ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Marple Aqueduct - Wikipedia

マープル水道橋の位置

マープル水道橋 (Marple Aqueduct)

マープル水道橋はイングランド北西の 広域マンチェスター (Greater Manchester) のマープルにあり、ピーク・フォレスト運河 (Peak Forest Canal) の 下層レベルがマージー川 (River Mersey) を越えて通るために建設され、 川は 1896 年にゴイット川 (River Goyt) に改名された。

会社の技術者のベンジャミン・ウートラム (Benjamin Outram) がデザインに責任を持ち、 常駐技術者のトーマス・ブラウン (Thomas Brown) がその建設に責任を負った。 建設契約は 1795 年に 「ウィリアム・ブロードヘッド、 ベテル・ファーネス、 及びウィリアム・アンダーソン」 (William Broadhead, Bethel Furness and William Anderson) と締結した。 ファーネスは 1795 年のその後に亡くなり、水道橋は 1799 年に残りの パートナーにより完成されたが、1800 年に至るまで使用されなかった。 7 名が建設時に亡くなった。

ゴイット川から見た
マープル水道橋
水道橋の アクアチント
Joseph Parry の 1803 年の絵
を Francis Jukes が彫刻、

これはイングランドで最高の運河水道橋で、 英国で最高の石造アーチ水道橋である。 川と運河の水位の差は 90 フィート (27.4 m) ぐらいである。 (これを超えるのはポンテカサルト水道橋で、 ポンテカサルト水道橋では鉄の水槽が石造の橋脚に載り、 水位の差は 126 フィート (38.4 m) である。) これは 8,000 立法ヤード (6,000 m3) の石造建築を含んでいる。 3 基の半円アーチ (semi-circular arch) は水面上、およそ 78 フィート (23.8 m) で、 72 フィート (22 m) の中央で、およそ 60 フィート (18.3 m) スパンがある。 下の部分は近くのハイド・バンク石切り場 (Hyde Bank quarry) の赤い砂岩である。 上の部分はチャペル・ミルトン (Chapel Milton) の石切り場の白い石である。 橋台は良好な比率の曲線で広がり、 そして同じようにして上方に小さくなっている。 スパンドレルの丸い穴 (the circular piercing of the spandrels)、 石層 (string courses)、 切り石のアーチの輪と ピラスター (pilaster)、 楕円形のせり持ち (oval pier)、 そして異なる型式と色彩の石 -- のような建築的造作の巧妙な使用は優雅な構造を作り、 この構造はこのクラスでは最高である。

訳注
スパンドレルはアーチと上の水平部分の間の壁のこと。

1860 年に、パドリングからの水漏れにより、 何度もフロスト・ヒーブ (frost heave, 凍上) して起きた被害を Charles Sacré は緊急に修理しなければならなかった。 彼は 「マンチェスター、シェフィールド & リンカンシャー鉄道」 (Manchester、Sheffield and Lincolnshire Railway) の主任技術者で、この会社が当時、この運河を所有していた。 彼は構造を突き抜ける 2 インチ・ボルトと厚板で中央の 2 つの面を結び付け、 これは今でも見ることができる。 100 年後、類似の問題が ブリティッシュ・ウォーターウェイズ (BW) により、 無視され、1962 年 1 月 9 日の夜にアーチの北東の外壁が崩壊した。 BW は運輸省 (Ministry of Transport) に支援され、 水道橋を取り壊し、 ピーク・フォレスト運河下流と アッシュトン運河 (Ashton Canal) を正式に閉鎖することが資金の効率的な使い方と考えたのである。 しかしながら、これはジェフリー・リッポン (Geoffrey Rippon) の介在により救われた。 彼は公共建造物・公共工事大臣 (the Ministry of Public Building and Works) で、彼が調停を促進し、これに賛同したチェシャー・カウンティ議会が BW の取り壊し費用に付け加えて、完全復元するための余剰経費を資金繰りした。 これは 1962 年の地方自治法 (歴史的建造物) に基づくもので、リッポン自身が国会通過のかじ取りをしたものであった。

復元の主な請負業者はウォリントン (Warrington) の ハリー・フェアクラフ社 (Harry Fairclough Ltd.) で、 レンデル、パーマー & トリットン (Rendel, Palmer & Tritton) が 助言技術者 (consulting engineers) であった。

水道橋は、その後まもなくして、古代モニュメント一覧の一つとなり、 1966 年にグレード I の指定建造物となった。 長年の間、ゴイット峡谷の水道橋の絵のような場面は、 勝手に根付いた木々の止めようがない成長で見えなくなった。 これらは切り落とされて、光景が戻った。

写真ギャラリー
マープル水道橋
ドローンから
マープル水道橋を
作業船が横断
マープル水道橋の
作業ナロウ・ボート
北に高架橋
マープル水道橋の
作業貨物ボート
運河が向きを変えて
鉄道高架橋の下を通過
運河は次にマープル連続
水門に進入する。