ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Foss Dyke - Wikipedia

フォスダイクとウィザム川の地図
フォスダイクとウィザム川の地図の kml ファイル

フォス・ダイク (Foss Dyke)

フォス・ダイク (Foss Dyke、フォス水路) あるいはフォスダイク (Fossdyke) はトークシー (Torksey) のトレント川をリンカンシャー州 (Lincolnshire) の州都リンカンに接続し、 いまだに使用されているイングランドで最古の運河かも知れない。 これは通常はローマ帝国により AD 120 年頃に建設されていると思われているが、 著述家の間で一致がない。 フォス・ダイクは ヘンリー 1 世 (King Henry I) の治世の 1121 年に一新され、 ジェームズ 1 世 (King James I) により保守の責任がリンカン市に移管された。 1671 年の改良はトークシーの航行可能な導水路 (sluice) あるいは水門が含まれ、 倉庫と波止場がリンカンの中心のブレイフォード・プール (Brayford Pool) に建設された。

リンカンのブレイフォード・プール
ここでフォスダイクはウィザム川に合流

ブレイフォード・プールでのウィザム川 (River Witham) への接続は、 プールのすぐ下の中世の構造物であるハイ・ブリッジ (High Bridge, ハイ橋) の小さな開口部と深さが邪魔になった。 これを通り抜ける水路は 1795 年に深くされたが、1803 年にこれを取り壊すジョン・レニー の計画は採用されなかった。 運河はエリソン家 (Ellison family) に何世代かリースされ、彼らは通行料で儲けたが、運河を保守しそびれた。 石炭と羊毛の貨物は鉄道に移ったが、 穀物輸送は継続し、最後の商活動は 1972 年にあった。 ブレイフォード・ミア・トラスト (Brayford Mere Trust) はブレイフォード・プールを ゴミだらけの目障りなものから、魅力的なマリーナに変え、 リンカンシャー水路パートナーシップ (Lincolnshire Waterways Partnership) はリンカンからトークシーへの歩行路と自転車道を開通させ; サクシルビー (Saxilby) への区間は 2011 年 7 月 26 日に公的に開通した。

  1. ルート
  2. 歴史
  3. 復元
  4. 興味ある地点
ルート

フォスダイクはトークシーでトレント川に合流する。 支流 (運河のこと) はメイン水路 (トレント川のこと) を離れ、 A156 道路橋の下を通過し、直ちにトークシー水門に入る。 これが運河で唯一の水門である。 水門には 6 セットのゲートがあり、3 セットがリンカンに面し、(残りの) 3 つが川に面している。 川はこの地点で潮汐の影響を受け、川の水位は運河の水位よりも高いことがある。 ゲートにより、大半の潮の状態で、水門を使用することができる。 鋼の歩道橋が道路の近くで水門を横断し、 歩道橋と水門はどちらもグレード II の指定建造物である。 運河は東に走り、次に南に曲がり、フェントン (Fenton) とケトルソープ (Kettlethorpe) の東を通る。 まもなく A57 道路が合流し、再び東に曲がる。 道路は南岸に沿って走り、サクシルビーに到達する。

トークシー水門、トレント川の方を見る。
4 セットのゲートが見え、更に 2 セット
が橋の向こうにある。

サクシルビーで、マンチェスター・シェフィールド・リンカンシャー鉄道 (Manchester, Sheffield and Lincolnshire Railway) が水路を横断し、リンカンまでずっと南岸に沿って走っている。 鉄道橋の向こうにはかって旋回橋があり、1937 年に取り除かれたが、 基礎はなお明白である。 この地点の運河の横断は 1987 年に復帰し、この時、歩道橋が設置された。 元々の橋は 1884 年に製造され、 ニューアーク・オン・トレント (Newark-on-Trent) で 103 年間グレート・ノーザン鉄道 (Great Northern Railway) を横断し、 その後新しい用途についた。 A 57 道路橋が鉄道橋のすぐ後で、北岸へ横断する。ティル川 (River Till) が南に流れ、 道路の下でフォスダイクに合流し、この後で新しいマリーナが バートン・メドウズ (Burton Meadows) に建設されている。 建設により、洪水堤防に切れ目ができたため、洪水ゲートで保護されている。 運河はリンカンのはずれで、A46 道路の下を横断し、次に排水溝の上を越え、 カーフォルム・ゴルフ・クラブ (Carholme golf club) のそばを走る。 最後の橋は B 1273 道路のブレイフォード・ウェイ (Brayford Way) を通し、運河はブレイフォード・プールに入る。 ここは、かってはリンカンの中心の繁忙な商業波止場であったが、現在はマリーナとなり、 南側に大学がある。 航行できないウィザム川がプールの下端に流れ込み、ウィザム水路となって、ボストン (Boston) への道を流れる。

歴史

フォス・ダイクは長い間、AD 120 年頃にローマ帝国により建設されたと思われてきた。 これを示すものに、トークシーで見つかった刻み込まれた マルス神 (god Mars) の小像があり、 これは現在は 大英博物館にある。 しかし、この主題で著述する著述家の間に一致点がない。

この最初の記録はダラムのシメオン (Symeon of Durham) のもので、 彼のイストリア・レジウム (Historia Reguium, 王室の歴史) は 1121 年に次を述べている:

同年に、 ヘンリー王はトークシーからリンカンへ大きな運河を掘削し、 トレント川をここに流れ込ませ、船舶を航行可能にした。

あるものは、これにより、ヘンリーの建設工事前に運河が存在しなかったと考えた。 これにより、ケビン・リーヒー (Kevin Leahy) は次のように書いている:

フォスダイクがローマ帝国により建設されたとしても、 高度な保守が必要で、数百年間放置されれば、見つけることが困難で、ましてや航行することなどできない。

しかしながら、他の人はヘンリーが単に既存の構造を洗い流したと考えた; マーク・ベネット (Mark Bennet) はイースト・ミッドランズ考古学研究組織 (East Midlands Archaeological Research Framework) の論文で、次のように書いている。

フォス・ダイクはほとんど確かにローマ帝国のものである。 リンカンで岸壁は見つかっていないが、岸壁を思わせる壁が 1950 年代に発掘され、 これは電話交換局の場所で、壁で囲まれた都市の東で、ウィザムの北である。

運河はおよそ長さ 11 マイル (18 km) である。 運河は恐らくはトレント川の初期の流れに従い、トレント川は有史以前にはザ・ウォッシュ湾 (The Wash) に注いでいた。 56 マイル (90 km) のカー・ダイク (Car Dyke) と共に、これはピーターバラ (Peterborough) からヨーク (York) に 至る重要な輸送路の一部であった。

世評によれば、運河は デーン人 (the Dane) がイングランドに進入した時に使用し、 11 世紀に ノルマン人 (the Norman) が リンカン大聖堂 (Lincoln Cathedral) を建設するための石を運ぶために使用した。 上で議論したヘンリー 1 世 (King Henry I) の工事に引き続き、運河は劣化し、17 世紀には事実上通過できなくなった。 近くに住んでいたキャザリン・スウィンフォード (Katherine Swynford) が 1375 年にこれを修理させるために、 抗議行動を組織したとされている。 ジェームズ 1 世は所有権をリンカン自治体 (Corporation of Lincoln) に移管した。

1671 年にチャールズ 2 世 (Charles II) の治世の時に、 リンカン市はボストンからトレントまでの改良を認可する議会法を手に入れた。 工事はフォスダイクに実施されたが、 ウィザム川の最初の 100 ヤード (91 m) -- ブレイフォード・プールからハイ・ブリッジまで -- のみが注目された。 工事はこれ以前にザ・フェンズ (the fens、東イングランドにあった湿地帯) の排水の経験があったサミュエル・フォートリー (Samuel Fortrey) により実施された。 彼は少々の利益と引き換えに、経費の一部分を自分で引き受けることが要求された。 工事は 1672 年に完成し、トークシーの航行可能な導水路、あるいは水門が含まれ、 これは 1632 年にサイモン・ヒル (Simon Hill) により始めて提案されたものであった。 倉庫と波止場がブレイフォード・プールに建設されたが、1717 年にトークシーからの通過が再び困難となった。 石炭の交通は 1 年に平均して、1,357 トンがリンカンに向かったが、 通行料は修理資金には不十分であった。 リンカン市は水路を管理する専門的知識を持っていなかった。 そこで 1741 年に ドン川水路に経験があった リチャード・エリソン (Richard Ellison) にリースした。 彼は水路に年間 £75 を支払い、水路は通行料から、およそ £100 の収入があった。 彼は運河を浚渫して、3.5 フィート (1.1 m) の深さを提供し、 1774 年に再開通した。 2 年後に通行料は £595 になり、増加し続け、 彼の子息の下で、通行料は 1789 年に £2,367 となり、 彼の孫は 1811 年に £3,159 を徴収した。

リンカンを通り抜けてボストンに至る水路はブレイフォード・プールのすぐ下流の中世のハイ・ブリッジ の下の浅い喫水で妨害された。 サー・ジョセフ・バンクス (Sir Joseph Banks) はホーンキャッスル運河 (Horncastle Canal) の 建設をした時に、この問題を処理する必要があることを知っており、 ウィリアム・ジェソップが 1791 年にウィザム川とフォスダイクの調査 -- とりわけ 2 つの水路の間のジャンクションとのかかわりで調査 -- をすることを依頼された。 彼はシンシル・ダイク (Sincil Dyke、[訳注:水路、グーグル地図に掲載]) を使用して、市の南部にバイパス、あるいは橋の下流の水路を 掘削することを提案した。 もっとも彼はこの解決が理想的でないことを認めていた。 というのは橋の開口部が狭く、これを通り抜ける曳舟道がなかったからである。 しかしながら、市はトレードを限界まですることに熱心で、ハイ・ブリッジへの改良 -- これは 1795 年に完了 -- は 1792 年のホーンキャッスル運河議会法の一部として認可された。

ウィザム水路はまもなく修理が必要になり、委員会 (commissioners) は 1802 年にジョン・レニーに助言を求めた。 彼の報告は 1803 年に出版され、これに含まれたものは: ハイ・ブリッジを取り壊して新しい橋の下に幅 34 フィート (10 m) の水路の建設、 及びフォスダイクの改良で、経費は £12,260 であった。 どちらの行動も取られなかった。フォスダイクは、この大半が砂、もしくは流砂を通過しているため、 保守が困難であった。 事態はもっと複雑であった。というのは、これはエリソン家に 3 世代にわたって、リースされ、 リチャード・エリソン III はこれに資金を使うことに熱心でなかった。 通行料からの収入は修理費には十分であったが、何もできなかった。 彼へのリースの合法性を問うことが 1820 年代に考えられたが、うまくいくとは思われなかった。 彼は 1827 年に亡くなり、彼の姪の夫であるハンフリー・シブソープ (Humphrey Sibthorp) はウィザム川の所有者の 1 人で運河の責任を 引き継いだ。 彼はイザンバード・ブルネルに運河の測量を依頼し、ブルネルは 1833 年にこれを実施したが、 何の改良もされなかった。

鉄道は 1848 年にリンカンに到来した。 ウェイクフィールド・リンカン・ボストン鉄道 (Wakefield, Lincoln and Boston Railway) は 1846 年に ウィザム水路とフォスダイクの所有者と交渉し、水路のリースで収入を保証した。 リチャード・エリソン IV は 1 年 £9,570 で 894 年間リースすることに同意した。 これは直前の 3 年間の平均に 5% を加えたものに基づいていた。 鉄道の路線はグレート・ノーザン鉄道によって建設され、この会社はすでに同意されたリースを引き継いでいた。 ウィザム水路はフォスダイクよりももっと影響を受けた。というのは鉄道の路線はリンカンからボストンまでウィザム水路の堤防を 走ったからである。 マンチェスター・シェフィールド・リンカンシャー鉄道 (MSLR, he Manchester, Sheffield and Lincolnshire Railway) がサクシルビーを通り抜けて、その少し後でリンカンに到達する。 2 つの水路を合わせた数値は輸送された物資が 1848 年から 1868 年の間に 2/3 に減少したことを示している。 石灰と羊毛の貨物は鉄道に移った最初のものである。 しかしながら、MSLR はその時までにはグレート・セントラル鉄道 (Great Central Railway) の一部となり、 1897 年にブレイフォードにドックと積み替え倉庫を建設した。 フォスダイクは 1905 年に 75,881 トンを輸送し、 1913 年から 1917 年の間に平均して 69,611 トンを輸送し、 この大半は一般貨物と農産物であった。 一連の買収と合併により所有者が何度も変わり、 最後に国有化されて、1948 年に ブリティッシュ・ウォーターウェイズ委員会 (British Waterways Board) の責任なった。

建設時期は不明であるが、ロンドン・ノース・イースタン鉄道会社 (London and North Eastern Railway Company) はトークシー水門の西に小さな揚水棟を建設した。 ここには蒸気動力の ビーム・エンジンがあり、 恐らくはシェフィールドのデイビー・ブラザーズ (Davy Brothers) により製造され、 複動式のバケット・ポンプ (double-acting bucket pump) を駆動していた。 これは土地排水ポンプ場 (land drainage pumping station) の近くにあり、 フォスダイクの潮汐区間に水を汲み上げ、トークシー南部の 13,000 エイカー (5,300 ヘクタール) の 低地帯を排水していた。 揚水棟の仕事は水路の水位を維持することであったが、1936 年に取り壊され、痕跡が残っていない。 類似の場所に新しい揚水棟が 1974 年に就役した。 これは 「トレント川ウィザム川アンクホルム川移送計画」 (Trent Witham Ancholme transfer scheme) の一部を成している。 バーリングズ・オー川 (Barlings Eau, [訳注:ウィザム川の支流]) のショート・フェリーの揚水棟は 11 マイル (18 km) のパイプ・ラインを通じて、 アンクホルム川 (Ancholme, [訳注:ハンバー川の支流]) 上流のトフトニュートン貯水池 (Toft Newton reservoir) に水を汲み上げる。この水は夏や乾季にアンクホルム川の流れや水位を維持することに 使用される。 バーリングズ・オー川 (Barlings Eau) とウィザム川に水が十分でなければ、 トークシー揚水棟がトレント川から短いパイプラインでフォスダイクに水を移送する。 水はそこから水路を 10.8 マイル (17.4 km) を流れて、ブレイフォード・プールに至り、 そこからウィザム川に流れ、揚水に利用可能な水を補足する。

復元

多くの水路と異なり、フォスダイクは閉鎖したことがなく、1972 年に至るまで、 穀物を運び続けた。しかしながら、一般商用 (水路) 交通の終焉により、リンカンの中心にある ブレイフォード・プールは遺棄された目障りなものとなり、ゴミと沈没ボードで一杯になった。 地方商工会議所は 1965 年に問題に対処しようとし、ブレイフォード改良委員会 (Brayford Improvement Committee) を作った。 助言を内陸水路協会に求め、まもなくブレイフォード・ミア・トラストが設立された。 彼等はプールから難破船を取り除き、この場所を再建し、 訪れるプレジャー・ボート -- 今や水路の主な使用者 -- の施設を提供した。 プールの西の入口を横断したかってのリフト橋 (lift bridge) は 1996 年 8 月に 新しいコンクリートの高架橋で置き換えられた。 これは南岸の再開発の一部で、これには同じ年に開設された大学も含まれていた。 リンカンの西 2 マイル (3.2 km) に、新しい 15 エイカー (6.1 ヘクタール) のマリーナが バートン・ウォーターズ (Burton Waters) に建設され、 これは 140 エイカー (57 ヘクタール) の住宅開発の一部であった。

訳注
リフト橋には 2 つの可能性 (バスキュール橋垂直リフト橋) の可能性がありますが、 多分バスキュール橋です。

リンカンからサクシルビーに至る運河沿いの歩行路と自転車道の 建設は 「リンカンシャー水路パートナーシップ」 (Lincolnshire Waterways Partnership) により実施された。 パートナーシップは リンカンシャー州議会、 環境庁、 及びブリティッシュ・ウォーターウェイズの 共同の取り組みであった。 ルートの大半は北側の洪水堤防の頂上に沿って走っているが、 サクシルビー近くの A57 道路の新しい横断とティル川 (River Till) を横断する橋では降下している。 ルートは 2011 年 7 月 26 日に公的に開通した。 この道をトークシーまで延長することは長期的目的である。

興味ある地点
地点座標備考
トークシー水門
(Torksey Lock)
53.2929°N 0.7439°Wトレント川との
ジャンクション
ドリンジー・ヌーク
(Drinsey Nook)
53.2586°N 0.6935°WA57 道路が合流
サクシルビー鉄道橋
(Saxilby railway bridge)
53.2660°N 0.6609°W
ティル川ジャンクション
(River Till junction)
53.2630°N 0.6257°W
バートン・メドウズ・マリーナ
(Burton Meadows marina)
53.2484°N 0.5983°W
キャッチウォーター・ドレイン水道橋
(Catchwater Drain aqueduct)
53.2364°N 0.5717°W
ブレイフォード・プール
(Brayford Pool)
53.2287°N 0.5453°Wウィザム水路との
ジャンクション