ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Ribble Link - Wikipedia

このページの翻訳に次のページの地図を参考にしました。 (Google の地図では、地図が古くて役に立たなかった。)

Ribble Link | Canal & River Trust

リブル・リンク (リブル川接続水路、Ribble Link)

千年紀リブル・リンク (Millenium Ribble Link) は線形親水公園 (Linear Water Park) 且つ水路で、 イングランド、ランカシャーのかっては孤立していたランカスター運河を リブル川に接続するものである。これは 2002 年 7 月に開通した。

3 層階段水門
  1. 歴史
  2. コース
  3. 経費と資金繰り
  4. 背景
  5. '単なる運河' 以上のもの
  6. 訪れるもの
  7. 建設
  8. 操業
歴史

リブル川 (River Ribble) とサビック川 (Savick Brook) の湿地帯 (marshland) はプレストンの北西からの進入を妨げる自然の障害であった。 私的な有料道路と現代の A583 / A584 道路が湿地帯を横断して建設され、 サビック川がもっと内陸を通っていた場合には、 現代の横断点の北東に横断点があり、現在のリー・ゴルフ・コース (Lea Golf Course) の 歩道橋であったと思われる。 1840 年の最初の陸地測量部の地図 (Ordnance map) ではこれはウォズ橋 (Wads Bridge) を呼ばれ、もっと重要なことに浅瀬があった。 このルートは南のリー湿地帯 (Lea Marsh) のセント・キャザリンの井戸 (St. Catherines Well) にも 通じており、巡礼の道であって、古来からのものと示唆される。 湿地と有料道路を避ける北への道は現在ではずっと静かな通りになり、クリフトン村 (Clifton) に通じており、 これはかってはカークハム (Kirkham) と西に至る大通りであった。

運河化以前は、サビック川は浅く、蛇行する水路で川を横断するのは幾つかの場所でずっと易しく、 公式に橋によるものと、非公式に歩いて渡ることがあった。 サビック川には淡水と多くの魚がいたため、地元には重要な資源であり、 歴史的にも、そしてもっと近年に 20 世紀に入ってからもそうであった。

サビック川 (Savick Brook) は恐らくは元々サボック (Savock) と綴り、 地元のリー教区 (parish of Lea) を分離し、 ドゥームズディ (1086 年) の後には 南のノルマン地区リー (あるいはフランス地区リー) (Norman Lea or French Lea) と北のイングランド地区リー (English Lea) に分離されていた。

サビック川はずいぶん遠くの後背地 (hinterland) を排水し、 ペナイン山脈のふもとから排水する多くの川や流れの 1 つである。 実際、湿地帯を横断する新しい有料道路が建設され、 通行料がリー門 (草地門、Lea Gate) で徴収され、これが名称の由来である。 これは、今では A583 ブラックプール道路 (Blackpool Road) のリブル・リンク橋である。 今では通行料は課せられない。

サビック川は、その性質そのものから、 毎年コースを変え、土地の構造により千年以上もコースを変え、隣接する田畑を氾濫原にして氾濫した。

リブル・リンクの建設の一部分として、考古学的評価を実施して、 重要な考古学的遺跡が新しい水路により乱されるか否かを決定した。 評価より見いだされた兆候は水門 8 のそばの古いミル (水車工場) と 畝とみぞ (ridge and furrow) の証拠があり、 (水路の) 建設により部分的に乱されることであった。 かってこの地方の人は、この区画 (field) をミル畑 (Mill Field) と呼んだ。 これが (実施された) 評価がこの地域について述べていることである:

リブル・リンク水路に沿った考古学的可能性の暫定的査定はミル畑 (Mill Field) に関して、 重要な造作 -- 本質的に水車工場 -- の位置が決定できる場所として確認をした。 評価が設立したことは畑 (field) が畝と溝 (ridge and furrow) のシステムのすり減った遺構を 含むことであった。 この造作は畑の中央を覆っている不明瞭ではあるが、認識できる土壌作業場所 (耕作地、earthwork) として部分的に生き延びている。 発掘トレンチの中で発見された溝 (furrow) の遺構は、 畑のシステムが元々は大きな場所であったことを示している。 評価が示すことは、水路の建設が畝と溝 (ridge and furrrow) が土壌作業場所 (耕作地、earthwork) として 生き延びた地域と衝突すべきでない点であった。 しかしながら、畑システムが地表下の造作として生き延びた地域が水路の掘削で影響を受けることになる。 畑システムの東、及び西の境界の場所は (もし存在すれば、建設時に) 位置を示すことは可能かもしれない。
訳注
畝と溝 (ridge and furrow) は犂 (plough) による耕作の結果です。 日本にあったものと同じかどうかは不明。 但し、現在農耕に使用されている畝と溝は基本的にヨーロッパのものと思われる。(農耕機械を使用する。)
「空中撮影」が見せる蛇行、以前の
水路、リブル・リンク建設前の氾濫原
ミル畑、右手にリブル・リンク水門 8

千年紀リブル・リンクの激しい洪水が、2003 年 / 2004 年に起き、水路に土砂がひどく堆積し、 堰を洗い流して、リブル・リンクが航行不可能になった。 ランカスター運河の重要な工事により給水が限定されていた。 皮肉なことに、この場所は補修工事の最中に激しい洪水に曝された。 補修費用は £124,576 であった。

リブル・リンクは £600,000 が浚渫と修理に費やされた後に再び閉鎖された。

千年紀リブル・リンクの堰、異なる水位、2008 年 1 月の高水位と魚道

サビック川はハスラム・パーク (Haslam Park) まで潮汐があることで知られ、 この場所は今では 3 層階段水門の基底部である。

海水の海に注ぐすべての川 (brook) と同様に、サビック川は平らな魚 (flatfish、カレイの類) の繁殖地であった。 他の回遊 (migratory) をする魚は産卵場所に到達するために、サビック川を使用した。

千年紀リブル・リンクには水門が建設され、サビック川の流れを直線化したが元々の蛇行を残し、 各水門に越流堰を建設して、水がサビック川を通り抜けるようにした。 魚道が堰に組み込まれ、魚の通過を可能にしている。

コース

千年紀リブル・リンクに包含される点は、これが 2002 年 7 月に開通した時にほとんど 100 年近くの間に建設された 最初の英国の内陸水路であり、そしてレジャー目的で建設され、商用使用を目的としない最初のものであった。 これは水路である -- ボートは一日おきに一方通行なので運河ではない。 4 マイル (6.4 km) のリンクはかって孤立していたランカスター運河をリブル川に接続している。 リブル川からは、ダグラス川 (River Douglas) とリーズ・リバプール運河の ラフォード支線 (Rufford Branch) を経由して主要航行システムに到達できるが、 この接続は潮と天候に左右される。

訳注
説明が少し間違っている。 パナマ運河は一方通行で、12 時間ごとに一方通行の向きが変化する。 このようになっているのは、どちらにも 階段水門があるためと思われます。 階段水門は一方通行にすると処理が速い。

北からは: 千年紀リブル・リンクの北端にはランカスター運河に隣接・接続されている待機ベイシンがある。 これが彫刻の道の開始点である。 これには 3 層 階段水門と基底部に方向転回ベイシンがあり、 このベイシンにサビック川が東から進入している。 この南に素晴らしいビクトリア時代のハスラム・パーク (Haslam Park、ハスラム公園) があり、 徒歩による旅行であれば訪問する価値がある。 歩行者用通路と自転車道ははっきりと目印が付いている。 リンクそれ自身は元々のサビック川の流れに沿って西に向かっている。

トム・ベンソンウェイ (Tom Benson Way, 道路の名前) の下を通過し、 地方鉄道線の橋のすぐ下を通過してから、リブル・リンクは 堰のついた水門 4 に到達する。 トンプソン・ダグノール (Thompson Dagnall) の彫刻のファイヤ (Fire, 火) がここにある。 水門 4 から水門 5 (水門 5 の北側に堰がある) は静かな公共の公園で、 徒歩もしくは自転車であれば、訪れる価値がある。 水門 4 と水門 5 の間は南側にリブル・リンク開発の一部分である干し草牧草地 (hay meadow) があり、 国の重要性を持つものである。 一般の進入が認められ、歓迎されている。

2009 年、開通 7 年後に
ブリティッシュ・ウォーターウェイズ
は公共の理解のために干し草牧草地
への一般の進入の提供を開始した。
リブル・リンクの彫刻の道の
水門 4 に隣接する 「火の彫刻」、
芸術家トンプソン・ダグノール。

水門 5 はサビック川の蛇行から分離され、その間に新しい運河によって作られた島があり、 水門 5 を通り過ぎるとサビック川が再び合流する。 トンプソン・ダグノール (Thompson Dagnall) の彫刻のエアー (空気、Air) が水門 5 の上空の南にある。

トンプソン・ダグノールによる空気の彫刻、
彫刻の道の一部、公共の通行権である
歩道 70 にあった、2009 年、11 月に撤去

リー・ロード (Lea Road) の下を通過して、リブル・リンクは半分都会地域の氾濫原に入り、 農地が両側に広がる。 これは水門 6 まで続き、水門 6 には堰が付き、次にチューダー・アベニュー橋の下を通る。 左手に地元の市のサッカー・クラブの練習グランド -- プレストン・ノース・エンド・フットボール・クラブ (Preston North End Football Club) -- がある。 右手にはアッシュトン & リー・ゴルフ・クラブ (Ashton and Lea Golf Club) がある。 次に歩道橋 -- 恐らくは古代に起源をもつ -- を通り過ぎて、 水門 7 と堰が見える。 再び、サビック川の蛇行と分離され、リブル・リンクは農地を通り、グーディア橋 (Goodier Bridge) の下を通って、 水門 8 の待機ベイシンに至る。 係留用のポンツーン (floating pontoon) が利用可能である。

水門 8 の後で、水路は潮汐の影響を受ける。 左手にはサビック川の揚水所があり、そのあとに、半古代の森林の林と、 サビック橋の生物学的環境遺産の場所 (Biological Heritage Site) である葦原 (reedbed) がある。 サビック橋は主要 A583 道路にある。 トンプソン・ダグノール (Thompson Dagnall) による彫刻のルーク (からす、Rook) は 北の堤防にとまっているのが見える。これは車で A583 を通っても見ることができる。

発端から、プロジェクトは 「単なるプロジェクト」 をはるかに越えるものであり、 条件には

  1. 共同体のボート
  2. 野外授業
  3. 座る場所
  4. 水門 7 の下流の歩道橋、鳥のための湿地帯の巣 (scrape)
  5. 人々の訪問と楽しめること
  6. 自然な生息地の創設と強化

そして、運河への訪問を改善し、訪問客の体験を強化し、地元共同体への経済的恩恵の増大を提供すること。 この結果、計画には 「千年紀リブル・リンク」 の全長に渡って 「彫刻の道」 が含まれた。

千年紀リブル・リンクは 365 日のうち、およそ 90 日間開放されるのみである; およそ年間で 200 隻のボートが開通以来、リブル・リンクを使用した。

経費と資金繰り

千年紀リブル・リンクは千年紀 (2000 年) を祝うために、建設され、 £654万 の経費のうちで、たった £300万 以上が千年紀委員会からの助成金であった。 残りの £354万 は主に公的な資金であった。

元々、 £370万 と見積もられたが、全建設経費は定期的に増大して £560万 となり、 (正確には 2000 年 8 月には £5,595,138)、 終には £110万 を使いすぎた。 (ブリティッシュ・ウォーターウェイズは使いすぎた部分に向けて £510,000 を寄付した。) 元々 £850,000 は主にランカシャー・ごみ処理会社の埋立の税控除を 125 年間の保守用に割り当てていた。 ウォーターウェイズ・トラストの保守経費のすべては元々の使い過ぎの資金繰りに使用され、 保守の期間が 40 年間に削減された。

リブル・リンクの毎年の浚渫、鳥の繁殖シーズン開始の 4 月/5 月、浚渫したドロを貨車/貨物船に移して処理

ブリティッシュ・ウォーターウェイズは £210万 を保守に使用して、 最初の 5 年間の操業で水路を開放し続けた。 £600,000 以上が 2006 年の冬の保守と浚渫に使用された。

ブリティッシュ・ウォーターウェイズは更に許可を再適用して、 カッター船による吸入浚渫を実施して、 通常のボート・シーズンを通じて、リブル・リンクに持ち込まれた累積するドロを除去することになる。

ウォーターウェイズ・トラストの年間の報告と会計によると、 リブル・リンクの保守の出費は 2005 年 / 2006 年に £22,200、収入は £3,186,521 で、 2006 年 / 2007 年に 出費が £29,000 で、収入は £4,235,471 である。

千年紀リブル・リンクは 365 日のうち、およそ 90 日間開放されるのみで、 従って 270 日間は閉鎖されている。 およそ年間に 200 隻のボートが開通以来、リブル・リンクを使用している。 これは 2003 年 / 2004 年、 2006 年 / 2007 年に浚渫、修理と保守のために閉鎖された。

年間の浚渫費用はよく知られた問題で、 これにより 1981 年 10 月にプレストン・ドックが閉鎖された。

背景

サビック川 / リブル・リンクは環境庁 (Environment Agency) によると、 高い洪水の危険にさらされる場所である。 サビック川の更に上流でも洪水の危険があり、 これは A6 主要道路の東のプレストンのフルウッド (Fulwood) である。 これを後押しする事実はリブル・リンクが 2003 年 / 2004 年 と 2006 年 / 2007 年に 洪水後の保守と修理に閉鎖したことである。

2008 年 1 月、リブル・リンク水門 4 の洪水、
堤防の決壊と水門の越流

プレストン市議会は洪水に関して特別な方針があり、 これによると 『サビック川とシャロワ川 (Sharoe Brook) のどちらの集水域の表面流出の比率も増加してはならない。 というのは、これにより局所洪水が更に下流に起きるからである。環境庁が強調することはレッド・スカー (Red Scar) の産業団地からの流出 が一定のレベルを越えることが無いようにして、 他の地域の洪水の危険を防止することである。』 すなわち サビック川/リブル・リンクは千年紀リブル・リンクの高い洪水危険性を暗示している。

千年紀リブル・リンクは幾つかの地元の計画条件にもさらされ、 採用された地方の計画で 「野生生物の回廊」 と確認されている。

リブル川と サビック川 / リブル・リンクは幾つかの源泉からの放出に曝されており、 その 1 つが近くのスプリングフィールド (Springfield) の核施設である。 ポーツマス大学が確立した点は、 リブル川の河口ではしばしが環境品質標準 (EQS, Environment Quality Standard) の値が、幾つかの金属、ある種の有機物化合物、有機金属化合物 (例えば TBT) で 基準を越えることがある点である。 現在の所、環境庁により 1 ヶ月に 1 度モニタリングが実施されている。 環境庁、 英国食品基準庁 (Food Standards Agency)、 安全衛生庁 (Health and Executive) によって支援される公共版の 「放射線傾向調査 2006」 (Radiological Habits Survey 2006) が利用可能で、 これには 'リクリエーション行動' (recreational activities)、即ち、 ランカシャー州プレストンの近くのウェスティングハウス社の スプリングフィールド核燃料社 (Springfield Fuels Limited) の近くの千年紀リブル・リンクが含まれる。

元々計画された時には、ランカスター運河はルーン川 (River Lune) とリブル川 (River Ribble) を水道橋で横断し、 チョーリー (Chorley) の近くでリーズ・リバプール運河と接続するつもりであった。 ルーン水道橋は建設されたが、リブル水道橋は建設されることがなく、これは運河がプレストンに到達するまでに 建設費が予算を越えていたからである。 運河の接続は、まもなくトラムウェイの接続で交代され、リブル川を木造橋で横断した。 橋はトラムウェイより長持ちし、1960 年代までは取り壊されることがなく、 これは新しい歩道橋で交換され、この橋はコンクリートの梁 (はり) で建設されたが、 見た目が昔の木造構造のようにデザインされていた。 ランカスター運河は、これ以外のイングランドの運河網から孤立したままであった。

サビック川に沿った接続リンクの建設の考えはランカスター運河ボート・クラブのジョン・ウィッタカー (John Whittaker) により 1979 年に 始めて提案された。 考えを売り込むために、リブル・リンク・トラストが 1984 年に設置され、年に一度の一連の航行が実施され、 リーズ・リバプール運河ラフォード支線 (Rufford Branch) のタールトン (Tarleton) で開始し、ダグラス川を下って、 リブル川を遡上し、プレストン・ドックで終了した。 これらの航行は提案されているリンクの意識の向上を促し、運河のボートがこの潮汐区間を困難なく航行できることを実証した。

プレジャー・ボートが千年紀リブル・リンク水路を使用して
運河間を通過する:ランカスター運河、リーズ・リバプール運河

元々の計画ルートはシャロワ川 (Sharoe Brook) とハスラム・パーク (Haslam Park) を利用したが、 土地の所有と許可には随分困難があった。 これらは恒久的な問題のまま残った。開通後 5 年後の 2007 年に、リースはまだ完了していなかった。 ランカスター運河とのジャンクションにはきつい状況で階段水門が必要であり、 元々は川の南に一基の水門を設置して、二層階段水門につながる水道橋で横断することになっていた。 この配置は三層階段水門で交代され、これに転回ベイシンが付き、 階段水門の基底でボートが極端にきつい左カーブを切り抜けることができるようにした。 サビック川の潮汐の理由から、 計画の初期段階でリンクは一方通行にデザインすることが決定された。

常に遅延と挫折があり、一方で経費が増大した。 プロジェクトは更に複雑なものになった。それは 2000 年に以下のことがあったからである。

ブリティッシュ・ウォーターウェイズは現在の責任の範囲にない水路に追加の責任を負うことと、経費を使うことで、 法令上の責任により制約されることになった。 ブリティッシュ・ウォーターウェイズは、関連することがこの原理の範囲内であることを 環境運輸地方省 (Department of Environment Transport and Regions、英国旧組織) に示す必要があった。 ウォーターウェイズ・トラストは新しい組織で、現在の所、絶対的な責任を負う資金や実績がなかった。

プロジェクトが進展しない事と、 千年紀委員会の資金が失われることに多大な懸念があった。 元々の請負業者は多くの不安と手数料に関しての議論から交代された。

建設契約は 2000 年 11 月に土木工事業者のグリーソン (Gleeson) に与えられ、アラップ・ウォーター (Arup Water) が詳細なデザインの責任を負った。 ブリティッシュ・ウォーターウェイズ、 ランカシャー州議会、 リブル・リンク・トラスト、 及び ウォーターウェイズ・トラスト の共同事業が計画の管理に責任を負った。 別会社のリブル・リンク建設・操業会社 (Ribble Link Construction and Operation Limited) が設置された。

'単なる運河' 以上のもの

千年紀委員会は千年紀リブル・リンクを線形親水公園 (Linear Water Park) として資金繰りすることに同意し、これには次が含まれた:

緑化、芸術作品、環境遺産の解釈、歩行・自転車道、生息場所の創設、 自然な地域のような、.... 千年紀のようなもので、単なる 5 マイルの運河ではない。

千年紀委員会から千年紀リブル・リンクの地元共同体で教育用に使用する共同体ボート の £75,000 の資金で旅行ボートの購入が可能となり、 船を一新するためにナントウィッチ運河センター (Nantwich Canal Center) に運び、 車イスで使用できるようにした。 船は '千年紀スウィフト・シュア' (Millennium Swiftsure) と命名された、 この名前は 19 世紀の郵便船 (packet boat) に由来し、 郵便船は鉄道の到来後も長年にわたってランカスター運河を走っていた元々の乗客輸送船の一部分であった。 千年紀スウィフト・シュアはその後千年紀リブル・リンクでは使用されずに、 ランカスターに移動されて水上タクシー (water taxi) として使用されている。

開発中には '魚釣り' が見られ、計画の受益者として奨励された。 というのは魚釣りは伝統的なサビック川の気晴らしであったからである。 千年紀リブル・リンクは魚釣りが許可されていない英国で非常に少ない水路の 1 つである。 ブリティッシュ・ウォーターウェイズは千年紀リブル・リンクで魚釣りを許可していない。

リブル・リンクが建設される前のサビック川の魚釣り、
現在では、千年紀リブル・リンクでは魚釣りは許可されていない。

LWS ランカシャー環境資金 -- "寄付 (£250,000) は提案のより広い公共の快適環境 (amenity) の要素 -- 例えば、一般の訪問と自然の生息域の強化 -- を支援するもので" ... "資金の支援を認めること (どのような .... 適切な文書であれ 「LWS ランカシャー環境資金」の完全タイトルを使用すること)"

千年紀委員会は向上と喜びのために訪問客のイスに £3,300 を寄付し、リサイクルした材料で依頼し、 2007 年に設置した。 ランカスター州議会は £80,000 を寄付して、千年紀リブル・リンクの部分に沿って、 テューダー・アベニュー (Tudor Avenue) からランカスター運河まで、 自転車道を舗装し、国内自転車道に接続した。

リブル・リンクのイス リブル・リンクの自転車道 学校生徒が干し草牧草地
を横断して帰路を楽しむ。

重要な土地の一郭、伝統的な干し草牧草地 (hay meadow) が、 サビック道 (Savick Way) の両側でサビック川に隣接して水門 4 と 5 の間にある部分が、 「国、州、地方の重要性」 を持つ MG4 分類と確認された。

訳注
MG4 は英国の NVC (National Vegetation Classification, 国内植生分類) による分類で、 mesotrophic grassland communities の 1 つ。

千年紀委員会は干し草牧草地 (hay meadow) の公共の喜びと向上のために £30,000 の助成金を提供した。

(千年紀) 委員会は向上プロジェクトの干し草牧草地の操業と将来の保守にかかわるすべての側面に満足することになる。 どのような向上プロジェクトの助成金の公表以前に、献身的な行動がプレストン・バラ議会により提供され、 委員会の満足する所である。

ブリティッシュ・ウォーターウェイズは £30,000 の助成金を使用して、周囲の垣根を交換し、 リサイクルした資材の垣根にした。 修理は、浚渫車両の進入が必要とされる箇所で、伝統的な木材を使用して実施された。

公共の通行権、 リー・ロード (Lea Road) からの歩道 70 (Footpath 70) はリブル・リンクに隣接し、 干し草牧草地 (hay meadow) を横断し、ある時期には鉄道軌道の下を通っていたが、 トム・ベンソン・ウェイが建設され、トンネルが囲まれた時に鉄道軌道の西で終了した。

元々、野外授業は開発の一部で、千年紀リブル・リンクに沿っていたが。 干し草牧草地 (hay meadow) を組み込んだ。これはその後、修正されて、 周囲の垣根を移動して、地元の小学校のグランドの中に含まれた。 "リンクの創設はボート社会の唯一の目的ではなく、 地元社会の強い願望に合致するための余分な次元を追加するためにも作られた。"

アシュトン小学校の野外授業が呼び物にするのは 3 つの彫られた木造のベンチと、運河の野生生物を生徒に語る展示板である。

近くに作られた干し草牧草地は野生生物と昆虫の天国を提供するであろう。

訪れるもの

リブル千年紀リンクはワルトン飛行場 (Warton Aerodrome、小型) の飛行経路の 下にあり、民間飛行機や軍事飛行機が上空を通過するのを見る時がある。 時にはとても騒々しい。

バンデッド・デモイゼル (Banded Demoiselle) はイトトンボ (damselfly) の中で最も大きく、最もカラフルなもので、長いことクエルデン・バレー・パーク (Cuerden Valley Park) のものとして知られていた。 長年、この場所がランカシャーで唯一の生息場所と思われた。 しかしながら、1990 年代末に生息場所が随分広がった。 昆虫は 1997 年にプレストンの西のサビック川に到達し、 1999 年までに、そこに完全に定着した。 1998 年に、これはプレストンの北のランカスター運河で記録され、 リーズ・リバプール運河のウィズネル・フォールド (Withnell Fold) でも記録された。

訳注
バンデッド・デモイゼル (Banded Demoiselle) の写真。

年に一度のリブル・リンクの浚渫はこれらの昆虫に影響を与えるかもしれない。

千年紀リブル・リンクは見て、楽しむことがいっぱいあり、 これには動植物 (flora and fauna) があり、多くの異なる蝶が含まれる。

建設

地上の障害撤去は 2001 年の 2 月と 3 月に始まり、 水路の下端部を建設するつもりであったが、 2001 年 5 月の口蹄疫の勃発により、周辺の農地はすべて進入が禁止され、 水路の上端部から工事を開始する以外の選択肢がなかった。 工事は水門 5 で開始され、水門 4 が続いた。どちらも蛇行部の横の 水の無い地面に建設された。 デザインにより連結した 4 列の鋼の杭が地面に打ち込まれ、 不快な騒音を最小にするために振動杭打機を使用した、 通常は杭打ハンマーの動作に不快な騒音が結びついているからであった。 内側の 2 列は水門の壁を作り、一方外側の 2 列は結合棒により 内側に結合されて支え (anchorage) を提供した。 次に内側の組の間が掘削されて、水門の隔室が作られた。 階段水門の建設がすぐ後に始まり、 これはかって機械で建設された最初の階段水門である。 杭の外形を正確にするために、新しい技術が必要となり、 これはプロジェクトで開発された。 口蹄疫の制約は 2001 年 7 月に解除され、下端区間の工事を開始できた。

環境庁はリブル・リンクをプレストン北西の洪水排水路として使用し、しばしば氾濫し、
ボート交通が制限され、操作日が条件が良い場合の年間 90 日程度に制限されている。
リブル・リンクはこれまでに £850万 以上の経費がかかった。

2001 年 8 月に、幾つかのきつい屈曲部に懸念があり、 長さ 70 フィート (21 m) の棒による試行から、屈曲部の幾つかは配置をし直す必要があった。 水路は、すべての水門のそばの巨大な堰が 50 年に 1 度の洪水レベルを対処するようにデザインされていたが、 建設される前に、8 月末の長引いた豪雨により広範囲の洪水となり、新しく建設された 堤防に重大な被害を引き起こし、堤防が水路に流された。 第 2 の洪水が 9 月中頃に起き、10 月 8 日に 3 回目があり、 このどれによっても、工事をやり直さなければならなかった。 水門 6 は川の上に建設された唯一の水門で、従って、 最初の杭打ちが完成するまで、水を現場からパイプで迂回しなければならなかった。

水門のゲートはブリティッシュ・ウォーターウェイズのノースウィッチ (Northwich) 工場で 建造され、最初に装着されたのは、2001 年 10 月末に水門 5 の上流ゲートであった。 この年の終わりまでに、階段水門の中間のゲートが装着され、 水門 4 のものも同様で、 潮汐水門の場所の周りに 囲い堰 (coffer dam) の工事が開始した。 1 月に階段水門の下の鉄道橋 (の下) を通り抜ける歩道の建設が開始されたが、 1 月 28 日に、現場の下の部分の多くが例外的に高い潮により洪水となった。 しかし被害はほとんどなかった。 ゴルフ・クラブへの進入には新しい橋を設置することが必要であった。 そこで、あらかじめ作った波型をつけた鋼のパネルから構成された チューブが堤防で建設されて、クレーンで水路に下げられた。

千年紀リブル・リンクが建設中 -- きつい屈曲部、建設中の水門、
あらかじめ作られた橋が定位置に降ろされるのを待っている。

このテクニックはロッチデール運河で始めて使用された。 もっとも、この場合はパネルはイタリア製であった。 というのは英国の工場ではこのような曲面パネル (radiused panel) を製造できなかったからである。

運河の開始部分で接続ベイシン入口を越えるランカスター運河の 曳舟道を通す橋は 3 月 26 日に オランダから現場に到着した。 しかし、トラックが現場に十分に近接することができず、4 月 3 日まで装着できなかった。 更に下流区間の洪水が、強い雨と春の高い潮により、4 月 29 日に発生し、 再び工事に重大な被害を引き起こした。

2002 年 6 月に囲い堰 (coffer dam) は回転扇型ゲート (rotating sector gate) の 周りから取り除かれ、そして水路に最初の船舶が登場した、 この時、ブリティッシュ・ウォーターウェイズの保守ボートがランカスター運河から 階段水門の上の接続ベイシンに進入した。 何隻かのボートが 2002 年 7 月に、 水門と機械の試運転を補助するために水路を横断した。 ボートはすべてリブル・リンク・トラストのメンバーにより所有され、 プレストン・ドックスからランカスター運河まで移動した。 ドックの出口の油圧旋回橋の問題から、ボートが出発するのに予定より 2 時間遅れたが、非常に高い潮により確実になって点は、 すべてのボートは水位が下がる前に扇型ゲートを何とかして通り抜けたことである。 公的な開通は 2002 年 9 月 20 日に実施され、 この時、 環境・食糧・農村地域省 (Environment, Food and Rural Affairs) 大臣であった マーガレット・ベケット (Rt. Hon. Margaret Beckett) が水路の開通を宣言した。

リブル・リンクは 2006 年に閉鎖され、 ブリティッシュ・ウォーターウェイズは穴の見かけから、 最後の区間は危険すぎて、自身のスタッフのためにも、ボートノリのためにも操作できないとのことであった。 2006 年 - 2007 年の冬に隔室の後方の浚渫と穴埋めの後に、リンクは 2007 年 4 月 6 日に再開通した。

操業

千年紀リブル・リンクはプレストン市の北西のサビック川の運河化に沿って走り、 サビック川は 3 層階段水門に至るまで、潮汐の影響を受けていたが、現在は下流区間に限られている。 水路は直線化・拡幅がされ、最大幅が 10.5 フィート (3.2 m) のボートによる航行が可能となっている。 川の 1 つの堤防はアシの草むら (reed edge) のまま残されて、野生生物への妨害を最小にとどめ、 営巣する ショウドウツバメ (sand martin) により使用される砂の崖を土木工事の一部として取り除かなければならない時には 人工の砂の崖が設置された。 ボートによる使用に付け加え、プロジェクトの主な目的は、歩く人、自転車、魚釣り (上の解説を見よ。魚釣りは千年紀リブル・リンクでは許可されていない) によって楽しんで使用される造作を作ることであった。 そのような使用に興味を加えるために、彫刻の道が作られ、 開発の全長を走り、幾つかの彫刻が展示されている。 ランカスター運河に隣接して、「リップル川を計る」 (Gauging the Ripple) と題されたものが、芸術家のトンプソン・ダグノール (Thompson Dagnall) により委任されて作られている。 「リップル川を計る」 は構造的な完全性が欠如し、取り除かねばならなかった。

トンプソン・ダグノールによる
「リップル川を計る」は 2008 年に
取り除かれた 3 層階段水門の
彫刻の道の一部であった。
ブリティッシュ・ウォーターウェイズ
のスタッフがしばしば身近にいて、
通過を助ける。
運河がリブル川に合流する直前
の回転扇型ゲート

リンクは全長を移動しようとするボートにとっては季節的なもので、 通常は 4 月から 10 月中旬まで開いている。 この時でさえ、リンクは限定された日にのみ利用可能であり、 この期間に全体でおよそ 90 日間利用可能で、天候状態により左右される。 リンクの通過はブリティッシュ・ウォーターウェイズに連絡して、事前の予約が必要で、 リンクは連続する日に交互通行で操業する。 リブル・リンクの終点の海水門とランカスター運河の終点の 3 層階段水門には ブリティッシュ・ウォーターウェイズのスタッフが詰めているが、一方それ以外の水門は無人で、 ボートの乗員が操作する。

もしも完全ボート免許証 (full boat licence) があれば、 千年紀リブル・リンクを使用するのに料金は不必要である。 賃貸のプレジャー・ボート (pleasure craft) は通過ごと (片道) に £60 課金される。 千年紀リブル・リンク船長ガイド (Millennium Ribble Link Skippers Guide) がブリティッシュ・ウォーターウェイズで利用可能で、通常はホームページで利用可能である。 リブル川の横断は木の弱い人のものでなく、 パイロット (水先案内人、pilot) がタールトン (Tarleton) で利用可能である。 リブル川に至るサビック川運河は大規模な遠征で、もっと冒険的なボートの所有者によってのみ使用される。

リブルリンクは、ランカスター運河を開始して、次の手段でおよそ 59 フィート (18 m) を降下する: