ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Hall Green Branch - Wikipedia
ホール・グリーン支線 (Hall Green Branch)

トレント・マージー運河のホール・グリーン支線は英国チェシャー州東部の運河である。 運河はキブスグローヴ (Kidsgrove) からホール・グリーンまでの 1 マイルを走り、 ホール・グリーン停止水門で マックルズフィールド運河と直結している。

元々トレント・マージー運河によって建設されているが、 現代の地図やガイドブックでは往々にしてマックルズフィールド運河の一部と見なされている。

プール水門の水道橋で、運河はトレント・マージー運河の本線を横断し、 更に 0.5 マイル (0.8 km) 先の ハーディングス・ウッド・ジャンクションでトレント・マージー運河と 接続している。 このジャンクションはヘアキャッスル・トンネルの北の出口から、およそ 0.75 マイル (1.2 km) 離れた所にある。

> >
ホール・グリーン支線が
プール水門水道橋で
トレント・マージー運河を横断
ハーディングス・ウッド・ジャンクション
ホール・グリーン支線の南端
(サイド・ブリッジの向こう)
ホール・グリーン停止水門

ホール・グリーン停止水門は、マックルズフィールド運河からトレント・マージー運河にかけて 6 インチ (15 cm) の落差があり、元々は 2 つの隔室が隣り合うように作られ、 どちらの運河の水位が高くてもよいように作られていた。 トレント・マージー運河の頂上区間の堰の水位が永久に下げられてからは第二の隔室は使用されなくなった。 これは、国有化後にヘアキャッスル・トンネルの換気を改善するために行われた。

水門の落差はささいに見えるが、(多くの停止水門と同様に) 使用しないわけにはいかない。 何故ならば、マックルズフィールド運河の最低区間の水位が下がれば喫水の問題が生じるからであり (マックルズフィールド運河は極めて水深が浅い)、 一方トレント・マージー運河の頂上区間の水位を上げると、ヘアキャッスル・トンネルの 換気の問題が生じる。 実の所、ヘアキャッスル・トンネルは沈下し続けており、 堰の水位は更に下げなければならないかもしれない。こうなると、この水門の落差が増大することになる。