ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Salisbury Cathedral - Wikipedia

ソールズベリー大聖堂: Google map

チャプターのことに関してはチャプターを参照のこと。

ソールズベリー大聖堂 (Salisbury Cathedral)

ソールズベリー大聖堂は、 以前は祝福された聖母メアリー大聖堂教会 (Cathedral Church of the Blessed Virgin Mary) と呼ばれ、 イングランド、ソールズベリー (Salisbury) のアングリカン大聖堂 (Anglican cathedral) であり、 初期イングランド建築の主要な実例である。 大聖堂の本体は完成するのに 38 年かかり、 1220 年から 1258 年までかかった。

ソールズベリー大聖堂、東から ウィルトシャーにおける位置

1549 年以来、大聖堂の尖塔 (spire) は英国で最高のもので、 404 フィート (123 m) ある。 観光客は塔の見物 (Tower Tour) をすることができ、 これにより、中空の尖塔の内部を、古代の木造の足場と共に見ることができる。 大聖堂には英国で、最大の回廊 (cloister) があり、英国で最大の大聖堂構内 (cathedral close)で、 80 エイカー (32 ヘクタール) 近くあり、 世界で最古の動作する時計の 1 つがあり、マグナカルタの最良の 現存する 4 冊の原本 (original copy) がある。 2008 年に、大聖堂は献堂 750 周年を祝賀した。

この大聖堂はソールズベリー管区 (Diocese) のマザー教会で、 ソールズベリー司教 (Bishop) の座 (sheat) があり、 現在はニック・ホルタン (Nick Holtan) である。

  1. 歴史
  2. 建物と建築様式
  3. 芸術、文学、テレビにおける描写
  4. 首席司祭とチャプター (Dean and chapter)
  5. 埋葬
  6. 音楽
  7. 大聖堂の巡査
  8. ハヤブサ (Peregrine falcons)
  9. ギャラリー
歴史

オールド・サラム大聖堂 (Old Sarum Cathedral) における聖職者たちと軍隊の間の関係が悪化したことに対応して、 大聖堂を移動することが決定され、司教 (bshop) の座 (seat) をニュー・サラム (New Sarum、ˈsɛərəm)、あるいは ソールズベリー (Salisbury) に移動した。 この移動はリチャード・プア (Richard Poore) の在職中に起きた。彼は豊かな人で、 大聖堂の建設用地を提供した。 建設費は主に寄付で賄われ、とりわけイングランド南東の キャノン (Canon) と代理牧師 (vicar) からのもので、 彼らは建物が建設されるまで、毎年一定額を寄付することが依頼された。 伝説によると、オールド・サラムの司教 (Bishop of Old Sarum) は大聖堂を建設する方向に矢を射た; しかし矢は鹿にあたり、大聖堂が今ある場所で鹿が死んだ。 大聖堂クロッシング、オールド・サラム、及び ストーンヘンジ (Stonehenge) が レイライン (ley line) にそろっていると評されている。しかし クライブ L. N. ラグルス (Clive L. N. Ruggles) が断言していることによると、 湿地帯の建設場所が選ばれたのは、西に数マイル離れた望ましい場所を得ることができなかったからである。

大聖堂西正面のリチャード・プア (Richard Poore) の彫像
彼が 1220 年に始まる大聖堂建設の初期の監督をした。
彼は大聖堂の模型を持っている。
訳注
日本語版の Wikipedia の レイライン (ley line) にも一応説明がありますが、英語版の ley line の説明の方が良く分かり、前書きの最後で次のように述べています。
レイライン仮説は疑似科学のものである。 十分に多くの点が平面上にランダムに分布すれば、 必然的に純粋に偶然によりランダムな点が 1 列にそろう。

基礎石は 1220 年 4 月 28 日に置かれた。大聖堂建設のための (容易に切れる) 軟石 (freestone) の多くは、 テフォント・エビアス石切り場 (Teffont Evias Quarry) のものであった。 新しい場所の地下水位が高かったため、 大聖堂は深さ 4 フィート (1.2 m) しかない基礎の上に建設され、1258 年までに、 ネイブ (会衆席)、 トランセプト (transepts, 翼廊(複数))、 そして クワイヤ (choir, 聖歌隊席) が建設された。 後で建設が開始された重要な唯一の場所は: 1240 年に追加された回廊 (cloister)、 1263 年のチャプター・ハウス (chapter house、チャプターの会議場所)、 高さ 404 フィート (123 m) の塔 (tower) と尖塔 (spire) で、 これは 1320 年からウィルトシャー (Wiltshire) を威圧している。 大聖堂の大半がたった 38 年間に建設されたため、 これは初期イングランド・ゴシック建築で首尾一貫して建設されている。

2 重翼廊に側廊と拡張された東端を示す平面図、
しかし、回廊チャプター・ハウスを含まない。
北のトランセプト

尖塔は大聖堂の最も印象的な造作であるが、面倒であることが判明した。 塔と共に、これは 6,397 英トン (6,500 トン) を建物の重さに追加した。 その後に続く何世紀もの間に、 付け加えられた バットレス、 支えアーチ (bracing arch)、 及びアンカー (anchor) がなければ、 これは他の大教会の建物の尖塔の運命をたどって崩壊したことであろう。 このような実例には、 マームズベリー修道院 (Malmesbury Abbey)、1180 年から 1500 年;  リンカン大聖堂 (Lincoln Cathedral)、1310 年から 1549 年;  チチェスター大聖堂 (Chichester Cathedral)、1402 年から 1861 年 がある。 しかしながら、1549 年にリンカンの崩壊によって、ソールズベリーは国内で最高の教会尖塔となった。 尖塔の角の大きな支持柱 (supporting pillar) はストレス (stress) により内部に曲がっているのがわかる。 クロッシング上方の強化結合ビーム (reinforcing tie-beam) が 1668 年にクリストファー・レン (Christopher Wren) によりデザインされ、更なる変形を止めた。 ビームは模造天井で隠され、塔のランタン階よりも下に設置されている。

大聖堂の重要な変更が 1790 年に建築家のジェームズ・ワイアット (James Wyatt) によりなされ、 これには元々のルード・スクリーン (rood screen, 内陣との仕切り) の取り換えと、鐘楼の取り壊しがあり、 後者はメイン・ビルディングの北西およそ 320 フィート (98 m) に立っていた。 ソールズベリーは鐘の音 (ring of bell) が鳴らないイングランドで 3 つしかない大聖堂の 1 つである。 これ以外はノリッジ大聖堂 (Norwich Cathedral) とイーリー大聖堂である。 しかしながら、中世の時計が 15 分ごとに時刻を鳴らしている。 全部で 70,000 トンの石、3,000 トンの木材、そして 450 トンの鉛が大聖堂の建設で使用された。

2018 年 10 月 25 日に大聖堂から マグナ・カルタ (Magna Carta) の窃盗未遂があった; 警報があり、45 才の男が 窃盗未遂、 器物破損 (criminal damage)、 攻撃用武器 (offensive weapon) の所有の嫌疑で 勾留された。 文書を保管するガラス箱は壊されたが、マグナ・カルタ自身は被害を被らなかった。

建物と建築様式
西の正面

西正面はスクリーン型式 (screen-type) で、明らかにウェルズ (Wells) のものに由来している。 これは両端の 2 つの階段塔 (stair turret) から構成され、 中央線の近くの 2 つの奥まったバットレスが中央の大きな 3 つの窓を支えている。 階段塔の上には小尖塔の小さなもの (spirelet) が乗り、 中央部分の上には妻壁 (gable) があり、ここに 4 つのランセット窓もある。 この上には 2 つの丸い 4 つ葉模様の窓があり、 この上に荘厳なキリスト (Christ in Majesty) を含むマンドルラ (mandorla) がある。 地表の高さには両側に小さな扉のある主要な扉がある。 全体が高度に装飾されている:これには 4 つ葉模様のモチーフ (quarterfoil motifs)、 柱、 3 つ葉模様のモチーフ (trefoil motifs)、 繰り返し模様 (bands of diapering) がある。

訳注
スクリーン型式 (screen-type) とは screen facade (スクリーン・ファサード) のことと思われ、 screen facade の定義を Merriam-Webster は次のように定義しています:
(高さや幅を建物よりも大きくして) これが付属している建物の形式や大きさを隠す正面 (facade) のこと。

西の正面 (west front) が大聖堂と同時期に建設されたことは ほとんと確かである。 これは窓が内側の空間と適合しているからである。 正面全体 (entire facade) は高さと幅がほぼ 108 フィート (33 m) である。 正面は元々計画されていたものよりも小規模で建設されたと 言われてきた。 これは完全スケール (full-scale) の塔 且つ/又は 小尖塔がなく、 このようなものに ウェルズ (Wells)、 リンカン (Lincoln)、 リッチフィールド (Litchfield) が見受けられた。 正面 (facade) はアレン・クリフトン・テイラー (Alen-Clifton-Taylor) により 低く評価され、彼は、これはイングランドのスクリーン型式の正面で 最も成功しなかったもので、プロトタイプ (ウェルズ) のまがいもの と考えた。 彼は組み立てが調和しておらず、ビクトリア時代の彫像術が "貧弱で味気ない" と考えた。

正面は色々な大きさの 130 個もの浅い壁龕があり、このうち 79 個の壁龕は彫像を含んでいる。 壁龕の列は北面へ、南面へ、そして東面に延長している。 壁龕の列は 5 層 (マンドルタの列は含まない) あり、 これは頂上から、 天使 (angel)、大天使 (archangel)、 旧約聖書の父祖 (patriarchs)、 預言者 (apostle)、 伝道者 (evangelist)、 殉教者 (martyrs)、 医者、そして哲学者がおり、 低い層には王族 (royalty)、司祭 (priest)、及び大聖堂に関連した価値ある人達である。 彫像の大多数は 19 世紀中頃に設置されたが、 7 つは 14 世紀のもので、幾つかはこの 10 年以内に設置された。

ネイブ

ソールズベリー大聖堂は背が高くて狭いネイブの理由から、通常とは違っている。、 ライト・グレーのチルマーク石 (Chilmark stone) を壁に使用し、 暗く磨かれたパーベック大理石 (Purbeck marble) を柱に使用することによって 視覚的なアクセントがある。 これは 3 層ある;背の高い尖りアーチ (pointed arch)、 開放ギャラリー、および小さなクリアストーリーである。 柱の間に並んでいるのは著名な墓で、 例えばウィリアム・ロンジェスペ (William Longespée) で、彼はジョン王の腹違いの兄弟 且つ ヘンリー 2 世の私生児で、大聖堂で埋葬された最初の人であった。

ネイブ
チャプター・ハウスとマグナ・カルタ

チャプター・ハウスは 8 角形の形で、ほっそりした中央の柱と、装飾的な中世の帯状修飾により著名である。 これは ウィリアム・バージェス (William Burges) により、 1855 年 - 1859 年に再装飾された。 帯状収束は間仕切り席 (stall) の上の内部をまわり、 創世記 (Genesis) と出エジプト (Exodus) の本からの光景と物語を描写し、 これに含まれるものに: アダムとイブ、ノア、バベルの塔、 アブラハム (Abraham)、 イサク (Isaac)、そして ヤコブ (Jacob) が含まれる。

チャプター・ハウスには マグナ・カルタの 4 つの現存する原本 (original copies) で 保存状態が最も良好なものも展示されている。 この原本がソールズベリーにある理由は: デアハムのイライアス (Elias of Dereham) が 1215 年に ラニーミード (Runnymede) におり、 彼が原本の幾つかを配布する仕事を与えられたからである。 イライアスは後にソールズベリーのキャノンとなり、修道院の建設を監督した。

時計

AD 1386 年のソールズベリー大聖堂の時計は世界で最古の動作する現代的な時計である。 時計には文字盤がない。というのは、その当時の時計は正時に鐘を鳴らしたからである。 これは元々鐘楼にあったが、鐘楼は 1792 年に取り壊された。 この取り壊し後、時計は大聖堂の塔に移され、 1884 年まで運用されていた。 時計はその後倉庫に保管され、 1929 年に大聖堂の屋根裏部屋で発見されるまで忘れ去られていた。 時計は 1956 年に修理され、動作するまで復元された。 2007 年に、時計に改善工事と補修が実施された。

中世の時計
芸術、文学、テレビにおける描写

大聖堂はジョン・コンスタブル (John Constable) による有名な絵画 (複数) の主題である。 ソールズベリー司教であるジョン・フィッシャー (John Fisher) -- 彼がこの絵画を依頼した -- へのお礼から、コンスタブルはキャンバスに彼と彼の妻を含めた (下左)。 絵画に描写された光景は 2 世紀近くもの間にほとんど少しも変化しなかった。

ジョン・コンスタブル (John Constable) による
ソールズベリー大聖堂、1825 年頃

大聖堂は ウィリアム・ゴールディング (William Golding) の小説 「尖塔」 (The Spire) の主題でもあり、これは仮想的な首席司祭 (dean) である ジョスリン (Jocelin) を扱ったもので、彼は小尖塔の建設を彼の生涯の仕事にした。 大聖堂の建設はエドワード・ラザファード (Edward Rutherfurd) の歴史小説セーラム (Sarum) の重要な構想点であり、 この小説はソールズベリー地区の歴史的な定住を探索している。 大聖堂は作家の ケン・フォレット (Ken Follett) が歴史小説 大聖堂 (The Pillars of the Earth) の中で架空のキングズブリッジ大聖堂 (Kingsbridge Cathedral) の 2 つのモデルの 1 つとして言及している。 フォレットの本に基づく 2010 年のミニシリーズの幾つかの外部撮影でも使用され、今日、最後のシーンであるように 表示された。 大聖堂は 2005 年の BBC 放送の TV ドラマ "Mr. Harvey Lights a Candle" (ハーベー氏がロウソクに点灯した) の設定になった。 これはリディアン・ブルック (Rhidian Brook) によって書かれ、スザンナ・ホワイト (Susanna White) により監督された。 ケビン・マクラウド (Kevin McCloud) は「下を見るな」 (Don't Look Down!) と呼ばれる番組の中で大聖堂を登った。 ここで、彼は高さの恐怖を克服するために高い建物を登った。 大聖堂はチャンネル 4 のプログラム 「タイム・チーム」 (Time Team) のテーマであり、 これは 2009 年 2 月 8 日に始めて放映された。

ディーンとチャプター (Dean and chapter)

2019 年 2 月 8 日現在で:

埋葬

大聖堂の後の埋葬者の中で、。有名な人に、 サー・エドワード・ヒース (Sir Edward Heath, 1916 年 - 2005 年) がおり、彼は 1970 年から 1974 年の間に総理大臣を務め、 1950 年から 2001 年の間に議員を務め、彼の人生の最後の 20 年間に 大聖堂構内 (Cathedral Close) の Arundells に住んでいた。

音楽
オルガン

大聖堂の現在のオルガンは 1877 年にヘンリー・ウィリス & サンズ (Henry Willis & Sons) によって建造された。 ウォルター・オールコック (Walter Alcock) は 1916 年から大聖堂のオルガン奏者であったが、 有名なファザー・ウィリス・オルガン (Father Willis organ) の厳密に忠実な復元を監督し、 1934 年に完成したが、楽器の部品が大聖堂を離れることを拒絶し、 知らない間に認可していない音色の変更がされないようにし、 一方で、 ファザー・ウィリス (Father Willis) の孫であるヘンリー・ウィリス 3 世 (Henry Willis III) による オルガンの元々のスタイルに用心深い追加 (オルガン動作の現代化は言うまでもなかった) が可能となるようにした。

サミュエル・グリーン (Samuel Green) による初期のオルガンが 1792 年にジョージ 3 世 (George III) により贈呈され、石の仕切り (screen) の上部に設置された。 この仕切りは普通とは違い、ネイブからクワイヤを分離することがなく、 大聖堂の不明な場所にあったものである。 このオルガンは後に持ち出されて、セント・トーマス教会 (St Thomas's Church) に移動された。

オルガン奏者

記録によると、1463 年に John Kegewyn はソールズベリー大聖堂のオルガン奏者であった。 もっと最近の著名なオルガン奏者の中には、何人かの作曲家と、 良く知られた演奏者がおり、これに含まれる人に: バートラン・ルアード=セルビー (Bertram Luard-Selby), チャールズ・フレデリック・サウス (Charles Frederick South), ウォルター・オールコック (Walter Alcock), デービッド・バレンタイン・ウィルコックス (David Valentine Willcocks), ダグラス・アルバート・ゲスト (Douglas Albert Guest), クリストファー・ダーンリー (Christopher Dearnley), リチャード・ゴッドフリー・シール (Richard Godfrey Seal) 及び BBC 司会者のサイモン・ロール (Simon Lole) がいる。

クワイヤ (聖歌隊)

ソールズベリー大聖堂聖歌隊は毎年 7 才 - 9 才 の男子、女子のオーディションをして、 「ソールズベリー大聖堂学校」 (Salisbury Cathedral School) -- かっての司教邸 (Bishop's Palace) の内部にある -- への奨学金を決めている。 少年聖歌隊と少女聖歌隊 (各々健全な 16 名) は毎日交代で、学年 (school year, 9 月から 6 月) を通じて、 夕べの祈り (Evensong) そしてサンデー・マトンズ (Sunday Matins、 早課 (martins) 参照) そしてユーカリストの礼拝 (Eucharist services) を歌う。 キリスト教年 (Christian year) にも多くの追加の礼拝があり、とりわけ次の期間中にある: キリスト降臨 (Advent), クリスマス (Christmas), 聖週 (Holy Week、復活祭の前の1週間), 及びイースター (Easter)。 聖歌隊員は国中から到来し、あるものは下宿する。 6 名の世俗牧師 (大人) が聖歌隊の残り (テノール、アルト、及びバスを歌う) を構成する。 1993 年に大聖堂は 「合唱曲の夕べの祈り」 (Choral Evensong) (BBC ラジオ 3 の長期間プログラム) の最初の放送開催地であり、大聖堂の少女聖歌隊が歌った。

クワイヤ トリニティ礼拝堂 (聖母礼拝堂)、ステンド
グラス窓の下の芸術作品、ニコラス・ポープ
(Nicholas Pope) 設置の暫定展示「異言を話
す預言者は自分達の明かり採りで照らされる」
ソールズベリー大聖堂で 2014 年 6 月 8 日
から 8 月 4 日まで展示。
大聖堂の巡査

大聖堂は以前、5 名の大聖堂巡査を採用した。 (彼らは構内巡査 (Close Constable) と呼ばれた。) 彼らの仕事は主に大聖堂構内 (cathedral close) の法と秩序の維持に関連していた。 彼らは経費節減方法の一環として、 交通管理者で交代され、2010 年に余剰となった。

巡査は大聖堂が 1611 年にリバティ (libety, 自治区) となった時に始めて任命され、 1835 年に都市自治法 (Municipal Corporation Act) による都市警察力 (municipal police forces) の導入まで生き延びた。 1800 年に、彼らは都市巡査と共に、 司法あるいは囚人の輸送に必要な裁判所の命令を実施する権力が与えられた。 この輸送はカントリー監獄 (フィッシャートン・アンガー (Fisherton Anger) の監獄で、当時はソールズベリー市の外) からの出入りで、これが市内の監獄であるかのようにできた。 (こうすることにより、それぞれの管轄の外で行動しても法的措置から免れた。) リバティとして、別の警察力を維持する大聖堂の権利は、 1888 年の地方自治法 (Local Government Act 1888) により決定的に終了した。

2016 年 2 月に、大聖堂チャプターはソフィー・ライダー (Sophie Ryder) の彫像 The Kiss (ザ・キス) を 道をふさぐように設置し、7 月までそのままの予定であった。 数日後にこの作品を移動しなければならなかった。 というのは歩行者はテキスト・メッセージの送受信 (texting) の最中にこれにぶつかり続けたからである。

ハヤブサ (Peregrine falcons)

1864 年と 1953 年の間に、ハヤブサが大聖堂にいた記録があった。 それ以上が 2013 年に到来し、毎年毎年卵をかえしており、 巣は大聖堂の塔にある。

ギャラリー
西の正面、拡大すれば
広いコントラスト。
北の正面
トランチャード記念 北東から見た大聖堂 小尖塔の内部、元々の
支え枠が見える
北西を見る 彫刻の詳細 西の正面の詳細
回廊 回廊の歩道、東側 ジャイルズ・オフ・
ブリッドポートの墓
クワイヤ 回廊から見た尖塔 クリアストーリー窓
の上のリブ・ヴォールト
西正面の横からの光景 尖塔と西の正面