ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Lay clerk - Wikipedia
世俗聖職者 (Lay clerk)

世俗聖職者 (lay clerk) は 世俗代理牧師 (lay vicar)、 ソング・マン (song man)、あるいは 合唱代理牧師 (vicar choral) とも呼ばれ、 英国のアングリカン大聖堂 (Anglican cathedral) 及び、時にはローマ・カトリック大聖堂 (Roman catholic cathedral) に所属する大人の歌い手で、 (時には) 英国とアイルランドのカレッジエイト教会の合唱団 (collegiate choir) に所属する。 合唱代理牧師 (vicars choral) はキャノン (canons) の代理である。 彼らは聖職者の序列 (holy order) には属さない。 用語の vicar はラテン語の形容詞 「vicarius (代理の)」 に由来し、 この状況 (context) では、単純に 「代理 (deputy)」 を意味する。 世俗聖職者の大多数は男性である。 しかしながら、女性のアルト (altos) は今ではますます普通なものである。

この肩書が言及するのは、中世に教会の礼拝の音楽部門を歌うために採用された俗人 (layman) のことである。 当時、これは場合によってはあまりに複雑に進化し続けていた音楽であったため、 多くの普通の書記 (clerk) と普通の聖職者 (priest) には歌えなかった。

へリフォード管区 (diocese of Hereford) では、 礼拝式 (litergy) を歌う 6 名の合唱牧師のための寄金 (endowment) が 1237 年に設置され、 非修道院の大聖堂では異常なことであった、 通常はキャノンが、代理牧師 (vicar) の提供と維持に各々責任を取っていたからである。 6 名に想定されたことは、 2 名が聖職者 (priest)、 2 名が助祭 (deacon)、 そして 2 名が副助祭 (sub-deacon) である。 1395 年に、合唱代理牧師 (vicar choral) が 27 名のカレッジ (college, 聖職者集団) に組織化され、 1472 年に新しいカレッジに組織化された。 後者の素晴らしい (中庭を囲む) 建物 (quadrangle) がなお健在で、 大聖堂の南東の 2 つのキャノンの家屋の場所に建設された。 このヘリフォード (Hereford) における聖職者集団の設立 (collegiate establishment) はとても異常であった; 類似の組織がある唯一の他の大聖堂は St. Paul であり、 ここではマイナー・キャノン (minor canon) から成るもっと小さな聖職者集団 (カレッジ、college) があった。 これらの合唱代理牧師 (vicar choral) も次第にチャントリー聖職者 (chantry priest、 [訳注:パークローズ・スクリーンの訳注を参照]) となり、へリフォードの組織 (establishment) は宗教改革を生き延びた。

しかしながら、大聖堂合唱奨学金の戦後の急増で、 多くの大聖堂あるいはカレッジエイト教会の合唱隊は、 合唱給費生 (choral scholars) (あるいはオクスフォードのニュー・カレッジ (New College) と オクスフォードのマグダレン・カレッジ (Magdalen College) の場合には '学生聖職者' (Academic clerk) と呼ばれる) -- 自分たちの勉学やそれ以外の義務と歌うことを結び付けている 大学生あるいは ' ギャップ・イヤー' (Gap Year) の学生 -- と世俗聖職者 (lay clerk) のバランスを取っている。 合唱給費生 (Chral scholars) は世俗聖職者 (lay clerk) のそばで歌い、 通常は後者の給料の半分である。 多くの大学は今やそのような奨学金を提供し、 カレッジ合唱隊 (college choir) と大聖堂合唱隊の空席を満たしている。

歌うことと大学の勉学の両方の能力と可能性の基礎の上にカレッジ (College) に入学を 認められた学部学生は、伝統的に "合唱給費生" (Choral Scholars) と呼ばれる。 オクスフォード大学の クライスト・チャーチ (Christ Church)、 マグダレン・カレッジ (Magdalen College)、 及び ニュー・カレッジ (New College) では、 彼らは学生聖職者 (Academic Clerks) と呼ばれる。 合唱聖職者 ("Clerks Choral" あるいは Choral Clerks) も 英国とアイルランドの古代の大聖堂及びカレッジエイト教会 (collegiate churches) の 幾つかで見受けられる。 しかしながら、このような歌い手のもっと普通な呼称は: 世俗聖職者 (lay clerks)、 あるいは時に、 世俗代理牧師 (lay vicars)、 もしくは合唱世俗代理牧師 (lay vicars choral) である。