する。
訳注
  1. 「大きな貯水池」のことが指摘されていますが、地図を見てもこのように貯水池はありません。 ユニオン運河自身は水門が無い運河なので、多量の水を必要とせず、この貯水池はフォース・クライド運河の 16基の水門に水を供給する目的であったと思われます。16 基の水門が使用されなくなった時に 貯水池も埋められたものと思われます。
  2. 上の文章で 「AAA ハウス」という表現が随分登場します。AAA に相当するのは 村や町の名前と思われるので 「AAA ハウス」は村議院 or 町議院と思われます

石の橋の多くには「かなめ石」があり、これに橋の番号が彫り込まれている。 ビューフォース (Viewfortth) の橋 -- これはエディバラ埠頭から運河の 2番目の橋である -- の「かなめ石」にはグラスゴーとエジンバラの紋章で飾られていて、各々西と東を向いている。 新しい橋がミレニアム・リンクの一環として、設置された時、 ナロー・ボートの CAD の情報が得られなかった。 そこで橋へのアプローチの曲がりをデザインするのに 「節のあるトラック」が使用された。 しかしながら、ナロウボートは曲がることがなく、このような曲がりのいくつかはきわめてきつくて航行することが 困難である。

訳注
現在では機械部品やその他組み合わせて使用する部品に関しては ほとんどすべてのものの CAD データ (ファイル、提供者は製造元、ホームページなどで公開) が入手可能で、 これを仮想空間の中で同時に表示して 支障があるかどうかを判断できます。例えば既製品の扉、ノブなどを組み合わせて家屋のモデルを作り、 これを仮想空間の中に実現し、計算機のディスプレーの中で扉の開閉が可能であるかどうかを 調べることができます。上で述べていることは、ナロウボートの CAD モデルが なかったので「節のあるトラック」の CAD モデルを使ったのだと思われます。
なお「節のあるトラック」は運転部と荷台が着脱可能なもののことだと思われます。 日本語ではトレーラーと呼ぶのではないかと思う。
原点

発起人は、ラナークシャー地方の鉱石がエディンバラで手に入れることを望み。 1817 年に運河を建設するための議会法を手に入れた。


2010 年の大凍結の時のアーモンド川
の上の水道橋の凍結した余剰排水

プリーストリーは 1831 年の著作物で次のように報告している。

この運河の基本的な目的はエディバラとグラスゴーの間の内陸水路に影響を与えることであり とりわけ、エディンバラには役に立つ必要があり これは運河のルート上に豊富にある石灰、石炭、石などを輸送することを可能とする施設ができるからである。

この仕事は トーマス・テルフォードとべアードによりデザインされ、 £240,468, 17s, 2d と見積もられ、このうち、£198,650 は議会に行くまでに予約されていた。 最初の議会法は次の表題が付いていた: 『航行可能な運河を作り、維持するための法律、 これは エディンバラ市の近くにあるローティアン・ロードから スターリング州のファルカークの近くのフォース・クライド水路を結ぶもの』。 所有者から成る会社は、最初の議会法が得られた時に 384 名から構成されていた。 この中にはエディンバラ市市長、サー・ウィリアム・フォーブス、 サー・ジョン・ヘイ そして サー・ジョン・マーチバンクス がおり、 彼らは「エディンバラ・グラスゴー・ユニオン運河会社」の名の下に組み込まれ、 各々(額面) 50ポンドの株式を 4810 株で、£240,500 の資金を集める権力が与えられた。 更には £50,000 の額を自分たちの間、あるいは新規の出資者、あるいは企業を抵当にして資金を集めることができた。

コストの見積もりは、明らかに不十分であり、 第二の議会法では £48,100 を借り受けることが認可され、 1821 年の第三の議会法では 資本金を更に £50,000 増やすことが認可され、 4 番目の議会法では更に £60,000 増やすことが認可された。

リンリスゴーとエジンバラの損失

会社が議会法を手に入れた時、 リンリスゴー市とエディンバラ市は嘆願して、 受領することになっていた料金や手数料の埋め合わせをして欲しいとした。 有料道路の収入が減ることに関しても同様であった。

会社は勅許自治都市であるリンリスゴーの行政長官や市議会の損失を補てんするように 仕向けられた。 このような損失には Tophican Mill においてエイボン川を越える時に牛、車両、荷物に課せられる税金の減少があった。 エディンバラ市の行政長官と市議会への「1 トンあたり 1 ペニーの比率」を確保する必要があり、 これは肥料以外のすべての商品に適用されるものであった。 埠頭やベイスンから出荷したり、積み下ろしたりする際に、 レート、税、街道、郵便、簡易税関の作業を今や運河がすることになった。 これは運河に責任があるように見えた。 というのは、1636 年の 5 月 17 日におけるチャールズ 1 世の法令により、 エディンバラ、リース、ニューへブンに持ち込まれる物資は 1 トンもしくは 1 パックで (スコットランドの) 13 シリング と 4 ペンスの税をエディンバラの大臣たちが徴収する権限があったからである。 従って運河会社は運河により搬入される全ての物資に関して同額を支払うように指示された。 彼らは、エディンバラ道路受託者、バースゲートなどの受託者の損失は有料道路の通行料金の 減少からで、運河に影響されたものであり、 運河は損失の 補てんすることを余儀なくされた。

通行料

プロジェクトの収入は、通行料と埠頭の保管庫の保管料があった。 これらの最大価格は、議会法の中に述べられていた。 料金は運ばれる商品のトン数に基礎を置いていた。 しかし空の船の通行料もあり、14 日以内に積載して戻ると、 元の通行料を差し引いてくれた。

19 世紀のボートが見つかった。

2004 年に、 「ヘッドランド・アーキオロジー」から のチームによる調査から、長さが 21m の 木製のハシケの船尾の部分が発見された。 船は エジンバラの リーミントンのリフト橋と ビューフォース・ブリッジの間の運河の 南の堤防で発見された。 遺物から、 この箇所が、19 世紀初頭もしくは中頃の運河のハシケ あるいは平底船の 最後の停泊位置があったとこがわかる。 この形式の船は馬で引く形式のものであり、当時の主要な運河の貨物船であった。 典型的な荷はラナークシャイアからの石炭や石灰であったが、 乗客輸送の船もあった。このような船の実際の機能は知られていない。 船は解体されて、運河から取り除かれ、建造に使用された技術が記録された。 追加の調査がなされ、 木材の種類、樹齢、産地が決定されることになっている。

     
発掘中の木のハシケ    ハシケの平面図    ボートハウス, このあたりで
運河はシャンドン (Shandon),
ポルワース (Polwarth) を通過
訳注
「ヘッドランド・アーキオロジー」 は考古学サービスを提供する私企業。
ソリトン

ソリトンとは波の一種で 1834 年にユニオン運河で始めて観測された。 これは発見者であるジョン・スコット・ラッセルが馬で引くボートで運河を 旅行中に観測したのである。 現代の水道橋でエディンバラ・シティー・バイバスを越えてるものは ラッセルの名に由来している。【訳注:スコット・ラッセル水道橋】

訳注
ジョン・スコット・ラッセルは蒸気馬車 (Steam carriage) を作り、 グラスゴーとペイズリーの間に 1 時間 1 本の輸送サービスを始めた (時速 15 マイル) が妨害により、まもなく終了。
現代の使用

運河は「フォース・カヌー・クラブ」のカヌー乗りや、 学校や大学 -- 例えばセント・アンドリュー・ボートクラブ -- の漕ぎ手により、 リクリエーションとして使用されている。 エディンバラ運河協会、 橋 19-40 運河協会、そして「リンリスゴー・ユニオン・カナル」協会、 は一般的に運河の使用を奨励した。 彼らはローイング・ボート、ナローボートを賃借りし、そして 一般公衆のために運河で定期的なボート輸送を提供している。「再ユニオン・カナル・ボート」は 社会事業の建物を運営し、ボート旅行を維持している。

スコティッシュ・カナル ( スコットランドのブリティッシュ・ウォーターウェイズの後継) はエディンバラ・ターミナルのまわりの場所を再開発した。 彼らは公的に次のように述べている。

エディンバラ埠頭は、スコットランドの首都の中心部にある ロックリン・ベイスンを中心とした主な復興プロジェクトである。 これにより、90 件の水辺アパートが提供され、 150,000 平方フィート (14000 m2) が事務所に割り当てれ、 55000 平方フィート (5100 m2) が小売店とレストランに割り当てられている

イカダ・レースは毎年の行事となり、 2007 から 2011 はエディンバラで開かれ、 実際を見てみると不用品がイカダの材料として使用されている。 リンリスゴー・ユニオン・カナル協会はボール紙ボート・レース を長いこと開催している。

ミレニアム・リンク

ミレニアム・リンクは、ユニオン運河とフォース・クライド運河を復元する計画であり、 これにより 2000 年にファルカーク・ホイールで 2 つの運河が終端で再び接続することになった。 このルートには 1 基の水門と短いトンネルが必要で、 このトンネルは アントニヌスの長城を通るものである。 トンネルはファルカーク・ホイールの手前にあり、 2 重の水門の後にある。