ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Avon Aqueduct - Wikipedia

Google map: エイボン水道橋の位置

エイボン水道橋 (Avon Aqueduct)

エイボン水道橋 は航行可能な水道橋で、スコットランド、 リンリスゴー (Linlithgow) の近くで、エイボン川 (River Avon) を越えて ユニオン運河を通している。

エイボン水道橋 水道橋の上のボート
  1. 歴史
  2. デザイン
歴史

この水道橋はヒュー・ベアード (Hugh Baird) のデザインで建設され、 トーマス・テルフォードから助言を受け、 スレイトフォード (Slateford) とリンズ・ミル (Lin's Mill) の水道橋と連携して建設され、デザインを共有する。 テルフォードは石造アーチを鉄の水槽と連結することの必要性を確信しなかったが、 ベアードは 3 つの主な水道橋すべてに、このいずれもを使用した。 建設は「クレイブン・ウィタカー・ノウェル諸氏」 (Messrs. Craven, Whitaker and Nowell) により 1819 年から 1821 年の間に実施され、 ウーズ川 (River Ouse) にかかる石造橋のこの会社による建設の成功が契約の入札で 「はるかに、もっとも適格」 となった。

水道橋はウェスト・ロージアン (West Lothian) と フォルカーク・カウンシル地区 (Falkirk Council area) の間の境界にまたがり、 従って「ヒストリック・スコットランド」 (Historic Scotland) では 2 ヶ所で指定されている。水道橋はカテゴリー A の指定建造物 (category A listed building) である。

デザイン

1761 年のバートン水道橋 [訳注:バートン旋回水道橋を参照] とその後の英国の運河水道橋は大量の石と パドリングを使用して水密を得た。 しかしながら、1789 年のアイアン・ブリッジ (The Iron Bridge) の成功の後では、 テルフォードにより、 チャークポンテカサルトの水道橋のように鋳鉄が使用された。 19 世紀初めに建設された水道橋はパドル粘土か、鉄の水槽を使用し、 特別な様式はなかった。 アーモンド水道橋は水密を達成するために、鉄の水槽を使用したが、 無論のこと水の外側への圧力を抑えるためでもあり、 ケルビン水道橋 (Kelvin) のように純粋に石造の水道橋よりは、もっとほっそりした建設になった。

これは両端の細くなった部分も含め、810 フィート (250 m) よりもわずかに長く、 川の水面よりも 86 フィート (26 m) 上方にある。 水道橋は 12 個の円弧アーチの上を通り、各アーチは 50 フィート (15 m) のスパンがある。 橋脚はわずかに先細となり、川の水面上 50 フィートの高さでアーチが始まり、 アーチの頂上はこの点よりも 50 フィート上方にある。 橋脚は中空で、水槽の下の構造内部への進入は高さ 3 フィート (0.91 m)、 幅 2 フィート 6 インチ (0.76 m) の小さな扉によっている。 構造は頂上で幅 23 フィート 8 インチ (7.21 m) で、 運河は幅 13 フィート (4.0 m) で、ドロにより、深さおよそ 6 フィート (1.8 m) である。 水道橋には幅 4 フィート (1.2 m) の石造の曳舟道が両側にある。

これはスコットランドで最長、最高の水道橋で、英国では 2 番目に長く、 ウェールズのポンテカサルト水道橋に次ぐものである。

曳舟道からの光景

川は東端で水道橋の下を通過し、ここで水道橋はわずかに湾曲している。 ミュラボンサイド・カントリー・パーク (Muiravonside Country Park) から見ることができる。