ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Barton Road Swing Bridge - Wikipedia

バートン・ロード旋回橋: Google map

この旋回橋はバートン・ロードという名前の道路にある旋回橋で、 バートン旋回水道橋のそばにあります。

バートン・ロード旋回橋
(Barton Road Swing Bridge)

バートン・ロード旋回橋 (あるいはバートン・ロード橋) は 広域マンチェスター (Greater Manchester) の道路交通用の旋回橋で、 マンチェスター船舶運河を横断し、 大都市型自治区 (Metropolitan Borough) のトラフォード (Traford)、 とサルフォード市 (City of Salford) のバートン・アポン・アーウェル (Barton upon Irwell) を接続している。 橋はグレード II の指定建造物であり、周辺の保存地区の一部である。 橋はマンチェスター船舶運河の交通に定期的に開放され、 道路交通に遅延を引き起こしている。


橋が開放状態で、
マンチェスター船舶運河の交通が通過できる。

橋と水道橋は 1894 年のマンチェスター船舶運河 (の建設) で就任した。 もっとも橋はそれ以前、この場所に 200 年間存在していた。 20 世紀の間に橋はトラフォード・パークに行く道として、 そしてマンチェスターとサルフォードの街の中心地を迂回する道として、 ますます重要となり、その結果、重大な交通のネックになった。 代わりの高い橋 (high level bridge) が更に下流に建設され、 今日では旋回橋の交通は大半が地元のものである。

  1. 操業
  2. 歴史
  3. 保存地区
操業

橋はバートン旋回水道橋の下流に隣接している。 2 つの橋は運河の中央にある 122×9 m (400×30 フィート) の人造の島にある レンガ造りの塔 (バルブ棟、valve house) で制御されている。 塔には 2×2 のくぼみ (bay) があり、4 階建てで、外部に階段が付いている。

訳注
「2×2 bay」 の意味が受け取りにくく、英和辞典の意味も適切に書いてありません。 英英辞典に書いてある内容から、bay は壁がくぼんだ場所であることがわかりました。 写真を見ればわかりますが、この建物は 4 階建てで、1, 2, 3 階に同じような窓が 2 個づつあり、 1 階の窓がくぼんだ箇所にあり、2, 3 階の窓が同じくぼみの中にあります。だからくぼみは建物の各面に 2×2 = 4 個あります。

船はマンチェスター船舶運河の船舶交通を通すために開放し、 1 日に 14 回まで起きる。 島で 2 つの橋 (バートン・ロード旋回橋とバートン旋回水道橋) の回転構造の軸を支え、軸はコンクリートで固定されている。 2 つの橋が開放状態の時に」、水道橋と道路橋は島の全長に沿って一列に並び、 船がその両側で船舶運河を航行することを可能にする。 橋は鋼のガーダー・アーチ橋で 「歯板と歯車のシステム」 (rack and pinion system) により、 回転軸に接続している。 この橋はマンチェスター船舶運河 (の幾つかある旋回橋の中) で、 一方の端で旋回するのではなく、中央で旋回する唯一つの旋回道路橋である。

橋 (右) と水道橋 (左)
の航空写真
道路の横断
歴史
初期の横断

この場所には少なくとも 17 世紀以来、橋があり、ここで道路はアーウェル川と交差した。 一つの橋が 1677 年 - 1779 年に川を横断して建設され、 初期の浅瀬に取って代わった。 この橋はウォリントン (Warrington) の東で横断した最初の橋であった。 この橋は前進する ジャコバイト軍を食い止めるために 1745 年に取り壊され、 木製の歩道橋で置き換えられ、その後、 3 基のアーチから成る道路橋で置き換えられた。 これらの橋はバートン水道橋よりも以前にあり、 水道橋のデザインに課せられた条件は、この既存の橋よりもアーウェル川の河川交通を妨げない事、 となっていた。

現在の橋

現在の橋はマンチェスター船舶運河の建造時に建設された。 この橋はプロジェクトの技術者 -- エドワード・リーダー・ウィリアムズ (Edward Leader Williams) -- によりデザインされ、アンドリュー・ハンディサイド会社 (Andrew Handyside adn Company) により建設された。 ウィリアムズのデザインはジェイムズ・アベネシー (James Abernethy) の 3 つの可能性のある計画の中で最も良いもので、 アベネシーはその後、プロジェクトのコンサルティング・エンジニアとなった。 橋は 1894 年 1 月 1 日に開通した。 全長は 59.3 m (195 フィート) で幅が 5.6 m (18 フィート) の道路を通した。

1930 年代までに、橋はトラフォード・パーク 【訳注:工業団地】 で働く労働者の重大なネックになった。 彼らは徒歩や自転車で橋を横断して通勤をしており、 とりわけラッシュ・アワーの時にひどかった。 この橋は、トラフォード・パークに向かったり、ランカシャー州に向かう貨物自動車の重要なルートにもなり、 エクルズ (Eccles) の教区民が運河の南にある諸聖徒教会 (All Saints Church) のミサに向かうルートにもなった。

1946 年にラッシュ・アワーの時に橋を道路交通に閉鎖することの懸念が国会で表明された。 翌年、マンチェスター船舶運河はラッシュ・アワーの時には一般的に橋は道路交通に開放することに同意した。 しかし、これは保証されたものではなかった。 1948 年 12 月 28 日に一隻の貨物船が橋に衝突し、 修理が住むまで橋は一車線に制限され、重量が 2 トンに制限された。 1953 年に、橋からバートン・ロードに右折することが禁止された。

1950 年代までに、橋はストレットフォード (Stretford) からボルトン (Bolton) に至る主要道路 A575 の一部となり、マンチェスターとサルフォードを避けたため、 事実上の環状道路の一部となった。 1954 年の交通調査によれば、9600 台の車両が橋を毎日使用し、 橋は年間で 7000 回閉鎖した。 代わりの橋は地元の経済 -- とりわけトラフォード・パーク -- にとって極めて重要であると考えられた。 エクセル選出の国会議員であるウィリアム・プロクター (William Proctor) の語る所では 「イングランドの北ではバートン橋よりも高い優先度を持つ他のプロジェクトを思いつかない」とのことであった。 代わりのバートン・ハイ・レベル橋 (Burton High Level Bridge) の建設は 1957 年 10 月に開始し、 1960 年 10 月に開通し、非公式にバートン橋と呼ばれ続けた。 旋回橋の交通量はサルフォードがある上流の方のセンテナリー橋 (百周年橋、Centenary Bridge) の建設によっても減少することになった。

訳注
「百周年橋」 はマンチェスター船舶運河の 100 周年である 1994 年に開通した 垂直リフト橋 (昇開橋) である。
保存地区

1976 年に橋の周辺が保存地区に指定され、 サルフォード市とトラフォードが責任を分担することになった。 橋と水道橋は共にグレード II の指定建造物となった。 サルフォード市は橋を横断する歩行者用の進路が貧弱であることに懸念した。 これは潜在的に危険であることは無論のこと、この場所の観光開発を損なっていた。 サルフォード市は橋と水道橋の周辺を一新することを目指し、世界遺産の条件に合致するようにしている。

サルフォード市は橋の摩損とほころびにも懸念している。もっともこれは最早主要道路ではないが、 いまだに随分と多くの交通量がある。 2008 年 8 月に橋を一時的に閉鎖して、電源ケーブルの取り換えをし、2013 年 4 月にはサルフォード市は 橋を最大 6 週間まで閉鎖することを表明した。 これは下水の氾濫を防止するためにパイプを設置するためであった。