ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Chesterfield Canal - Wikipedia

チェスターフィールド運河は全部が復元できているわけではありませんが、 地図を描いてみました:

チェスターフィールド運河の地図
チェスターフィールド運河
(Chesterfield Canal)

チェスターフィールド運河はイングランドの北にあり、 地元ではクックー・ダイク (カッコウ水路、Cuckoo Dyke) と呼ばれている。 運河は 1777 年に開通し、ノッチンガムシャー州のウェスト・ストックウィズ (West Stockwith) のトレント川から 46 マイル (74 km) を走り、 ダービーシャー州のチェスターフィールドに至っている。 運河は現在の所サウスヨークシャー州のロザラムの近くのキヴァートン公園 (Kiverton Park) までのみが航行可能で、これに加えチェスターフィールドの近くの孤立区間が航行可能である。

運河の建設目的はダービーシャーから石炭、石灰、鉛を搬出し、 チェスターフィールドから鉄を搬出し、小麦、モミ板、材木、食料雑貨をダービーシャー に搬入することであった。 ウェストミンスター宮殿の石材はロザラムのノース・アンストン (North Anston) の石切り場で切り出され、この運河によって運搬された。

  1. 建設
  2. 特異なナロウ・ボート
  3. ノーウッド・トンネル
  4. ドレイクホールズ・トンネル
  5. ホリングウッド・コモン・トンネル
  6. 復元
  7. 北への新しい接続
  8. 開発
建設

運河のルートはジェームス・ブリンドリーとジョン・バーリー (John Varley) により測量されて、建設コストが 94,909ポンド 17 シリングと見積もられた。 ブリンドリーは 1769 年の 8 月 24 日のワークソップ (Worksop) における会合で 彼の提案を提示した。 投資家はジョン・グランディー (John Grundy) に 2 回目の測量を実施するように依頼した。 彼は少々短いコースを提案し、 ストックウィズから直線でバウトリー (Bawtry) に至り、 次にスクロービー (Scrooby)、 ブライス (Blyth) そしてカールトン (Carlton) の そばを通り、ブリンドリーのルートにシャー・オークス (Shire Oaks) で合流する。 グランディーのルートは 51/2 マイル (8.9 km) 短く、 コストは 71,479ポンド 6シリング 91/2 ペンスと見積もられた。 グランティーのルートは随分と安かったが、 これを実現するためにワークソップとレットフォード (Retford) を通らなかった。 投資家はブリンドリー案の方がよいと決定した。 嘆願が議会に提出され、 1771 年 3 月 28 日に議会法は王室の同意を得た。 議会法の表題は「ダービー州のチェスターフィールドから、 ワークソップ、レットフォードを通り抜け、もしくはそばを通り、 ノッチンガムシャー州のストックウィズで、もしくはその近くで トレント川と合流するための航行可能な掘割、もしくは運河を 建設するための法律」であった。

発起人は 174 名からなり、その中にはデボンシャー公爵 (the Duke of Devonshire)、 ニューキャッスル公爵 (the Duke of Newcastle)、スカースデール卿 (Lord Scarsdale)、 ヨーク首席司祭 (the Dean of York)、サー・セシル・レイ (Sir Cecil Wray) がいた。 彼らは「チェスターフィールドからトレント川までの 運河水路の事業者の会社」に組み込まれ、 建設資金のために自分たちの間で、£100,000 を集める権力を得た。 資金は 1 株当たり £100 の株式を 1000 株発行することにより集められることになった。

法案が通過すると直ちに工事がブリンドリーの指揮のもとに開始した。 1772 年の 9 月にブリンドリーが亡くなると、 ジョン・ヴァーリー (John Varley) は現場監督から常駐技術者 (resident engineer) となり、1773 年にブリンドリーの義理の兄弟であるヒュー・ヘンショール (Hugh Henshall) は主任技術者に任命された。 運河はナロウ運河で建設されることになっていたが、 1775 年に 9 人の株主がレットフォードからストックウィズまでブロード運河で建設するための 余分の資金を賄うことを申し立てた。レットフォードの自治体もこれに加わり、各自が £500 を貢献した。 追加のコストは £6000 を越えた。 運河は 1777 年に全線が開通した。 しかし、レットフォードでブロード運河を利用した幅の広いボートの記録は 1799 年以前しかない。

建設された運河は長さが、ほとんど 46 マイル (74 km) で、 トレント川からワークソップまでは 25 マイル (40 km) で 95 フィート (29 m) 上昇し、 ワークソップからノーウッド・トンネルの入り口までは 6.1 マイル (9.8 km) で 更に 145 フィート (44 m) 上昇する。 ここからチェスターフィールドまでは更に 13.9 マイル (22.4 km) あり、 73 フィート (22 m) 下降した後で、40 フィート (12 m) 上昇する。 全部で 65 基の水門と、2 つのトンネルがある:グリングリー・ビーコン (Gringley Beacon) の近くには 154 ヤード (141 m) の短いトンネルがあり、 そして大きな 2880 ヤードのノーウッド・トンネルがある。 建設時には、ノーウッド・トンネルは英国で結合長が最も長いトンネルであり、 トンネルが崩壊したときには 6 番目に長いトンネルであった。 運河は典型的なブリンドリーの地形に沿った運河で、建設費が高い掘割や盛土を避けるために 地形に沿っており、場所によっては直接的なルートではなかった。

運河は最初は非常に成功し、投資家に配当が支払われた。 しかしながら、 マンチェスター・シェフィールド・リンカンシャー鉄道が運河に並行に建設されると (1849 年)、 水路の多くは余剰となり、ワークソップとチェスターフィールドの区間は 1908 年に商用輸送が停止した。 この時、鉱山による地盤沈下がノーウッド・トンネルの閉鎖を余儀なくした。 トンネルとワークソップの区間は、その結果荒廃状態となって航行できなくなり、 一方、トンネルからチェスターフィールドへの孤立区間の何ヶ所かは、埋められて再開発された。

特異なナロウ・ボート

しばしば「伝統的な」動作可能なナローボートと呼ばれるものは、 幹線運河での産物であり、 チェスターフィールド、レットフォード、トレント川の間の 46 マイルを定期的に往復した船は非常に違っていた。 内陸運河の外辺で孤立していたため、 外の運河の影響を受けることがなく船のデザインが変化しなかった。 チェスターフィールドの船は果たすべき仕事には適切だったのである。 船室は甲板の下にあり、ボート屋は常に岸に家があった。 移動距離が短いため、通常は乗組員は 2 名で、華々しい装飾をしていなかったし、 エンジンが引き馬を放逐することもなかった。これは 1950 年代においてさえそうだったのである。

ノーウッド・トンネル

ノーウッド・トンネルは長さ 2,884 ヤード (2,637 m)、幅 9.25 フィート (2.82 m) で 高さ 12 フィート (3.7 m) で、(3 百万個の) レンガで裏打ちをしたチェスター・フィールド運河のトンネルである。 西の入り口はダービーシャー州ノーウッドにあり、 東の入り口はサウス・ヨークシャー州キヴァートンにある。


ノーウッド・トンネルの東の入り口
ドレイクホールズ・トンネル

ドレイクホールズ・トンネルは 2 番目のより短いトンネルで、 長さが 154 ヤードで、これも曳舟道がなく、 チェスターフィールド運河のノッチンガムシャー州ドレイクホールズに建設され、 建設場所はノーウッド・トンネルとトレント川の中間であった。


ドレイクホールズ・トンネル、 2007 年
ホリングウッド・コモン・トンネル

ホリングウッド・コモン・トンネルは使用されなくなった炭坑の横坑道で、 ステーブリー (Staveley) の近くのチェスターフィールド運河で終了していた。 このトンネルは 1.75マイル (2.82 km) の長さで、水位は運河よりも 1 フィート (30 cm) 低く、 ターミナルで石炭の積み直しをする必要があった。 使用されたボートはトンネルを利用する炭坑の地下で荷を積んだ。 これらのボートは長さが 21 フィート (6.4 m) で、幅が 3.5 フィート (1.1 m) であった。

復元

1961 年に運河の全長を公式に遺棄することが提案されたが、 抗議があったため 1968 年の運輸法 (Transport Act) の下で、トレント川とワークソップの 間は航行水路 (cruiseway) と分類され、残りが残余運河 (remainder) と分類された。 復元の努力は 1970 年代に始まり、チェスターフィールド運河協会が 1976 年に 結成され、当初はノーウッド・トンネルからワークソップに至る東の区間に焦点が置かれたが、 これは比較的に物理的な障壁がなく、航行可能な状態に復元されることになった。


復元中の運河の区間

しかしながら、実際には進展が遅く、ノーウッド・トンネルより西の区間が注目された。 ここでは運河にはもっと多くの被害があり、多くの場所で埋め立てられて建物が建設されていた。 しかしながらチェスターフィールドからステーブリーに至る運河の最後の 5 マイル (8 km) の区間は 良好な状態であり、復元が 1987 年に始まり、タプトン水門 (Tapton Lock) が 1990 年に再開通した。 ダービーシャー州政府 (County Council) はチェスターフィールドとステーブリーの間の運河の区間を買収し、 大規模な復元工事を開始するために幾つかの大きな交付金 (grant) を確保した。 10 年の間に、もう 4 基の水門と 3 つの新しい橋が建設され、 チェスターフィールドからの 5 マイル (8 km) の区間が 2002 年に再開通した。 しかし、他の水路とはいまだに孤立したままである。 2007 年の初頭の運河の決壊により、タプトン水門より上流の運河の区間以外は一時的に閉鎖された。 州政府は現在はステーブリーの運河の更なる区間を復元して、 新しいマリーナを建設中で、このマリーナはステーブリー・タウン・ベイスンとなり、 2011 年に再び注水される。


ミル・グリン橋は
2012 年初頭にステーブリー・ベイスンが
開業するまでは西の区間の限界点

ノーウッドの東ではロザラムとノッチンガムシャーの議会は 1995 年に遺棄土地交付金 (Derelict Land Grant) を獲得し、ノーウッドとワークソップの間の復元が早急に始まった。 2003 年にはワークソップからノーウッド・トンネルの運河の区間が再開した: 30 基の復元された水門、 1 基の新しい水門、そして 3 つの新しい橋が建設された。

復元計画の最も困難な区間は再開通した 2 つの区間を接続する部分で、 運河の 10 マイル (16 km) を復元ないしは再建築することが残っており、 これにはトンネルの全長が含まれている。 キラマーシュ (Killamarsh) 村のまわりでは、かなり迂回する必要がある: 住宅団地が運河の上に建設されているからである。 トンネルの中間部は炭坑によって失われており、 遺棄された鉱山領域を取り戻す一環として、運河は開放状態で再建され、 恐らくは両端に水門を取り付けたより高レベルの運河となる。 トンネルの東端は保持されるであろうが、西端に関しては確たる決定がされていない。 これは再利用できるかもしれないが、新しい頂上区間が西に拡張されるかもしれない。

付け加えると、1978 年に保守チームがゴミを取り除くために運河の浚渫をした。 当日のその後に、大きな渦巻きが発生し、 運河は急速に水を失った。判明したことは、運河から除去したものの中に大きなプラグがあり、 これは運河が緊急事態の時に排水できるように設置されていたものであった。

北への新しい接続

キラマーシュからロザー川に沿った、北のシェフィールド・ヨークシャ水路への 接続は提案の初期段階ではあるが、ロザー接続と呼ばれることとなる。

開発

ステーブリー・バイパス/マークハム・ベイル道路の工事の 一部分としてステーブリーの北の古い運河が向きを変えられ、 新しい道路が建設中で、運河がその下をコンクリートの水路で通過するようになる。


新しい運河の水路がステーブリーの建設中の
橋の下を通る。ホール・レーンに隣接する箇所。

この区間は現代的な道路が橋を作らずに運河を横断したことにより影響を受け、 また過去の露天掘り鉱山の工事によっても失われている。 一旦完成すれば、 ホリングウッド/ステーブリー・ワークスにおける水門から、 谷沿いにステーブリーに至る区間が回復し、 レニショウ (Renishaw) に向けて延長できることになる。

ルートのこの区間は「ペナイン越え小道」のサイクリング・コースである。

チェスターフィールドにおける運河の南端は「チェスターフィールド・ウォーターサイド」と呼ばれる £3億 の計画の一部として再開発されようとしている。 これにより現在では見捨てられた場所に住居や快適な設備が提供されことになる。 この計画には短い新しい運河を作り、中央に島を作り、 川までの水路を復活し、南側に新しいベイスンを作ることが含まれている。 運河建設の資金はイースト・ミッドランズ開発局 (East Midlands Development Agency) からの £50万 の交付金が使用された。 2009 年の 10 月にベイスンが完成・開業した。もっともまだロザー川にはつながってはいない。 ロザー川とは水門でつなぎ、揚水施設が川の水を水門に汲み上げることになっている。 全体の計画の概要は 2010 年 3 月 15 日に承認され、 2012 年 4 月には「シェフィールド市域・地方企業パートナーシップ委員会」の £240万 の交付金が贈与された。 これは接続水門と下水道の準備と接近道路の資金となり、 これに続く 60 エイカー (25 ヘクタール) の土地の開発を容易にすることになる。