ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Sheffield & Tinsley Canal - Wikipedia
シェフィールド・ティンズリー運河
(Sheffield & Tinsley Canal)

シェフィールド・ティンズリー運河はイングランド、シェフィールド市の運河である。 運河はティンズリーから 3.9 マイル (6.3 km) を走り、 ティンズリーでドン川を離れ、シェフィールド市中央のシェフィールド運河ベイシン (現在のビクトリア岸壁) に至り、 11 基の水門を通り抜ける。 この水門システムを航行できる最大の船舶の長さは 61 フィート 6 インチ (18.75 m) で幅が 15 フィート 6 インチ (4.72 m) である。

シェフィールド・ティンズリー運河
ボート造船所、キャッドマン・ストリート
  1. 初期の歴史
  2. 19 世紀
  3. 開通
  4. 初期の運行
  5. 運河のワゴンウェイ
  6. 鉄道の到来
  7. 運河の合併
  8. 第一次世界大戦と将来の計画
  9. 国有化とその後
  10. 目で見える終わり
  11. 工学
  12. 曳舟道
  13. 指定建造物
  14. 興味ある場所
初期の歴史

シェリールドはドン川沿いにあるが、この川の上流は航行可能ではなかった。 中世には、シェフィールドからの物資は陸上を輸送して最も近い内陸港 -- アイドル川 (River Idle) のバウトリー (Bawtry) -- に運ばなければならなかった。 後に、ドン川の下流は航行可能となったが、ボートはなおシェフィールドに到達できなかった。 シェフィールドを航行可能なドン川のティズリーと接続し -- 従ってウーズ川とトレント川に接続し、ハンバー川と北海に接続する -- 提案は早くも 1697 年になされたが、ここからは何も起きなかった。

19 世紀

1815 年に、シェフィールド運河会社が運河を建設するための議会法により 形成された。

測量技術者の推奨ルートは ジョルダン水門でドン川を離れることで、ここはドン川水路のホームズ掘割 (Holmes Cut) が川に合流する場所の向かいであった。 このあとで、ドン川峡谷の北側を取り、サバイル・ストリート (Saville Street) の中、あるいはその近くでベイシンに至ることであった。 これが提唱された時にノーフォーク公爵 (Duke of Norfolk) の地所が述べたことは、 公爵のティンズリー・パークと領地の炭鉱から運河に到達する邪魔になり、 公爵がプロジェクトの最大の資金的支援者であるので、もっと侯爵に好意的な代案があるべきことであった。

代替ルートはドン川峡谷の南側を取り、かってのシェフィールド城の果樹園に作るベイシンで終了することであった。 これには 2 系列の水門が必要となり、一系列はティンズリーで、川のレベルから持ち上げるもので、 もう一系列はカーブルック (Carbrook) で、水平な流れを市の中央部の必要な高さに持ち上げるものであった。 短い支線で 「グリーンランド小支線」 (Greenland Arm) と呼ばれるものが、ティンズリー・パークの炭鉱に アクセスできるように建設されることが提案された。 これはより長く、より高価な選択肢であったが、公爵の支持を得るためにはこのルートで議会法を求める必要があった。

議会法は 1815 年 6 月 7 日に通過し、182 名の資本予約者があり、 ノーフォーク公爵 (2000 株) とフィッツウィリアム伯爵 (1000 株) (Eal Fitzwilliam) が最大の貢献者であった。 土木技術者のウィリアム・チャップマン (William Chapman) は計画を準備し、プロジェクトの技術者となり、 これは £76,000 かかることになっていた。 運河の基礎石は 1816 年 6 月 16 日にウッドソープ邸宅 (Woodthorpe Hall) のヒュー・パーカー (Hugh Parker) により置かれ、 3 年以内に開通する準備がすべて完了した。

開通

運河が 1819 年 2 月 22 日に開通した時に、 一般の休日にすることが呼びかけられ、 見物の群衆 -- 報告されている所では 60,000 人 -- が集まり、最初のボート、船団が、ティンズリーから到着するのを眺めた。 船団の中には 1 隻の石炭ハシケがあり、 ハンズワース炭鉱から -- 運河を移動した最初の貨物 -- 石炭を持ち込んだ。

初期の運行

1840 年までに市は何ものにも劣らないボート便を誇り、 これは週に 2 度の快速ボート (fly-boat) に接続するグリースバラ (Greasbrough) への便で、 快速ボード自身がハル・ロンドン間蒸気船と接続運行していた。 リチャード・プレストン社 (Richard Preston & Company) は前方接続のあるソーンへの快速ボート便を 提供し、一方ロンドン・シェフィールド・ユニオン会社 (London and Sheffield Union Company) は首都への乗り換えの必要がない 便を提供した。 他の便にはゲインズバラ (Gainsborough, 二週間に一度)、リーズ (Leeds, 三週間に一度) があった。 たった 5 年後に最初の重大な変化が登場し、 この時。ウィリアム・コビー社 (William Cobby) はロンドンからハル (Hull) とセルビー (Selby) まで水上交通を提供し、 更にシェフィールドまで鉄道便を提供した。

運河のワゴンウェイ

最も初期の頃から、運河のベイシンとグリーンランド支線にはワゴンウェイが運行し、 この地方の多くの炭鉱から石炭を持ち込んで、この先に船舶で輸送した。 この運河のベイシンにはノーフォーク公爵の領地の炭鉱に接続するワゴンウェイが運行し、 一方、グリーンランド支線にはティンズリー・パーク (Tinsley Park) とハイ・ヘイゼルズ (High Hazels) の 炭鉱のワゴンウェイが運行していた。

鉄道の到来

1846 年に、長い名前の 「シェフィールド、ロザラム、バーンズリー、ウェイクフィールド、ハル、及びグール鉄道」 (Sheffield, Rotherham, Barnsley, Wakefield, Hull and Goole Railway) の動きがあり、 「シェフィールド運河会社」 と市のターミナルを獲得しようとした。 この取引が完了する前に、 「シェフィールド、リンカンシャー・ジャンクション鉄道」 (S.& L.J.R., Sheffield and Lincolnshire Junction Railway) が申し入れを持って登場し、これが受け入れられた。 S.& L.J.R. は 「マンチェスター、シェフィールド、リンカーンシャー鉄道」 (M.S.& L.R., Manchester, Sheffield and Lincolnshire Railway) の一部分となり、1848 年 7 月 22 日に運河の所有者になった。 運河は 1849 年 7 月 28 日の議会法により、ダン川水路会社 (River Dun Navigation Company) に移管され、 これはスタインフォース・キードビー運河ディアーン・ダブ運河 が加わった。 これは 「サウス・ヨークシャー、ドンカスター・グール鉄道」 (South Yorkshire, Doncaster and Goole Railway) と融合して、「サウス・ヨークシャー鉄道・ダン川水路」 (South Yorkshire Railway and River Dun Navigation Company) になった。 サウス・ヨークシャー鉄道は M.S.& L.R. に移され、再び運河の所有者になった。

運河の合併

1895 年に、シェフィールド運河はドン川水路 (River Don Navigation) とスタインフォース・キードビー運河 (Stainforth & Keadby Canal) と合併して、 「シェフィールド、サウス・ヨークシャー水路」 (Sheffield and South YOrkshire Navigation) になった。 翌年に、シェフィールドの施設は現代化され、新しい倉庫がベイシンにまたがって建設された。

第一次世界大戦と将来の計画

政府は第一次世界大戦中に運河をコントロールし、保守は手がけなかった。 戦後 1918 年 10 月に、市議会と地元の実業界は会合を開き、政府に運河を国有化し、 保守費用を支払うように要求することを決定した。 原則として、彼らは 「運河を鉄道の干渉から解放するため」 に喜んで貢献するとした。 1920 年に、市議会の輸送委員会は運河の幾つかの計画を受け取った。 市の中では、これらにはティンズリーの建設が含まれ、 これはティンズリー駅に隣接して、 シェフィールドの東側に貢献する新しいベイシンの建設の事で、 運河のベイシンの保持・改良により、市の中心部のもっと一般的なハシケ交通に貢献することであった。 市議会は政府の支持なしに、これらの工事に取りかかりたくなく、政府の支持はすぐに来なかった。 しかしながら、1925 年に新しい穀物サイロが運河のそばに建設され、 これはカーライル・ストリート (Carlisle Street) のサミュエル・スミス社 (Samuel Smith Limited) が自身の使用のために建設したものであった。 この前には、彼らは穀物を袋に入れて受け取り、 大荷馬車 (horse dray) で運河のベイシンから運び、重さがあまり大変だったので、 余分な馬を付け加えて、スピタル・ヒル (Spital Hill) をよじ登り、カーライル・ストリートに到着した。 1940 年 12 月に、ティンズリー連続水門の水門 6 が英国の市に対する第二次世界大戦の爆撃作戦の一環として 投下された爆弾により、随分被害を被った。 近くの銘板が労働者の努力を記録し、彼らは困難な条件で水門を再建した。

国有化とその後

運河は、シェフィールド運河も含め、1948 年に国有化され、 多くの努力はなされたが、交通はほとんど増える気配もなく、ほとんど一時的であった。 1960 年に BWB (英国水路委員会) が市議会に通告したことは、 彼等がスリーバーグ (Thrybergh) を新しい水源にすることで、 この場所はブリティッシュ・スティール社 (British Steel Corporation) の提案されている板工場のそばであった。 1961 年に BWB はロザラムに新しい倉庫を開き、 これはロザー川がドン川と合流する点のほとんど反対側にあり、これが水源になった。

目で見える終わり

1980 年 7 月の初頭にシェフィールド運河は 10 年間で最初の商用貨物船があった。 これは始まりではなく終わりに見えた。 1980 年代初頭に計画がシェフィールド市議会とブリティッシュウォーターウェイズにより提案された。 環境省の決定が待望され、1990 年代になって始めて運河ベイシンが復元され、 ビクトリア岸壁 (Victoria Quays) に改名された。

工学

ティンズリー連続水門には元々 12 基の水門があった。 連続水門により 70 フィート (21 m) 持ち上げられたが、 新しい鉄道橋を収容するために水門 7,8 は 1959 年に一緒になって単一のコンクリート製の隔室になり、 2 つの水門に置き換わった。 現代的な番号付けでは、水門 1 から 6, 7/8, 9 から 12 である。 トップの池、従って水門の水はティンズリー高架橋のすぐ下にある小さな建物から汲みあげられている。 これは元々ポンプを駆動するための蒸気エンジンが格納されていたが、 1915 年に稼働待機 (duty and standby) する 125 hpディーゼル・エンジンで置き換えられた。 ポンプは連続水門のトップ水門の近くの放水口から 1 分間 3,500 ガロンを給水する。

曳舟道

2014 年、運河の曳舟道の工事が完了した;「シェフィールド・ティンズリー運河曳舟道トレイル」 は今では 「ブルー・ループ」 (Blue Loop) と呼ばれるウォーキング・ルートの一部となり、 メドーオール・ショッピング・センター (Meadowhall Shopping Center) からシェフィールド市の中心に至り、 「5 つの堰歩き」 (Five Weirs Walk) に沿い、これはドン川上流を伝って市の中心に至っている。 曳舟道はメドーオールでドン川水路の川と運河に沿ったウォーキング・ルートにも接続し、 ロザラム町中心部に至っている。

指定建造物

運河のルートには幾つかの指定建造物の造作がある。 これに含まれるものは: ビクトリア岸壁のターミナル倉庫と穀類倉庫、 ベーコン・レーン橋 (Bacon Lane Bridge)、 キャッドマン・ストリート橋 (Cadman Street Bridge)、及び ダーナル運河水道橋 (Darnall Canal Aqueduct) である。

訳注
ダーナル運河水道橋 (Darnall Canal Aqueduct) は「興味ある場所」 の 「ワークソップ・ロード水道橋」 と同じと思われる。水道橋の前後の道路で、ダーナル・ロード、ワークソップ・ロードの記述が見える。
映画の運河

シェフィールド・ティンズリー運河は 1997 年の映画 フル・モンティ (The Full Monty) の オープニング・シーンで呼び物にされた。 このクリップは 30 年程前のシェフィールド市議会の "シェフィールド、活動する市" (Sheffield, City on the Move) と題した宣伝映画の一部であった。

興味ある場所
地点 座標 備考
水門 12
(Lock 12)
53.4180°N 1.3992°Wドン川とのジャンクション
M1 自動車道ティンズリー高架橋
(M1 motorway Tinsley viaduct)
53.4142°N 1.4029°W 
水門 7/8 鉄道橋が横断
(Lock 7/8 by railway bridge)
53.4082°N 1.4062°W 
水門 1
(Lock 1)
53.4037°N 1.4113°WTop of Tinsley flight
ワークソップ・ロード水道橋
(Worksop Road Aqueduct)
53.3936°N 1.4251°W 
シェフィールド・ベイシン
(Sheffield Basin)
53.3847°N 1.4594°W