ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Lincoln Cathedral - Wikipedia

リンカン大聖堂:  Google map

リンカン大聖堂 (Lincoln Cathedral)

リンカン大聖堂 (Lincoln Cathedral) は、 リンカン・ミンスター (Lincoln Minster)、あるいは 祝福された聖母マリアの大聖堂教会 (Cathedral Church of the Blessed Virgin Mary of Lincoln)、 あるいは時には聖マリアの大聖堂 (St. Mary's Cathedral) と呼ばれ、 イングランド、リンカンにあり、リンカンのアングリカン司教 (Anglican Bishop) の座である。 建設は 1072 年に開始し、中世を通じて、数段階で継続した。 イングランドの中世の大聖堂の多くと同様に、ゴシック様式で建設された。

リンカン大聖堂 リンカンにおける位置

これは 238 年間 (1311 年 - 1548 年)、世界最高の建物であり、 ギザの大ピラミッド (Great Pyramid of Giza) の後で、このタイトルを保持した最初の建物であった。 中央の尖塔は 1548 年に崩壊し、再建されなかった。 400 年の間、元々の マグナ・カルタ (Magna Carta) の残存する 4 冊のコピーの 1 冊を 所持し、今ではリンカン城 (Lincoln castle) で安全に展示されている。 この大聖堂はおよそ 5000 平方メートル (54,000 平方フィート) で、 イングランドで 4 番目に広く、 リバプール大聖堂 (Liverpool Cathedral)、 セント・ポール大聖堂 (St. Paul's Cathedral)、 そしてヨーク・ミンスター (York Minster) に次いでいる。 これは建築学者により高く評価され、 ビクトリア時代の著作家である ジョン・ラスキン (John Ruskin) が言明するように、

リンカン大聖堂は英国初頭で、はるかに最も重要なもので、大雑把に言えば、 他の 2 つの大聖堂の価値がある ..... と思ってきた。
  1. 歴史
  2. 造作
  3. 現代の歴史
  4. 首席司祭とチャプター
  5. 音楽
  6. 埋葬
  7. ギャラリー
歴史

リンカン最初の司教であるレミギウス・ド・フェカン (Remigius de Fécamp) は司教座 (cathedra) を 『1072 年と 1092 年の間のある時期に』 移動した。 これに関してジェームズ・エセックス (James Essex) は 『レミギウスは 1072 年に大聖堂の基礎を置いた』と書き、 『恐らくは、彼が ノルマン人であったため、ノルマン人の石工を採用し、 建築を監督させた... もっとも、彼は死ぬまですべてを完成できなかった』としている。 この前に、B. ウィンクルズ (B. Winkles) が書くように、 『よく知られているように、レミギウスはリンカンの聖メアリー・マグダレーネ (St. Mary Magdalend) 教区教会を私物化した、しかしながら、彼が何を利用したのかは知られていない。』

この時までに、スト― (Stow) の聖メアリー教会はリンカンシャーのマザー教会 (mother church) で あると見なされていた。 (しかしながら、これは大聖堂ではなかった、管区の座 (seat of diocese) は オクスフォードシャーのドーチェスター・オン・テムズ (Dorchester-on-Thames) のドーチェスター修道院 にあった。) しかしながら、リンカンはテムズ川からハンバー川 (Humber) に広がる管区のもっと中央にあった。

大聖堂にある模型
大聖堂の以前の尖塔が表示
17 世紀のリンカン大聖堂の
印刷、西の塔の上の尖塔

レミギウスは現在の場所に最初のリンカン大聖堂を建設し、1092 年に完成し、 奉献される 2 日前の 5 月 7 日に亡くなった。 1124 年に火災で木造屋根が破壊された。 アレグザンダー (Alexander, 司教、1123 年 - 1148 年) は大聖堂を再建し、 拡張した。 しかし、これはおよそ 40 年後の 1185 年に地震で破壊された。 ( 英国地質調査所 (British Geological Survey) によると 1185 年 4 月 15 日に起きた。) 地震は英国で感じた最大なものの 1 つであった;  これはマグニチュード 5 以上と評価されている。 大聖堂の被害はとても広範囲なものと思われた;  大聖堂は 『上から下まで裂けた』 と言われている;  現在の建物で、西の下部と、2 つの付属する塔のみが、地震以前の大聖堂で残ったものである。 何人 (キッドソン (Kidson) 1968 年;  ウー (Woo) 1991 年) かが示唆することでは、 リンカン大聖堂の被害は恐らく、貧弱な建設とデザインにより誇張され;  実際の崩壊はヴォールトの不具合による可能性がとても大きいとのことである。

地震の後で、新しい司教が任命された。 彼は、フランス、アバロン (Avalon) のヒュー・ド・バルガンディ (Hugh de Burgundy) であり、 リンカンのセント・ヒュー (St. Hugh) と呼ばれた。 彼は大規模な再建と拡張プログラムを開始した。 ウィリアム・ド・モンティブス (William de Montibus) が大聖堂学校の校長 (master) 且つ学長 (chancellor) に 任命されてから、リンカンはイングランドで主要な教育の中心の 1 つになり、 サミュエル・プレスビター (Samuel Presbiter) やリチャード・オブ・ウェザリングセット (Richard of Wetheringsett) のような作家を 輩出した、もっとも 1243 年のウィリアムの死後は重要性が減った。 再建は 1192 年と 1210 年の間にクワイヤ (セント・ヒュー (St. Hugh) のクワイヤ) と東の翼廊で開始した。 中央ネイブはその後で、初期英国ゴシック様式 (Ealy English Gothic style) で建設された。 リンカン大聖堂はまもなく当時の他の建築的進展に従った -- 尖りアーチ、 フライイング・バットレス、 そしてリブ・ヴォールトが大聖堂に追加された。 これにより、より大きな窓を組み込む支えができた。 13 の鐘が南西の塔に、2 つが北西の塔に、そして 5 つが中央の塔にある (これにはグレート・トム (Great Tom) が含まれる)。 大聖堂の大きな鐘 -- リンカンのグレート・トム -- のそばに 15 分おきに鳴る打鐘時計 (striking clock) がある。 時計は 19 世紀始めに設置された。 2 つの大きなステンドグラス窓 -- そろいの「首席司祭の目」 (Dean's Eye) と 「司教の目」 (Bishop's Eye) は中世末期に大聖堂に追加された。 前者 -- 翼廊北の 「首席司祭の目」 は 1192 年からのもので、再建がセント・ヒュー (St. Hugh) により始まり、 1235 年についに完成した。 後者 -- 翼廊南の 「司教の目」 は 100 年後の 1330 年に再建された。 当時の記録 -- セント・ヒュー (St. Hugh) の韻律の生活 (The Metrical Life of St. Hugh) -- はこれらの 2 つの窓の意味を言及している (1 つは建物の北側の暗い場所にあり、もう 1 つは南側の明るい場所にある) : 

というのは、北は悪魔を表し、南は精霊 (Holy Spirit) を表し、 2 つの目が向くのは この方向である。 司教は南を向いて招き入れ、首席司祭は北を向いて遠ざける;  1 つは救われることに気を付け、もう 1 つは滅びないように気を付ける。 これらの目を持って、大聖堂の顔は天国の燭台 (candelebra) と レーテー (Lethe, 忘却) の暗さを見守っている。

「首席司祭の目」 の追加と他の重要なゴシック様式の追加の後で、 塔の支えに何らかのミスがあったと思われている。 というのは 1237 年に主塔 (main tower) が崩壊したからである。 新塔の工事がすぐに開始し、1255 年に大聖堂は ヘンリー 3 世 (Henry III) に嘆願をして、 町の壁の 1 部を取り壊して、大聖堂を拡張・拡大しようとし、これには中央塔と尖塔の 再建が含まれていた。 彼らは小さな丸い礼拝堂 (セント・ヒュー (St. Hugh) の時に建設) を大聖堂の大きな東端で交換した。 これは大聖堂のますます増大する参拝者を処理するためであった。 彼らはリンカンのヒュー (Hugh) 神殿にお参りするために訪れた。

1290 年、 エリナー・オブ・カスティル (Eleanor of Castil) が亡くなり、 イングランドの エドワード 1 世 (King Edward I) が優雅な葬列で王妃である彼女の弔いをすることを決意した。 彼女の肉体の防腐処置が施され -- これは 13 世紀には内臓の摘出が含まれ、 エリナーの内臓はリンカン大聖堂に埋葬され、エドワードはここに ウェストミンスター寺院の墓の 複製を置いた。リンカン大聖堂の墓の元々の石櫃は生き延び、 この彫像は 17 世紀に破壊され、19 世紀にコピーが代りに設置された。 リンカン大聖堂の外側に、2 つの有名な彫像があり、 しばしばエドワードとエリナーのものと同一視されたが、 これらの像は 19 世紀に随分修復され、 恐らく、元々 2 人を表現したものとは違っている。

大聖堂のメイン扉 ノーマン様式の西正面

1307 年と 1311 年の間に、中央塔は現在の高さの 271 フィート (83 m) に持ち上げられた。 西の (複数の) 塔と大聖堂の正面も改良され、高くされた。 この時に鉛に包んだ背の高い木造の尖塔が中央塔の上に建てられたが、1548 年の嵐で、吹き落とされた。 世評によれば、尖塔によって塔は 525 フィート (160 m) の高さに達した。 (これにより、これは世界で最高の建築物になり、 ギザの大ピラミッドを越え、 後者はほとんど 4000 年間この記録を保持していた)。 異議はあるが、この高さは大半の情報源で同意されている。 この時点で、大聖堂に追加された他のものは、 彫刻された優雅なスクリーン (仕切り) と 14 世紀のミゼリコードが含まれ、 エンジェル・クワイヤ (Angel Choir) も含まれた。 大聖堂の全長の多くの部分では、壁には前面の第 2 層に レリーフのアーチがあり、壁に沿って通路があるような錯覚を与える。 しかしながら、錯覚は機能していない、というのは石工はフランスから技術を真似した時に、 アーチを正しい長さに設定しなかったため、錯覚が機能しなかった。

1398 年に、 ジョン・オブ・ゴーント (John of Gaunt) と キャサリン・スウィンフォード (Katherine Swynford) は 大聖堂の寄進礼拝堂 (チャントリー・チャペル) を設置して自分たちの魂の安泰を祈らせた。 15 世紀には、大聖堂の建設は寄進、あるいは記念礼拝堂に向けられた。 エンジェル・クワイヤに隣接する礼拝堂は 垂直様式で建設され、この様式は強い垂直線に力点が置かれ、 これは今日、窓のトレーサリーと壁のパネルで生き延びている。

マグナ・カルタ

リンカン司教のウェルズのヒュー (Hugh of Wells) [訳注: リンカンのヒュー (Hugh of Lincoln) とは別人] は マグナ・カルタの署名者の 1 人で、何百年もの間、大聖堂は 元々のマグナ・カルタの残存する 4 冊のコピーの 1 冊を 所持し、今ではリンカン城 (Lincoln castle) で安全に展示されている。

リンカン・マグナ・カルタは 1939 年のニューヨークの世界博覧会 (New York's World's Fair) の最中に英国館で展示された。 1941 年 3 月に外務省 (Foreign Office) はリンカン・マグナ・カルタを米国に贈ることを提案し、 『何千人もの米国人がこれをみるために長い行列をして待った』 ことと、 レンドリース法を他の理由の中から言及した。 2009 年に、リンカン・マグナ・カルタはカリフォルニア州 シミ・バレー (Simi Valley) の 「ロナルド・リーガン大統領図書館」 (Ronald Reagan Presidential Library) に貸与された。

他に 3 冊の現存するコピーがあり;  2 冊は 大英図書館 (British Library)、 1 冊は ソールズベリー大聖堂にある。

リトル・セント・ヒュー (Little Saint Hugh)

1255 年 8 月に、8 才の少年の死体がリンカンの井戸で見つかった。 彼は 1 ヵ月近く行方がわからなくなっていた。 この事件は町の 血の中傷 (blood libel) の原因となり、 ユダヤ人は誘拐、拷問、そして殺人で非難された。 多くのユダヤ人が逮捕され、18 名が絞首刑になった。 男の子はリトル・セント・ヒュー (Little Saint Hugh, 小さい聖ヒュー) と呼ばれ、リンカンのセント・ヒューと区別された。 彼は公的には聖人に認められたわけではなかった。

大聖堂はこの事件で利益を得た、というのはヒューは殉教者とみなされ、 多くの信奉者が町と大聖堂に訪れて、彼をあがめたからである。 ジェフリー・チョーサー (Geoffrey Chaucer) は「尼寺の長の話」 (The Prioress's Tale) [訳注:  カンタベリー物語の 1 節] でこの事件を言及し、 これに関しての バラッド (ballad) が 1783 年に書かれた。 1955 年に銘板が大聖堂のリトル・セント・ヒューの神殿の遺構の近くに設置され、 ユダヤ人共同体によるキリスト教徒の子供の儀式殺人のでっち上げの物語を非難した。

造作
リンカン小悪魔 (Lincoln imp)
訳注:  リンカン小悪魔を参照

大聖堂内の石の彫刻の 1 つに「リンカン小悪魔」 (Lincoln imp) がある。 このフィギャー (figure, 彫像) を取り巻く伝説には幾つかの種類がある。 14 世紀の伝説によると、2 匹のいたずら小悪魔が悪さをするために悪魔に派遣された。 北イングランドの別の場所で大騒ぎを引き起こしてから、2 匹の小悪魔はリンカン大聖堂に向かい、 ここで彼らはテーブルと椅子を壊し、司教に悪さをした。 天使がエンジェル・クワイヤ (Angel Choir) に現れ、やめるように命令した。 小悪魔の 1 匹は石柱の頂上に座り、天使に石を投げ始めた。 一方、もう一匹は壊れたテーブルと椅子の下にすくんでいた。 天使は最初の小悪魔を石に変え、その間に 2 番目の小悪魔が逃げた。 石に変えられた小悪魔は今でもエンジェル・クワイヤの石柱の頂上に座っているのを見ることができる。 これらは建物にある多くの彫刻された動物の 1 つでもある。

リンカン小悪魔 平面図
訳注
平面図は、元のページに記載の図に Floorplan - Lincoln Cathedralの図を参考にして書込みました。
レン図書館 (Wren library)

レン図書館 (Wren Library、Wren = ミソサザイ) は 277 冊以上の珍しい写本のコレクションを 収容し、ここに ベーデ師 (Venerable Bede) のテキストが含まれる。

バラ窓

リンカン大聖堂には 2 つの重要なバラ窓を呼び物にし、 これはイングランドの中世建築ではとでも異常なことである。 大聖堂の北側には 「首席司祭の目」 (Dean's Eye) があり、 これは建物の元々の構造から生き延びたもので、南側には 「司教の目」 (Bishop's Eye) があり、 1325 年 - 1350 年頃に再建された可能性が最も高い。 この南側の窓は中世建築で見られる 曲線トレーサリー (curvilinear tracery) の最大の実例の 1 つである。 曲線トレーサリーはトレーサリーの一形式で、パターンが連続する曲線である。 これらは形式はしばしば尖りアーチと直角の窓の中で実施される、 というのは、このようなものが最も簡単な形であるからで、 窓の丸い空間はデザイナーにとって、ユニークな挑戦であった。 1 つの解決が与えられ、円を幾つかの、より小さな領域に分割することを求め、 小さな領域ではデザイン・創造が容易であった。 曲線が窓に引かれ、これにより円の 4 つの異なる領域が作られた。 これにより円の中に空間が作られ、ここではトレーサリーはもっと小さく、処理しやすかった。 この窓が興味あり、またユニークでもあるのは、トレーサリーの焦点が 円の中心からシフトし、他の部分に置かれる点である。 窓ガラスのはめ込みは、同じ理由からトレーサリーと同様に困難であった;  従って、デザイナーは窓の中の図形の量を制限する決定をした。 この時代の大半の大聖堂の窓は、聖書の多くの色彩豊かな画像を表示した;  しかしながら、リンカンではほとんど画像がなかった。 窓の内部から見ることができるこれらの像の幾つかは、 聖ポール (Paul)、聖アンドリュー (Andrew)、聖ジェームズ (James) であった。

「司教の目」バラ窓
木造トラス

木造トラスは建築物の頑丈で信頼できる支えを与える、 というのは、これらは継ぎ手 (joint) を通して、損傷に抵抗し頑丈のまゝであったからである。 3 角形は最も頑丈な形である、というのは力が加えられた時に、 3 つの継ぎ手を最大限に利用して、耐えることができるからである。 大きな 3 角形の中に 3 角形のトラスを作れば、更にもっと頑丈となり、 リンカンのクワイヤに見ることができる。 すべての木造トラスのデザインは面倒な仕事である、というのは、支えを建設中に考察を必要とする 多くの異なることがあるからである。 トラスは、もしも適切にデザイン・建設されなければ、多くの異なる方法で破損する;  従って、特別な必要性を考えて、トラスを特別な建物に適応するようにデザインすることが重要である。 最も単純なトラスの形は A-フレーム (A-frame) である;  しかしながら、これにより生成される外側に押し出す力はとても大きいため、 このトラスはしばしば破損する。 タイ・ビーム (結合梁、tie beam、[訳注:ハンマービーム屋根の最初の訳注参照]) の追加は 3 角形を構成するが、 この梁はトラス全体が大きすぎると、時々下にたわむ。 このどちらのトラスも、屋根の純粋な大きさにより、リンカンでは適切でない。 破損して建物を支えることができないからである。そこで、 カラー・ビーム (襟梁、collar beam) と クイーン・ポスト (queen post) を追加して、 垂れ下がるのを防止している。 風の被害から守るために、筋交い (brace) が追加された。 第 2 の垂木 (rafter) がデザインに追加され、 重量が確実に等分された。 聖ヒューのクワイヤには全部で 36 本のトラスがあり、 屋根を定位置で支え、完全に自分自身の重量と力で屋根を持ち上げている。

訳注
この箇所の説明は良く理解できないのですが、木造トラスがあるのは、 大聖堂の屋根裏です。大聖堂の内部で上を見上げると、石造ヴォールトの天井があり、外から眺めると普通の屋根があります。 つまり、ヴォールトは屋根ではなく天井なのです。つまりヴォールトの上に屋根があり、これは木造なのです。木造トラスとはこの屋根を支える 木造構造と思われます。大聖堂の見学コースにはこの屋根裏を巡るものが含まれる場合があります。 パリのノートルダム寺院で火災が起きたのはこの箇所です。ここは木造になっています。
ヴォールト (vaults)

リンカーン大聖堂の 1 つの重要な建築的造作は 壮観なヴォールトである。 大聖堂中の色々なヴォールトは独創的 (original) で、同時に実験的と言われている。 ヴォールトはとりわけ、リンカンで見られる実験的側面を明白に定義している。 幾つかの異なる種類のヴォールトがあり、 大聖堂のネイブ、側廊、 クワイヤ、そして礼拝堂で違っている。 北の側廊 (North Aisle) に沿って、連続的な尾根リブ (ridge rib) があり、区画 (bay) を無視する規則的な アーケード (regular arcade) がある。 一方、南の側廊 (South Aisle) には不連続な尾根リブがあり、 各分離した区画 (bay) を強調している。 北西の礼拝堂 (North West Chapel) は 4 分割ヴォールト (quadripartite vaults) で、 南の礼拝堂 (South Chapel) は 1 本の中央支え柱から枝分かれするヴォールトである。 6 分割ヴォールト (sexpartite vaults) により、もっと自然な光が、 クリアストーリー窓を通して大聖堂の中に入り、 この窓は別々の分離した区画 (bay) の中に設置されている。

リンカン大聖堂
気狂いヴォールト (crazy vaults)
ネイブの光景

聖ヒューのクワイヤ (Saint Hugh's Choir) は極端に異常なヴォールトである。これは非対称なヴォールトの連続で、 ほとんと 1 本の対角線のように見え、1 方の側で 2 本のリブで作られ、ヴォールトの反対側で 1 本のリブに変わる。 このパターンがヴォールトと区画 (bay) の空間を分割し、完全に区画に重点を置いている。 チャプター・ハウスのヴォールトも興味深い。 これは 10 角形の建物で、唯一の中央柱があり、ここから 20 本のリブが上昇している。 リンカンの分離した領域の各々はその空間の異なるヴォールトのみによって区別できる。 各ヴォールト、あるいはヴォールトの変種、は新鮮で独創的である。 これらは革新的な考えと、偉大な創造性を図解している。 疑う余地もなく、これらのヴォールト、そしてこれ以外のリンカンの実験的側面には少々のリスクが伴っていた。

塔時計 (Tower clock)

ジョン・スウェイト (John Thwaite) による時計が 1775 年北西の塔に設置された。 これは後にベンジャミン・ヴァラミイ (Benjamin Vulliamy) により改良され、 1835 年に広い塔に移された。 エドムンド・ベケット QC (Edmund Beckett QC) の指図の下で、 1880 年に新しい時計に交換された。 この時計はリーズ (Leeds) のポッツ & サンズ社 (Potts and Sons) により建設された。 ケンブリッジ・チャイム (Cambridge Chimes、チャイム = 鐘) が新しい時計の造作の 1 つであった。 時計の造作にはエドムンド・ベケット (Edmund Beckett) のデザインによる 2 重の 3 つ足重力エスケープメント (double three-legged gravity escapement) があった。 機械はおよそ 4 英トン (4.5 米トン) の重さがあり、 駆動重りは 1.5 英トン (1.7 米トン) で、長さ 270 フィート (82 m) の鋼ワイヤ・ロープで支えられ、 振り子の重さは 2 ハンドレッドウェイト (100 kg) であった。 ビート (beat, [訳注: チクタク音の周期]) は 1.5 秒である。 時刻ハンマー (hour hammer) は 224 ポンド (102 kg) で、 グレート・トム (Great Tom) を鳴らす。 打鐘装置 (striking train) は毎日巻き戻す必要があり、手動で巻き戻せば 20 分かかる。 計時装置 (going train) は 1 週間に 2 度巻き戻す必要がある。 時計機械装置は次の銘文を含んでいる:  Quod bene vortat Deus Opt. Max., Consiliis Edmundi Beckett, Baronetti, LL.D., Opera Gul. Potts et Filiorum, civium Leodiensium, Sumptibus Decani et Capituli, Novum in Turri positum est Horologium, A.D. MDCCCLXXX.

現代の歴史
戦時中の歴史

リンカンは第二次世界大戦中に多くの爆撃機部隊空港 (Bomber Command airfields) の基地であり、爆撃機カウンティのあだ名が与えられた。 近くの RAF ワディントン (RAF=Royal Air Force) の基地のバッジは 雲から上昇するリンカン大聖堂をまねている。 2012 年に RAF 爆撃機部隊記念碑が開設されるまでは、 大聖堂には第二次世界大戦中の爆撃機部隊の大量の犠牲者に捧げた唯一の記念碑があった。

戦争中に 「きわめて貴重な英国の宝」 (priceless British treasures) を保護するために、大聖堂の地下 66 フィートの隔室に置かれた。 これには大聖堂のマグナ・カルタのコピーは含まれなかった。 というのは、これは米国に貸し出されていたからである。

21 世紀

「リンカン大聖堂の大聖堂タイムズ」 の 2016 年 10 月版によると、 1 年に £160万 の費用が大聖堂を良好な状態にするために使用されている;  もっとも最近に完成したプロジェクトは 2000 年の西正面の復元であった。 2 年ほど前に発見されたことは、 東端の フライイング・バットレスが隣接する石細工にもはや接続されていないことで、 崩壊を防ぐために修理が実施された。 最も最近の問題は翼廊 (transept) の 「首席司祭の目」 の窓の石細工が崩れていることが発見されたことで、 完全な窓の再建を実施することが必要となり、 これは国際記念物遺跡会議 (International Council on Monuments and Sites) に設定された保護基準によっていた。

大いに不安な時期があり、この時、窓が完全崩壊するのに、石細工がわずか 5mm (0.20 インチ) ズレるだけで良いことが判明した。 専門技術者は窓の トレーサリーを取り除いて、この後で強化し、もっと安定した代替品を設置した。 これに付け加え、元々のステンドグラスが掃除され、 新しいきれいな等温ガラス (isothermal glass) の後ろに設置され、 等温ガラスは雨風からより良く保護した。 2006 年 4 月までに、修復プロジェクトが £200万 の経費で完成した。

クロッシング塔の内部の光景 金メッキされた王冠が
最近 1 つの塔の上に設置。

最近、懸念が再度、西の正面の状態で増大した。 というのは、石細工が少々落下したからで、これにより 2000 年に実施した修理の有効性への 疑問が持ち上がった。

2006 年と 2009 年の間に 200,000 名から 208,000 名の人々が毎年リンカン大聖堂を訪れている。 2010 年に、この数値が 150,000 名に減少し、ミッドランドで 16 番目の呼び物になった。 訪問客が減少したのは、この年、リンカン・クリスマス市 (Lincoln Christmas Market) がキャンセルされたことによっていた。 入場料は値引き (concession) して £8.00,である。大聖堂のホームページが述べることによると: 

ネイブに入り、眺めることは無料で、モーニング礼拝堂 (Morning Chapel) の安らぎに座ったり、店に寄ったりできます。 もし更に探検したければ、料金をお支払いください。

大聖堂は、大聖堂、塔、屋根の見学を提供している。 シーズンの頂点はリンカン・クリスマス市で、大規模なヘンデルのメサイヤ (Messiah) の 恒例の演奏が同時にある。

キツネ狩りの終わりを祝う石細工
キツネは葉に隠れている。
東端の側廊

大聖堂は (同名の本に基づく) ダビンチ・コード (Da Vince Code) の撮影に使用された。 撮影は主に大聖堂の回廊とチャプター・ハウスで実施され、 非公開のセットであった。 大聖堂は ウェストミンスター寺院 (Westminster Abbey) の役割をした。 というのは後者が撮影許可を拒否したからである。 撮影に抗議があったが、撮影は 2005 年 8 月末に完成した。 リンカン・チャプター・ハウスをウェスト・ミンスター・チャプター・ハウスのように見せるために、 既存の壁の上に特別な層を敷き、 その上に壁画が描かれ、それ以外では アイザック・ニュートンの墓と寺院の他の記念碑のポリスチレンのレプリカが 設置された。 しばらくの間、これらの壁画とレプリカは観光客用のダビンチ・コード展示物の 一部としてチャプター・ハウスに残っていたが、2008 年 1 月に、大聖堂の資金を集めるために、 すべてオークションで売却された。

大聖堂は映画 ヴィクトリア女王 世紀の愛 (Young Victoria) でもウェストミンスター寺院の身代わりとなり、 2007 年 9 月に撮影され、 2018 年 6 月に再びあり、 この時は、もうすぐ公開されるネットフリックス (Netflix) のシェークスピア映画 The King のためであった。

大聖堂の石

リンカン大聖堂は、これが立っている岩から建設されたイングランドで数少ない大聖堂の 1 つである。 大聖堂は、 1876 年以来、ライズホルム・ロード (Riseholme Road) にある 既存の石切り場を所有している。 石切り場は 2021 年に石がなくなると予想されている。 大聖堂の石工は保守と修理のために 1 年に 100 トン以上の石を使用している。

首席司祭とチャプター

2019 年 1 月 31 日現在: 

音楽
聖歌隊 (Choir)

クワイヤ (聖歌隊) を現在構成するのは:  大人の歌い手 (世俗代理牧師 (lay vicars)、合唱給費生 (choral scholars)、あるいは 副合唱給費生 (junior choral scholars)) とおよそ 20 名の少女と 20 名の少年である。

大聖堂は 1995 年に女子の聖歌隊員を採用した。 リンカンは少女聖歌隊員を別に採用する、国内でたった 2 番目の大聖堂であった (ソールズベリー大聖堂に次いだ)。 そして、少女達と少年達の両方に、正確に同じ音楽の機会と、 毎週同じ歌唱義務を与える数少ないものの 1 つのままである。 聖歌隊員は今ではどの学校に通学することもでき、現在は地元の学校から選抜されている。

音楽ディレクターはアリック・プレンティス (Aric Prentice) で、彼は少年・成人の聖歌隊を指揮し、 音楽のアシスタント・ディレクター且つ副オルガン奏者はジェフリー・メイキンソン (Jeffrey Makinson) で、 彼は少女・成人の聖歌隊を指揮している。 名誉オルガン奏者 (organist laureate) はコリン・ウォルシュ (Colin Walsh) で、 以前のオルガン奏者で聖歌隊のマスターであった。 アシスタント・オルガン奏者はヒラリー・パネット (Hilary Punnett) である。 どの偉大な大聖堂とも同じように、リンカンにも国際的な名声を達成したオルガン奏者がいる:  恐らく、最も有名な人はウィリアム・バード (William Byrd) で、ルネッサンスの作曲家である。 バード (Byrd) はリンカンで生まれであると言われているが、これは確かでなく、、 彼は 1563 年から 1572 年まで、大聖堂のオルガン奏者で、去ってからも、 大聖堂の聖歌隊のために特別に作曲し続けた。

オルガン

オルガンは "ファーザー" ヘンリー・ウィリス ("Father" Henry Willis) の作品で最も素晴らしい実例の 1 つで、1898 年のものである。 これはウィリス (Willis) が 1901 年になくなる前の最後の大聖堂オルガンであった。 これは 1960 年と 1998 年にハリソン & ハリソン社 (Harrison & Harrisonn) により、 2 回修復された。 オルガンの仕様は 「全国パイプ・オルガン登録」 (National Pipe Organ Register) で見ることができる。

新しいオルガンの設置は 1898 年に可能となり、これはリンカンの産業家である アルフレッド・シャトルワース (Alfred Shuttleworth) が £4,675 (2018 年の £510,000 と同等) の全経費に向けて £1,000 を寄付してからの ことである。 残りは何人かの他の個人の寄付と公的な寄付予約によって達成した。 オルガンはイングランドの大聖堂で、元々の音調配列 (tonal scheme) を保持しているウィリス (Willis) の 2 台しかない オルガンの 1 台である。

新しいオルガンはウィリス (Willis) の 1885 年のデザインに基づき、 1898 年 11 月 17 日の 「セント・ヒューの日」 (St. Hugh's Day) に奉納された。 これは英国で最初の電動大聖堂オルガンとなることが意図された。 リンカンの発電所がまだ任務に就いていなかったのでリンカンシャー連隊 (Lincolnshire Regiment) の 兵隊により手動でポンプで動かさないといけなかった。

オルガン奏者

リンカンの大聖堂オルガン奏者の記録は 1439 年から連続し、 この時はジョン・イングルトン (John Ingleton) が在職していた。 著名なオルガン奏者に含まれていた人は:  ルネッサンスの作曲家であるウィリアム・バード (William Byrd)、 ジョン・レディング (John Reading)、 及び メンデルスゾーン (Mendelssohn) の伝記作者である ウィリアム・トーマス・フリーマントル (William Thomas Freemantle) であった。

埋葬
ギャラリー
10 角形のチャプター・ハウス
のフライイング・バットレス
12 世紀の彫刻
アダムとイブがリンゴ
を食べる。
西正面の典型的な
ノルマン様式の 12 世紀の彫刻
トゥルネー洗礼盤
(Tournai font)