ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

River Severn - Wikipedia

セバーン川の地図
セバーン川の地図の kml ファイル

Vrynwy の発音 (一応 ヴィリンウィ と表記したが一般にひどくききづらい。)
Stourport の発音、ストアポート・オン・セバーン
セバーン川 (River Severn)

セバーン川 (ウェールズ語:Afon Hafren (アボン・ファブレン)、ラテン語:Sabrina (サブリナ)) は英国の川である。 この川はおよそ 220 マイル (354 km) で、 普通は英国で最長と見なされている。 川はプリンリモン山地 (Plynlimon) の海抜 2,001 フィート (610 m) で始まり、 この場所はウェールズ中部のカンブリア山地 (Cambrian Mountains) の スランイドロイス (Llanidloes) の近くのケレディジョン/ポウィス (Ceredigion/Powys) の州境に近い所である。 川は次にシュロップシャー州、ウスターシャー州、及びグロスターシャー州を通り抜け、 州都のシュルーズベリー、ウスター、及びグロスターがその流域にある。 グロスターシャーのアッパーリー (Apperley) における平均流出量が 107 m3/s (3,800 立方フィート/s) であり、セバーン川はイングランドとウェールズで流量に関して最大の川である。

シュルーズベリーのセバーン川
シュルーズベリー城から
支流 (薄い青) とセバーン川の流域
あるいはその近くの集落 (赤色)

南グロスターシャー (South Gloucestershire) のセバーン・ビーチ (Severn Beach) とモンマスシャー (Monmouthshire) のサッドブルック (Sudbrook) の間のセカンド・セバーン・クロッシングより下流では、この川は通常はセバーン河口 (Severn Estuary) と見なされている。 川は次にブリストル海峡に排出され、これは次にケルト海、そして広域大西洋に排出される。 セバーン川の排出域は 4,409 平方マイル (11,419 km2) であり、これはワイ川 (Wye) とブリストルのエイボン川 (Avon) を除外している、 というのは、これらの川はセバーン河口に流れ込んでいるからである。 セバーン川の主な支流はヴィリンウィ川 (Vyrnwy)、クラウエドグ川 (Clywedog)、 テム川 (Teme)、エイボン川 (Avon)、及びストア川 (Stour) である。

プリンリモン山地のセバーン川の源流を
示す柱。英語とウェールズ語で書かれている。
  1. 語源と神話
  2. 支流
  3. 集落
  4. 輸送
  5. セバーン河口
  6. セバーン海 (Severn Sea)
  7. セバーン川潮津波 (Severn bore)
  8. 産業
  9. 野生生物
  10. 文学的及び音楽的ほのめかし
語源と神話

セバーンの名称は意味不明な元々のケルト語の sabrinnā に由来すると思われている。 この名称は次に色々な言語で発展して、 ローマ人のサブリナ (Sabrina) となり、ウェールズ語の Hafren となり、 英語のセバーン (Severn) となった。 民間の語源説明が後に発展し、これは名前がサブリナ (Sabrina) と呼ばれる川でおぼれた妖精 (nymph) の神話に由来するものである。 サブリナ (Sabrina) はケルト神話のセバーン川の女神でもある。 サブリナ (Sabrina) の話は ミルトンのコマス (Comus) で呼び物にされている。 シュルーズベリーのザ・クワリー (the Quarry) のディングル・ガーデンズ (Dingle Gardens) に サブリナ (Sabrina) の彫像があり、同じ町に 2013 年に設置された金属製の彫像も言うまでもない。 セバーン川が潮汐の影響を受けると、付随する神はノーデンス (Nodens) となり、 彼は海馬 (seahorse) に騎乗すると言われ、セバーン川の潮津波 (Severn bore) の波頭に乗ってくる。

支流

ストア川はウスターシャー州北のクレント・ヒルズ (Clent Hills, クレント丘) でロムスリー (Romsley) の セント・ケネルム教会 (St. Kenelm's Church) の近くに源流がある。 川は北に向かって隣接するウェスト・ミッドランズのヘイルズオーエン (Halesowen) に流れる。 川は次に西に向かって流れ、 クラッドリー・ヒース (Cradley Heath) とスタウアブリッジ (Stourbridge) を通り抜け、ここでブラック・カントリーを離れる。 次に、プレストウッド (Prestwood) でスメストウ川 (Smestow Brook) が合流し、 次に南に曲がってキンバー (Kinver) に至り、 次にウスターシャー州に逆に流れる。 川は次にウルヴァリー (Wolverley)、 キダーミンスター (Kidderminster)、 及びワイルデン (Wilden) を通り抜け、 ストアポート・オン・セバーン (Stourport-on-Severn) でセバーン川に合流する。

ヴィリンウィ川 (River Vyrnwy) はヴィリンウィ湖 (Lake Vyrnwy) で開始し、東に流れ、 ポウィス (Powys) を通り抜けて、イングランドとウェールズの境界の一部分となり、 シュロップシャー州メルヴァーリー (Melverley) の近くでセバーン川に合流する。 リー川 (Rea Brook) はスティパーストーンズ (Stiperstones) の源流から北に流れて、 シュルーズベリーでセバーン川に合流する。 ターン川 (River Tern) はマーケット・ドレイトンで南に流れ、 ミーズ川 (River Meese) とロデン川 (River Roden) が合流してから、 アッティンガム (Attingham) でセバーン川に合流する。

ワーフェ川 (River Worfe) はブリッジノース (Bridgnorth) のすぐ上流でセバーン川に合流する。 ストア川はクレント・ヒルズ (Clent Hills) に源流があり、 ヘイルズオーエン (Halesowen)、スタウアブリッジ (Stourbridge)、及びキダーミンスター (Kidderminster) を通り抜けて、ストアポート (Stourport) でセバーン川に合流する。 反対側の流域では、支流は小川 (brook) のみで、 ワイヤ・フォレスト (Wyre Forest) を排水するボール川 (Borle Brook) とダウルズ川 (Dowles Brook)、 及び、ディック川 (Dick Brook) とシュローリー川 (Shrawley Brook) がある。

ブリッジノースのハイ・タウン (High Town)

テム川 (River Teme) はミッド・ウェールズの源流から東に流れ、 シュロップシャー州とヘレフォードシャー州の間の境界にまたがり、 オニー川 (River Onny)、 コーブ川 (River Cove)、 リー川 (River Rea) が合流し、最後にウスターのわずかに下流で、セバーン川に合流する。 マッチ・ウェンロック (Much Wenlock) の近くのシット川 (Shit Brook) は 暗渠にされて、セバーン川に流れ込んでいる。

エイボンと名付けられた幾つかの川の 1 つが -- この場合にはウォリックシャーのエイボン川が -- ラグビー (Rugby)、 ウォリック (Warwick)、 そしてストラトフォード・アポン・エイヴォン (Stratford-upon-Avon) を通り抜けて西へ流れている。 これは次に支流のアロー川 (River Arrow) が合流し、最後に グロスターシャー州チュークスベリ (Tewkesbury) でセバーン川に合流する。

ブリストル港がセバーン河口にあり、ここで別のエイボン川がエイボン峡谷を通り抜けてセバーン河口に流れ込んでいる。

ワイ川は、ウェールズのプリンリモン山地 (Plynlimon) の源流 (セバーン川の源流から 2 マイル (3 km) の地点) から、 一般に南東に流れ、ウェールズの町の ラアアデル (Rhayader) とビルス・ウェルス (Builth Wells) を通り抜けている。 川はヘレフォードシャー (Herefordshire) に入り、 ヘレフォードを通り抜けて流れ、この後間もなくして、 ラグ川 (River Lugg) が合流し、ロス・オン・ワイ (Ross-on-Wye) とモンマス (Monmouth) を通り抜けて、 南に向かい、ここでイングランド (フォレスト・オブ・ディーン) とウェールズの間の境界の 1 部分になる。 これはチェプストウ (Chepstow) の町の近くでセバーン川に合流し、 ここは対岸のブリストルのエイボン川のわずかに上流である。

アースク川 (River Usk) はニューポートのすぐ南で、 セバーン河口に流れ込んでいる。

ラッド川 (Rad Brook) はイングランドのシュロップシャーの小さな川である。 これはシュルーズベリーを通り抜けて流れ、ここでセバーン川に進入している。

集落

以下はセバーン川が通り抜ける主な町と市の一覧である。 (下流に流れる順。)

ポウィス州 (Powys):

シュロップシャー州 (Shropshire:)

ウスターシャー州 (Worcestershire:)

グロスターシャー州 (Gloucestershire:)

輸送

セバーン川には多くの場所で橋が架けられ、これらの橋の多くは それ自体で著名であり、 幾つかは技術者のトーマス・テルフォードによってデザイン・建設された。 アイアンブリッジ村 (Ironbridge) には有名なアイアン・ブリッジがあり、 これは世界で最初の鉄のアーチ橋である。

セバーン川横断の 2 つの主な道路橋はウェールズとイングランドの南部の州を接続している。

複数のセバーン橋がセバン川の河口近くで横断する。

1966 年の最初の橋の建設前までは、水路はオースト・フェリー (Aust Ferry) が横断した。

他の著名な橋には次がある:

シュルーズベリーのすぐ外の
A49 道路がセバーン川に架ける橋。
シュロップシャー、アフィントン村 (Uffington) は手前
鉄道

セバーン・トンネルはグレート・ウェスタン鉄道のために、 ジョン・ホークショウ (John Hawkwhaw) が 1886 年に完成したが、 これはセカンド・セバーン・クロッシング道路橋の近くにあり、 水路の下をグレート・ウェスタン本線の南ウェールズ本線区間が通っている。 セバーン・トンネルが建設される前の元々の鉄道は、 グロスターからの南ウェールズ鉄道であった。 これは河口沿いに現代の駅 -- リドニー (Lydney)、チェプストウ (Chepstow)、カルディコット (Caldicot)、 セバーン・トンネル・ジャンクション (Severn Tunnel Junction) からニューポート (Newport) -- をたどっていた。

乗用車もセバーン・トンネルを通して輸送することができた。 1950 年代に毎日 3 編成の列車がセバーン・トンネル・ジャンクションとピルニング (Pilning) の間を往復した。 車両は開放平床台車 (open flat bed carriage) に積載し、 小さなパニエ・タンク機関車 (pannier tank locomotive) で牽引した、 もっとも時々、これらは定期旅客列車に接続された。 慎重な (車の) 所有者は車両を覆うシートに料金を払った。 というのは蒸気機関車が出口に通じる坂道に取り組むときに時々火花が飛んだからである。 乗客とドライバーには客車が提供された。 予約することができ、乗用車の料金は 1950 年代初頭にはおよそ 30 シリング (£1.50) であった。

訳注
パニエ (pannier) とは荷馬に積むバッグのこと、 タンク機関車は給水のための炭水車を接続せずに、水タンクを積んだ機関車の事。 パニエ・タンク機関車は水タンクがパニエに似たタンク機関車のことで、グレート・ウェスタン鉄道で使用された。
大惨事

セバーン川には多くの大惨事があり、多くの人の命が失われた (数値は記録方法に依存し、およそ 300 名)、 これはとりわけ 20 世紀にあった。 セバーン鉄道橋は 1960 年に 2 隻の川のハシケの衝突でひどく損傷した、これにより橋は 1970 年に取り壊された。 アーケンデール H (Arkendale H) とワストデール H (Wastdale H) の双方の 5 名の乗組員が事故で死亡した。 もっと最近では、川は 2007 年の英国洪水 (United Kingdom floods) の時に洪水となった。

2007 年の洪水の時のチュークスベリ
水路

ウェルッシュプール (Welshpool) の近くのプール・キー (Pool Quay) とストアポート (Stourport) の間には公共の航行権がある。 しかしながら、川のこの区間は、 シュルーズベリーの小さなボート、カヌー及び何隻かの観光船以外にはほとんど交通がない。 ストアポートより下流では、 川はもっと大きな船で航行可能で、利用者はカナル & リバー・トラストから許可を手に入れる必要がある。 カナル & リバー・トラストが航行管理機関 (navigation authority) である。 春の増水時には川は航行に閉鎖されることもある。

グロスター上流の上流分離点 (Upper Parting) で、川は 2 つに分離し、 オルニー島 (Alney Island) の両側を流れ、下流分離点 (Lower Parting) に至る。 西水路はもはや航行可能ではない。 東水路はグロスター・ドック (Gloucester Docks) まで航行可能で、 ここからグロスター・シャープネス運河 (Gloucester and Sharpness Canal) が南方への航行水路を提供する。 ドックと下流分離点の間で、 スランソニー堰 (Llanthony Weir) が川の東水路 (East Channel) の 「通常潮汐限界」 (Normal Tidal Limit, NTL) を記している。

訳注
ドックと下流分離点の間に、水門 + 堰 の組があり、 スランソニー水門、スランソニー堰とよばれていたが、Google の衛星写真ではスランソニー水門は 埋まっており、これは現在使用されていないことがわかる。 堰のほうは衛星写真では存在していることがわからないが、引き潮の時に見えるかもしれない。 上記の説明は古い資料に基づいた説明と思われる。

グロスターより下流の川の潮汐区間で、 グロスター港トラスティー (Gloucester Harbour Trustee) は有能な港湾機関 (harbour authority) である。 トラスティーは川沿いの色々な地点の航行灯 (navigation light) を維持している。 (これにはチャペル・ロック (Chapel Rock)、ライド・ロック (Lyde Rock) の航行灯と、 Slime Road, Sheperdine 及び バークレー・ピル (Berkeley Pill) の導灯 (leading light) がある。)

ビーチリー (Beachley) の近くの
チャペル・ロックの航行灯
訳注
  1. 導灯 (leading light) は 1 対のライト・ビーコン (light beacon) で、 危険な水路に入る船舶に安全な通路を示すもの。 (以上 leading lights)
  2. Sheperdine の地名が見当たらないが Shepperdine (シェパーディーン) は ある。綴りミス ?
    バークレー・ピル (Berkeley Pill) のピルは英国英語のクリーク (creek) の意味 (潮汐クリークを参照。)
水門

セバーン川下流には複数の水門があって、 海洋船 (seagoing boat) がストアポートまで到達可能である。 最北の水門はリンクーム (Lincombe) にあり、これはストアポートの下流 1 マイル (1.6 km) にある。

付随する運河

スタッフォードシャー・ウスターシャー運河 (Staffordshire and Worcestershire Canal)、 ウスター・バーミンガム運河 (Worcester and Birmingham Canal) (以上どちらもナロウ運河) とヘレフォードシャー・グロスターシャー運河 (Herefordshire and Gloucestershire Canal) はセバーン川とそれぞれ、 ストアポート (Stourport)、 ウスター (Worcester)、及び グロスター (Gloucester) で合流する。 ドロイトウィッチ・ハシケ運河 (Droitwich Barge Canal) -- ブロード運河 -- はサルワープ川 (River Salwarpe) の近くのホーフォード (Hawford) のセバーン川に合流し、ドロイトウィッチ町で ドロイトウィッチ運河 (ナロウ運河) に接続し、 後者が ウスター・バーミンガム運河との接続を形成している。 2 つのドロイトウィッチ運河は、重要な修復の後で 2010 年に再開した。

グロスター・シャープネス運河 (Gloucester and Sharpness Canal) はグロスターでセバーン川を接続し、 シャープネスでセバーン川に接続し、航行するのが危険な潮汐区間を避けている。 ストラウドウォーター水路 (Stroudwater Navigation) は潮汐のあるセバーン川とフラミロード (Framilode) で接続していたが、 1920 年代以来グロスター・シャープネス運河を経由してのみ、 セバーン川に接続している。

リドニー運河 (Lydney Canal) は短い運河で、 リドニーをセバーン川に接続している。

テュークスベリ (Tewkesbury) とウスター (Worcester) の間の川の区間はエイヴォン・リングの一部分となり、 このエイヴォン・リングは 109 マイル (175 km) の環状の巡航ルートで、 ルートは 129 基の水門を含み、他の 3 つの水路の一部分に渡っている。

乗客輸送

潮汐区間

外輪蒸気船 (paddle steamer) がセバーン河口で操業し、 ブリストルの P & A キャンベル (P and A Campbell) により、 19 世紀中頃から 1970 年代まで続いた。 船舶のカーディフ・クイーン (Cardiff Queen)、 ブリストル・クイーン (Bristol Queen)、 グレン・アースク (Glen Usk)、 グレン・ガワー (Glen Gower) そして ブリタニア (Britannia) は すべてこのルートで 1950 年代と 1960 年代に操業した。 1986 年以来、 ウェイヴァリー遊覧 (Waverley Excursion) がシャープネス (Sharpness) とリドニー (Lydney) まで時々 MV バルモラル (MV Balmoral) で航行した。

幾つかのフェリーも潮汐区間で操業し、 例えばニュー・パッセージ (New Passage)、 パートン (Purton) 及び アーリントン (Arlington) で操業した。 最後のフェリーはオースト・フェリー (Aust Ferry) で、 これはセバーン橋が開通した 1966 年に終了した。 オースト・フェリーの 1 隻のセバーン・プリンセス (Severn Princess) はほとんど遺棄されているが、まだチェプストウにいる。

上流区間

ウスターのウスター・リバー・クルーズ (Worcester River Cruise) にはテュークスベリ (Tewkesbury) とストアポート (Stourport) の間で 川を航行するボート旅行があり、2 隻のボート 「ザ・プライド・オブ・ザ・ミッドランド」 (The Pride of the Midland) と 「グローブナー伯爵」 (The Earl Grosvenor) を操業している。

「大聖堂フェリー」 (The Cathedral Ferry) は歩行者用の乗客フェリーで、 これも夏の週末に、ウスター大聖堂の階段から操業している。

ウスター大聖堂がセバーン川を見下ろしている。

シュロップシャーでは、ハンプトン・ローズ・フェリー (Hampton Loads Ferry) は川の横断を操業しているが、最近は営業していない (2017 年現在) ので、 永久に閉鎖したとの憶測がある。 これは信頼できる情報源では確認できていないが、近くのセバーン峡谷鉄道によると、 営業を終了したとのことである。

シュルーズベリーでは、 町の中央のループを周るボートの周遊がサブリナ (the Sabrina) によって提供され、 夏の間にはウェルシュ橋 (Welsh) の近くのビクトリア岸壁 (Victoria Quay) から出発する。

セバーン河口

セバーン川が潮汐の影響を受けるのは、西水路ではグロスター (Gloucester) のすぐ北のメズモア (Maisemore) の近くで、 東水路ではスランソニー堰 (Llanthony Weir) である。 グロスターの下流のセバーン川の潮汐区間は時々セバーン河口 (Severn Estuary) と呼ばれるが、 セバーン川が通常セバーン河口と呼ばれるのはサウス・グロスターシャー (South Gloucestershire, 南グロスターシャー) のセバーン・ビーチ (Severn Beach) の近くのセカンド・セバーン・クロッシングより下流、 あるいはセバーン橋のあるオースト (Aust) より下流である。 セカンド・セバーン・クロッシングはグロスター港とラスティーズ (Gloucester Harbour Trustees) の管轄が 及ぶ地点である。

セバーン河口が及ぶのは、 (カーディフ (Cardiff) の南の) ラバーノック岬 (Lavernock Point) から、 ウェストン・スーパー・メア (Weston-super-Mare) の近くのサンド岬 (Sand Point) に至る直線までである。 この直線より、西がブリストル海峡 (Bristol Channel) である。 セバーン河口には デニー島 (Denny Island)、 スティープ・ホルム島 (Steep Holm)、及び フラット・ホルム島 (Flat Holm) と呼ばれる岩だらけの島がある。 (最後の 2 つは境界の引き方によってはブリストル海峡に含まれる。)

下降ではオースト (Aust) ではおよそ 2 マイル (3 km) の幅で、 カーディフとウェストン・スーパー・メアの間ではおよそ 9 マイル (14 km) の幅である。

セバーン海 (Severn Sea)

チューダー時代に至るまでは、ブリストル海峡はセバーン海と呼ばれ、 今でもウェールズ語 (Welsh) とコーンウォール語 (Cornish) では、 このように呼ばれている。 (それぞれ Môr Hafren (モール・ハブレン) と Mor Havren であり、 Môr は Sea (海) を意味する。)

18 世紀には デボン (Devon)、 サマセット (Somerset)、及び エクスムーア (Exmoor) の海岸線は 密輸業者で一杯であった。 沿岸警備隊はいかなる天候でも、終夜、沿岸をパトロールし、 通り道の 1/4 マイル (400 m) ごとに 1 人いた。 王立海軍 (Royal Navy) のほとんどすべての将校と兵卒は密輸かその防止にたずさわった。 その結果、悪天候時の船舶操船術と浜辺襲撃の技術は ナポレオン・ボナパルトに対する海軍の成功に貢献した。

セバーン川潮津波 (Severn bore)

セバーン川の下流地域に付随する奇妙な現象に潮津波があり、 これはシャープネス港の上流あたりで形成される。

1994 年に潮津波が川の堤防に衝突している。

時々断言されることは、 セバーン川河口は、ブリストル海峡に排水され、 世界で 2 番目の潮汐差 -- 48 フィート (15 m) -- があり、 ファンディ湾 (Bay of Fundy) がこれを越えるのみである。 しかしながら、セバーン川よりも大きな潮汐差はカナダのあまり知られていない アンガヴァ湾で記録されている。 最も高い潮の時に、 上昇する潮は漏斗状のセバーン河口を通り抜け、 川の流れに逆らって急速に上流に向かう波になる。 最大の潮津波は春に起きるが、小さなものは年中見られる。 潮津波に伴って、水位が急激に上がり、潮津波の通過後 1 時間半少々、継続する。

訳注
セバーン川潮津波: YouTube
産業

シュロップシャーにおけるセバーン川の 3 マイル (4.8 km) の区間は アイアンブリッジ峡谷 (Ironbridge Gorge) と呼ばれている。 これは 1986 年にユネスコ (UNESCO) により世界遺産の場所 (World Heritage Site) として指定された。 この歴史的重要性は産業革命の初期の段階における鉄産業 (iron industry) の中心地としての 役割によっている。 アイアンブリッジの峡谷と村の名前は 1779 年にセバーン川を横断して建設されたアイアン・ブリッジ (Iron Bridge, 鉄の橋) に由来し、これはかって建設された鋳鉄製のアーチ橋として最初のものである。

野生生物

川の両側はウェイダー (Wader, 水を歩く鳥) の重要なエサ場 (feeding ground) にもなっており、 とりわけブリッジウォーター湾国立自然保護区 (Bridgwater Bay National Nature Reserve) とスリムブリッジ野鳥トラスト (Slimbridge Wildfowl Trust) がある。 川の砂利浜の生息地 (river shingle habitat) は河口下流に見いだされ、 とりわけ絶滅危惧種である 5 個の斑点を持つテントウ虫がいることで著名である。

文学的及び音楽的ほのめかし

セバーン川は A. E. ハウスマン (A. E. Housman) の 「シュロップシャーの若者」 (A Shropshire Lad, 1896 年、訳注:これは詩集) に何度か言及されている: 「アジアで夜が明け、墓石が示し/そしてシュロップシャーの名前が読まれる; ナイル川からの氾濫があふれる/セバーン川の死者のそばで」 (1887 年); 「セバーン川の流れ」(ウェールズの行進); 「セバーン川の岸」 (「高い丘を持つ平原から西の方へ... 」)。

ウィリアム・シェークスピア (William Shakespeare) の ヘンリー 4 世第 1 部 (Henry IV, Part I) で、 ヘンリー・ホットスパー・パーシー (Henry Hotspur Percy) は エドマンド・モーティマー (第 5 代マーチ伯) (Edmund Mortimer, 5th Earl of March ) の セバーン川の堤防での (ウェールズ人の) オワイン・グリンドゥール (Owain Glyndŵr) に対しての長い戦いでの武勇を思い出して、 主張したことは、 氾濫したセバーン川が 「(戦士の) 血まみれの姿に恐れをなして、震えるアシ原の中を恐れて流れ、 穴の開いた堤防にしわの寄った頭を隠し、勇壮な戦闘士と共に血まみれとなっていた」

セバーン川はグロスターの作曲家の アイヴァー・ガーニー (Ivor Gurney) の 幾つかの作品のインスピレーションとなり、 これいは「西洋の船乗り」 (Western Sailors, 1925 年)、 「セバーン川の牧草地」 (Severn Meadows, 1917 年) がある。

グロスターシャーの作家で詩人のブライアン・ウォーターズ (Brian Waters) は 1947 年 J. M. デント (J. M. Dent) と共に 「セバーン川の潮」 (Severn Tide) を出版し、 1949 年に 「セバーン川の流れ」 を続けた。 彼の旅行に関しての逸話的な話と共に、 これらの本は、川の上で、そして川沿いで生活・働く人々の 生活を語り、詩人の目を通して景色を叙述している。 ウォーターズはノデンズ (Nodens) とセバーン川の潮津波を結び付け、 ケルト人の神と川の結び付けはロジャーズ (Rogers) により長々と探求された。

何人かの 20 世紀のイングランドの作曲家は川に触発された作品を書いている。 ジェラルド・フィンジ (Gerald Finzi, 1901 年 - 1956 年) は 1923 年に彼の作品 (オーパス, Opus) 3 の「セバーン・ラプソディー」 (Severn Rhapsoty) を書き、 セバーン川と周辺の田舎をインスピレーションとして取り入れている。 エドワード・エルガー (Edward Elgar, 1857年 - 1934 年) は 1930 年にセバーン組曲 (The Severn Suite、Opus 87) を書いた。 エルガーは彼の若い時と後の人生の大半を セバーン川が流れるウスターの近くで過ごした。 ハーバート・ハウエルズ (Herbert Howells、1892 年 - 1983 年) は リドニー (Lydney) で、セバーン川に近い所で生まれ、 1954 年にコンプレックス (合唱と管弦楽) の ミサ・サブリネンシス (Missa Sabrinensis (セバーン川のミサ、Mass of the Severn)) と初期の単にセバーン川と題した讃美歌を作曲した。

セバーン川は エリス・ピーターズ (Ellis Peters) の カドフエル年代史 (Cadfael Chronicles) の中でしばしば引用され、 この話は川のそばのシュルーズベリー大聖堂とそのまわりが舞台になっている。