ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Hardings Wood Junction - Wikipedia
ハーディングス・ウッド・ジャンクション
(Hardings Wood Junction)

ハーディングス・ウッド・ジャンクションは 英国スタッフォードシャー州のキブスグローブ (Kidsgrove) の近くにある運河ジャンクション (canal junction) で、 マックルズフィールド運河 (あるいは歴史的にはホール・グリーン支線) が トレント・マージー運河と接続する場所である。 これは 1831 年に開通した。


平行な 2 つの水門の間の島から見たジャンクション
トレント・マージー運河はカメラの両側と前方
マックルズ運河は (右奥の) サイド・ブリッジから開始
訳注
水門は横に 2 つ並んでおり、ヘアキャッスル・トンネルに近い方の水門からトンネルの方向を見た写真。 前方に見える橋は鉄道橋。
  1. 歴史
  2. 場所
歴史

トレント・マージー運河は 1766 年の議会法により認可され、直ちに工事が開始した。 トレント川のシャードロウ (Shardlow) から 40 基の水門により上昇した後で、 93 マイル (150 km) の運河の短い頂上区間があり、 この区間の大半は 2,897 ヤード (2,649m) のヘアキャッスル・トンネルが占め、 その後 36 基の水門を降下した後で、プレストン・ブルックに到達し、 ブリッジウォーター運河に至る。この運河は 1777 年に完成した。

開通以来、マックルズフィールドを通過する運河の計画があったが、 1824 年に至るまではっきりとした行動がとられなかった。 トーマス・テルフォードが 1825 年に測量し、 1826 年に議会法が獲得された。 運河はテルフォードのデザインによるものであったが、 彼は工事を監督することはなく、これをしたのはウィリアム・クロスレイ (William Crosley) であった。 同時期にブリンドリー (Brindley) によって建設されたヘアキャッスル・トンネルが沈下し続けており、 テルフォードの新しいトンネルが 1823 年に認可された。このトンネルは古いトンネルよりも 大きく、曳船道を組み込むトンネルになることになっていた。 新しいトンネルはわずかに長く、 2,926 ヤード (2,676m) であったが、 2 年ちょっとで完成し、1827 年 3 月 16 日に開通した。 トレント・マージー運河は限りある水資源がマックルズフィールド運河に 失われないことを確実とすることに熱を上げ、 1827 年に議会法を獲得し、これによりホール・グリーンの停止水門までの (マックルズフィールド運河の) 最初の 1.5 マイル (2.4km) を建設する権限を得た。 トレント・マージー運河はマックルズフィールド運河の水位がトレント・マージー運河の区間 -- ホール・グリーン支線 -- の水位よりも 1 フィート (0.30m) 高いことを要求した。 これにより、水はマックルズフィールド運河から流れ込むことになり、 その逆になることはなかった。 運河、従ってジャンクションは 1831 年に開通した。

訳注
ホール・グリーン支線によれば、 ホール・グリーン停止水門はとちらの運河の水位が高くてもよいように作られていたので、 トレント・マージー運河の水位が上下したと思われる。
場所

ジャンクションはヘアキャッスル・トンネルの北の出口に近い所にある。 トレント・マージー運河はトンネルを抜けた後で、西に向かい、 ホール・グリーン支線は最初は南に曲がる。 次にきつく右に向き、本線に平行に走る。本線は 2 基の水門で降下する。 支線は次に再びきつく右に向きを変え、本線を水道橋で横断する。 マックルズフィールド運河は停止水門からマープル・ジャンクションまで 26.1 マイル (42.0 km) の長さがあり、停止水門から 9 マイル (14 km) の 所にある 12 層の連続水門に至る。 どちらの運河も現在はブリティッシュ・ウォーターウェイズにより管理されているため、 ホール・グリーン支線は通常はマックルズフィールド運河の 1 部分と見なされる。 トレント・マージー運河の頂上区間は 5.5 マイル (8.9 km) の長さで、 ジャンクションに近い水門 41 で終了する。 南の方では、頂上区間の反対側の端は水門 40 で、エトルリア・ジャンクションのすぐ 後である。このジャンクションではカルドン運河が本線に接続している。