ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Droitwich Canal - Wikipedia

ドロイトウィッチ運河の地図
ドロイトウィッチ運河の地図の kml ファイル

ドロイトウィッチ運河 (Droitwich Canal)

ドロイトウィッチ運河はイングランド、ウスターシャー州の 2 つの運河 -- ドロイトウィッチ・ハシケ運河ドロイトウィッチ・ジャンクション運河 -- の複合体である。 ハシケ運河 (Barge Canal) はブロード運河で 1771 年に開通し、 ドロイトウィッチ・スパ (Spa, 温泉) をクレインズ村 (Clains) のホーフォード・ミル (Hawford Mill) のそばのセバーン川に接続した。 ドロイトウィッチ・ジャンクション運河はナロウ運河 (narrow Canal) で 1854 年に開通し、 ドロイトウィッチをウスター・バーミンガム運河に接続した。 どちらも塩を運ぶのに建設され、1939 年に見捨てられた。 これらの運河は 1973 年以来復元計画のテーマであり、 ハシケ運河は 2010 年に公式に再開通し、 ジャンクション運河は 2011 年 7 月に再開通した。 この運河の開通に引き続き、所有権は新たに創設された 「カナル・リバー・トラスト」 (Canal and River Trust) に移管された。

ドロイトウィッチ運河
ハンベリー水門の 1 つ
  1. 歴史
  2. 復元
  3. 興味ある地点
歴史

ドロイトウィッチは塩生産の重要な中心地で、 塩はローマ帝国の時代以前から自然な塩水泉 (brine springs) により得られた。 製品を市場に届けるために、議会法が 1662 年に得られ、 サルワープ川 (River Salwarpe) の改良が認可された。 この改良には川の 6 基の水門が関連したが、計画が失敗した時には 5 基が建設されていた。 別の議会法が 1670 年に獲得され、サルワープ川とストア川 (River Stour) の改良が認可され、 後援者は £4,000 を計画に使ったが、別の議会法が 1693 年に議会に提示され、 4 回目の試みが 1703 年にあった。しかし塩工場の所有者に反対された。 1747 年に、 サイモン・ウッド (Simon Wood) は再び川を航行可能にすることを提案し、 そして 1755 年には、塩水 (brine) をセバーン川のそばのホーフォード (Hawford) まで輸送するパイプラインの建設計画があった。 しかし、どちらの計画も失敗した。

塩の生産が増えて、ドロイトウィッチ町議会はジェームス・ブリンドリーに依頼して、 町からセバーン川に至る運河ルートの測量をさせた。 彼はブリッジウォーター運河に責任を負う運河技術者であった。 彼は測量を 1767 年に実施し、翌年に建設認可の議会法が獲得された。 議会法により 「ドロイトウィッチ運河水路の所有者の会社」 (Company of Proprietors of the Droitwich Canal Navigation) が創設され、この会社が株式の発行により £33,400 の資金を集め、 必要があれば追加の £20,000 を集める権限が与えられた。 ブリンドリーは公式には 「運河の検査官」 であったが、彼は当時トレント・マージー運河の建設に忙しく、 そのため、建設の責任を取る請負業者は常駐技術者の John Priddey により派遣され、 ブリンドリーと工事をして、彼に教わった。 £13,400 の工事資本は 134 株を発行して集められ、購入したのは地元の人で、建設は 1768 年 6 月 27 日に開始した。 工事が進展し、更に 66 株が発行され、 £6,600 が集められ、 £3,500 のローンも引き出され、プロジェクトの全経費が £23,500 になった。

運河はブロード運河 (broad canal, 幅広運河) として建設され、 セバーン川の Trow を受け入れることができた。 Trow は幅 14.5 フィート (4.4 m) で、長さ 64 フィート (20 m) であった。 ブリンドリーの大半の運河と同様に、これは地形に沿った (等高線に沿った) 運河で、できる限り地形に沿い、必要とされる盛土 (もりど、embankment) と掘割の数を削減していた。 もっともサルワープの教会 (Sarlwarpe church) の近くにはぎこちない屈曲部があり、 これは建物の北側を通る明らかなルートが議会法により、明確に除外されていたからである。 運河は長さ 5.7 マイル (9.2 km) で 8 基の水門があり、 全体で 56.5 フィート (17.2 m) 落下した。 塩水泉 (brine spring) があるため、水は塩気があり、 淡水魚が増えるのには適していなかった。

公式な開通は 1771 年 3 月 12 日で、運河は商的に成功した。 最初の配当は 1775 年に支払われ、1777 年までに、 £100 の株は £160 で取引されていた。 1784 年のスタウアブリッジ運河 (Stourbridge Canal) に接続する提案は、株主の間に意見の相違を引き起こしたが、 新しい運河を建設して 2 つの運河を合併する法案は失敗した。 この事件の後で、会社は代理投票の規則を変えた。 というのは合併に賛成した人の何人かは株主ではなく、運河の利益を支持したわけでないと感じたからである。

操業

ウスター・バーミンガム運河がこの運河の利益を損なう可能性が出てきて、 会社は交渉して、新しくできる企業の議会法の条項を付け加えさせ、 ドロイトウィッチの株の配当に 5% を保証させた。 この合意は 1790 年 3 月になされたが、配当が 5% に達していなかったため、 新しい運河がまだ建設されていないのにもかかわらず、彼らは差額をすぐに要求し始めた。 要求は毎年されたが、 ウスター・バーミンガム運河はまもなく支払いを拒んだ。 これはドロイトウィッチ運河が十分にトレードを奨励していないとの根拠の下であった。 訴訟が 1808 年に法廷に持ち込まれ、彼らは支払わなければならなかった。 1810 年 11 月までにウスター・バーミンガム運河が運河の管理を接収した。 もっともほとんど変化しなかった。 というのは 1821 年の合併の試み -- これは地主のサマーズ卿 (Lord Somers) の異論により見捨てられた -- の後で、ドロイトウィッチ運河が言及したことによると、 ウスター・バーミンガム運河はこの運河の管理で、しばしば干渉しようとした。 1822 年と 1825 年の塩税の廃止により、会社は 1820 年代末から、収入から 5% の 配当を支払うことができるようになり、 (5% の) 補償要求がほとんどされなくなった。

運河の幸運は 1830 年以後に退潮し始めた。 この時、塩水 (brine) の源泉がストーク・プライヤー (Stoke Prior) -- ドロイトウィッチの北東の村 -- で見つかった。 この多くは、ウスター・バーミンガム運河まで陸上を運ばれ、運河では北向きに運ばれたが、 (南向きの) セバーン川に向かう料金は交渉して、グロスターとブリストルの製品の値段が、 ドロイトウィッチ運河を使うものと競争力があるようにした。 鉄道の到来はトレードを更に取り去った、 もっとも鉄道はストーク・プライヤーからの塩に、とりわけ影響を与え、 塩と石炭を陸上で運ぶ料金を削除するために、 1852 年にドロイトウィッチ・ジャンクション運河の議会法が獲得され、 ウスター・バーミンガム運河のハンベリー波止場 (Hambury Wharf) までハシケ運河を建設することになった。 この運河を建設した会社は理論的には独立であったが、 意図したことは、運河が完成したら、ウスター・バーミンガム運河がこれを借り受け、 料金として 5% の配当を支払うことであった。 彼等は 1853 年から 21 年間ハシケ運河を貸し出すこともした。

運河が鉄道と競争することを容易にするために、 ハシケ運河の水門は長くされ、石炭をセバーン川を遡上して運び、 短いボートに積み替えをせずに 2 つの運河を通り抜けることができた。 この工事は 1854 年中頃に完成し、」ジャンクション運河は 1859 年末に開通した。 成ろう運河として建設され、幅が 7 フィート (2.1 m) のボートにしか適切でないが、 これは運河狂の時代に建設された最後の運河の 1 つであった。 運河は長さ 1.75 マイル (2.82 km) で、もう 6 基の水門があり、 最後の水門は運河をサルワープ川 (River Salwarpe) に接続していた。 川を 160 ヤード (150 m) 進んだ後に、 ハシケ運河が給水された元々の導水路は広い水門に転換され、 これによりハシケ運河のボートは川を使用してチャペル・ブリッジの上流にある塩工場に到達できた。 ハシケ水門 (Brage Lock) は 75x15 フィート (22.9x4.6 m) で、4 セットの水門があり、 川の水位がどのような時にも使用できた。 水門の下の地盤沈下が問題となり、1875 年/1876 年 と 1903 年に再建築する必要があり、 最初の時には 9 フィート (2.7 m) 持ち上げ、2 回目はもう 5 フィート (1.5 m) 持ち上げた。 どちらの運河の主な貨物は塩であった。

退潮

資金的な立場が悪くなると、ウスター・バーミンガム運河は 3 社の鉄道請負業者からの申し入れがあり、 これは運河とジャンクション運河の買収と、鉄道に転換するものであった。 運河会社は申し入れを受理したが、1866 年に議会に提出した法案は敗北し、 翌年の 2 度目の試みも同様であった。 1873 年 9 月に、ウスター・バーミンガム運河は シャープネス・ニュードックス会社 (Sharpness New Docks Company) からの申し入れがあり、 これは、運河とドロイトウィッチ運河のどちらも引き継ぐものであった。 引継ぎを認可する議会法が 1874 年に獲得され、 新しい会社はシャープネス・ニュードックス & グロスター & バーミンガム水路会社 (Sharpness New Docks & Gloucester & Birmingham Navigation Company) になった。 彼等はウスター・バーミンガム・ルートを改良する工事を着手したが、 すぐに運河が利益を産んでいない事に気が付いた。 これにもかかわらず、彼らは 1881 年にドロイトウィッチ運河から 73,000 トンのドロを浚渫し、 1888 年 - 1889 年の水門の上部シル (cill) を変更して、航行深度を 6 フィート (1.8 m) にした。 水門はこの時 77x15 フィート (23.5x4.6 m) となり、115 トンのボートを収容できた。 1906 年までに、どちらの運河の保守費用も、収入を越え、 運河は次第に衰退した。 終に、1939 年 7 月に放棄議会法 (Act of Abandonment) が獲得された。 ハシケ運河を最後に使用したボートは 1916 年にこれをなし、 一方ジャンクション運河は 1928 年以来交通がなかった。

復元

運河をどうするかという問題は、 ドロイトウィッチ・バラ議会で 1963 年に定期的に議論され、 復元運動はマックス・シンクレアー (Max Sinclair) が開始し、彼は復元は 2 年以内に完成できると提案した。 議会は運河の潜在的な快適環境価値 (amenity value) に気づき、 考えがウースター・イブニング・ニュース (Worcester Evening News) で報道され、 1966 年 6 月 14 日に挿絵記事を報道した。 復元グループが 1969 年に形成され、これは内陸水路協会が 「英国水路の保護」 (Safeguarding Britain's Waterways) と呼ぶ国内運動の一部分であり、 これにより 「ドロイトウィッチ運河トラスト」 -- 地方自治体の支援を得た有限会社 (limited company) -- が 1973 年に形成され、 運河の復元に向けた工事が開始した。 1973 年 10 月 27 日 - 28 日に、 水路復元グループ (WRG, Waterway Recovery Group) により組織された 「ドロイトウィッチ掘削」 (Droitwich Dig) がかって復元場所で招集された最大数のボランティアと共に集まった。 1975 年、運河は 「雇用創設計画」 (Job Creation Scheme) により恩恵を受けた 13 の 運河の 1 つで、この計画は雇用促進委員会 (Manpower Services Commission) に よって設置され、委員会は復元と保存工事に有給労働者を提供した。

サルワープにおける運河の底の掘削
1978 年の WRG 夏のワーク・キャンプ

資金は色々な資源から得られた。 これらには 1980 年のウィチャボン・ディストリクト議会 (Wychavon District Counci) からの £200,000 が含まれ、これによりヴァインズ・パーク (Vines Park) -- これに係留ベイシンが含まれる -- の工事の資金繰りがされ、 一方新しい旋回橋がシェル (Shell) の賞で資金繰りされた。 翌年に 雇用促進委員会 (Manpower Services Commission) は 15 名の労働者を資材のための £19,000 の予算と共に提供した。 ヴァインズ・パーク (Vines Park) を通り抜けるハシケ運河の区間は 1986 年 10 月に開通し、トラスト (Trust) の遊覧船 (trip-boat) がより長い船旅 (trip) ができるようになった。 技術的な実現可能性の調査が 1994 年に実施され、 これにより復元は確かに可能であり、 復元により地域に経済的恩恵があると結論した。 これは満員の会議で提示され、 ここで、ホーフォード (Hawford) で A449 道路の下を通過する問題と適切な給水を確保する問題が確認された。 計画は地方自治体の支援があり、自治体は資金源を探すのに熱中していた。 これなしには復元が完成することはあり得そうでないからであった。

2002 年、ブリティッシュ・ウォーターウェイズは 「鍵をかけていない無制限な会議」 (Unlocked and Unlimited conference) を開き、この会議でドロイトウイッチ計画の完成には £950万 程度の経費が 必要であることを確認した。 2 年後に宝くじ遺産基金 (Heritage Lottery Fund) はプロジェクトのために £460万 を 贈呈し、他の資金がアドバンテージ・ウェスト・ミッドランズ (Advantage West Midlands) と地元議会により提供された。 これの一部として、ブリティッシュ・ウォーターウェイズはカナル・トラスト (Canal Trust) から運河のリースを引き継いだ。 復元計画の申請はブリティッシュ・ウォーターウェイズにより 2007 年 5 月にドロイトウィッチ運河復元パートナーシップのために提出され、 この時までに全部で £1050万 が約束され、 このうちの幾つかは マッチング・ファンド (match funding) に依存し、 復元パートナーシップは他の資金を得るために £100万 の資金を集めることが必要であった。

プロジェクトは 2 年かかるとして計画され、どちらのドロイトウィッチ運河も完全に復元され、 2009 年に再開通した。 運河の 7 マイル (11 km) の全長の大半はまだ存在していたが、 M5 自動車道路とハンベリー (Hanbury) 水門の間の 550 ヤード (500 m) 区間は完全に再建築しないといけなかった。 既存のボディー川 (Body Brook) の暗渠 (culvert) は運河が自動車道路の下を通過するのに使用された。

新しい二重水門は M5 自動車道路
の建設中にこれをくぐる必要があった、

ハシケ運河とジャンクション運河はドロイトウィッチの中心を通り抜けるサルワープ川 (River Salwarpe) の 600 ヤード (550 m) の区間を運河化することによって接続された。 川のコースはより広く、より深くされ、 堰が水位を維持するように新しい水門 7 に隣接して建設された。 運河の水と川の水が混ざるのを最小にするために、パイプラインが曳舟道の下に建設され、 水門 7 のすぐ上流から、ハシケ水門 (Barge Lock) のすぐ下流まで走っている。 川の改良は川の堤防沿いの住宅開発の 1 部として、106 条の同意により 部分的に資金繰りされることになっていたが、 開発業者が契約から撤退したため遅れ、 これにより運河の完全開通が遅れた。ドロイトウィッチ・ハシケ運河は 2010 年 9 月 11 日に公式に開通し、 運河全体は 2011 年中頃に開通し、公式な開通式は 7 月 1 日に開催された。

興味ある地点
地点座標
ウスター・バーミンガム運河とのジャンクション
Jn with Worcs and B'ham Canal
52.2650°N 2.1151°W
M5 暗渠
M5 culvert
52.2672°N 2.1332°W
ハシケ水門
Barge Lock
52.2696°N 2.1456°W
レディーウッド水門
Ladywood Lock
52.2478°N 2.1944°W
A449 ホーフォード橋
A449 Hawford Bridge
52.2381°N 2.2261°W
セバーン川とのジャンクション
Jn with River Severn
52.2374°N 2.2322°W