ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Fourteen Locks - Wikipedia

モンマスシャー運河は、合併して モンマスシャー・ブレコン運河になります。

以下原文では Allt-yr-ynn (ウェールズ語) の綴りが書いてあるが、カナ表記が不明なので、 Allt-yr-yn (アスト=アル=イン, 英語表記) の綴りにした。カナ表記はグーグル地図のもの。

14 層水門 (Fourteen Locks)

14 層水門は一連の水門で、 クブン連続水門 (Cefn Flight) とも呼ばれ、 サウス・ウェールズ、ニューポート (Newport) のロジャーストーン (Rogerstone) の モンマスシャー運河 (Monmouthshire Canal) のクラムリン支線 (Crumlin arm) にある。 連続水門は 1799 年に完成し、 わずか 800 ヤード (740 m) の距離で、水位を 160 フィート (50 m) 持ち上げる。 これは英国の主な多層水門の中で最も急なものの 1 つで、 単に水門の数を組み合わせれば、国で最も重要なものの 1 つである。 多層水門に含まれるものは: 一連の堤防で囲まれた池、隔室、給水を制御する導水路 (sluice) と堰 があり、 個々の水門の間ではゲートが共有されない。 従って、これを構成するのは階段水門ではなく、 連続水門である。

2005 年水門 11, 隔室の両側の同じ深さの棚は
独特の造作であるが、この目的の情報は今や失われている。
  1. 歴史
  2. 復元
歴史

モンマスシャー運河は 1792 年 6 月に獲得された議会法により認可され、 これを構成したのはニューポートからポントネウアニズ (Pontnewynydd) に至る本線 -- これはブレコン・アバーガベニー運河 (Brecon and Abergavenny Canal) が 一旦建設されると、すぐに接続することになっていた -- と Crindai -- 現在はマルパス (Malpas) と呼ばれる -- からクラムリン (Crumlin) に至る支線であった。 どちらの区間にも水門が随分と設置され、 本線は 41 基の水門を通り抜けて 433 フィート (133 m) 上昇し、 支線は 32 基の水門を通り抜けて 358 フィート (109 m) 上昇する。 クラムリン支線のロジャーストーン連続水門は水門の数が最大であった。 支線にはアバーカーン (Abercarn) に 7 層水門、アスト=アル=イン (Allt-yr-Yn) の 5 層水門もあった。 トーマス・ダドフォード Jr. はプロジェクトの技術者に任命された、 もっとも彼は当時グラモーガンシャー運河 (Glamorganshire Canal) とレオミンスター運河 (Leominster Canal) でも働いていた。 運河は段階的に開通し、 本線が 1796 年 2 月に開通した時までに、クラムリン支線の大半が、 ロジャーストーンからアスト=アル=イン (Allt-yr-Yn) に至る 1.5 マイルを除いて完成し、 この区間に連続水門があった。 会社は 1799 年に工事が完成したと公式に表明した。

ダドフォードは 1798 年までプロジェクトで働き、 14 層水門は彼の重要な業績の 1 つであった。 水門間が近すぎる問題と、その結果水門間の水平区間が小さすぎる問題は、 サイド・ポンドの追加により凌駕し、 これにより、水門の水が水平区間に加えられたり、ここから取り除かれる時に 水位の変化を最小にした。 この運河は英国の主要な運河網から孤立していたため、 ダドフォードは水門のサイズを選択できた。 当初、ボートは 長さ 62 フィート 6 インチ (19.05 m)、 幅 8 フィート 10 インチ (2.69 m) で建設されたが、 これはすぐに 64 フィート 7 インチ (19.74 m) と 9 フィート 2 インチ (2.79 m) に増加され、 ボートが 25 トンから 28 トンを運べるようになった。 連続水門による正確な上昇は議論の余地があるようで、 例えばニコルソン (Nicholson, [訳注:水路のガイドブックの著者]) には 154 フィート 7 インチ (47.12 m) と引用しているが、 同じページで 168 フィート (51 m) としている。 ダドフォードは水門をグループに分けて、 傾きを適当にすることに成功し、 グループ分けは 5 つの複数の組、3 つの 1 つの組 (No. 10, 11. 12)、 および、水門 21 は 1 つのグループにした。

モンマスシャー運河は常に輸送網の一部分で、 この大半はトラムウェイから構成され、 この多くは会社により、所有・建設された。 輸送網は拡張され、機関車操業に転換され、 1865 年までにモンマスシャー会社がブレコン・アバーガベニー運河を買収した時に、 運河はほとんど使用されることがなく、合併により鉄道でもっと多くの物資を運んだ。 1880 年からは、 この運河はグレート・ウェスタン鉄道会社の一部分となり、 鉄道会社は 1909 年にクラムリンの短い支線を閉鎖した。 それ以外の鉄道は英国輸送法 (British Transport Act) により閉鎖され、 この法律は 1948 年の運河の国有化後の 1949 年に通過したものである。 この翌年にエドワーズ (Edwards, 「英国内陸水路網」 の著者) の書くところによると、 水門は操作不可で、運河が雑草でひどく詰まったので、カヌーでも通過できないとのことであった。

復元

ブレコン・アバーガベニー運河の復元は 1961 年に始まり、 ブレコン・ビーコンズ国立公園 (Brecon Beacons National Park) の創設の 1 部分であった。 しかし 1965 年に至るまで、モンマスシャー運河に焦点が移ることがなく、 1965 年に内陸水路協会 (Inland Waterways Association) がサウス・ウェールズ部門を作った。 これはクンブラン町議会 (Cwmbran Council) が彼らの管轄にある区間を 水公園と遊び場 (water garden and play parks) に転換しようとした後の事であった。 サウス・ウェールズ部門は遺跡の保護で運動を始めた。 2 年後、「ニューポート (モンマスシャー) 運河協会」 が形成されて復元を求めた。 「リスカ、マゴー & セント・メロンズ運河保存協会」 (Risca, Magor and St. Mellons Canal Preservation Society) を形成し、 クラムリン支線の最初のボランティア工事のパーティが 1969 年 3 月に実施された。

連続水門の最初の復元工事は 2003 年始めにあり、この時クブン水門 (Cefn Lock) が修理された。 これにより、遊覧ボート (trip-boat) が、この小さな区間で走ることが可能となった。 随分長い間、トップ水門のみに水があった。 水門 21 の上の水平区間は断続する給水に苦しんだ。 これはモンマスシャー・ブレコン運河トラスト (Mon & Brec Canals Trust) のボランティアに問題を引き起こした。彼らは 2004 年と 2006 年の間の色々な折に 水門を通り抜ける遊覧ボートを走らせたからである。

2007 年 3 月 23 日に、£700,000 の助成金が 「宝くじ遺産基金」 (Heritage Lottery Fund) から与えられ、 引き続いてニューポート市議会 (Newport City Council) と運河トラスト (Canal Trust) により合同発表があった。 これは連続水門の頂上の次の 4 層の水門の復元を許可することであった。 工事が水門 20, 19, 18, 17 で 2010 年に開始し、2011 年に完了した。

「14 層水門とコンファレンス・センター」 (Fourteen Locks Canal and Conference Center) はトップ水門の下の水平区間のそばにあり、含まれているものは、 運河の展示、変化する地方芸術の展示、会議室と茶室である。 運河沿いにはガイド付き案内がセンターにより提供されている。 営業後の最初の 3 年間にセンターには 150,000 名の訪問があった。