ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Barton Swing Aqueduct - Wikipedia
バートン旋回水道橋
(Barton Swing Aqueduct)

バートン旋回水道橋はイングランド、 広域マンチェスターの バートン・アポン・アーウェル (Burton upon Irwell) における可動な水道橋である。 これはマンチェスター船舶運河を越えて、ブリッジウォーター運河を通している。 旋回することにより、船舶運河の大きな船が下を通過することができ、 小さなナロウ・ボートはこの上を通過することができる。 この水道橋は、世界で最初の、そして唯一つの旋回水道橋で、グレード II の指定建造物である。 これはビクトリア時代の土木技術の重要な偉業であると思われている。 旋回橋はサー・エドワード・リーダー・ウィリアムズ (Sir Edward Leader Williams) によりデザインされ、 ダービー (Derby) のアンドリュー・ハンディサイド会社 (Andrew Handyside and Company) により建設され、 1894 に開通し、それ以来常用されている。


水道橋が閉鎖した状態
  1. 歴史
  2. 建設
  3. 操業
  4. 回転機構
歴史

バートン旋回水道橋はそれ以前のバートン水道橋 -- アーウェル川を横断する石造の橋で 1761 年に完成 -- を直接取り換えたものである。 1890 年代のマンチェスター船舶運河の建設により、 古い橋を置き換える必要が出た。 この新しい運河を利用する船が高すぎて、古い水道橋を通過できなくなったからである。 二重の連続水門を使用する代案は、ブリッジウォーター運河の節水の必要性から 棄却された。


元々のバートン水道橋
1893 年に取り壊される少し前

新しい水道橋は マンチェスター船舶運河の技術者である サー・エドワード・リーダー・ウィリアムズによりデザインされ、 ダービーのアンドリュー・ハンディサイド会社により建設された。 最初のハシケが水道橋を通過したのは 1893 年 8 月 21 日のことであり、 1894 年の 1 月 1 日に商用輸送が開通した。 ウィリアムズはこの地域の別の運河の可動構造であるアンダートン・ボートリフト にも関連している。

建設

1890 年に (ローマ) カトリック教会の学校 (Roman Catholic school) の 取り壊しにより建設が開始した。 この学校は船舶運河の南側の堤防にあった。 工事の規模からアーウェル川を一時的に迂回して、 中央の島を乾燥した土地の上に建設する必要があった。

操業

この水道橋は旋回橋の形式である。 閉鎖すれば、ブリッジウォーター運河のボートが通過できる。 船舶運河の大きな船舶が通過する必要が起きれば、 1,450 トンで長さが 100 m の鉄の水槽が、島に設置した軸の周りに 90° 回転する。 この島はこの目的のために建設されたものである。 水槽の両端のゲートはおよそ 800 トンの水を保持し、 両側の堤防にあるゲートは運河の隣接区間の水を保持する。 水道橋には元々曳船道ブリッジウォーター運河の水面上 2.7 m の位置に吊るされていたが、 現在は取り外されている。

  
旋回水道橋が開放状態
この状態でマンチェスター
船舶運河の船が通過
旋回水道橋が閉鎖状態
ブリッジウォーター運河が船舶運河を横断
バートン・ロード旋回橋は右手

バートン旋回水道橋はバートン・ロード旋回橋の上流に隣接している。 どちらの橋も、船舶運河の中央にある島のレンガ製の制御塔で開閉された。 開放されると、水道橋と道路橋は島と一直線となり、 どちらの側でも船が通航できる。


橋が旋回する前に、2 つの障壁が
ブリッジウォーター運河を閉鎖しようとしている。
内側の障壁は部分的に閉じているのみ。
回転機構

中央の島に建設された回転機構は花崗岩の岩に埋め込まれた 27 フィート (8.2 m) のレース板 (race plate) から構成されている。 64 個の先細の鋳鉄のローラーがレース板の上に設置され、 スパイダー・リングで定位置に固定されている。 この上に旋回部のレース板があり水道橋と円形の歯板 (circular gear rack) を支えており、 これに動力を与えるのは「サーW.G.アームストロング・ミッチェル会社」によって製造された 水圧エンジンである。 水圧の動力は元々は 2 基のランカシャー・ボイラーの蒸気で供給され、 ボイラーは船舶運河のエクルズ (Eccles) 側の堤防の上にある揚水所に設置され、 運河の底に埋設された耐圧パイプ (service culvert) が圧力水を島の制御塔の下に運んだ。 1939 年に元々の水圧エンジンは一対の放射式 3 シリンダー・エンジン (radial three-cylinder engine) と交換された。 このエンジンはチェスターの「水圧技術会社」 (Hydraulic Engineering Company) が製造したものであった。 その翌年には動力棟が島に建設され、2 基の電動ポンプを収納した。 古い蒸気揚水所は第二次大戦後に取り壊された。

訳注
  1. レース板とは滑り板のような意味で、 スパイダー・リングのスパイダー (蜘蛛) は放射状に広がるの意味。
  2. 以上の記述をまとめると、この旋回橋の軸の周りの円形の回転部の縁に沿ってローラー・ベアリングが設置されていることがわかります。 通常ローラーは円筒の形をしていますが、軸の周りに回転させるために軸に近い方が細くなっている (円錐の上部を切ったような形) ことがわかります。このような旋回橋はリム・ベアリング旋回橋 (rim-bearing swing bridge) と呼ばれます。
  3. 「歯板と歯車の仕組み」(a rack and pinion mechanisum) (Rack and pinion の挿絵)
    回転運動をさせるために歯板が直線ではなく、円形になっている。
  4. サー W.G.アームストロング・ミッチェル会社はアームストロングの会社と造船会社が合併してできた会社。 (ウィリアム・アームストロングを参照のこと)
  5. 旋回部の構造は、アームストロングの会社が製造した タイン川のスイング・ブリッジと類似していると思われます。 つまり、島の地下に水圧アキュームレーターがあり、ここに圧力水が注入され、 一定量が蓄積されてから、これが開放されて、水圧エンジンを駆動した。