ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Noyon Cathedral - Wikipedia

ノワイヨン大聖堂: Google map

ノワイヨン大聖堂 (Noyon Cathedral)

ノワイヨン大聖堂 (仏語:Cathédrale Notre-Dame de Noyon、ノワイヨンのノートル・ダム大聖堂) はローマ・カトリック教会で、以前の大聖堂 (cathedral) で、 フランス、 ノワイヨン (Noyon) にある。 これは、以前はノワイヨン司教 (Bishop of Noyon) の座 (seat) であり、 1801 年のコンコルダ (Concordat、[訳注:ナポレオンと ピウス 7 世の合意]) で廃止され、ボーヴェ管区 (Diocese of Beauvais) に融合した。 大聖堂は 1131 年に焼け落ちた教会の場所に建設され、 ロマネスク建築から、ゴシック建築への移行期の素晴らしい実例である。

ノワイヨン大聖堂
Cathédrale Notre-Dame de Noyon
  1. 造作
  2. 歴史
造作

平面図では、これはラテン十字 (Latin cross) で、 東から西への全長はおよそ 105 m、ネイブのヴォールトの高さは 23 m である。 西の正面には 14 世紀に追加されたポーチ (porch) と 2 つの未完成の塔があり、 その上の部分は 13 世紀のものである; この装飾は随分と損傷している。 ネイブは 11 の区画 (bay) から成り、これは西の正面のものを含み、 ある種のトランセプトを形成し、 イングランドの教会のある種のナルテックス (nartexes) に類似している。 側廊の窓、トリフォリウムの廊下のアーチ、 そしてクリアストーリーの窓は上部が丸いアーチを使用しているが、 尖りアーチが下の廊下とネイブと側廊のヴォールトに登場している。 ヴォールトは元々 6 分割であったが、1293 年の火災の後で再建され、 4 分割が優勢となった。 トランセプトアプス (後陣) のような (半円の) 終端がある。 側面礼拝堂 (side chapel) が北の側廊に 14 世紀に追加され、 南の側廊には 15 世紀と 16 世紀に追加された。 後者の 1 つ (15 世紀) はとりわけ装飾が豊かである。 建物のフライイング・バットレスは 19 世紀に、12 世紀の様式で復元された。 ネイブの北西の角から走るのは 1230 年に 設置された素晴らしい回廊の西の廊下であり; 回廊の横には同じ年代のチャプター・ハウスで、その入り口は 司教の像と他の彫刻で飾られている。

主要な内部の立面図は移行期のゴシック教会に典型的で、 4 階建てである;  側廊アーケード、 ギャラリー・アーケード (gallery arcade)、 ブラインド・トリフォリウム (blind triforium、窓のない トリフォリウム)、 及びクリアストーリーがある。 全体的な立面図はトゥールネ大聖堂 (Tournai Cathedral) のものと密接に類似しており、 アーチが柱 (column) から飛び出している。 これはトランセプトで変わり、 ここでは側廊アーケード、ブラインド・トリフォリウム、 及び下層クリアストーリーと上層クリアストーリーがあり、 レスポンド (respond) の線は床までずっと続いている。

ノワイヨンのクワイヤは 1131 年の火災の後に再建された。 アプスの配置は、柱のアーチと共に、 サン・ドニ・バシリカ (Basilica of Saint Denis) とサンリス大聖堂 (Senlis Cathedral) のものと同様である。

歴史

司教たちの墓はフランス革命の最中に破壊された。 第一次世界大戦も随分と被害を与え、修理をするのに 20 年がかかった。