ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Chirk Aqueduct - Wikipedia
Google map: チャーク水道橋
チャーク水道橋 (Chirk Aqueduct)

チャーク水道橋は 70 フィート (21 m) の高さで、710 フィート (220 m) の長さの航行可能な水道橋で、 ランゴレン運河を通し、ケイリオグ峡谷 (Ceiriog Valley) をチャークの近くで横断し、イングランドとウェールズの境界にある。

チャーク水道橋、
後方に鉄道の高架橋が見える。
水道橋越しにウェールズを見る。
チャーク・トンネルの入口が見える。

水道橋はエレスメア運河のためにトーマス・テルフォードによりデザインされ、1801 年に完成した。 これには鋳鉄製の水槽があり、ここに水が入れられている。 石造りの壁は、鋳鉄製の内部を効果的に隠している。 この水道橋はテルフォードの革新的なロングドン=オン=ターン水道橋に続くもので、 ポントカサルテ水道橋の先触れであり、 この水道橋もランゴレン運河にある。

テルフォードは水道橋は無論のこと、橋にも鋳鉄を使用した開拓者であり、 鋳鉄製の水槽の使用は英国の運河網に幅広く使用され、 とりわけ確実で水密な横断あるいは水道橋が必要な場合はこれがあてはまった。 別の有名な実例はグランド・ジャンクション運河のコスグローブ水道橋 (Cosgrove Aqueduct) で、 バッキンガムシャーのミルトン・ケインズ (Milton Keynes) にある。

訳注
  1. 鋳鉄の水道橋では、上下方向の負荷の変動がないため、 鋳鉄の道路橋の建設よりは容易なようです。 ( ポントカサルテ水道橋を参照のこと。
  2. グランド・ジャンクション運河は現在はグランド・ユニオン運河の一部となっています。

水道橋は 10 基のアーチから構成され、各々 40 フィート (12 m) のスパンがある。 水面の高さは地上から 65 フィート (20 m) 上にあり、 ケイリオグ川の水面から 70 フィート (21 m) 上にある。 最初の石は 1796 年 6 月 17 日に置かれた。【訳注:起工式のこと】 ウィリアム・ヘイズルディーン (William Hazledine) は水道橋の鉄製部分を提供した。 横の板は 1870 年に水道橋に追加された。

チャーク・トンネルがチャーク水道橋の北端で開始し、運河はランゴレンに向けて進み続けることができる。