ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Monmouthshire and Brecon Canal - Wikipedia

モンマスシャー・ブレコン運河の地図
モンマスシャー・ブレコン運河の地図の kml ファイル

地図に描かれているのは航行可能な部分のみです。 曳舟道は残っていると書かれているので衛星写真にすれば跡をたどる ことは可能ですが、ここではそこまでしていません。 そのため、クラムリン支線などは地図には描かれていません。

ここで登場する鉄道とはほぼ トラムウェイのことです。 またウェールズ語の地名はグーグルの地図のカナ表記にしたがいましたが、 疑念がある場合はアルファベットのままにしました。

モンマスシャー・ブレコン運河
(Monmouthshire and Brecon Canal)

モンマスシャー・ブレコン運河 (ウェールズ語: Camlas Sir Fynwy a Brycheiniog) はサウス・ウェールズの小さな運河網である。 長さ 35 マイル (56 km) の大半で、 ブレコンズ・ビーコンズ国立公園 (Brecon Beacons National Park) を通り抜け、 現在の田舎の性質と静けさは、この運河の元々の目的が 石炭と鉄の産業回廊であったことを隠蔽している。 この石炭と鉄は トラムウェイ 且つ/あるいは 鉄道のネットワークにより、 運河に持ち込まれ、ネットワークの多くは運河会社により建設・所有されていた。

ブレコンの運河のベイシン

モンマスシャー・ブレコン運河 (Mon and Brec Canal) は元々 2 つの独立な運河で、 ニューポート (Newport) からポントアモイレ・ベイシン (Pontymoile Baisn) までの モンマスシャー運河 (クラムリン支線 (Crumlin) を含む) とポントアモイレからブレコンまで走る ブレックノック・アバーガベニー運河 (Brecknock and Abergavenny) から構成されている。 2 つの運河は 1962 年に見捨てられたが、ブレックノック・アバーガベニー・ルートと モンマスシャー・ルートの短い区間は 1970 年以来再開通した。 元々のモンマスシャー運河の残りの多くは復元計画の対象で、 これには運河のニューポート側の端における新しいマリーナの建設が含まれる。

  1. モンマスシャー運河 (Monmouthshire Canal)
  2. ブレックノック・アバーガベニー運河 (Brecknock and Abergavenny Canal)
  3. トラムウェイ
  4. 凋落と再開
  5. 現在の運河
  6. 復元
モンマスシャー運河 (Monmouthshire Canal)

この運河は 1792 年 7 月 3 日に通過した議会法により認可され、 これにより 「モンマスシャー運河水路の所有者の会社」 (Company of Proprietors of the Monmouthshire Canal Navigation) が作られ、株式の発行により £120,000 を集め、 もしも必要とあれば、更に £60,000 を集める権限が与えられた。 議会法が述べたことは運河はポントネウアニズ (Pontnewynydd) から ニューポート (Newport) の近くのアースク川 (River Usk) まで走り、 Crindau からクラムリン橋 (Crumlin) までの支線が含まれていた。 会社は運河から 8 マイル (13 km) 以内の炭鉱、製鉄所、石灰石切場に鉄道を建設する権限も与えられた。

運河の建設はトーマス・ダドフォード Jr. (Thomas Dadford Jr.) により監督され、 工事が進展するにつれ、更なる議会法が獲得された。 1797 年 7 月 4 日の議会法により、 会社は航行を拡張する権限が与えられ、 これによりニューポートのターミナルは南のポッター・ストリート (Potter Street) に移動し、一方 1802 年 6 月 26 日の議会法により、特別な鉄道が認可され、 会社が更に資金を集めることが許可された。

本線は 1796 年 2 月に開通し、長さ 12.5 マイル (20.1 km) で、 ニューポートからポントアモイレ (Pontymoile) を経由して、 ポントネウアニズ (Pontnewynydd) まで走り、42 基の水門を通過し、447 フィート (136 km) 上昇した。 11 マイル (18 km) のクラムリン支線は本線を Grindau で離れ、 32 基の水門を通過して (これには 14 基のクブン連続水門 (Cefn) が含まれ)、 358 フィート (109 m) を上昇して、 クラムリンに至り、1799 年に開通した。 1840 年代末には、短い支線がニューポート・ドック (Newport Dock) で運河に接続され、 従ってアースク川 (Usk) に接続された。 運河は他の類似の運河と独立していたため、 ダドフォード (Dadford) は水門の大きさを自由に設定でき、 水門は最大幅 9 フィート 2 インチ (2.79 m)、 長さ 63 フィート (19 m)、 喫水 3 フィート (0.9 m) となるボートを収容するようにデザインされた。

本線から、鉄道がポンティプール (Pontypool) の近くから、 Blaen-Din Works, トロスナント溶鉱炉 (Trosnant furnace) まで建設された。 クラムリンから、 鉄道はボーフォート製鉄所 (Beaufort Iron Works) まで建設され、 これは長さ 10 マイル (16 km) で、 619 フィート (189 m) 上昇し、 更に Sorwy Furnace、 ナントアグロ工場 (Nantyglo Works)、 及びリスカ (Risca) のシュロウイ鉄道 (Sirhowy Railway) に至る追加の支線があった。

ブレックノック・アバーガベニー運河
(Brecknock and Abergavenny Canal)
訳注
ブレックノック (Brecknock) は ブレコン ( Brecon) の古い呼び方。

この運河は最初は 1792 年に別の事業として提案され、 運河をカーリーアン (Caerleon) の近くでアースク川 (River Usk) に接続するものであった。 モンマスシャー運河の所有者たちは潜在的な競争相手を招待し、 計画を変更させて、 ポンティプール (Pontypool) の近くのポンティアモイル (Pontymoile) で、 モンマスシャー運河と接続させ、 ニューポートからの航行を分かち合おうとした。 議会法が得られた。 1793 年 3 月 28 日に得られ、 新しく作られた運河会社は、株式で £100,000 を集め、必要とあれば追加の £50,000 を集めることが可能となり、 運河を鉱山、石切場、及び製鉄所に接続することが可能となった。

ブレコンの運河のベイシン

当初、工事は鉄道に集中し、ジョン・ダドフォード (John Dadford) は Gellifelen の炭鉱から Llangrwyney Forge までの路線と アバーガベニー (Abergavenny) からブレコン (Brecon) の有料道路までの路線の 建設を監督した。 路線は 1794 年に開通し、後にギルワーン (Gilwern) の運河に貢献した。 1795 年になって始めて、 トーマス・ダドフォード (Thomas Dadford) が運河の技術者に任命され、工事がクリックホーウェル (Crickhowell) の近くの ペンペダイルヘオル (Penpedairheol) で熱心に始まった。 工事は 1796 年に開始し、 1797 年末までに、運河は ギルワーン (Gilwern) からブレックノックシャー (Brecknockshire) のスランガニドル (Llangynidr) まで完成し、 残りの大半が進行中であった。 しかしながら、経費は通常と同じように予期されたものよりも高く、 1799 年に技術者のダドフォードはクラダハ (Clydach) からブレコン (Brecon) までの区間を完成するには更に金が要ると述べた。 ベンジャミン・ウートラムが工事を査察するために呼ばれ、ギルワーンと Pont-y-Moel の間の鉄道の交換に関して 忠告を求められた。 ウートラムは幾つかの改善を勧告し、とりわけ、アッシュフォード・トンネル (Ashford) の部分的な再建膣を勧告した。 彼は既存の鉄道に関して幾分批判的であった。

運河が完成し、1799 年末までにタリーボント=オン=アースク (Talybont-on-Usk) まで開通し、 1800 年 12 月にブレコンまで開通した。 トーマス・ダドフォードは 1801 年に死亡し、代わりの技術者はトーマス・カートライト (Thomas Cartwright) であった。 運河会社は 1804 年 5 月 3 日に別の議会法を獲得して、 資本をもっと集めることが認可された。 1805 年にアバーガベニー (Abergavenny) の近くのガビロン (Govilon) への区間が 1805 年に完成したが、 1804 年の議会法によって認可された資金を集めることに失敗し、建設が停止した。 会社は次にすでに開通した運河と鉄道の経営に集中し、 1806 年までに 20 隻のボートを走らせ、石炭と石灰を主な積み荷として運んでいた。

1809 年までにモンマスシャー運河はギルワーン (Gilwern) の未完成区間で訴えられる可能性があった。 マーサー・ティドビル (Merthyr Tydfil) の製鉄業者で グラモーガンシャー運河 (Glamorganshire) の重要な業者であるリチャード・クロウシェイ (Richard Grawshay) から助けがあり、 彼は £30,000 のローンを提供した。 この金額によって運河会社はウィリアム・クロスリー (William Crosley) を採用して、工事を完成させ、 1812 年 2 月に開通した。

ポントアモイレ・ジャンクション (Pontymoile) から、ブレックノック・アバーガベニー運河はアバーガベニーの近くの スランボイスト (Llanfoist) とタリーボント (Talybont) を通り抜け、ブレコン (Brecon) のベイシンで終わる。 運河は長さ 33 マイル (53 km) で、スランガニドル (Llangynidre) までの最初の 23 マイル (37 km) は 平らで、スランガニドルに 5 基の水門がある。 ブレコンの下流 2 マイル (3.2 km) で、運河は Brynich の水道橋でアースク川を横断し、 最後の水門が高度を 68 フィート (21 m) まで持ち上げる。

アースク川 (River Usk) は運河の主な給水源である。 ブレコン・プロムナード (Brecon Promenade) の近くの堰が川の水位を調整し、 1.5 マイル (0.80 km) の地下の排水溝により、水が街を通り抜けてシアター・ベイシン (Theatre Basin) に至っている。 追加の水が幾つかの川から給水され、流れの一部分が運河に流れ込み、 残りが水道橋の下でアースク川に流れ込んでいる。

Brycheiniog シアター
訳注
Brycheiniog は昔の王国の名前で、これがブレックノック (Brecknock) やブレコン (Brecon) になった。
トラムウェイ

ウェールズに建設された運河は主に狭い峡谷沿いに建設され、 ここではルート沿いにある産業に支線を建設することが地形的に困難であった。 しかしながら、運河には利点があり、 設立を可能とした議会法により、トラムウェイの建設が可能で、 このための土地はトラムウェイが運河の一部であるかのように、 強制的な購入により入手できた。 これにより、広大なトラムウェイ網が開発され、 この地域で発展していた多くの炭鉱、鉄鉱山の任に就いていた。 ダドフォードは "エッジ・レール" (edge rail) の唱道者で、 これでは輪縁 (フランジ、flange) のついた車輪が区間レール (bar section rail) を 走り、現代の鉄道レールと類似なもので、 輪縁 (フランジ) のない車輪が L 字型のプレートウェイ (plate way) を走るものとは異なるものであった。

訳注
プレートウェイとエッジ・レールに関しては ワゴンウェイ鉄のレールを参照の事。

モンマスシャー運河会社により獲得された議会法が許可したトラムウェイは: アバービーグ (Aberbeeg)、 ボーフォート (Beaufort)、 エブブ・ベール (Ebb Vale)、 ブレナヴォン (Blaenavon)、 ブラアンデア (Blaendare)、 ナントアグロ (Nantyglo)、 シュロウイ (Sirhowy)、 及び トロスナント (Trosnant) である。 ある場所では、 これらは特別な名前で呼ばれていた。 というのは、これらは 8 マイル (13 km) より長く、元々の議会法の一般条項での対象ではなかったからである。 少なくとも、 21 本のトラムウェイがモンマスシャー運河に接続されていたことが知られ、 更に 13 本がブレックノック・アバーガベニー運河に接続されていた。 ある工場は、まもなくどちらの運河にも接続された。 ボーフォート製鉄所は元々エブブ・ベール・トラムウェイ (Ebb Vale) により クラムリン橋に接続されていたが、 モンマスシャー運河が ブレックノック・アバーガベニー運河に提供する通り抜け交通の奨励金により、 物資の輸送が北の運河で開始すれば、輸送料が安くなり、第二のトラムウェイがギルワーンへの谷の入口沿いに建設された。

スランスヒスレス・トラムウェイ
訳注
原文にはこの小節の表題は Llanhiledd Tramroad になっています。 地名 Llanhilleth (スランスヒスレス) はウェールズ語では Llanhiledd となり、 表題と以下の内容で異なることになるので、表題も本文中の表記に合わせました。

1798 年、運河会社は Sir Richard Salusbury と同意して、 彼の炭鉱をクラムリンとスランヒスレス (Llanhilleth) で運河に接続する (トラムウェイの) 路線を作ることになった。 しかしながら、 1800 年に至るまで、ウートラムは路線の測量をすることを依頼されなかった。 複線のトラムウェイがボーフォート製鉄所から既存の路線に インクラインド・プレーンで接続された。 これはウートラムのデザインに従わなかった。 恐らく、これは経費を節約するためで、ウートラムはこれに意気消沈した。

モンマスシャー運河トラムウェイ

1800 年に、シュロウイ製鉄所 (Sirhowy Ironworks) の所有者はベドゥエスティ共有地 (Bedwellty Common) の鉱物を採掘し、運河と接続するトラムウェイ建設と工場 (これは後にトレデガル製鉄所 (Tredegar Ironworks) と呼ばれた) を設置する権利が与えられた。モンマスシャー運河会社の 1802 年の議会法は トラムウェイの建設を運河の 8 マイル (13 km) 以内の場所に裁可し、 従ってニューポートから 8 マイル (13 km) のトラムウェイを ワッツビル (Wattsville) とクムベルンバハ (Cwmfelinfach) の近くの点まで建設した。 シュロウイ製鉄所からのシュロウイ・トラムウェイ (Sirhowy) は 製鉄業者により運河会社の区間から 1 マイル (1.6 km) の地点まで建設された。 この 1 マイルはトレデガル邸宅のトレデガル男爵であるサー・チャールズ・モーガン (Sir Charles Morgan, Baron Tredegar of Tredegar House) の土地を横断し、 彼は自分の土地を横断する物資の通行料と引き換えに、 トレデガル・パーク (Tredegar Park) を横断する接続を建設することに同意した。 この区間はサー・チャールズにとってとても儲かることが判明したため 「黄金の 1 マイル」 と呼ばれた。

トラムウェイは 1802 年から 1805 年あるいは 1806 年の間に建設された。 支線はトレビル (Trefil) の石灰岩の石切り場まで (トレビル・トラムウェイ) とリムニー (Rhymney) の「合同製鉄所」 (Union Ironworks) までが建設されることになった。 ラナース (Llanarth) とペンスルイン (Penllwyn) からナイン・マイル・ポイント炭鉱 (Nine Mile Point Colliery) までの 2 つの支線は 1824 年に追加された。 この路線の重要な造作はリスカ (Risca) のロング・ブリッジ (長橋、 'Long Bridge') で、 長さ 930 フィート (280 m) で、 33 基のアーチがあり、 アーチは各々 24 フィート (7.3 m) のスパンがあり、平均して 28 フィート (8.5 m) の高さがあった。 この橋は 1853 年に見捨てられて、 両側の鋭いカーブが消され、 この時、路線の一部は標準ゲージに転換され、1905 年に取り壊された。 全線の標準ゲージへの転換は 1863 年に完成し、 シュロウイ・トラムウェイは 1865 年にシュロウイ鉄道会社になった。

ヘイ鉄道

ヘイ鉄道 (Hay Railway) は 1811 年 5 月 25 日に議会の承認を得た。 曲がりくねった 24 マイルの長さのルートの建設は 5 年近くかかり、 路線は 1816 年 5 月 7 日に開通した。 トラムウェイは 3 フィート 6 インチ (1,067 mm) のゲージで建設された。 鉄道は建設に鋳鉄製の L 字型トラムロード・プレート ('L'-shaped tramroad plates) を採用した。 2 つのプレートの垂直部分は貨車の車輪の内側に位置し、 プレートは安定性のために石のブロックに大クギで固定されていた。 石の大きさと間隔は馬が邪魔されずに動けるようになっていた。 1820 年 5 月 1 日からヘイ鉄道はアーディスリー・ターミナル (Eardisley) で、キングトン・トラムウェイ (Kington) と接続した。 2 つの路線は合わせると、全部で長さ 36 マイルとなり、英国で完成された最長な連続トラムウェイとなった。 ヘイ鉄道はイングランドとウェールズ境界の田舎の地域を通り抜けて操業し、 荷物と貨物を輸送するように建設されていた。 乗客は公的には運ばれなかった。 ヘイ鉄道は 1860 年に 「ヘリフォード・ヘイ & ブレコン鉄道」 (Hereford, Hay and Brecon Railway) に 吸収され、路線は蒸気機関車で操業するために標準ゲージに転換された。

凋落と再開

運河はその収集鉄道網 (network of feeder railway) により、利益を生んだ。 石炭輸送は 1796 年の 3,500 トンから 1809 年の 150,000 トンに増えたが、鉄道の到来により、 深刻な退潮がもたらされ、1850 年代には運河を見捨てる幾つかの計画が提案された。 モンマスシャー会社は 1845 年に獲得された議会法の下で、 モンマスシャー鉄道・運河会社となり、 1865 年にブルックノック・アバーガベニー運河会社を買収したが、この動きは遅すぎ、 モンマスシャー運河は次第に閉鎖し、ブレコン線 (Brecon) は給水線として保持された。 運河の管理は 1880 年にグレート・ウェスタン鉄道に移管され、究極的には 1948 年に国有化された。

ポントアモイレ (Pontymoile) からポントネウアニズ (Pontnewynydd) までの運河の区間は 1853 年に鉄道に転換され、 11 基の水門が無くなったが、もっと重要なことに下流の運河への給水が無くなった。 この転換に続き、運河が閉鎖する次の部分はニューポートからドックまでであり、 これは 1879 年に続いた。 ニューポート区間の残りはバラック・ヒル・トンネル (Barrack Hill tunnel) の北の入口まで、 1930 年に閉鎖し、クンブラン区間 (Cwmbran) が 1954 年に続いた。 クラムリン支線は 1930 年に商用水路として見捨てられたが、水を保持していた。 1949 年 2 月に、深刻な決壊がクラムリン (Crumlin) から 2.5 マイル (4.0 km) のアバーカーン (Abercarn) で起きた。 運河のこの区間は 16 年間使用されなかったが、決壊は修理された。 しかしながら、この支線は丁度 3 年後の 1949 年に閉鎖され、ポントアウアイン (Pontywaun) からクラムリンまでの区間は埋められ、1968 年/1969 年に A467 道路として使用された。 運河の残りは 1962 年に公式に見捨てられたが、2 年以内に復元が始まった。 復元の資金繰りは国立公園の法制化 (National Parks legislation) の結果利用可能となった。 法律はノーフォーク (Norfolk) とサフォーク (Suffolk) のザ・ブローズ (湖沼地方、The Broads) を救うためにデザインされたが、この地域は国立公園として指定されなかった。 しかし、ブレコン・ビーコンズ (Brecon Beacons) は国立公園に指定され、運河は自然な美しさの地域の価値ある快適環境 (amenity) と見なされた。 運河は 1970 年にポントアモイレまで再開通した。

ブレコン (Brecon) からポンティプール (Pontypool) までの区間は運河の 7 区間の 1 つで、 以前は残余水路 (remainder waterways) として指定され、1968 年のブリティッシュ・ウォーターウェイ議会法 (British Waterway Act) により再分類され、 全部で 82 ルート・マイル (132 km) が航行水路標準 (Cruising Waterway Standard) に格上げされた。 14 基の クブン連続水門 (Cefn) は国際的重要性を持つものとして認められ、 古代モニュメント一覧 (Scheduled Ancient Monuments) のカドゥ (Cadw) の一覧に載っている。

訳注
カドゥ (Cadw) はウェールズ語の動詞で「保存する/保護する」を意味し、 ウェールズ政府の歴史・環境事業で、観光・文化グループの一部である。 ( Cadwからの引用。)

古いモンマスシャー運河の復元が 1994 に始まった。この時 トルバエン・バラ議会 (Torfaen Borough Council) はセバストポル (Sebastopol) のクラウン橋 (Crown Bridge) を持ち上げて、再び航行に十分な高さを与えた。 5 水門 (Five locks) への区間は続く 2 年間に復元され、 トルバエン市長 (Mayor of Torfaen) により 1997 年 5 月 25 日に公式に開通した。 連続水門のトップ水門のベイシンが航行可能区間の最後を記している。

ニューポート市の管轄内のすべての運河ルートは 1998 年 1 月 21 日に 運河構造の保護地区に指定され、運河は今やグレード II の指定建造物である。 ブレコン側の端では運河はシアター・ベイシン (Theatre Basin) で終了している。 これはブレックノック・ボート会社波止場を再建するプロジェクトの結果で、 波止場は 1881 年に見捨てられて埋められていた。 資金はウェールズ省 (Welsh Office, 現在は Wales Office)、 ウェールズ芸術委員会 (Welsh Arts Council)、及び色々な民間組織によって提供された。 古い波止場の建物はブレコム劇場 (Brecom Theatre) によって再使用された。 進入路は新しい運河の端によって提供され、 技術者のトーマス・ダドフォードにちなんで名付けられた。

航行に開通した次の区間はペントレ・レーン橋 (Pentre Lane bridge) から走る 2 マイル (3.2 km) の区間で、 タンプリン水門 (Tamplin Lock) のすぐ上から始まり、 Tyfynnon 水門、 マルパス水門 (Malpas Lock)、 Gwasted 水門を通り抜けて、 マルパス・ジャンクション (Malpas Junction) に至り、 次にクラムリン支線の Gwasted 水門を上昇し、 Waen 水門の基底部に至る。 工事は 2008 年 1 月に開始し、 2010 年 5 月末に開催のウェールズ水路祭り (Welsh Waterways Festival) に間に合うように開通した。 内陸水路協会 (Inland Waterways Association) の国内トレールボート祭り (National Trailboat Festival) が同時に開催され、Malpas 水門のすぐ下の ベトトゥス・レーン (Bettws Lane) でスリップウェイ (slipway) が再建され、 トレールボートの進水が容易になるようにした。 ベトトゥス・レーン橋自身も再建されて、 ボートの頭上余地を提供し、 「ヨーロッパ地域開発資金」 (European Regional Development Fund) と 「地域再生資金」 (Local Regeneration Fund) の助成金を使用した。 助成金は 2004 年に確保され、橋は 2007 年 3 月 1 日にニューポート市長により公式に開通した。

]
訳注
トレールボート (trailboat) の意味は英々辞書にも記載がありません。 トレーラー (キャンピングトレーラー) のボート版の意味で使用しているのではないかと思う。 つまり、台車に載せたボートで車で目的地まで牽引して、そこでボートを進水して使用する。

トラストは 2012 年 「宝くじ遺産基金」 (Heritage Lottery Fund) によって £854,500 の助成金を 贈与され、 Ty Coch の近くの 8 基の水門の修復が可能となった。 これは歴史的運河の修復で必要となる技術の人々の訓練にも使用され、 水門ゲートを、伝統的な作業方法を使用して、地元で製造することも可能にした。

現在の運河

運河沿いあるいはその近くの共同体には次がある:

本線沿い:

クラムリン支線沿い:

アクセス

運河の曳舟道の大半は全ルートに沿って簡単に歩くことができる。 ブレコンからポントアモイレ (Pontymoile) の曳舟道はその全長で 自転車で通行可能である。 Taff Trail 自転車ルートはブレコンから数マイル、 運河に沿っているが、この後の道はロード・バイクには適切でない。 国内自転車ルート 47 と 49 はクロス・キーズ (Cross Keys) とポンティプール (Pontypool) の間で運河に沿っている。

2007 年 10 月の決壊

2007 年 10 月 16 日に、深刻な決壊が起き、 この時ギルワーン (Gilwern) の近くの運河の堤防の一部が崩壊し、 何軒かの家が避難しなければならなかった。 8 人が地元の消防・緊急隊 (Fire and Emergency service) に救出され、 クリックホーウェル (Crickhowell) とギルワーン (Gilwern) の間の A4077 道路が閉鎖され、何週間も続くと予期された。 2 家族に一時的な住居が提供され、23 隻のハイヤー・ボート 【訳注:ボートのハイヤー】 も影響を受けて、クレーンが持ち込まれて基地まで運ばれた。

請負業者のノエル・フィッツパトリック (Noel Fitzpatrick) はブリティッシュ・ウォーターウェイズのために働き、 決壊が起きた 1 週間以内に何とかして道路を再開通した。 ブリティッシュ・ウォーターウェイズが 2007 年 11 月 5 日に表明したことによると、 ラノーヴァー (Llanover) からスランガニドル (Llangynidr) までの運河の 16 マイル (26 km) の区間は 完全に排水され、運河構造の完全検査が実施されるとのことであった。 彼等の述べることでは、 ボートの所有者と作業して、排水により影響を受けない場所に ボートを全て移動するとのことであるが、曳舟道はこの段階でも開放したままであるとのことであった。 まもなく彼らが表明したことによると、 完全な地質工学的調査が実施され、1 年までの閉鎖が予想されるとのことであった。 この区間の水位は随分と減少されたが、 技術者は完全排水の前に 100,000 匹以上の魚を移動する作業に直面した。

2007 年 12 月 20 日のクリックホーウェル (Crickhowell) の会合で、 ブリティッシュ・ウォーターウェイズは調査の準備的な結果を表明した: タリーボント (Talybont) からギルワーン (Gilwern) までの区間には 90 ヵ所の漏水があり、 ラノーヴァー (Llanover) からゴアトレ波止場 (Goytre) の区間にはそれほど漏水がなかった。 2008 年 2 月の記者会見で表明されたことは: 復元の全経費は £1500万 ぐらいになり、 主要な投資は 2008 年/2009 年 の会計年度に必要とされ、 決壊を修理して、最優先と思われる部分を処理することになる。 工事の目的は運河が 2009 年 3 月から、安全・完全開通することを 確実にすることであったが、 工程を完成するにはそれに続く 3 回の冬の間に工事を更にする必要があった。 彼等の行動により、ブリティッシュ・ウォーターウェイズは ウェールズ議会のロードゥリ・グリン・トーマス (Rhodri Glyn Thomas) の称賛を引き起こし、 彼は決壊を処理した彼らの 「勇敢な決定」 を誉めた。 修理された運河は 2009 年 3 月 29 日に公式に再開通した。 この時、(ウェールズの) 水路大臣のヒュー・イランカ=ダヴィエス (Huw Irranca-Davies) と第 1 大臣のロドリ・モルガン (Rhodri Morgan) がテープ・カットをした。

復元

運河は幾つかの地方自治体の境界内にあり、 このような自治体は運河の復元プロジェクトがもたらす恩恵と再生にますます気が付いていた。 この目的のために、 「モンマスシャー・ブレコン運河再生パートナーシップ」 (Monmouthshire and Brecon Canals Regeneration Partnership) が協同努力のために作られ、参加したのは: モンマスシャー・ブレコン運河トラスト、 トルバエン・カウンティ・バラ議会(Torfaen County Borough Council)、 ニューポート市議会 (Newport City Council)、 ケアフィリ・カウンティ・バラ議会 (Caerphilly County Borough Council)、 森林委員会 (Forestry Commission)、 及びブリティッシュ・ウォーターウェイズであった。 「再生パートナーシップ」 は 「大宝くじ生きたランドマーク資金」 (Big Lottery Living Landmarks fund) の £2500万 の資金の入札をした。 これはバラック・ヒル (Barrack Hill) からクンブラン (Cwmbran) に至る本線復元の費用の 75% で、 これに含まれるのは: グリーンフォージ・ウェイ (Greenforge Way) を越えて運河を通すための新しい水道橋の建設と、 マルパス・ジャンクションからクブン (Cefn) の 14 層水門の基底部までの復元と給水の改良であった。 入札は開発段階に達し、パートナーシップは £250,000 の助成金を獲得して、 提案されている共同体に基礎を置く水路の再生の全経費と技術研究を手がけることが可能となった。 パートナーシップは継続して会合し、復元の完成に向けて前進する方法を議論した。

14 層水門の復元された水門の 1 基

クブン連続水門 (Cefn) のトップ水門 (水門 21) の復元は 2003 年にボランティアによって完成した。 運河トラストとニューポート市議会は £700,000 の 「宝くじ遺産基金」 (Heritage Lottery Fund) の共同代表となって、連続水門の次の四基の水門を復元しようとした。 これは 2007 年 3 月 23 日に贈与された。 (14 層) 連続水門の再生は主計画とは別のプロジェクトである; 請負業者は連続水門を下方に向かって工事し、 一方、運河トラスト (Canals Trust) と水路復元グループ (Waterway Recovery Group) により率いられたボランティア・チームは アルト=アル=イン水門 (Allt-yr-yn locks) の水門 3 から上方に向かって工事する。

運河の南端をクリンデ (Crindau) のマリーナにより、 アースク川 (River Usk) に接続する計画もある。 クリンデ・ゲートウェイ・プロジェクト (Crindau Gateway Project) は 運河の南端の周辺地域の 「都会再生プロジェクト」 (Urban Regeneration project) で、ウェールズ議会から £75,000 の資金を受領して、計画の 1 部としてマリーナの条項を考察している。 マリーナからアースク川への接続は Crindau Pill によって提供され、 これは川の入り江で、これが航行可能となる。 これによりプロジェクトはの持続可能性が創設される、

2015 年 2 月現在で、ケアフィリ・カウンティ・バラ議会 (Caerphilly County Borough Council) の計画があり、 14 層水門からクムカルン・フォレスト・ドライブ (Cwmcarn Forest Drive) までの 運河回廊を開発し、 リスカ (Risca) の新しいマリーナで運河のこの場所を完全に復元することになっている。

運河トラストは14 層水門の運河センター (Canal Center) のリースを引き受けた。 延長が完成し、これには会議室 (採用するグループが使用可) と共同体が管理するティー・ルーム (喫茶室) が含まれる。 運河センターは今ではトラストの基地、及び共同体中心の復元工事の基地となっている。

2010 年ウェールズ水路祭り

モン・ブリー運河トラスト (Mon & Bree Canals Trust、モンマスシャー・ブレコン運河のあだ名と思われる) のボランティアにより組織され、 2010 年ウェールズ水路祭りには 内陸水路協会の「国内トレールボート祭り」 が含まれ、2010 年 5 月末にニューポートで開催された。 30 隻以上のボートが英国中から参加した。 ボートはバラック・ヒル (Barrack Hill) からトルバエン・バラ (Torfaen Borough) のペントレ・レーン (Pentre Lane) まで航行が 84 年間で始めて可能となり、マルパス (Malpas)、Ty Fynnon、及びタンプリン (Tamplin) の復元された水門を使用した。 15,000 名以上の公衆メンバーが 4 日間の祭りに登場し、 これはニューポートと運河にとり大成功であった。