ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Rib vault - Wikipedia

リブ (rib) とは肋骨の意味ですが、リブ・ヴォールト (リブの付いたアーチ天井) のリブとは写真を見れば明らかと思います。 以下の文章から判断すると、リブはアーチになっていて、リブ・ヴォールトの建設には最初にリブのアーチを建設して、 その後でリブの間の部分 (以下ではウェブ (Web, 蜘蛛の巣) と呼んでいる) を石で満たして作るようです。 従って、リブがリブ・ヴォールトを支える構造になります。 しかし、リブ・ヴォールトはグロイン・ヴォールトから変化しており、 グロイン・ヴォールトにリブのような補強材を入れた時点で、リブ・ヴォールトと呼んでいるようです。 (この場合にはリブから先に建設しているわけではない。)

リブ・ヴォールト (Rib vault)

2 個あるいは 3 個のバレル・ヴォールトの共通部分は、 パイプ型の石造補強材で縁取りをした時に、 リブ・ヴォールト (rib vault or vibbed vault) と呼び、 しばしば装飾パターンで彫刻されている;  ヴォールトの古い建設方法であるグロイン・ヴォールトと比較せよ。 グロイン・ヴォールトの重さと、外側の支持柱 (supporting pillar) への重さの伝達の 仕組みは同じであるが、 リブ・ヴォールトの新しい使用は石工の技量と 11 世紀末のゴシック建築の導入を取り巻く新しい考えの壮大さを実証した。 この技術は 11 世紀末には新しく、 例えば、 ダラム大聖堂クワイヤの側廊の天井に使用された。 ゴシック様式リブ・ヴォールトのロマネスク様式の先駆は チェファル (Cefalù)、 カーン (Caen)、 ダラム (Durham) 等の初期ゴシック建築に見受けられる。

幾つかのリブ・ヴォールトは各区間 (bay) ごとに、6 つに分割さえされていた (例えば、3 つの半バレルの共通部分で作られる 6 分割ヴォールト (sexpartite vault) がある)。

ランスのノートルダム大聖堂
(Reims Cathedral)
のネイブのリブ・ヴォールト
リブ・ヴォールト
リブ・ヴォールトの効果

ヴォールトのこれらの進展により、建物の壁の高い部分 -- クリアストーリー (clerestory) とトリフォリウム (triforium) -- に窓を追加することが可能となった。

初期のゴシック建築は、普通は、木造屋根の重さを支えるための石造リブ・ヴォールトを見せているが、 石造屋根の方がより強固である。 例えばサウスウェル大聖堂 (Southwell Minster) の参事会会場 (chapter house) は 石のヴォールトで、中央の柱がない。

初期ゴシック様式の造作を組み込んだイングランドの大聖堂の実例が見受けられるのは: ソールズベリー大聖堂 (Salisbury Cathedral)、 リンカン大聖堂 (Lincoln Cathedral)、 ノッティンガムシャーのサウスウェル大聖堂 (Southwell Minster)、 ウェールズ大聖堂 (Wells Cathedral)、 ブリストル大聖堂 (Bristol Cathetral)、 ノリッジ大聖堂 (Norwich Cathedral)、 及び ウスター大聖堂 (Worcester Cathedral) である。 ゴシック様式は大聖堂建築家に広く使用され、 2 つの大陸の実例には ランスのノートルダム大聖堂 (Notre-Dame de Reims、北フランス) と ゲント (Ghent, ベルギー) の聖ニコラウス教会 (Sint Niklaaskerk) がある。

交差するバレル・ヴォールトが同じ直径でない場合に、 ロマネスク建築の実践ではグロインがねじれることになった。 この建設はいつでも少々困難であった。 しかしバレル・ヴォールトクワイヤの廊下の上を取り巻き、 セント・バーソロミュー病院でされたように、円柱ではなく半円錐 (semicone) と交差した時に、 グロイン・システムはもっと複雑になった。 これにより、システムの変更につながり、新しい造作が導入されて、 完全にヴォールトの建設に革命が起きた。 ここまでは交差する造作は幾何学的曲面で、 対角線グロイン (diagonal groin) が共通部分となり、形状が楕円となって、 建設すると一般に脆弱で、始終ねじれていた。

中世の建築家は手順を逆にして、対角線リブ (diagonal rib) を先に設置し、 これが恒久的な中心として利用され、この上に建築家がヴォールト、ないしはウェブ (Web, 蜘蛛の巣構造) を載せ、この後でウェブの形がリブにより決まった。 2 つの半円バレル・ヴォールト、ないしは円柱の共通部分として与えられる 楕円的な曲線の代りに、建築家は半円アーチを対角線リブ (diagonal rib) として採用した; しかしながら、これは四角いベイ (bay, 区画) の中心を、横断アーチと壁のリブの高さよりも上に持ち上げ、 これによりヴォールトにドーム (dome) の外見が与えられた。 これは例えば、 ミラノのサンタンブロージョ (Saint' Ambrogio, Milan) のネイブ (会衆席) に見ることができる。 この目的のために、最初は横断リブ (transverse rib) と壁リブ (wall rib) に下駄を履かせ (stilted, 竹馬を履かせ)、 あるいはアーチの上部を持ち上げた。 例えば、カーンの男子修道院 (Abbaye-aux-Hommes、サン テティエンヌ修道院) と ノルマンディのレセ修道院 (Abbey of Lessay) がある。

この問題は、横断リブ (transverse rib) と壁リブ (wall rib) に尖りアーチ (pointed arch) を導入することによって、 究極的に解決された。 -- 尖りアーチは長期にわたって知られ、採用されてきたが、 これはずっと大きな強度があって、壁を押す力が少なくなるからであった。 ヴォールトのリブに採用されると、いくらスパンが短くても、尖りアーチを採用することにより、 この頂上部は高さが対角線リブ (diagonal rib) と同じ範囲にすることができた。 それ所か、環状ヴォールト (annular vault) のリブに採用した時に、 クワイヤのアプス (後陣) の終端の周りの廊下と同様に、 外側の半リブ (half rib) が内側の半リブと同一平面にある必要がなくなった。 というのは反対側のリブが環状ヴォールトの中央で交われば、押し出す力が一方から他方に同じように伝達されたからであり、 アーチがすでに壊れていたため、方向の変化はほとんど気が付くことがなかった。

尖りアーチ・リブの最初の導入は ダラム大聖堂で起きた。 サン=ドニ大聖堂 (Abbey of St. Dennis) で見受けられる色々な形の区画 (compartment) のヴォールトの先駆けとなった。 尖りリブ・アーチはしばしばゴシック建築の識別子としてみなされているが、 ダラム大聖堂はロマネスク様式で、ここの石工がリブ・アーチの可能性を実験した。 これは西方教会の建築家によって広く採用される前のことであった。 これがポーチ (porch, 玄関) の平方区画に拡張されたのは ヴェズレーの教会 (church at Vezeley) であった (1140 年)。 リブで支えられるヴォールトのウェブ (web) ないしは石の外殻の問題に入る前に、 大聖堂や教会のネイブを覆う大きなヴォールトの初期の開発は、 尖りアーチの開発以前には、ここ [訳注:ウェズレーの教会] であったと指摘すべきである。 すでに指摘したように、廊下 (aisle) は初期のキリスト教会ですでに、 グロイン・ヴォールトで覆われており、 後の発展でなされた唯一の進展は、横断リブでベイ (bay、区画) を平方区画 (square compartment) に分割することの 導入であった。 しかし、12 世紀に、最初の試みがネイブをヴォールトで覆うことになった時に 別の問題が登場した。というのはネイブは廊下 (aisle) の 2 倍の幅があったからであり、 そのため、廊下 (aisle) の 2 つのベイ (bay) をまとめて、ネイブの 1 つの平方ベイを作ることが必要になった。 これは、ヴォールトで張り渡すためには巨大なスキマであり、それどころか。 ネイブのヴォールトに関する限りでは 1 つおきの柱では何の役にも立たないことになり、 これにより代替が提案されたようである、すなわち、 横断リブの間に教会を横断する補足的なリブを設定することになった。

これにより 6 分割ヴォールト (sexpartite or six-celled vault) と呼ばれるものになり、 この最初の実例の 1 つがカーン (Caen) の 男子修道院 (聖エティエンヌ) (Abbaye-aux-Hommes (S. Etienne)) に見いだされる。 この教会は 征服王ウィリアム (William the Conqueror) により木造の屋根のみで建設されたが、 ほとんど 1 世紀後にネイブの上の部分の壁を部分的に再建して、ヴォールトで覆うことになった。 しかしながらネイブを覆う四角いヴォールトの巨大な大きさにより、 追加の支えが必要となり、中間のリブが教会を横断して設置され、 四角い区画 (square compartment) が 6 個のセルに分割され、 6 分割ヴォールトと呼ばれた。 これを採用した大聖堂は: サンス (Sens、1170 年)、 ラン (Laon、1195 年)、 ノワイヨン (Noyon、1190 年)、 ノートルダム大聖堂 (Paris, 1223 年 – 1235年)、および ブールジュ (Bourges、1250 年) である。

しかしながら、 中間リブ (intermediate rib) はクリアストーリーの窓の 1 方の側を部分的に隠す不利な点があり、 1 つおきの柱 (pier) に等しくない重量をかけた。 そこで ソワソン大聖堂 (1205 年、Cathedral of Soissons) では 4 分割ヴォールト (quadripartite or four-celled vault) が導入され、 各区間 (bay) の幅はネイブのスパンの半分であり、従って廊下の柱 (pier) と対応していた。 これには少々例外がある: ミラノのサンタンブロージョ (Sant'Ambrogio、Milan)、 パヴィーアのサン・ミケーレ (San Michele, Pavia) (元々のヴォールト)、 及び シュパイアー (Speyer) [訳注:原文は Spires と書かれているがこれは間違いと思われる]、 マインツ (Mainz) そして ヴォルムス (Worms) の大聖堂である。 ここでは 4 分割ヴォールトはほとんど正方形で、 廊下の中間の柱 (pier) はもっと小さな大きさである。 イングランドでは 6 分割ヴォールトがあるのは: カンタベリー (1175 年、サンスのウィリアム (Williams of Sens) により設置)、 ロチェスター (Rochester、1200 年)、 リンカン (Lincoln、1215 年)、 ダラム (Durham, 東のトランセプト (翼廊))、 及び ウェストミンスター寺院 (Westminster Abbey) の 聖フィデス礼拝堂 (St. Faith's chapel) がある。

リブ・ヴォールトの初期段階では、アーチ型のリブはスプリンギング (springing、アーチが飛び出る場所) に至るまで、独立な、ないしは分離したセリ石から構成されていた。 しかしながら、リブを別個に処理することの困難さにより、2 つの点で重要な変更があった: (1) 対角横断リブと壁リブの下部は、すべて一枚岩で作業し、 (2) 下部の水平部はタ・ド・シャルジュ (tas-de-charge) と呼ばれるもので構成する。 図 9 はウィリス教授 (Professor Willis) が ウェストミンスター寺院の南のトランセプト (翼廊) から 作った図式である。 ([訳注:この図 9 は原文に含まれていないがタ・ド・シャルジュの図で十分と思われる]) 水平な石層 (course) は N まで、ないしはヴォールトの高さの半分まで持ち上がり、 (複数の) リブが点 M でたがいに解放する。 タ・ド・シャルジュ、 ないしは頑丈なアーチ飛び出し部 (solid springer)、は 2 つの利点を持つ: (1) これにより、石層 (stone course) が壁を通り抜けて、まっすぐ走ることを可能にし、全体をより良く互いに接着し; (2) ヴォールトの張り渡す長さを短くし、 必要となるセントリングの大きさが小さくなった。 リブが完成すれば、直ちに、ヴォールトのウェブ (web, 蜘蛛の巣構造)、ないしは石の外殻がその上に置かれた。、

幾つかのイングランドの建物では、図 9 からわかるように、 各石層 (course of stone) は一方の端から他方の端まで高さが一様である; しかし対角線リブは横断リブや壁リブよりも長く、石層は前者の方に向かって沈み、 ヴォールトの頂上では互いに適合するように切断された。 初期の段階で、ヴォールトの大きな張り渡しと、ウェブのわずかな持ち上がり、 あるいは曲率の結果、壁リブと対角線リブの間、 及び、対角線リブと横断リブの間に中間リブを導入して、 ウェブの建設を単純化するほうが良いと思われた。 これらの中間リブの押し出す力に対処するために、 尾根リブ (ridge rib) が必要になり、このリブを壁リブまで延長すると、 頂上部のウェブの接合部が隠れた。この接合部はいつでも見栄えが良くなく、 尾根リブを構成していた。 一方フランスではウェブの石層は常に水平方向に置かれ、従って高さが等しくなく、 対角線リブに向けて上昇した。 各石層は強度を上げるために中心部で少し持ち上がられてもいた。 これによりフランスの石工は中間リブがなくても済ますことができ、 中間リブは (フランスでは) 15 世紀まで導入されることがなく、しかも構造的な造作ではなく、 装飾的なものであった。 というのはフランスのウェブに与えられたドーム型の形は尾根リブを不必要にした。 少しの例外を除き、尾根リブはイングランドのみにある。

イングランドでもフランスでもヴォールト用のセントリングはウェブの建設にはほとんど必要がなく、 石の輪が各々完成するまでに支えの型板 (template, 仏語 serce (セルス)) が使用された。 イタリア、ドイツ、そしてスペインではウェブを建設するフランスの方法が採用され、 水平な石層とドームの形をとった。 時々、比較的狭い区画 (compartment) の場合に、 とりわけクリアストーリーの場合にもっと、壁リブはゲタを履かせ (stilted)、 奇妙なねじれの原因となって、図 9 に見ることができる。 ここで壁リブの飛び出し箇所 (springing) は K で、 このようなねじれた表面はプラウシェア・ヴォールト (ploughshare = スキの刃) と呼ばれた。

タリン、聖オレフ教会 (St. Olaf's Church, Tallin)
の 15 世紀の星型リブ・ヴォールト ("Star" riv vaults)

中間リブの導入の最も初期の実例の 1 つは リンカン大聖堂 (Lincoln Cathedral) のネイブに見いだされ、 ここでは尾根リブ (ridge rib) は壁リブまでつながっていない。 しかしながら、すぐにも気が付いたことは、ウェブの建設は追加のリブにより、 ずっと容易になり、その結果、リブの数を増やす傾向があり、 そこで エクセター大聖堂 (Exeter Cathedral) のネイブでは壁リブと対角線リブの間に 3 本の中間リブが提供された。 色々なリブとの接続部分を隠すために、交差部分は豊かに彫刻されたボスで飾られ、この習慣は リアーン (lierne) -- この用語はフランス語では違う意味 (尾根リブ) -- と呼ばれる別の短いリブの導入により増大した。 イングランドのリアーン・ヴォールト (Lierne vaulting) はメイン・リブの間を横断する短いリブを使用する; これらは主に装飾的造作、 ステラ―・ヴォールト (stellar vaults, 星型ヴォールト) として使用され、 この最も良好な実例の 1 つはロンドンのクロスビー・ホール (Crossby Hall) の 出窓 (oriel window) のヴォールトにある。 リブの数を増やす傾向はある場合には特異な結果に至り、 例えば、 グロスター大聖堂 (Gloucester Cathedral) のクワイヤがあり、 ここでは通常の対角線リブが交差する尖りバレル・ヴォールト (Pointed barrel vault) の表面の単なる飾りの モールディング (moulding) となり、回廊 (cloister) でも再び同じで、 ここでは扇型ヴォールト (fan vault) -- 凹面の側面を持つコノイド (conoid) を形成 -- の導入がローマの幾何学ヴォールトの原理に戻った。 これは、更に、これらの扇形ヴォールトの建設に見受けられる。 というのは最も初期の実例では、 タ・ド・シャルジュの上の各リブは独立な造作となり、 まもなくがっしりした岩から、リブとウェブを彫る方が容易であることがわかり、 そのため、これらは純粋に飾りとなって、建設的機能や独立の機能がなくなった。

訳注
Conoid definition and meaning | Collins English Dictionary によるとコノイド (conoid) の意味は:
a geometric surface formed by rotating a parabola, ellipse, or hyperbola about one axis
放物線、楕円、双曲線を 1 つの軸の周りに回転して得られる幾何学的曲面。

リブ・ヴォールトの情報は、ヴォールトの項目のリブ・ヴォールトにもっと記載がある。

チェスター大聖堂のネイブ (会衆席)
リアーン・ヴォールト
(Lierne vault)
グロスター大聖堂の東端
垂直リアーン・ヴォールト
(perpendicular lierne vault)