ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Severn Bridge - Wikipedia

セバーン橋: Google map

セバーン橋 (Severn Bridge)

セバーン橋 (ウェールズ語:Pont Hafren) は時々セバーン・ワイ橋 (Severn-Wye Bridge) とも呼ばれ、 自動車用の吊り橋で、セバーン川とワイ川に架かり、 イングランド南グロスターシャー (South Gloucestershire) のオースト (Aust) と南東ウェールズのモンマスシャー (Monmouthshire) のチェプストウ (Chepstow) を グロスターシャーのビーチリー (Beachley) を経由して接続している。 ビーチリーは 2 つの川の間の半島である。 これはイングランドとウェールズの間のセバーン川の元々の道路横断であり、 £800万 の経費で建設するために、3.5 年がかかった。 橋はオースト・フェリー (渡し船) の代わりになった。

セバーン橋
川のイングランド側
から見た橋。
グロスターシャー
における位置。
セバーン橋を
セカンド・セバーン・クロッシング
と河口との関連で示す。

橋の開通式は 1966 年 9 月にエリザベス女王 2 世が挙行し、女王はこれを南ウェールズの新しい経済時代の夜明けと歓迎した。 30 年間、橋は M4 自動車道路を通していた。 橋は 1999 年 11 月 26 日にグレード I の指定建造物になった。

セカンド・セバーン・クロッシングの完成により、 イングランドのオルベストン (Olveston) からウェールズのマゴー (Magor) に 至る自動車道路は M48 になった。

  1. 歴史
  2. 部分構造
  3. 建設後の変更
  4. 通行料
  5. 所有権
  6. 記念碑と銘板
歴史

セバーン川を横断する橋の最初の提案で、 現在建設されている (橋の) およその場所に提案されたものは、 1824 年のトーマス・テルフォードによるものである。 彼はロンドンとウェールズの間の郵便馬車 (mail coach) 事業の改善に関して アドバイスを求められていた。 何もされずに、その後数十年の間、鉄道が 長距離移動の基本方式となり、 シャープネス (Sharpness) のセバーン鉄道橋が 1879 年に開通し、 セバーン・トンネルの本線が 1886 年に開通した。 しかしながら 20 世紀初頭の道路交通の成長により、 更なる改良が求められ、 1920 年代初頭にチェプストウ都市型行政地区議会 (Urban District Council) が近隣の地方自治体の会議を招集し、 町を通り抜ける A48 の渋滞と遅延を緩和するセバーン川の横断を考察した。 1935 年にグロスターシャーとモンマスシャーの州議会は合同で議会法を発起して、 河口を横断する橋の建設権利を得ようとし、 経費の 75% は運輸省 (Ministry of Transport) の道路資金 (Road Fund) から得ようとした。 しかしながら、グレート・ウェスターン鉄道会社の 反対の後で、法案は議会により否決された。

第二次世界大戦後に 国が資金提供する基幹道路網の計画が作られ始め、 これにセバーン橋が含まれ、 セバーン橋の契約はモット (Mott), ヘイ (Hay), アンダーソン (Anderson)、及び フリーマン・フォックス&パートナーズ (Freeman Fox and Partners) に与えられた。 この計画に対しての公聴会が 1946 年 9 月 24 日にブリストル大学で開催された。 しかしながら、政府資金が 類似のフォース・ロード橋 (Forth Road Bridge, 1964 年開通) に優先的に割り当てられたため、セバーン橋の建設は 1961 年まで開始しなかった。 英国政府が 1962 年に表明したことは、 建設経費はすべての車両横断に 2s 6d (£0.125) の通行料を課すことにより償還することであった。 下部構造は請負業者のジョン・ハワード社 (John Howard and Co.) により 1963 年に完成した。 上部構造の契約は共同橋梁建築社 (Associated Bridge Builders Ltd) に 1963 年に与えられ、1966 年に完成した。 (この会社はサー・ウィリアム・アロル社 (Sir William Arrol & Co., ウィリアム・アロルを参照)、 クリーブランド・ブリッジ & 技術会社 (Cleveland Bridge & Engineering Company) 及び ドーマン・ロング (Dorman Long) の合弁事業であった。)

橋は幾つかの宣伝で呼び物にされた。

セバーン橋の建設
40 年目の検査

2006 年に操業 40 周年目に橋は吊りケーブルの腐食をチェックされた。 道路局 (Highway Agency) によれば、検査が結論したことは橋は重量貨物車両を制限する必要が あることであった。 このような車両は現在は橋の 1 車線に制限され、重量制限の表示が設置されている。 乾燥空気が循環するケーブルのゴム・ケースを設置するシステムはフォース・ロード橋で使用されることになっており、 類似のシステムが腐食の進展を止めるためにセバーン橋で実装されるかもしれない。 ケーブルにゴム・ケースを設置する工事はスペンサー橋梁会社 (Spencer Bridge Company) がブリストルの 「D.S.ブラウンとベース構造会社」 (D.S.Brown and Base Structure Ltd.) により開発された技術を使用して 2007 年 - 2009 年に実施された。 同じケーブルを保存する技術は吊り橋の操業年数 (service life) を拡張するために世界中で使用されている。

2009 年の同時閉鎖

2009 年 2 月 6 日に、英国中で一週間雪が降り続いた時に、 2 つのセバーン橋は橋の構造から落下する氷と車両の被害から、 同時に閉鎖された。 2009 年の 12 月 22 日に、2 つの橋は同じ理由から再び閉鎖された。 これは 2 つの橋が共に閉鎖された 2 度目と 3 度目のことで、 一度目は少し前のエイボンマス (Avonmouth) の化学火災によっていた。

セバーン橋のパノラマ 2002 年
部分構造

セバーン橋の横断は 4 つの構造から構成され、 イングランドからウェールズまで順に列挙すれば: オースト高架橋、 セバーン橋、 ビーチリー高架橋、 ワイ橋である。 セバーン橋とオースト高架橋は 1999 年 11 月 26 日にグレード I の指定建造物となり、 一方、ワイ橋とビーチリー高架橋は 1998 年 5 月 29 日にグレード II の指定建造物となった。

オースト高架橋

514 フィート (157 m) のオースト高架橋はツイン・ボックス・ガーダー構造 (twin box girder structure) で、コンクリートの路面があり、 この路面がオースト崖の頂上から古いセバーン橋の最初の重力アンカレッジ まで道路を通している。 道路は次にコンクリート製のアンカレッジの頂上を越えて、セバーン橋まで通っている。

オースト高架橋、セバーン橋
ビーチリー、ワイ橋
左上から右下までの光景
セバーン橋
セバーン橋

セバーン橋は、かってのオースト・フェリーに近い場所にある。 橋は普通のデザインの吊り橋で、 路面は 2 つの鋼の塔の間に架けられた 2 本の主ケーブルで支えられている。 1966 年に、橋の路面を支えるケーブルは 18,000 マイル (29,000 km) のワイヤーで紡いでいた。 主ケーブルは各々 3,322 本の 5 mm (3/16 インチ) の個々のワイヤーから構成されている。 路面を支える吊りケーブルの普通とは違う造作は大半の吊り橋とは違い、 垂直でないことで、ジグザグに配置され、開口部の間隔が狭くなっていることである。 これが提供する 3 角形分割 (triangulation) は振動を削減する試みで、 ケーブルにおけるストックブリッジ・ダンパー (Stockbridge damper) の顕著な仕様と同様なことである。 橋は長さ 5,240 フィート (1600 m) で、塔の間の 3,240 フィート (988 m) の中央スパンと、 2 基の 1,000 フィート (305 m) のサイド・スパンから構成されている。 塔は平均満潮時の上に、 445 フィート (136 m) の高さがあり、中空な箱で建設されている。 路面は翼の形をした直交異方性 (orthotropic) の鋼のボックス・ガーダーであり、 これに自転車道と歩道がボックスにカンチレバー付けされている。 橋の形は 「フリーマン、フォックス & パートナーズ」 (Freeman、Fox and Partners) のデザイナーがフォース道路橋の風洞実験から決定し、 これは元々の風洞モデルが偶然破壊された後の事であった。 路面の節はチェプストウのフェアフィールド・メイビー社 (Fairfield-Mabey) で建設され、各々 132 トンの節は川を浮かべて下り、その後、定位置に持ち上げられた。

ビーチリー高架橋

2,444 フィート (745 m) のビーチリー高架橋はセバーン橋と同様なボックス・ガーダー橋で 建設されているが、ビーチリー半島を横断する時は鋼の架台 (trestle) で支えられている。 半島には軍隊の駐留地があり、橋はこれを横断している。

ビーチリー高架橋が
ビーチリー兵舎と
後方のワイ橋を横断
ワイ橋
ワイ橋

ワイ橋は長さ 1,340 フィート (408 m) のケーブル支え橋 (cable-stayed bridge) で、 これはイングランドとウェールズの間のワイ川で記された境界を横断し、 チェプストウの南 2 マイル (3.2 km) にある。 橋は大きな唯一のケーブル支え区間から構成され、2 本の 1 本脚の柱が 道路の中央で橋の路面を支えている。 路面は直交異方性のボックス・ガーダーで、セバーン橋と類似しているが、 2 本の塔に 2 セットのステー・ケーブルがあるため外見が違っている。 元々 1 セットのステー・ケーブルがあったが、強化工事の最中に交換された。 ワイ橋はクリーブランド橋梁 & 技術会社 (Cleveland Bridge & Engineering Company) によって建設された。

建設後の変更

1977 年 1 月に表明されたことにより、橋の交通は 1 方向に 1 車線に制限され、 これは 10 年を経た構造に幾つかの弱点が発見されたことによっていた。 車線の閉鎖は数ヶ月続くことになっていた。

セバーン橋は交通の重量が増えるにつれ、 1980 年代末に強化され、再舗装された。 工事に含まれたものは、 セバーン橋の塔と路面の強化、既存のワイ橋の塔の拡張と、元々のステーを 1 セットから 2 セットに交換することであった。 新しいステーの開放構造は保守を容易にするようにデザインされている。 大半の強化工事は路面のボックスと塔の内部なので、目では見えない。 路面は 35 mm (13/8 インチ) の厚さのマスティック・アスファルト (mastic asphalt) が防水性のアクリル膜 (acrylic waterproofing membrane) の上に設置されている。

通行料

セバーン橋の開通後間もなく、ウェールズの詩人 Harri Webb がセバーン橋に関して オード (Ode) を書いた:

2 つの台地が終に連なり、
広い水を横断し、
すべての通行料は
イングランドで徴収される。

通行料はイングランド側で徴収され、 イングランドからウェールズに向かう西向きの車両のみが対象である。 これにより、ある人々は、これを 「ウェールズに入る税金」 と呼び、 これが冗談の時もあったが、もっと深刻な反料金運動の事もあった。 元々は、料金は双方向に徴収されていたが、 取り決めが 1990 年代に変わり、双方向交通の料金所の 1 セットと、 橋の上まではみ出る料金待ちの待ち行列を削除することになった。

M48 自動車道路の西向き
交通の料金所

1966 年に新しい自動車道路の横断料金は単独のオートバイを除いては 2s 6d (10 新法では £0.125) で、単独のオートバイでは 1s (£0.05) の低額料金であった。 小型車では橋の通行料は 7s (£0.35) の節約で、この当時のフェリーの横断料金は 9s 6d (£0.475) であった。 1989 年までに通行料は双方向に £2 となり、 これは積み荷を積んでいない時の重量が 1,525 kg (3,362 lb) を越える貨物車両と、 16 名以上を乗せることができる乗用車が対象で、それ以外は片道 £1 であった。 通貨の下落はこの数十年間の英国の金融政策の造作の 1 つであり、 RPI (Retail Prices Index, 小売物価指数) が一般的な価格インフレの影響で広く使用されている代理物である。 もしもエリザベス女王 2 世が橋を開通した 1966 年 9 月以来の一般インフレと一体で、 セバーン橋の通行料が増加していれば、元々の通行料 £0.125 は 2016 年には 双方向の片道では £2.19 (片方向の徴収のみでは £4.38) に達しているはずである。

2017 年 1 月現在に 通行料は乗用車 £6.70 で、重量貨物車両 £20.00 である。 オートバイと身障者バッジの保持者は通行料から除外される。 しかし、料金所で停止して、資格の確認の必要があるし、遮断機を持ち上げる必要もある。 セカンド・セバーン・クロッシングの料金も同じである。 もっとも、この場合にはウェールズ側で徴収され (料金はウェールズに入る車に課せられ、 出る車ではない)、待ち行列は橋から十分に離れ、ひどい待ち行列でさえ橋に到達することはない。 セバーン TAG と呼ばれるシステムも操業中で、これにより料金所で停止せずに、 ドライバーは料金を電子的に支払うことが可能である。 TAG は旅行ごとでも、シーズンごとでも利用可能であるが、 後者のみに割引がある。

クリジット・カードとデビット・カードは元々どちらの橋でも認められず、 支払い手段のないドライバーは料金所で請求書を貰い、 あとで郵便で支払うことができた。 カードの支払いは 2010 年の ライダー・カップ (Ryder Cup) に合わせて利用可能となったが、 利用者は 暗証番号 (PIN 番号) を入力することが要求されており、現金がいまだに遅延なく支払うための推奨方法である。 道路の両側に沿って走る自転車道と歩道は料金なしで利用可能である。

2016 年の英国予算で、大蔵大臣の ジョージ・オズボーン (George Osborne) が表明したことはセバーン川横断料金は 2018 年に 半減されることであった。 ウェールズの自由民主党の党首であるカースティ・ウィリアムズ (Kirsty Williams) は値下げを無価値であると呼び、 「大臣は彼が通勤者に好意をしているかのように皮肉に行動しているが、 実際はウェールズに入るためのこの不公平な税金を維持したがっている。」 とした。 通行料は 2017 年に £5.40 に値下げされることになっているが、実際は更に増加する。

2017 年 7 月に、 ウェールズ相 (Welsh Secretary) のアルン・ケアンズ (Alun Cairns) が 2018 年末に通行料が廃止されることを表明し、 これが南ウェールズの経済を 1 年でおよそ £10000万 増大すると主張した。 2017 年 9 月にケアンズ (Cairns) が確認したことは、 通行料は 2018 年 1 月に値下げされることであり、 これは 2018 年末の完全廃止前に 付加価値税 (VAT) が取り除かれるためであった。

通行料の歴史
  カテゴリー 1
9 席までの
乗用車
カテゴリー 2
3,500 kg まで
の商用車両と
17 席までのバス
カテゴリー 3
3500 kg 以上
の商用車両
1992 年 4 月 26日 £2.80 £5.60 £8.40
1993 年 1 月 1 日 £3.10 £6.20 £9.30
1994 年 1 月 1 日 £3.40 £6.80 £10.10
1995 年 1 月 1 日 £3.70 £7.40 £11.10
1996 年 1 月 1 日 £3.80 £7.70 £11.50
1997 年 1 月 1 日 £3.90 £7.80 £11.70
1998 年 1 月 1 日 £4.00 £8.10 £12.10
1999 年 1 月 1 日 £4.20 £8.40 £12.50
2000 年 1 月 1 日 £4.20 £8.50 £12.70
2001 年 1 月 1 日 £4.40 £8.70 £13.10
2002 年 1 月 1 日 £4.40 £8.90 £13.30
2003 年 1 月 1 日 £4.50 £9.00 £13.50
2004 年 1 月 1 日 £4.60 £9.30 £13.90
2005 年 1 月 1 日 £4.80 £9.60 £14.30
2006 年 1 月 1 日 £4.90 £9.80 £14.70
2007 年 1 月 1 日 £5.10 £10.20 £15.30
2008 年 1 月 1 日 £5.30 £10.60 £15.90
2009 年 1 月 1 日 £5.40 £10.90 £16.30
2010 年 1 月 1 日 £5.50 £10.90 £16.40
2011 年 1 月 1 日 £5.70 £11.50 £17.20
2012 年 1 月 1 日 £6.00 £12.10 £18.10
2013 年 1 月 1 日 £6.20 £12.40 £18.60
2014 年 1 月 1 日 £6.40 £12.80 £19.20
2015 年 1 月 1 日 £6.50 £13.10 £19.60
2016 年 1 月 1 日 £6.60 £13.20 £19.80
2017 年 1 月 1 日 £6.70 £13.40 £20.00
2018 年 1 月 8 日 £5.60 £11.20 £16.70
所有権

橋の所有と操業は 1992 年 4 月 26 日に、 セカンド・セバーン・クロッシングを建設するための 取引の 1 部分として、「セバーン川クロッシング Plc.」 に移された。

2010 年 11 月 現在、「セバーン川クロッシング Plc.」 を所有するのは

会社の 2011 年の年次報告書によれば、同じ会社が子会社を通じて、 Plc の発行済みのすべての普通株を所有している。

この橋とセカンド・セバーン・クロッシングの所有権が 英国政府に復帰するのは 「運輸大臣との利権合意」 (Concession Agreement with the Secretary of State for Transport) で定められたプロジェクトで要求された橋を建設して保守するための収入が集められた時である。 2010 年に利権は 2017 年に終了すると予期されていた。 2012 年に合意事項が変更されて、VAT と企業税の変更、及びクレジット・カード処理システムの設置費用を 反映するようにした。 正味の影響は 1989 年の価格で、要求された収入を £99583万 から £102891万 に増やす事であった。

記念碑と銘板
橋の建設で命を失った人
を記念する銘板
橋の建築家と請負業者
を示す記念碑
橋は 1968 年に
市民トラスト賞を獲得
橋は 1991 年の シュリ・チンモイ
平和 - 花プログラムの一部と
して平和に献呈された。