ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

The Broads - Wikipedia

イングランドのノーフォークにはブロード (broad, 広い)、ブローズ (broads, 複数形) と 呼ばれる湖があり、川とブローズの水路網はザ・ブローズ (あるいはノーフォーク・ブローズ) と呼ばれ、現在では国立公園になっています。 ザ・ブローズのことを 「湖沼地方」 と呼んでいるページもありますが、 ブローズは沼ではなく中世の泥炭採掘跡に水があふれたものです。(人工的な構築物です。) だから名称が事実に即応しない。

ザ・ブローズの地図
ザ・ブローズの地図の kml ファイル

ザ・ブローズ (The Broads)

ザ・ブローズ (売り込む目的の場合には ザ・ブローズ国立公園 と呼ばれる) は大半が航行可能な川と湖の水路網で、 イングランドのカウンティである ノーフォーク (Norfolk) と サフォーク (Sufforlk) にある。 湖はブローズ (broads) と呼ばれ、泥炭採掘場所から形成された。 ザ・ブローズと周辺の土地の少々は 「1988 年のノーフォーク・サフォーク・ブローズ法律」 (Norfolk and Suffolk Broads Act 1988) により、国立公園と類似な保護レベルを持つ 特別地区を構成している。 ザ・ブローズ機関 (The Broads Authority) -- この地区の管理責任を持つ特別法令機関 -- は 1989 年に運営を開始した。

ノーフォーク・ブローズの排水風車

この地域は 303 平方 km (117 平方マイル) で、 大半がノーフォークにあり 200 km (130 マイル) 以上の航行可能な水路がある。 7 つの川と 63 のブローズがあり、大半が深さ 4 m (13 フィート) より浅く、 13 のブローズは一般に航行に開放され、更に 3 つには航行水路がある。 幾つかのブローズには秋と冬に航行制限があるが、 制限の合法性は疑問である。

ノーフォーク・ブローズサフォーク・ブローズは 2 つのカウンティ内の特別な地域を指すのに使用されるが、 全体がしばしばノーフォーク・ブローズと呼ばれる。 ザ・ブローズはイングランドとウェールズの国立公園と類似な地位を持っている; ザ・ブローズ機関は国立公園と類似な権限と義務を持っているが、 3 番目に大きな内陸航行機関でもある。 航行機関の役割から、ザ・ブローズ機関は 1989 年 4 月 1 日にそれ自身の法律の下に設置された。 2009 年のザ・ブローズ機関法は、この機関により議会を通じて奨励され、 水域の公共の安全を改良するためのものであった。

  1. 「ブローズ国立公園」の名称
  2. 管理
  3. 歴史
  4. 地理
  5. 農業と下水からの富栄養化
  6. 生態系
「ブローズ国立公園」の名称

2015 年 1 月に、ザ・ブローズ機関はこの地域の名称をザ・ブローズ国立公園に変更することを 承認し、地域の身分が 「イングランド国立公園」 と同等であることを認め、 ザ・ブローズ機関が イングランド国立公園機関と 同じ最初の目的 (保存に関連、及び楽しみの奨励) を分かち合い、国立公園の助成金を受け取ることになった。

これに 3 ヵ月の相談が続き、相談員の 79% の支援があり、 これには 14 の英国国立公園と国立公園運動の一致した支援があった。 環境・食料・農村地域省 (Defra) -- 国立公園に責任を持つ政府機関 -- も、ザ・ブローズ機関がこの問題で自身で決定することに満足していることを表明した。

これはザ・ブローズ利用者の間の継続中の論議のテーマであり、 彼らの指摘ではザ・ブローズは国立公園法で指名されておらず、 このように烙印を押せばザ・ブローズ機関が、その第 3 の目的 -- 航行の利益保護 -- を損なうと主張している。 これに応えて、ザ・ブローズ機関が述べることでは、 3 つの目的は同等のバランスにあり、 この烙印はブローズの国立公園の品質を売り込むためのものであることであった。

管理

ザ・ブローズはザ・ブローズ機関により管理されている。 特別な法律により、水路の高校はこの地域の保護及び公共の楽しみと同等の地位が与えられている。

ザ・ブローズの特別な部分は色々な保護指定がされている、例えば

特別なプロジェクトが英国生物多様性アクション・プラン (UK Biodirversity Action Plan) の下に考えられ、 ラージ・コッパー蝶 (large copper butterfly) の再導入をする。 この蝶の生息場所がフェンの減少により削減した。

ザ・ブローズはザ・ブローズ機関により管理され、 ブロードランド地方行政地区 (Broadland local government district) に名前を与えているが、 ザ・ブローズの一部分は他の地方議会の地域に属している: ノース・ノーフォーク (North Norfolk)、 サウス・ノーフォーク (South Norfolk)、 ノリッジ (Norwich)、 及びグレート・ヤーマス (Great Yarmouth) (以上すべてノーフォーク) 及び サフォークのウェイブニー行政地区 (Waveney district)。

歴史

長い年月の間、ブローズ (broads) と呼ばれる湖は地形の中の自然な造作とみなされていた。 1960 年代に、始めてジョイス・ランバート博士 (Dr. Joyce Lambert) がこれらが人工の造作 -- 中世の泥炭の掘削場所が氾濫したもの -- であることを証明した。 中世に地元の修道院が泥炭地事業として、泥炭を掘削することを始め、 ノリッジとグレート・ヤーマスに燃料を売った。 ノリッジの修道院は年間 320,000 トンの泥炭を掘削した。 次に、海面レベルが上昇し、立て坑が溢れた。 風車と運河の建設にも関わらず、氾濫が続き、今日の典型的なブローズの光景となり、 アシ原 (reedbed)、放牧湿地 (grazing marshes)、 湿森林 (wet woodland) が残った。

マトンズ・ミル (Muttons mill)
ノーフォーク・ブローズにある多くの歴史的排水風車の 1 つ

航行河川を拡張するための色々な試みがなされた。 最長のものはウェイブニー川 (River Waveney) のもので、 議会法は 1670 年 3 月 17 日に通過し、これが改良を認可し、 これには ゲルデストン (Geldeston)、 エリングハム (Ellingham) および ワインフォード (Wainford) における水門が含まれた。 航行の開始点はバンゲイ (Bungay) の新しいステイス (staithe) になった。 新しい区間は私的な水路となり、 ヤーマス港 (Yarmouth Haven) と桟橋委員会 (Pier Commissioners) によって制御されておらず、 彼らはブロードランドのそれ以外の川の責任を負っていた。 これは 1934 年まで使用され続け、上流の 2 つの水門は導水路 (sluice) で置き換えられ、 ゲルデストン水門 (Geldeston lock) は遺棄されたが、環境庁は地元の地主と交渉して、 カヌーと動力の無い船の利用の許可を求め、 これらは水門の周りを陸送 (ポーテッジ、portage) した。

訳注
石炭ステイス (staithe) に関しては キールメン石炭ステイスに記述がある。

次の試みはバー川 (River Bure) の航行をコルティスホール (Coltishall) からアイルシャム (Aylsham) にまで 拡張することであり、 これは 1773 年 4 月 7 日の議会法で認可された。 5 つの水門が建設され、 コルティスホール (Coltishall)、 オックスニード・ラマス (Oxnead Lamas)、 オックスニード (Oxnead)、 バーフ (Burgh) 及びアイルシャム (Aylsham) のミル (水車) をバイバスした。 建設中に資金的困難があったが、工事はまもなく完了し、 1779 年 10 月に開通した。 アイルシャムでは 1 マイル (1.6 km) の掘割 (cut) が川から終点のベイシンまで建設され、 ベイシンには倉庫が建設された。 1879 年の鉄道の到来にもかかわらず、物資は 1912 年まで ハシケによりアイルシャムまで運ばれ続け、1912 年に洪水が水門をひどく損傷した。 修理するための資金繰りをすることができず、 委員 (commissioner) はコルティスホール上流の 9 マイル (14 km) 区間を閉鎖した。 もっとも、これは 1928 年まで公式には見捨てられなかった。 全ての水門は遺棄されたが、 コースはまだカヌーと軽船舶で利用され、これらは水門の周りをポーテッジ (陸送、portage) した。

第 3 の試みはアント川 (River Ant) をディラム (Dilham) からアンティンガム (Antingham) まで航行可能とすることであった。 議会法が 1812 年 5 月 5 日に獲得され、ノース・ワルサム & ディラム運河 (North Walsham & Dilham Canal) を認可したが、建設工事は 1825 年 4 月まで開始しなかった。 運河は本当の運河で川床を利用せず、建設は 6 基の水門と共に 1826 年に完成した。 これは長さ 83/4 マイル (14.1 km)、水門は 58 フィート (18 m) 水位を持ち上げた。 運河はエドワード・プレス (Edward Press) と呼ばれる水車屋 (miller) に £600 で売却されたが、 主事務員が大半の金と共に姿をくらまし、回収されなかった。 1893 年に、スワフィールド水門 (Swafield locks) からアンティンガム (Antingham) への区間は見捨てられ、 下流区間は 1912 年の洪水で被害を受けた。 1920 年代にこれを改良するための少々の改良がされたが、 最後の商用交通は 1934 年にこれを利用し、それ以後、次第に遺棄された。 スワフィールドへの公共の航行権はまだあり、これを再開通するための運動がある。

1814 年に、ノリッジ (Norwich) の商人はノリッジと北海の間のルートを改良する計画を始めて 提案した。 というのはブレイドン・ウォーター (Breydon Water) が極めて浅かったので、 トレード船舶に困難さを生じ、 グレート・ヤーマスにおける積み替え中の組織的な窃盗があった。 1820 年に 18 名が物資の窃盗、1 名がその受領で有罪となった。 当初の計画はブレイドン・ウォーター (Breydon Water) の南の端沿いに深い水路を浚渫することであったが、 この計画にはヤーマスの人々の反対があった。 もっと高価な計画は、 ヤー川 (River Yare) とウェイブニー川 (River Waveney) を接続する新しい掘割 (cut) とオールトン・ブロード (Oulton Broad) とロシング湖 (Lake Lothing) の間の水路 -- ここでは海水門が必要 -- が関連し、 これもヤーマスの人々の反対があったが、議会の法案の基礎になった。 議会法は 1827 年 5 月 28 日に通過し、 ノリッジ・ローストフト水路会社 (Norwich and Lowestoft Navigation Company) が創設され、 ヤー川 (River Yare) とオールトン・ダイク (オールトン運河、Oulton Dyke) の建設と浚渫の工事が 1833 年に完成した。 £100,000 の当初の資本は不十分で更に £50,000 を 大蔵省証券貸付委員会 (Exchequer Bill Loan Commission) から借りた。ベンチャー (venture) は商的に成功ではなく、 支出が収入を上回り、会社は借金を返済できなかった。 ハディスコー掘割 (Haddiscoe cut) は 1842 年に委員 (commissioners) に引き継がれ、 鉄道開発業者のサー・サミュエル・モートン・ピート (Sir Samuel Morton Peto) に売却された。

リクリエーション

ブローズは 19 世紀後半以来、ボートの休日の目的地であった。 1878 年には小さなヨットを John Loynes から借りることができ、 この場所にはロンドンから鉄道で簡単にいくことができたから、 ハリー・ブレイク (Harry Blake) は 1908 年にヨットの休日の取次店 (agency) になった。 最初のボートはロックスハム (Wroxham) のボート製造業者アーネスト・コリンズ (Ernest Collins) が所有していたが、他のボートヤード (ボート製造所、boatyard) が事業に加わった。 ボートの種類が拡張され、1930 年代に動力クルーザーも含まれ、 取次店の Hoseasons が第二次世界大戦後すぐに設立された。 1980 年代までに、レンタルできるクルーザーの数は 2,400 隻になったが、 2004 年までに 1,700 隻ぐらいまでに減少した。 保守上の理由から、すべての船舶に厳密な速度制限が課せられ、 川の堤防を侵食する波を減少している。 速度制限は大半のレンタル船舶に組み込まれている。

ブローズは 19 世紀末以来、ヨット・レースの重要な中心でもあり、 ボートのデザインは幾つかの革新的なデザインを含み、 これにはショート・フィン・キール (short fin keel) と分離ラダー (separate rudder) が含まれる。 デザインはまもなく 1960 年代から、 海洋ヨット (seagoing yacht) に利用された。

水路には水門がない、 しかし小さなクルーザーや小さなボートしか通過できない 5 つの橋がある。 この地域は色々な訪問客を引き寄せ、これには散策する人、 芸術家、釣り人、野鳥観察する人、更には 「ボートに夢中になっている人」 は 言うまでもない。 レジャー用にボートをハイヤーする幾つかの企業があり、 これにはヨットとモーター・ボート (motor launch) のどちらもある。 ノーフォーク・ハシケ (Norfolk wherry) -- この地域の伝統的な貨物船 -- は今でもブローズで見ることができ、 幾つかの種類は保存され、復元されている。

Ted Ellise は地元の自然主義者で、ザ・ブローズのことを 「魂をいやす、休息の場所」 と呼んでいる。

多くの種類のボートがザ・ブローズに見られ、 エドワード時代のトレードハシケから最新式の電動ボートあるいは 太陽電池ボートまである。 ザ・ブローズ機関は持続可能なボート乗りを奨励し、 電動ボートの使用は機関により提供されている係留場所の幾つかで充電場所の提供により奨励されている。

地理

ブローズは大まかにはこの地域の川と自然の水路の線に従っている。 7 つの川があり、 ヤー川 (River Yare) とその (直接あるいは間接の) 支流である バー川 (River Bure)、 サーン川 (River Thurne)、 アント川 (River Ant)、 ウェイブニー川 (River Waveney)、 チェット川 (River Chet)、 及び ウェンサム川 (River Wensum) がある。 いずれの川にも、もはや操作可能な水門がない (但し、オールトン・ブロード (Oulton Broad) のマットフォード水門 (Mutford Lock) を除く。 これはサフォークのローストフト (Lowestoft) の塩水のロシング湖 (Lake Lothing) に接続している)、 しかし、水路すべては潮汐の影響を受ける。 潮汐範囲は海からの距離と共に減少し、 ブレイドン・ウォーター (Breydon Water) のようなひどい潮汐地域は バートン・ブロード (Barton Broad) の上流のアント川の事実上潮汐の影響を受けない地域と比較される。

ヤー川とウェイブニー川が
合流してブレイドン・ウォーター
になる地点
ノーフォーク・ブローズのヨット

ブローズは均等に分布していない、 ブロードランドの北半分 (バー川、サーン川、及びアント川) には 中央と南部 (ヤー川、ウェイブニー川、チェット川、及びウェンサム川) より、 はるかに多くのブローズがある。 個々のブローズは川のすぐ上にあるか、 あるいはもっとよくあることであるが、川の一方の側にあり、人工水路で川に接続されている。

川の自然な水路と、古代の、しかし人工のブローズの上に、 更にもう一つの最近の航行運河 -- 水門の無いハディスコー掘割 (Haddiscoe Cut) -- があり、 これはヤー川 (River Yare) とウェイブニー川 (River Waveney) を接続し、 ボートがブレイドン・ウォーターをバイパスすることを可能にしている。

海に至る第二の航行接続 -- ウェイブニー川とオールトン・ブロードを経由 -- もある。 オールトン・ブロードはザ・ブローズの潮汐システムの一部であるが、 ロシング湖 (Lake Lothing) に直ちに隣接し、 この湖がローストフトの港の役目をし、北海に接続している。 オールトン・ブロードとロシング湖はマットフォード水門で接続されている。 この水門はザ・ブローズにおける唯一の水門で、 2 つの湖の異なる潮汐範囲と周期により必要である。

以下の一覧で、 ブローズの名称は、町と村の名称と区別するために太字である。 [訳注:ブローズ名と同名の町や村があるため。]
バー川 (River Bure)

バー川はヤー川 (River Yare) の支流で、ノーフォークの アイルシャム (Aylsham) に源流があり、Breydon Water のすぐ下流で、ヤー川に合流する。 その道筋で、川は以下を通過する:

サーン川 (Thurne)

サーン川はバーン川の支流である。 これはマーサム・ブロード (Martham Broad) の近くに源流があり、 およそ 6 マイル (9.7 km) を流れて、 サーン合流口 (Thurne Mouth) に到達し、ここでバーン川に合流する。 これは広く開放され、風が吹き、 その道筋で次を通り抜けるか、そばを通る:

アント川 (River Ant)

アント川はバー川の支流である。 源流はアンティンガムにあって、 セント・べネッツ・アビー (St. Benet's Abbey) でバー川に合流する。 この川は曲がりくねって、狭く、その途上で以下を通るか、そばを通過する:

ヤー川 (River Yare)

ヤー川はデアハム (Dereham) の南に源流があり、ノリッジ市 (Norwich) の 南側の縁を通り抜けて、Breydon Water を通り抜けて、 グレート・ヤーマスとゴーレストン (Gorleston) の間で 海に流れ込む。 その道筋で次を通り抜ける:

チェット川 (River Chet)

チェット川はヤー川の支流である。 これは以下を通り抜けて、あるいは以下のそばを流れる。

ウェイブニー川 (River Waveney)

ウェイブニー川はヤー川の支流で、ブレイトン・ウォーター (Breyton Water) のすぐ上流で、 この川に接続している。 これは以下を通り抜けるか、そばを通って流れる:

ウェンサム川 (River Wensum)

ウェンサム川の源流はノーフォーク北西のフェイクナム (Fakenham) の近くにあり、 南西に流れてノリッジ市の中心を通り、市のすぐ東でヤー川に接続する。 ウェンサム川はその合流点で 2 つの川のより大きな方であるが、 これはヤー川の支流とみなされている。 川の航行可能区間は完全に都会で、ノリッジの中心からノリッジ大聖堂を通り過ぎて、 ヤー川との合流点まで走っている。

トリニティ・ブローズ (Trinity Broads)

トリニティ・ブローズは一般的規則の例外であり、 これらは互いに接続されているが、これ以外のブローズへの航行可能な接続がない。 ブローズは:

農業と下水からの富栄養化

富栄養化はブローズの巨大な問題である。 1950 年代と 1960 年代の農業の慣行と下水の放出はブローズに 高レベルのリンとチッソを排出し、富栄養化を引き起こした。 水の華 (algal bloom) は有毒で、人間と野生生物に健康の危険を引き起こした。 植物の大量腐敗は酸素を奪い、魚資源に被害を与え、 リクリエーション用の釣りを妨げた。 富栄養化水域に、より大きな植物とアシ原がないため、 堤防の浸食と湖底の沈殿物の蓄積が増加した。

これは航行の邪魔になり、取り除くために高価な浚渫を必要とした。 この地域の美しさは富栄養化により被害を受け、これは観光産業に有害である。 ザ・ブローズ機関と環境庁は問題が 1965 年に特定されて以来、 ザ・ブローズをもっと自然な状態に戻すために働いてきた。

ザ・ブローズにおける富栄養化を逆にする最初の段階はリンの流入を減少させることである。 硝酸塩の流入の減少は類似の効果があるが、硝酸塩の比較的高度な溶融性により、 これは制御が困難である。 処理済みの下水の放出がザ・ブローズの水中の主要なリンの源泉であると理解された。 鉄の化合物が使用され、バートン・ブロードの上流のすべての 9 ヶ所の下水処理場の 処理下水からリンを沈殿させ、当初の下水排出のリンのレベルを 90% 削減した。 高レベルのリンが水路の底に沈殿物として残る可能性があり、 源泉が削除されても、溶融レベルの減少が妨げられた。 吸引浚渫がザ・ブローズ中で実施され、水路を深くすると同時に、リンが豊富な 泥を取り除いた。 ドロの下の固められた泥炭が安定化しなければ、泥炭は緩み、同様な割合でリンを解放する。 従って、川床を安定化する、より大きな水草の成長が変遷を完成するのに必要となる。

栄養レベルが減少しても、藻は支配的な傾向があり、 光を遮断して、水路の床に食物が育つ妨げとなる。 食物連鎖の操作 -- 生態系操作 (biomanipulation) と呼ばれる手順 -- により、藻は取り除くことができる。 動物プランクトンが増殖するように、 幾つかのブローズからプランクトンを食べる魚の大半を取り除き、通常は電気漁法によった。 処理が成功するためには、このような魚をおよそ 75% 程度取り除かなければならない。 この結果起きる動物プランクトンの爆発的増加により、ほとんどすべての藻が食べられ、きれいな水になる。 植物はきれいになった水路で再び自然にコロニーを作ることが許される。 植物の成長が川床を安定化し、リンの解放を減少する。 植物自身の栄養摂取が藻に利用可能な栄養を削減する。 より大きな植物は パイク (pike) のような肉食 (predatory) の魚にとって都合の良い環境となり、 プランクトンを食べる魚を食べ、これらの数をコントロールし続ける。 これらの効果は安定した生態系を作る傾向があり、 丈が低い (low growing) 水中植物が支配的となる。

生態系

ザ・ブローズは英国最大の湿地帯で、豊かな鳥の住処である。 ここで見られる種類には: マガモ (mallard), オオバン (coot), バン (moorhen), カンムリカイツブリ (great crested grebe), ハイイロガン (greylag goose), カナダガン (Canada goose), エジプトガン (Egyptian goose), アオサギ (grey heron), marsh harrier, カワウ (cormorant), チョウゲンボウ (kestrel), ハイタカ (sparrowhawk) 及び サンカノゴイ (bittern). 珍しい Cetti's warbler はブローズで繁殖し、 繁殖する クロヅル (common crane) はこの地域で見られる。

訳注
marsh harrier はヨーロッパチュウヒと思われるが、 多くのインターネット上の辞書の類ででたらめになっている。

珍しい昆虫には、 ノーフォーク・フォーカー (Norfolk hawker) -- トンボの一種 -- と キアゲハ (Old World swallowtail butterfly) がいる。

ブローズの幾つかは フェンズ -- アシと カヤツリグサ科 -- で囲まれている、 ブローズのノーフォーク・アシは 草ぶき屋根 (thatching house) の伝統的な材料である。