ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Car Dyke - Wikipedia

カー・ダイクはイングランドがローマ帝国領であった時に建設された運河のようなものですが、 高低差があるので輸送用の運河ではないことがわかっています。 集水ドレインのようなものかもしれませんが、用途は不明です。 Google map のみからでは消えうせている場所もあるので、カー・ダイクのルートを追えません。 次は原文に書かれている座標です:

Car Dyke: Google map

Car Dyke – EyePeterborough

によると、13 世紀にはダイクを所有していたのは Kari と 呼ばれる人でここから Car Dyke が由来するか、 あるいは古英語で Car は 「overgrown (with marsh, reeds and shrubs)」 (湿地でアシや灌木が成長しすぎた場所) を意味するとのことです。

ウィザム第 1 地区IDB がウィザム川とカー・ダイクの間にあり、 その点からカー・ダイクの位置がある程度わかることに気が付きました。

カー・ダイク (Car Dyke)

カー・ダイク (Car Dyke) はイングランド東部の ザ・フェンズの西端沿いに走る 85 マイル (137 km) の溝であったし、 現状でも広範囲でそうである。 一般に、これはローマ帝国のものとして認められ、何世紀もの間、ザ・フェンズの 西端を記すものとして認められた。 合意されていることは、ここで終わりとなる。

カー・ダイクの幅の広い区間、真夏
  1. 可能性のある目的
  2. フェンズ水路接続
可能性のある目的

18 世紀に、 ウィリアム・スチュークリ (William Stukeley) は これが物資を運ぶための運河と述べ、 彼の考えはなお普及している。 例えば、 ケンブリッジ州議会の考古学チームによる 1990 年代のウォータービーチ (Waterbeach) の発掘が 発見したものはローマ時代のボートの遺物とホーニングシー (Horningsea) の 陶器の貨物であった。 この区間は 「古代モニュメント一覧」 として保存されてきた。 ボストンの近くの別の考古学的調査から、 大きさが与えられた: 航行可能な幅が 12 m (36 フィート)、深さが 2 m (6.6 フィート) であることが 発掘中に発見された。 他の発掘により、ケンブリッジとウォッシュ湾 (The Wash) の中間の ローマ時代の石炭を燃料にした一群のフォージ (forge, 鍛冶屋の炉) で、 ミッドランドの石炭が使用されていたことが発見され、 これらの事実はカー・ダイク沿いのトレード・輸送の証拠を与えている。 戻りの積み荷はヨーク (York) の守備隊に供給するための穀物と陶器で、 穀物は輸送・保存の準備のために石炭窯で乾燥していた。 この北端で、 ローマ帝国領英国 (Roman Britain) の説明で、 これが認められているフォス・ダイクの延長であることが述べられている。 リンカンシャーのモートン (Morton) の近くで、 ボート一杯の化粧仕上げした石切り場の石が運河の底で発見され、 中世のものと特定された。

リンカンシャー、ブランストン・ブースズ (Branston Booths) の近くの、
このよく保存された区間のように、上を向いた堤防は十分に離れており、
航行用に意図された運河を示唆している。

しかしながら、他の部分では、地形から示唆されることは、 運河としての使用はありそうもなく、少なくとも困難である: ピーターバラのソーク (Soke) を通り抜けていた、そして今でも通り抜けている区間は、 ネン川 (River Nene) からアイ (Eye) の尾根に上昇し、 次にウェランド川 (River Welland) に降下している。 これは一定の傾きをしており、輸送のためにデザインされた運河とは全く違うものである。 このコースから、この成果は注意深く計画されたことは明らかである。 リンカンシャーのある水平区間で、 これは通過を遮るものがない土手道になっており、 傾いて通過し、わずかな尾根の側面を上下している。 しかしながら、運河の長さを考えれば、現代の測量技術者の示唆することでは、 元々の技術者は (測量の困難さ、あるいは深く掘削するための資金がなかったため) 一定の高さで運河を保持できなかった。 従って、自然な障壁がその場に残されて、運河が区間に分割され、要求された水深が維持され、 障壁を超えてボートが引きずられた。 これは意図的にされて、夏に全区間の水がなくならないようにするためのものであったかもしれない。

これは部分的には集水ドレイン (catchwater drain) の役目をしており、西の高台 (higher ground) から雨水 (runoff) を途中で捕捉している: この場所の排水計画を作るための 17 世紀の改良の証拠が特定され、 ローマ時代の資材を覆っている。 逆にリンカンシャーとウォッシングバラ (Washingborough) の近くの北端を通り抜ける 通路の南半分は、その両側に持ち上げられた堤防があると認められている: 高台側の堤防は集水ドレイン (catchwater drain) にうまく適合した造作ではない。

ローマ時代のものにせよ、自然なものにせよ、造作をザ・フェンズをすべて取り囲む境界と解釈することは可能である。 紀元 120 年にローマ皇帝 ハドリアヌスは英国を訪れた。 この時代の区間はザ・フェンズに決着をつけるための彼の計画と関連していたかもしれない。 例外はザ・フェンズの南東で、ここでは リン酸肥料 (phosphate) が手作業で露天掘り (strip mine) され、 証拠がなくなった。 これは詳細な地図と空中写真が撮影される前のことである。 1 つの結論は、現存する証拠が矛盾し、誰もが受け入れるものではないが、 全体としては、これは境界として使用されている (但し、南ランカシャーの部分は疑いもなく中世のものである)、 しかし、これは適応させて集水ドレイン (catchwater drain) の役目も果たしている。 おそらくは元々物資の輸送手段として意図されたものではないが、 考古学により実証されたことは、少なく共、部分的に貨物を運ぶための船舶に使用されたことである。

ジョージ・シップウェイ (George Shipway) が彼の歴史小説 「帝国の統治者」 (Imperial Governor)、 ISBN 0-432-14750-0 で主張し続けたことは、 当時の英国の統治者である ガイウス・スエトニウス・パウリヌス (Gaius Suetonius Paulinus) が イケニ族 (Icenian) の反逆者の隠れ場所がないように、ザ・フェンズを排水することを考えたことである。

フェンズ水路接続

ネン川とウェランド川の間の区間はレジャー・ボート用の 新しいフェンズ水路接続 (Fens Waterway Link) の区間として 航行用に復元できるかもしれない。 技術的調査が実施されたが、歴史的立場の懸念からこれは望ましいルートではなく、 キャッツ・ウォーター・ドレイン (Cat's Water Drain) が 他に考えられている選択肢である。